同居して住宅購入を支援することをあきらめた人。People who live together and give up helping to buy a home.

             https://a-yoi.com/                  

ある人から相談を受けました。

子供が住宅を購入するけど、資金は補助するために、今住んでいる家を売ってお金を補助して、同居をするべきか、悩んでる、との事。

結論から言いますと、この人は同居をしませんでした。

つまり、住宅購入に大きな資金援助は、しないことにしました。

しかし、子供には、このように伝えました。

今は、家は売却しないけど、私が死んだら、家を売って現金にすれば、良い。

そうすると、子供は、このように言いました。

こんな家売っても、大した値段にはならないと、不満を言ったそうです。

要するに、家を購入する資金が欲しいだけだったということです。

これは、断って良い例です。

お金が、分不相応にあると良くありません。

無理な物件を買って、ローンの支払いに苦労するから、です。

それに、同居は、全てとは言いませんが、お互いの遠慮や、気苦労があります。

それを上手くできるなら、良いと思いますが、なかなか上手く行くのは、難しいことも、多いように感じます。

お金は、魔物です。

つまり、人を迷わすものです。

だから、その人の分相応にしか、持てない物だと感じることが多いです。

援助は、価値観によって違うけれども、それによって、子供との軋轢(アツレキ)、ケンカになって、仲が悪くになる事がある、ことを知っておいた方が、良いです。

子供から言ってくるのは、特に気をつけた方が、良いと感じた、話でした。

By Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。NIKKEI SEEKS にて経営コンサルタントに登録しています。父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を書くのが大好きです。多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています。

Leave a Reply

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: