乾いた金魚1-倒産と夜逃げDry Goldfish 1-Bankruptcy and Night Escape.

...
...

私の父は、会社を経営していました。そうして、公共事業の仕事を主にしていました。だから、いつも政府の予算を聞いて、今年は、景気が良い、とか、来年は、苦しそうだとか、常にその動向を気にしていました。そう大きくも無い会社でした。

自宅兼事務所だった。電話回線を何本も引き、大きなコピー機や事務用品が所狭しとあった。

そうして、何人かを雇って会社を経営していました。いつも、手形を切ったりする姿を見ていました。だから、相手が、支払うことが、できなくなったりして、連鎖倒産とか、とても気にしていた。

周りからは、優雅に見えるだろうけれども、その実情は、とても毎日が、ハラハラするような感じを子供ながらに、感じていました。

けれども、仕事をする時に、父は、立派なスーツを仕立て、ピカピカに磨いた靴を履いて、颯爽と、仕事で用事があると、外出していた。

だから、ご近所からは、羨ましくも、見えたようで、子供の私は、どこか友達とは、距離があった。そんな毎日で、見かけは、裕福に見えた。でも、家庭の生活は、そう贅沢は、していなかった。

母の金銭感覚もあるけれども、やはり、事業を拡大するには多くの資金が必要になるから、収支にそう余裕はなかったと、子供ながら、感じていました。事業拡大をすることは、当時の日本経済を見ても、ごく普通のことで、当時の社会風潮では違和感を感じることは、なかった。

でも、子供の私は、手形を切る姿を見ながら、普通の家庭に憧れていました。今月は、収入が多いとか、来月は、大変だとか、大人の話を、風のように聞いていました。

そんな冬のある日、幼い弟だけ連れ出して、遠くに外出しました。私は、ひどく怒って、不満を言いました。だけど、相手にされなかった。

そう、不渡手形(倒産)の出る日に備えて、夜逃げをする所の下見だったことを後から知る。

そうして、その倒産する、前日の太陽沈むのを待ち、家の灯もつけずに、周りから漏れた灯だけを頼りに、突然、ランドセルや、学校の通学カバンに勉強道具を入るだけいれて、身の回りの洋服も、少ないけれども、最小限のものを入れるよう言われた。

そうして、それが終わると、水槽から、飼っていた金魚を、プラスチックのボウルでバケツに移しました。夜の闇の中、バケツを抱え、池に向かい、金魚を放流しました。

そうして、戸締りをして事務所兼自宅を自動車に、乗って離れ、夜逃げをしました。

そうして、数ヶ月が経ってその家に戻った。金になりそうなものは、全てなかった。便箋や封筒まで、なかった。戸を無理やり開けて、債権者が取っていったのです。

そうして、キッチンに行って荒れたキッチンにふと、目を移した。そこには、プラスチックのボウルがあった。

その中に、1匹の金魚が、乾いてミイラのようになり、死んでいた。そう、暗くて、救えなかった命だった。ふと、涙が、こぼれ落ちた。

My dad ran a company. And he was mainly working in public works. So he always listened to the government budget and was always worried about the trend, whether the economy was good this year or it was going to be painful next year. It was a small company.

It was my home and office. I drew many telephone lines, and there were a lot of large copy machines and office supplies.

Then he hired several people to run the company. I always saw him cutting bills. Therefore, the other party was very worried about chain bankruptcy because he couldn’t pay.

It may look graceful to the people around me, but the reality is that every day feels like a kid.

However, when he was working, he made a fine suit, put on shiny polished shoes, and went out dashingly when he had something to do at work.

So, from the neighborhood, it seemed to be enviable, and as a child, I was somewhere away from my friends. Every day, he looked wealthy. But my family life wasn’t so luxurious.

Although my mother has a sense of money, I felt that I couldn’t afford the income and expenditure because I needed a lot of money to expand my business. Expanding business was quite common in the Japanese economy at that time, and I didn’t feel any discomfort in the social climate at that time.

However, as a child, I longed for a normal family while watching the bills being cut. I heard the stories of adults, such as having a lot of income this month and having a hard time next month, like the wind.

One day in such a winter, I took out only my younger brother and went out in the distance. I was very angry and complained. However, I wasn’t dealt with.

Yes, I later learned that it was a preview of a place to escape at night in preparation for the day when a dishonored bill (bankruptcy) appears.

Then, wait for the bankruptcy, the sun to set the day before, and suddenly put the study tools in the school bag or school bag, relying only on the lights leaking from the surroundings, without turning on the lights of the house. I was told to put in a minimum of clothes, though I had few clothes around me.

Then, when that was done, I transferred my goldfish from the aquarium to a bucket with a plastic bowl. In the darkness of the night, I held a bucket and headed for the pond to release the goldfish.

Then, I closed the door, got in the car from my office and home, left, and ran away at night.

Then, a few months later, I returned to the house. There was nothing that could make money. I didn’t even have stationery or envelopes. The door was forcibly opened and the creditor took it.

Then I went to the kitchen and suddenly turned my eyes to the rough kitchen. There was a plastic bowl there.

In it, a goldfish was dry, mummy-like and dead. Yes, it was a dark and unsaved life. Suddenly, tears spilled.

 

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

作成者: Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。 NIKKEI SEEKSで経営コンサルタントの登録をしています。 父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を文章を書くのが大好きです。 母は、宅地建物取引士の資格を持ち、不動産会社に勤めていました。匿名で新聞に掲載されました。 多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています.。好奇心、いっぱいです。 だから、色んなことをします。家には、趣味と仕事の道具がいっぱいあります。 PCも大好きです。インターネットは、色んな世界が広がるので、楽しいです。色んな方と、国境を越えて、交流できたら、すばらしいと思っています。人生で、落ち込んだ時、嬉しい時、幸せな時、色んな時間がそれぞれありますが、どんな時間でも、どこに住んでいても、みんな同じ人生です。だから、この場を通じて、色んなことを書いていきたいです。色んなことに、没頭するのが好きなので、たまに、お休みする時もあります。私の好きな言葉は、「集中と選択」。だから、いつも、何かをしています。皆さまが、楽しんでいただけるように、したいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。 好きな映画となりのトトロ/My Neighbor 好きな音楽Totoro/クラッシック音楽/Classical music 好きな本イソップ物語/Fables of Aesop/ 趣味/料理(2年間学校で、学習)、写真撮影、 ソーイング、PC組み立て、絵を描くこと 、旅行、音楽鑑賞、絵画鑑賞、アクセサリー作り

コメントを残す

Translate »