インターネットは世界を狭くした。The Internet has narrowed the world.

             https://a-yoi.com/                  

新年のお祝いの言葉が、日本は、「あけましておめでとうございます、アケマシテオメデトウゴザイマス。」です。

これは、とても日本的なことばです。新しい年をお祝いすることばです。

「あけまして、アケマシテ」つまり、明るくなっていくことです。前の年より、良くなること。そして、真っ暗な夜が徐々に、明るくなって太陽が、登っていく様子を、とても美しい、と思う国民性がある。

その太陽と未来を重ねて、日本人は、太陽に手を合わせて祈ります。

だから、山登りをして、山小屋に泊まると、夜明け前に、準備をして、太陽に向かって明日への願いを込めて、日本人は、その太陽の美しさに感激します。その太陽は、日章旗(ニッショウキ)と言われ、国旗になっています。

とりわけ、太陽に、「美しさ」と共に「希望」を重ねて、見上げるのです。それは、国旗が上がる様に重なって見えます。けれども、日本は、第二次世界大戦で、敗戦しました。

だから、日本の国歌は、色んなところで、まだ、堂々と歌うことができません。何故なら、戦後教育においては、置き去りにされたから。私は、学校で、国歌を習ったことが無い。

教科書に載っていても。ただの一度も、バックミュージックでも、流れたことは無い。だから、世界の人々に、戦争は、人を不幸にするものだと、知って欲しい。

争いは、いずれ、どんな形でも、結果は出ます。

それは、経済活動や、学術については、競争は、人々にしあわせをもたらすものだから、これは、とても素晴らしいことだと感じる。

けれども、その経済活動が国の利害によって、戦争の引き金になることがある。これは、とても、不幸なことです。

やはり、粘り強く、交渉するしかない。これは、持久戦になる。そんな我慢をして、国民は、不幸になる。

一番に誰だってなりたい。けれども、それは、「無常」つまり、以前にも、お話しましたが、仏教において、この世のすべてのものは、永遠は、無いのです。

これからは、自国第一主義では、なかなか、難しい。以前にも、書いたけれども、もう、インターネットの広がりは、その国境は、ボーダレスで、人口の多さや国土の広がりで競い合う時代では、無い。大人でも楽しめる地球儀の読み方。How to read a globe that adults can enjoy.

世界は、確実に狭い。だから、その中で、国が栄えるには、ボーダレスのグローバル視点で、そのルールを尊重していくことが、最も大切だと感じる。

何故なら、世界は、狭い。昔のようにいかないから、です。

この新型コロナで、デジタルトランスフォーメーションは、加速しています。ITによって、人々は、生活が変化します。

そして、又、世界は、小さくなります。つまり、狭くなります。そんな世界になります。

私は、ちょっと、不便なくらいが、ちょうど良いと思っていました。

けれども、この新型コロナで、もう、個人情報と銀行口座や、警察、健康、あらゆるものが、一元化される。個人の位置情報まで分かる。そんな世界が、もう始まっている。

それは、お互い、見張り合いの世界です。そんなビックデータをどう管理するかも今後の課題です。だからこそ、グローバル視点のルールは、必要です。

争う事なく、互いに尊重し合い、平和な世界になりますように。

By Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を書くのが大好きです。多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています.。好奇心、いっぱいです。だから、色んなことをします。家には、趣味と仕事の道具がいっぱいあります。PCも大好きです。インターネットは、色んな世界が広がるので、楽しいです。色んな方と、国境を越えて、交流できたら、すばらしいと思っています。人生で、落ち込んだ時、嬉しい時、幸せな時、色んな時間がそれぞれありますが、どんな時間でも、どこに住んでいても、みんな同じ人生です。だから、この場を通じて、色んなことを書いていきたいです。色んなことに、没頭するのが好きなので、たまに、お休みする時もあります。私の好きな言葉は、「集中と選択」。だから、いつも、何かをしています。皆さまが、楽しんでいただけるように、したいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。 好きな映画となりのトトロ/My Neighbor 好きな音楽Totoro/クラッシック音楽/Classical music 好きな本イソップ物語/Fables of Aesop/ 趣味/料理(2年間学校で、学習)、写真撮影、 ソーイング、PC組み立て、絵を描くこと 、旅行、音楽鑑賞、絵画鑑賞、アクセサリー作り

2 comments

Leave a Reply

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: