不動産投資用物件にオーナーが住んでいる。The owner lives in a real estate investment property.

             https://a-yoi.com/                  

不動産には、「住居用」と「投資用」とがある。もちろん、住居用を投資用にしても、問題は無い。一般的に利回りが悪くなる。じゃあ、投資用を住居用にしてみたらどうなるか?と言うこともある。それも有りなのです。

利回りは、関係無い。自分が住むからです。賃貸アパートで、対比する様にある物件があった。ひとつは、築年数もそんなに古く無く、ワンルームでした。新築では無いが、そう古くも無い。その物件は、空きが、ある。

向かいに、築古アパートと築古の1戸建てが有った。築古の1戸建てには、ずっと賃借人が住んでいた。1戸建ては、入ると長い。築古のアパートは、1階になんと大家が入居している。築古なので、古く外見は、さえない。けれども、そこを改装して住んでいる。かなり、古いので、お安くその物件を購入したようです。

2階にはしばらく、賃借人が入っていた。今は、入る人もいない。だから、2階を洗濯物干しにベランダ代わりに使っている。築古のアパートは、大家が住んでいれば、滞納も起こらないし、自分で住めば、空き家リスクなんて無い。

その内に築古の1戸建てが、賃借人が出て行った。もう、ボロすぎるその外観を見て、こんな物件はこの先どうなるのか、興味がありました。その内に、その1戸建ては、取り壊され、更地になって、びっくりする程大きな土地だった。

特にアスファルトなんて敷かずに、土地のまま。隣には、自分の住んでいるアパートがあるので、自分の家の敷地になる。だから、更地のように、固定資産税は、高く無い。土地は、そのアパートまで考えるともの凄く広い。けれども、築古のアパートを改装してずっと住んでいます。

だから、こんな地味な人が本物の資産家だと、つくづく感じる。長い我慢が、資産を増やすのです。アパート経営だって、色んな方法がある。セルフリフォームが流行っている。賃貸だけではなく、立地の良い所だったら、築古もこんな風に自分が住めば、空室なんて関係無い。

By Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。NIKKEI SEEKSで経営コンサルタントの登録をしています。父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を書くのが大好きです。多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています.。好奇心、いっぱいです。だから、色んなことをします。家には、趣味と仕事の道具がいっぱいあります。PCも大好きです。インターネットは、色んな世界が広がるので、楽しいです。色んな方と、国境を越えて、交流できたら、すばらしいと思っています。人生で、落ち込んだ時、嬉しい時、幸せな時、色んな時間がそれぞれありますが、どんな時間でも、どこに住んでいても、みんな同じ人生です。だから、この場を通じて、色んなことを書いていきたいです。色んなことに、没頭するのが好きなので、たまに、お休みする時もあります。私の好きな言葉は、「集中と選択」。だから、いつも、何かをしています。皆さまが、楽しんでいただけるように、したいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。 好きな映画となりのトトロ/My Neighbor 好きな音楽Totoro/クラッシック音楽/Classical music 好きな本イソップ物語/Fables of Aesop/ 趣味/料理(2年間学校で、学習)、写真撮影、 ソーイング、PC組み立て、絵を描くこと 、旅行、音楽鑑賞、絵画鑑賞、アクセサリー作り

Leave a Reply

Translate »
error: Content is protected !!