クロードモネ「睡蓮」見学に行こう。Let’s go to see Claude Monet’s “Water Lilies”.

...
...

クロード・モネ(1840-1926)は、1858年にウジェーヌ・ブーダンに出会った。そうして、風景画を学びました。アカデミー・シュイスに入学。その後、ル・アーヴルに戻って、ブーダンやヨイキントと共に、絵画を描いていました。

1862年再びパリに出て、シャルル・グレールのアトリエに入り、ルノワール、バジール、シスレーと出会いました。1863年にフォンテーヌブローの森の風景画を描いています。1865年に初めてサロンに入選しました。1870年に戦争があり、その時期は、ピサロと共にロンドンに滞在していました。1872年-1878年は、アルジャントゥイユに滞在。

1874年には、ナダールのスタジオで、最初の印象派の展覧会に関わる。1878年、妻のカミーユが死去。1883年にジヴェルーニに転居。1890年に家を購入。この家の庭が、代表作品「睡蓮」を多数輩出しています。この池は、エプト川から水を引いて、できました。この池には、日本風の太鼓橋と呼ばれる、橋がかけられました。

自宅で、過ごすことの多いモネは、多くの移動を好まなかった。

晩年は、白内障を患っています。モネが、印象派として晩年も、大成できたのは、この影響が大きいと言う評論家もいます。何故なら、視力が、衰えた状況で、絵画を描くことは、感性によるところも大きいからです。ですから、視力が衰えた晩年の作品が、より評価されることが多いモネの作品です。

視力に頼るのではなく、感性で描くモネの絵画は、高く評価されています。そうして、モネは、晩年の間際まで、大作を描いています。「睡蓮の池、夕暮れ」1916-1922年の作品は、大きさが、200*600cmあります。

このような大作を晩年に描くことは、体力的にも大変ですし、多くの作成時間を要しています。モネの晩年は、視力と引き換えに印象派として大成したのです。

表紙のモネの作品は、The national Gallery,Londonの作品です。私は、この作品を実際に拝見しました。ずいぶん前です。モネは、数々の作品を出しています。その時は、「日傘の差した婦人」の作品と一緒に観ました。これが、ロンドンの所蔵するものかは、分かりません。モネは、たくさんの「睡蓮」を輩出しているからです。

この作品は、完成された庭を惜しげも無く、描いています。光と共演したこの庭は、非常に、多彩な色を使い、その様子は、非常に、自然の豊かな日差しを浴びて、庭は、一層色付き、その鮮やかさは、眩しいほどです。又、かけられた橋も、日差しを浴びて、とても、美しさを演出しています。美しさに無駄が、無く、どのショットを切り分けて観ても、この絵画に、不満足を感じるところは、有りません。実に丹念に、描かれて、美しさを最大限に演出し、庭と光との共演が、彩りをより一層、感じる作品です。

Claude Monet (1840-1926) met Eugène Boudin in 1858. Then he learned landscape painting. He enrolled in Académie Suisse. He then returned to Le Havre to paint with Boudin and Yoikint.

In 1862, he returned to Paris, entered Charles Gleyre’s atelier, and met Renoir, Bazille, and Sisley. He painted a landscape painting of the Forest of Fontainebleau in 1863. He was first selected for the Salon in 1865. There was a war in 1870, during which he was staying in London with Pissarro. From 1872 to 1878 he stayed in Argenteuil.

In 1874, he was involved in the first Impressionist exhibition at Nadar’s studio. In 1878, his wife Camille died. He moved to Giberuni in 1883. He bought a house in 1890. The garden of this house has produced many of his representative works, “Water Lilies”. This pond was created by drawing water from the Epte River. A bridge called the Japanese-style drum bridge was built on this pond.

Monet, who spends most of his time at home, didn’t like to travel a lot.

In his later years, he suffers from cataracts. Some critics say that this is a major factor in Monet’s success as an Impressionist in his later years. The reason is that drawing a painting in a situation where the eyesight is weakened is largely due to the sensibilities. Therefore, Monet’s work, whose eyesight has deteriorated in his later years, is often evaluated more.

Monet’s paintings, which are drawn with sensibilities rather than relying on eyesight, are highly regarded. Monet then portrays his masterpiece until just before his later years. “The Water Lily Pond, Dusk” The work from 1916-1922 is 200 * 600 cm in size.

Drawing such a masterpiece in later years is physically difficult and takes a lot of time to create. In Monet’s later years, he became an Impressionist in exchange for his eyesight.

Monet’s work on the cover is from The national Gallery, London. I actually saw this work. It was a long time ago. Monet has produced numerous works. At that time, he watched it with the work of “Woman with a parasol”. I don’t know if this is in London’s collection. This is because Monet produces a lot of “water lilies”.

This work generously depicts the completed garden. This garden, which co-starred with light, uses a great variety of colors, and the appearance is very natural, the garden is even more colored, and its vividness is dazzling. In addition, the bridge that was hung is also exposed to the sun, creating a very beautiful appearance. There is no waste in beauty, and no matter which shot you cut and watch, you will not be dissatisfied with this painting. It is a work that is drawn very carefully to maximize the beauty, and the co-starring of the garden and the light makes you feel the color even more.

エトルタの朝 Etretat morning (1883年)

妻のカミーユが死去し、心を埋める為に訪れたフランス北部のノルマンディー地方の海岸。複雑な岩とさざ波、複雑な色使いと筆使いは、後の印象派の画家としての大成を匂わせる作品です。

The coast of Normandy in northern France, where his wife Camille died and visited to fill his heart. Intricate rocks and ripples, intricate colors and brushstrokes are works that remind us of the great success of the later Impressionist painters.

睡蓮 Water lily(1907年)

この作品は、モネの「睡蓮」です。作品としては、小さいです。90*93cm水面が、乱反射して、複雑な水面の色使いです。未だ、庭には、睡蓮が少なく、大きな水面に光輝く睡蓮の葉や花が、水面の反射する光を浴びて、白い色が使われ、これが、華やかさを際立てています。視線を下に向け、丹念に睡蓮を細やかに演出しながら、描いています。

This work is Monet’s “Water Lilies”. As a work, it is small. The 90 * 93cm water surface is diffusely reflected, creating a complex color scheme. There are still few water lilies in the garden, and the leaves and flowers of the water lilies that shine on the large surface of the water are exposed to the reflected light of the surface of the water, and the white color is used, which emphasizes the gorgeousness. I draw while looking down and carefully directing the water lilies.

睡蓮 Water lily (1914-1917年)
睡蓮 Water lily (1914-1917年)

モネが、印象派に大きく傾きつつある作品です。花は、鮮やかに彩られ、白く光輝く綺麗な睡蓮の花です。けれども、葉は、もう、光にまみれて、白くなって浮かび上がる様子です。光が、強く当たる様子をこのように、優しく包み込むような光として、描かれています。

Monet is a work that is becoming more and more impressive. The flowers are beautiful water lily flowers that are brightly colored and shine white. However, the leaves are already covered with light and appear to turn white and emerge. The way the light hits strongly is depicted as a light that gently wraps around in this way.

日本風太鼓橋 Japanese style drum bridge(1918-1924年)

この作品は、「睡蓮の池、夕暮れ」(1916-1922年)の大作の作成の最中に描かれた作品です。日本風の太鼓橋のかかったモネの池の橋をテーマに描かれています。89*93cmの作品で、大作ではありませんが、モネの晩年の作品として堪能するには、非常に優れた作品です。もう、橋は、光の乱反射で、その姿も虚ろです。タッチも激しく、これは、晩年のモネを堪能するには、良い作品です。これこそ、印象派と呼ばれるに値する作品です。

This work was drawn during the creation of the masterpiece “The Water Lily Pond, Dusk” (1916-1922). The theme is the bridge of Monet’s Pond with a Japanese-style drum bridge. It’s an 89 * 93cm work, not a big one, but it’s a very good work to enjoy as a work of Monet’s later years. The bridge is already a diffuse reflection of light, and its appearance is empty. The touch is also intense, and this is a good work to enjoy Monet in his later years. This is a work that deserves to be called Impressionism.

アサヒビール大山崎山荘美術館は、良質な水の湧き出ることで有名なところです。「山崎」は、水も綺麗ですが、このアサヒビール大山崎山荘美術館は、とても、お手入れのされたところです。ですから、紅葉として、とても素晴らしい景色が堪能できます。

とても素晴らしいので、スケッチを始めてしまいそうになるので、たくさんの人々が楽しめるように、長時間の同じところの滞在は、できません。美術館としてより、景色を楽しみに訪れることが多い場所です。

ここで、「睡蓮」を拝見しました。ひっそりと展示されている「睡蓮」は、とても素晴らしいです。来場は、予約が、必要になります。美しい景色と共に、「睡蓮」を堪能してください。

この投稿にあたり、画像の使用を認めてくださった、アサヒビール大山崎山荘美術館に感謝致します。

表紙のクロードモネ「睡蓮」の作品は、Google Arts & Culture からの引用で、所蔵は、The National Gallery,Londonです。

The Asahi Beer Oyamazaki Villa Museum of Art is famous for its high-quality water. The water in “Yamazaki” is clean, but this Asahi Beer Oyamazaki Sanso Museum is very well maintained. Therefore, as autumn leaves, you can enjoy a very wonderful view.

It’s so wonderful that I’m almost starting to sketch, so I can’t stay in the same place for a long time so that many people can enjoy it. It is a place that is often visited to enjoy the scenery rather than as a museum.

I saw “water lily” here. The “water lily” that is quietly exhibited is very wonderful. A reservation is required to visit the venue. Please enjoy “water lily” with beautiful scenery.

We would like to thank Asahi Beer Oyamazaki Sanso Museum for allowing us to use the images for this post.

The work of Claude Monet “Water Lilies” on the cover is quoted from Google Arts & Culture and is owned by The National Gallery, London.

アサヒビール大山崎山荘美術館/Asahi Beer Oyamazaki Villa Museum

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

作成者: Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。 NIKKEI SEEKSで経営コンサルタントの登録をしています。 父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を文章を書くのが大好きです。 母は、宅地建物取引士の資格を持ち、不動産会社に勤めていました。匿名で新聞に掲載されました。 多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています.。好奇心、いっぱいです。 だから、色んなことをします。家には、趣味と仕事の道具がいっぱいあります。 PCも大好きです。インターネットは、色んな世界が広がるので、楽しいです。色んな方と、国境を越えて、交流できたら、すばらしいと思っています。人生で、落ち込んだ時、嬉しい時、幸せな時、色んな時間がそれぞれありますが、どんな時間でも、どこに住んでいても、みんな同じ人生です。だから、この場を通じて、色んなことを書いていきたいです。色んなことに、没頭するのが好きなので、たまに、お休みする時もあります。私の好きな言葉は、「集中と選択」。だから、いつも、何かをしています。皆さまが、楽しんでいただけるように、したいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。 好きな映画となりのトトロ/My Neighbor 好きな音楽Totoro/クラッシック音楽/Classical music 好きな本イソップ物語/Fables of Aesop/ 趣味/料理(2年間学校で、学習)、写真撮影、 ソーイング、PC組み立て、絵を描くこと 、旅行、音楽鑑賞、絵画鑑賞、アクセサリー作り

コメントを残す

Translate »