不動産。建物の価値を知る。Real estate. Know the value of the building.

             https://a-yoi.com/                  

建物の構造について、どれだけの価値があるかお伝えしたいと思います。

専門的になりますので、建物構造は、業者の方に聞いてください。

今日は、住居用途に限り(一般にお住まいされる住宅のこと)のお話しです。

法定耐用年数です。鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造47年。

れんが造、石造、ブロック造38年。

金属造(骨格材の肉厚が4ミリメートル以上)34年。

金属造(骨格材の肉厚が3〜4ミリメートル以下)27年。

金属造(骨格材の肉厚が3ミリメートル以下)19年。

木造、合成樹脂造22年。

木骨モルタル造20年。

このようになっています。

建物の解体現場を見ますと鉄骨の使われた建物は、特殊な機材を使い、解体、処理していますので、解体費や処理費がかなりかかる印象があります。

どのような住まいにするのかは、色々だとは思います。

駐車場にアスファルト(10年の法定原価償却)やコンクリート(15年の法定原価償却)等を敷くと、建物と見なされ、法定原価償却が有ります。

参考になれば、と思います。

今日は、建物の法定耐用年数について書いてみました。

By Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。NIKKEI SEEKS にて経営コンサルタントに登録しています。父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を書くのが大好きです。多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています。

Leave a Reply

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: