東京オリンピックで本物のアスリートはいるのか?Are there real athletes at the Tokyo Olympics?

             https://a-yoi.com/                  

日本では、遂に東京の高級ホテルに臨時の医療施設が、設置される。デルタ株に対して、中和抗体薬を投与するカクテル療法と言われるものを軽症者、中等症者が、重症者化を70%防ぐと言う療法です。

全国の約1,000の病院で4,000人に投与したところ、多くの方が回復したとのこと。これを日本全国にこうしたホテルを導入していくと言う、政府の方針が示された。

ワクチンの不足は、どうしようもない。だから、この方針を積極的に日本全国に広げようとのこと。ワクチンが、無い日本は、このようなことしかできない。

ワクチンは、東京都と政府で、職域接種によって、ある程度、救われるとの見解を示しました。

けれども、ワクチンが、絶対的に少ないし、職域接種でカバーできない、ワクチンを後回しににされる東京の40歳-50歳代は確実に存在する。

けれども、ワクチンが、ない。これは、仕方ない。

何故なら、今、日本では、大雨が、西日本で降り続いており、これは、災害級で、長崎県、佐賀県、色んなところで、報告されています。その救護に日本は、防衛省が関わる。

その防衛省、自衛隊における感染者数は、8月15日現在で、合計3,016人もいるのです。そんな状態で、日本の災害救護は行われるのです。

だから、一般のごく普通に生活できない状況なのです。

けれども、日本のアスリートは、ワクチンを打っている。何とも、コメントできない状況なのです。

オリンピック、パラリンピックを開催できること、そのことは素晴らしいことです。けれども、時期は確実に悪かった。

この困難な中で、東京で開催できたことは、ひとつの約束を守った。やはり、信用を築くとは、とても容易なことではない。そんな中、約束を守った政府は、素晴らしい。

色んな支障が有る。今、日本が、直面していることは、大切な「命」を守ることです。とても、難しいことです。

ワクチンと言う、最大にして、重要なものがない。

ワクチン接種は、1日1,000,000回ペースで進められているとの発表があった。実感の無い数字だ。

先日、用事で、仕方なく外出しました。そこには、広報車が、「不要な外出自粛」を駅前で、広報していました。自粛生活は、長い。

日本は、明らかに耐えている。外出しても、街の商店街は、シャッターを閉め、人通りは、ほとんど無い。今、外出するのは、非常にリスキーです。

けれども、外出しなければ、ならない時がある。正直言って怖い。でも、仕方ない。そんな人々が、たくさんいるのが、日本の現状です。

アスリートは、多くの名声と、富を得ることができたのかも、しれない。けれども、その代償は、大きい。アスリートは、人々にこのことに感謝して、何かの形で、国民に、奉仕しなければ、いけない。

このことができるアスリートと、できないアスリートでは、「人としての価値」が違う。これは、究極の中で、「本物のアスリート」を見つけるチャンスでもある。

口先なら、何とでも言える。自己中心的な人物は、要らない。けれども、私の知る限り、今の時点では、いない。

スポンサーに色んなことをリクエストするアスリートは、いても、「寄付をしたい」と言う、アスリートの話は、聞いたことがないからです。

今の段階では、そんなアスリートは、存在しない。あらゆる物が、商業的、個人主義になっていく。

いくら、アスリートが、抗議の姿勢を示しても、行動が伴っていなければ、それは、「形」でしか、ない。そんな夢を見ている私は、時代はずれかもしれない。

In Japan, a temporary medical facility will finally be set up at a luxury hotel in Tokyo. A cocktail therapy that administers a neutralizing antibody drug to the Delta strain is a therapy that prevents mild and moderate cases from becoming severe by 70%.

When it was administered to 4,000 people at about 1,000 hospitals nationwide, many recovered. The government’s policy to introduce such hotels throughout Japan was shown.

The shortage of vaccines can’t be helped. Therefore, he said that he would actively spread this policy throughout Japan. Japan, which does not have a vaccine, can only do this.

The Tokyo Metropolitan Government and the government have said that the vaccine will be saved to some extent by occupational vaccination.

However, there are certainly people in their 40s and 50s in Tokyo who are left behind with vaccines, which are absolutely scarce and cannot be covered by occupational vaccinations.

However, there is no vaccine. as for this, it cant be helped.

Because, in Japan, heavy rains continue to fall in western Japan, which is disaster-grade and has been reported in Nagasaki, Saga, and many other places. In Japan, the Ministry of Defense is involved in the relief.

As of August 15, the number of infected people in the Ministry of Defense and the Self-Defense Forces is 3,016 in total. In such a state, disaster relief in Japan is carried out.

That’s why it’s a situation where you can’t live normally.

But Japanese athletes are vaccinated. After all, I can’t comment.

It’s great to be able to host the Olympics and Paralympics. But the time was definitely wrong.

In this difficult situation, being able to hold the event in Tokyo kept one promise. After all, building credibility is not very easy. Meanwhile, the government that kept its promise is wonderful.

There are various obstacles. What Japan is facing now is to protect its precious “life.” It’s very difficult.

There is no vaccine, which is the biggest and most important.

It was announced that vaccination is being carried out at a pace of 1,000,000 times a day. It’s an unrealistic number.

The other day, I had no choice but to go out for business. There, a public relations car was publicizing “unnecessary self-restraint from going out” in front of the station. Self-restraint life is long.

Japan is clearly enduring. Even when I go out, the shopping streets in the city close the shutters and there is almost no traffic. It’s very risky to go out now.

However, there are times when I have to go out. To be honest, I’m scared. But it can’t be helped. The current situation in Japan is that there are many such people.

Athletes may have gained a lot of fame and wealth. But the price is high. Athletes must thank people for this and serve the people in some way.

Athletes who can do this and athletes who cannot do this have different “values as a person”. This is also the chance to find a “real athlete” in the ultimate.

You can say anything with your mouth. You don’t need a selfish person. But as far as I know, it’s not at this point.

Even if there are athletes who request various things from sponsors, I have never heard of athletes saying “I want to donate.”

At this stage, there are no such athletes. Everything becomes commercial and individualistic.

No matter how much an athlete shows a protest, if it is not accompanied by action, it is only a “form”. Having such a dream, I may be out of date.

By Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を書くのが大好きです。多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています.。好奇心、いっぱいです。だから、色んなことをします。家には、趣味と仕事の道具がいっぱいあります。PCも大好きです。インターネットは、色んな世界が広がるので、楽しいです。色んな方と、国境を越えて、交流できたら、すばらしいと思っています。人生で、落ち込んだ時、嬉しい時、幸せな時、色んな時間がそれぞれありますが、どんな時間でも、どこに住んでいても、みんな同じ人生です。だから、この場を通じて、色んなことを書いていきたいです。色んなことに、没頭するのが好きなので、たまに、お休みする時もあります。私の好きな言葉は、「集中と選択」。だから、いつも、何かをしています。皆さまが、楽しんでいただけるように、したいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。 好きな映画となりのトトロ/My Neighbor 好きな音楽Totoro/クラッシック音楽/Classical music 好きな本イソップ物語/Fables of Aesop/ 趣味/料理(2年間学校で、学習)、写真撮影、 ソーイング、PC組み立て、絵を描くこと 、旅行、音楽鑑賞、絵画鑑賞、アクセサリー作り

Leave a Reply

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: