「断捨離、ダンシャリ」言葉の教え。Teaching of the word “danshari”.

             https://a-yoi.com/                  

この頃は、ものを持たないように、人々は、なってきています。

ここ日本では、物を処分して、身軽にすることを「断捨離、ダンシャリ」といいます。

これは、とても、仏教の教え、が影響しています。

「断、ダン」これは、「煩悩、ボンノウ」を断つ。とされます。

「煩悩、ボンノウ」とは、とても難しいことばで、人々を悩ませることがら、です。これには、貧しさ、怒り、いやらしいこと、ただ惰性でいること、疑うこと、見てしまうこと。

色んな「煩悩、ボンノウ」があります。これは、「108」の煩悩、ボンノウ、「8400」の煩悩、ボンノウ、とも言われる。

色んな、誘惑があり、色んな思惑が、あり、色んな欲がある。

だから、このような、数えられないほどのものを、超えた者だけが、悟り、サトリ、とされる。

だから、このような境地、キョウチ、にだどり着くのは難しいとされる。

人は、それ、つまり、悟り、サトリを得る為に、人間の本能の食、つまり、食欲も、仏教では、断じる。

その為に、断食、ダンジキ、という、修行、シュギョウ、も存在します。

修行、シュギョウ、とは、悟り、サトリを求めて、仏、ホトケ、の教えを実践することです。

仏、ホトケとは、悟り、サトリを得た者とされる。

だから、ひたすら、人間であることも、否定するほど、「食」も断つ。

「断捨離、ダンシャリ」の言葉は、「シャリ」は、仏教では、「舎利、シャリ」とされ、漢字が違う、同音異義語です。

「舎利、シャリ」とは、聖者の遺骨とされる。

だから、仏教では、火葬なので、燃え残った「遺骨、イコツ」のようにされる。

でも、その物は、選(ヨ)りすぐられた、もの、です。

つまり、高貴なものです。

だから、そんな、仏教の教えを、現代の生活に、物を過剰に持つのは、優れたことでは、無い、選りすぐられた、物を少しだけ、持つ、こと、を勧めています。

だから、日本では、物を少なく持つ為に、物を捨てることを、「断捨離、ダンシャリ」と言っています。

「断捨離、ダンシャリ」。

現代の日本のブームの言葉です。

By Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。NIKKEI SEEKS にて経営コンサルタントに登録しています。父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を書くのが大好きです。多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています。

Leave a Reply

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: