和風だしの取り方。How to make Japanese-style dashi stock.

             https://a-yoi.com/                  

色んな種類の日本料理の「ダシ」について…。

今日は、日本の家庭料理の「ダシ」の取り方です。

化学調味料にお世話になる事も多いと思います。家庭料理ですので、気楽に読んでください。

※いりこダシ(煮干し)…いりこ(煮干し、小魚)は、頭とハラワタ、中骨を取り除きます。

この作業をしないと、美味しく出来上がりません。

めんどうでも、キチンとこの通りにしてください。

私は、その後、フードプロセッサーで、粉末にして、冷水より入れて、煮出して、「ダシ」にします。

5分ぐらいで良いでしょう。

「うどん」で有名な香川県の「さぬきうどん」は、この「いりこダシ」で作られています。

とても、庶民的で、お味噌汁などにも使えます。

粉末にすると、よく「ダシ」がでます。

そのままでも、良いのですが、気になる方は、不織布の袋等に入れて、取り出すと良いと思います。

※干し椎茸のダシ…このダシは、非常に良い上品な「ダシ」です。

味は、干し椎茸の質によって大きく違います。

高級な「ダシ」は、干し椎茸の肉厚(分厚くて大きなもの)が、大きい程、良いダシが取れます。

それを、冷水と干し椎茸を食品パックに入れて、冷蔵庫に入れます。

日にちが、かかって、戻したら、より良いダシになります。

2〜5日が良いでしょう。

さっと、火を通して、殺菌しましょう。

食品ですから、腐らないように、一週間を目安にして、使いましょう。

茶碗蒸し、お吸い物に良く合います。

※昆布ダシ…30分〜1時間を目安に冷水に浸けておきます。

火にかけて、沸騰してきたら、取り除きます。

沸騰させて、昆布を入れておくと、味が悪くなります。

これは、「1番ダシ」と言います。これは、大変上質ですから、懐石料理等に使われています。

老舗(シニセ)では、沸騰させないように、何時間も煮ます。

※カツオダシ…お鍋に水を入れて沸騰してきたら、カツオブシ入れて、2〜3分間入れて、カツオ節を取り除きます。

これを「1番ダシ」と言います。

これは、大変上質ですから、懐石料理等に使われています。

老舗(シニセ)では、最上質のカツオ節を非常にたくさん、入れて、直ぐに取り出してしまいます。

※「2番ダシ」…1番ダシを取った昆布とカツオブシを、沸騰したお湯に入れます。

5分間程、入れて取り除きます。このダシは、普通の家庭料理に使います。

これは、日本の「家庭料理のダシ」の取り方です。

2番ダシの取った後の昆布やカツオ節は、醤油、みりん、砂糖等で、味付けして「昆布のつくだ煮」も作れます。

日本料理は、非常に繊細です。

By Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を書くのが大好きです。多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています.。好奇心、いっぱいです。だから、色んなことをします。家には、趣味と仕事の道具がいっぱいあります。PCも大好きです。インターネットは、色んな世界が広がるので、楽しいです。色んな方と、国境を越えて、交流できたら、すばらしいと思っています。人生で、落ち込んだ時、嬉しい時、幸せな時、色んな時間がそれぞれありますが、どんな時間でも、どこに住んでいても、みんな同じ人生です。だから、この場を通じて、色んなことを書いていきたいです。色んなことに、没頭するのが好きなので、たまに、お休みする時もあります。私の好きな言葉は、「集中と選択」。だから、いつも、何かをしています。皆さまが、楽しんでいただけるように、したいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。 好きな映画となりのトトロ/My Neighbor 好きな音楽Totoro/クラッシック音楽/Classical music 好きな本イソップ物語/Fables of Aesop/ 趣味/料理(2年間学校で、学習)、写真撮影、 ソーイング、PC組み立て、絵を描くこと 、旅行、音楽鑑賞、絵画鑑賞、アクセサリー作り

Leave a Reply

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: