学問のすすめ「人が平等であるために必要なのは勉強」3Recommendation of learning “Study is necessary for people to be equal” 3

             https://a-yoi.com/                  

「学問のすすめ」には、日本人なら、誰でも知っている言葉があります。「天は、人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」この本は、この言葉から始まる。その中に「人は同等なる事」という章があります。

そこには、こう書かれています。今、人と人との比較をすれば、それは同じとは言えない。豊かな人、貧しい人、色んな地位の人がいる。そのことを言っているのではない。と始まる。

その平等とは、「権理通義(ケンリツウギ)」を指しています。これは、人々の命を大事にする。その身分や財産を守ること。その世間に対する名誉を守ること。これは、どんな小さなことでも、軽く扱うことは許されない。

天から命を授かった心と身体は、大切にしなければならない。

どんな大金持ちのお金でも、小さなお菓子しか買えない、わずかなお金でも、同等に、大切に扱うことは、大切です。

世の中の悪いことわざに「泣く子供と権力にはかなわない。」「親と主人は無理を言う」など、ある。そういった間違いを論ずる者もいる。けれども、身分は違うけれども、人として痛いものは、誰でも痛い。だから、どんな身分であっても、それは、軽く見てはいけない

「貧富強弱(ヒンプキョウジャク)」つまり、貧しい者、豊かな者、強い者、弱い者。これは、人々の状態である。暴力の力、政治と人民の力。色んな力があるけれど、同等に扱うことが、大切です。

政府は、法で人民を守ることは、政府の当然の役目です。税金を払うことのできる金額によって差別することはできない。どんな身分であっても、常に同位同等。つまり、皆同じ価値があることを忘れては、いけない。

政府は、人民のために法を制定し、それに従うのが人民です。

法は、人民1人に不便利があっても、それは、改革までは、法を動かしてはならない。

これを守ることは、人民の役目です。そうすることが、大切なのに、勉強せずに文字が読めない。道徳の道理も知らない。身についている習慣は、飲食と寝ることと起きること。無学のくせに欲は深く、目の前で人を騙して、巧みに政府の法を逃れる。国の法律がどう言うものか分からない。自分の職務上の役目を分からない。子供をたくさん産んでも、その子供に教育する方法も分からない。

要するに、世の中で名誉を失っても恥ずかしくない、法律も知らない、そういう馬鹿者が、子供をたくさん産めば、国の利益にはならない。国を悪くする者です。

こういった馬鹿者を取り扱うのは、道徳は、通じない。

これは、望むことではないが、力を持って脅し、ほんのわずかな期間、大きな損失が出ても、そのようにするしかない。つまり、世の中に暴力のある政府がある理由です。独裁政府もある。

国の暴力政府は、必ずしも、政府の暴力ではない。その事実は、人民の無学、つまり知恵がない。そうして、政府は、不幸になる。

他人に操られて暗殺の計画をする者、新しい法律を誤解してデモをする者、言い訳を作って訴訟を起こし、金持ちのお金を盗む者もいる。その様子は、人間のするようなものではない。どんな君子であれども、良い提案はない。とにかくここは、非常に厳しい政治を行う必要がある。

よって、このように言う。人民が、暴力政府を避けたいと思うならば、一刻も早く、学問に向かう心を持ち、自分から、才能、知能、道徳を高くすることです。そうすれば、政府と、同位同等の地位になる。これが、私(福沢諭吉)のすすめる学問の目的とする考えです。

このように、政府、つまり国が、よくなるには、人民の学問が平等に行き渡れば、国は安定し、発展することを述べています。これは、国のあり方として、非常に重要です。良い人民がいれば、良い政府になり、国は、発展し、安定し、これは、暴力は、必要ではないことを述べています。非常に重要で、とても、好きな章なので、長文ですが、読んで下さった方は、ありがとうございます。

There is a word that every Japanese person knows in “Recommendation of learning”. “Heaven does not make a man above a man, nor a man under a man.” This book begins with this word. There is a chapter in it, “People are equal.”

It says: Now, if you compare people to people, it’s not the same. There are rich people, poor people, and people in various positions. I’m not saying that. It starts with.

That equality refers to “Kenritsuugi”. This cherishes people’s lives. Protect your status and property. To protect the honor of the world. It is not allowed to treat any small thing lightly.

The mind and body that have been given life from heaven must be cherished.

It is important to treat any rich money, even a small amount of money that can only buy small sweets, with equal care.

There are bad sayings in the world, such as “I can’t beat a crying child and power.” “Parents and masters say no.” Some argue for such mistakes. However, although the status is different, anyone who hurts as a person hurts. So, no matter what your status, don’t take it lightly.

“Himpkyojak”, that is, the poor, the rich, the strong, the weak. This is the state of the people. The power of violence, the power of politics and the people. There are various powers, but it is important to treat them equally.

It is the government’s natural duty to protect the people by law. You cannot discriminate on the amount you can afford to pay taxes. No matter what your status, they are always equal. So don’t forget that they are all of the same value.

It is the people who enact and obey the law for the people.

Even if the law is inconvenient for one person, it must not move the law until reform.

It is the people’s job to protect this. It’s important to do so, but I can’t read without studying. I don’t even know the moral reason. The habits I have are eating, drinking, sleeping and getting up. Even though he is illiterate, he is greedy and tricks people in front of him to skillfully escape government law. I don’t know what the national law says. I don’t know what my job role is. Even if I give birth to many children, I don’t know how to educate them.

In short, if such an idiot who is not ashamed to lose his honor in the world and does not know the law has many children, it will not be in the national interest. The one who makes the country worse.

It is not moral to deal with these idiots.

This isn’t what you want, but you have to do it with force, even if you lose a lot for a short period of time. That is why there is a violent government in the world. There is also a dictatorship.

National violence Government is not necessarily government violence. The fact is that the people are illiterate, that is, they have no wisdom. Then the government becomes unhappy.

Some are manipulated by others to plan assassinations, others misunderstand new laws and demonstrate, others make excuses to file proceedings and steal rich money. The situation is not what humans do. No prince has a good suggestion. Anyway, it is necessary to carry out very strict politics here.

Therefore, say this. If the people want to avoid a violent government, they should be willing to study and develop their talents, intelligence and morals as soon as possible. Then, it will be in the same position as the government. This is the idea that I (Yukichi Fukuzawa) recommends as the purpose of the study.

In this way, the government, that is, the country, states that in order for the country to improve, if the people’s scholarship spreads equally, the country will stabilize and develop. This is very important as a country. With good people, it becomes a good government, the country develops and stabilizes, which states that violence is not necessary. It’s a very important and very favorite chapter, so it’s a long sentence, but thank you for reading it.

By Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を書くのが大好きです。多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています.。好奇心、いっぱいです。だから、色んなことをします。家には、趣味と仕事の道具がいっぱいあります。PCも大好きです。インターネットは、色んな世界が広がるので、楽しいです。色んな方と、国境を越えて、交流できたら、すばらしいと思っています。人生で、落ち込んだ時、嬉しい時、幸せな時、色んな時間がそれぞれありますが、どんな時間でも、どこに住んでいても、みんな同じ人生です。だから、この場を通じて、色んなことを書いていきたいです。色んなことに、没頭するのが好きなので、たまに、お休みする時もあります。私の好きな言葉は、「集中と選択」。だから、いつも、何かをしています。皆さまが、楽しんでいただけるように、したいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。 好きな映画となりのトトロ/My Neighbor 好きな音楽Totoro/クラッシック音楽/Classical music 好きな本イソップ物語/Fables of Aesop/ 趣味/料理(2年間学校で、学習)、写真撮影、 ソーイング、PC組み立て、絵を描くこと 、旅行、音楽鑑賞、絵画鑑賞、アクセサリー作り

Leave a Reply

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: