大切な人生。An important life.

...
...

先日、電車に乗って、街に行った。

その、帰りの電車での思い出を書こうと思います。

いつものように、改札を通ると、そこには、人がたくさん、困っている様子でした。

人身事故で、電車が、4時間も動いていないようでした。

もう、夜も遅いので、人々は、どうすることもできず、電車が動くのを、待っていました。

子供は、疲れ、床でうたた寝、を始めました。

その様子をみた人が、席を譲り、ただひたすら、電車を動くのを待っていました。

今、日本の電車は、人身事故が、多いです。

それだけ、心が、疲れ、病気になっている人が、多いです。

4時間の事故処理、それは悲惨な出来事だと、私は感じました。

やっと動いた電車、でしたが、その電車に、私は乗ることが、できませんでした。

そのまま、電車を見送り、ホームに向かって、うつむいて、何も考えられませんでした。

しばらくすると、後ろのホームに、次の電車が、到着しました。

それは、その日の最終電車だと、後から車内放送で知ること、になるのですが、私の立っていた、ホームには、「次発 普通」と表示が、ありました。

その最終電車は、大きく、1分ほどの、長い、大きな、発車ベルを、鳴らして、まるで、「黙祷」をしている、ようでした。

電車のとびらが、閉まって、発車しました。

そして、車内放送で、最終電車、であること、を放送されました。

帰って来ない、家族。

そこに至るまでは、色んなこと、あったでしょう。

人の命は、ひとつ、です。来ない人を待っている電車のホーム。

命は、ひとつ。

心の病い、に、差別は、いけません。

日本で、増え続けている、命、のお話をしました。

The other day I took a train and went to the city.

I’m going to write the memories of the return train.

As usual, when I passed the ticket gate, there seemed to be a lot of

people in there.

It seemed that the train did not move for 4 hours due to a personal injury.

It was late at night so people could not do anything and waited for the

train to move.

The child was tired and started to nap on the floor.

People who saw the situation gave up their seats and were just

waiting for the train to move.

Nowadays, Japanese trains have many accidents.

There are so many people who are tired and sick.

I felt 4 hours of accident handling was a tragic event.

It was a train that finally moved, but I couldn’t get on that train.

I left off the train, headed to the platform, and I couldn’t think of

anything.

After a while, the next train arrived at the back platform.

If it was the last train of the day, it would be known later in the car

broadcast, but there was a “next normal” display at the home where I

was standing.

The last train was big, about a minute long and big, and it seemed like

a “silence” was ringing.

The train door closed and started.

And it was broadcast on the train that it was the last train.

The family who will not come back. Until then, there would have been

many things.

One person’s life is one.

A train home waiting for people not to come.

There is one life. Don’t discriminate against your illness.

In Japan, we talked about the increasing number of lives.

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

作成者: Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。 NIKKEI SEEKSで経営コンサルタントの登録をしています。 父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を文章を書くのが大好きです。 母は、宅地建物取引士の資格を持ち、不動産会社に勤めていました。匿名で新聞に掲載されました。 多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています.。好奇心、いっぱいです。 だから、色んなことをします。家には、趣味と仕事の道具がいっぱいあります。 PCも大好きです。インターネットは、色んな世界が広がるので、楽しいです。色んな方と、国境を越えて、交流できたら、すばらしいと思っています。人生で、落ち込んだ時、嬉しい時、幸せな時、色んな時間がそれぞれありますが、どんな時間でも、どこに住んでいても、みんな同じ人生です。だから、この場を通じて、色んなことを書いていきたいです。色んなことに、没頭するのが好きなので、たまに、お休みする時もあります。私の好きな言葉は、「集中と選択」。だから、いつも、何かをしています。皆さまが、楽しんでいただけるように、したいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。 好きな映画となりのトトロ/My Neighbor 好きな音楽Totoro/クラッシック音楽/Classical music 好きな本イソップ物語/Fables of Aesop/ 趣味/料理(2年間学校で、学習)、写真撮影、 ソーイング、PC組み立て、絵を描くこと 、旅行、音楽鑑賞、絵画鑑賞、アクセサリー作り

コメントを残す

Translate »