砥峰高原のススキと美山かやぶきの里、おすすめの旅。A recommended trip to Tonomine Kogen Susuki and Miyama Kayabuki no Sato.

...
...

日本の京都府に「とのみね高原」があります。

村上春樹の「ノルウェーの森」の映画のロケ地に選ばれた、綺麗な高原です。

秋には、ススキが、一面に咲き乱れます。

ふと、下を見れば、表紙のような可憐な花も時々、見られます。

ですが、このような花がこの「とのみね高原」では、咲くことが、許されない。

毎年、山焼きが行われて、ススキのみが群生されるようにしています。

何故なら、ススキは、「葦、アシ」と言って、民家の屋根の材料になるのです。

これは、お写真を見れば、お分かりになると思います。

写真の古民家は、京都府南丹市の「かやぶきの里」です。

このように、屋根の材料になります。

お米を取って、そのわらを掛けてあります。このわらも屋根の材料になります。

このわらも、昔は、屋根の材料になりました。

わらの屋根は、ススキの葦、アシの屋根より、グレードは、低いです。

このようにして、日本は、昔は暮らしていました。

そして、「かやぶきの里」では、秋、9月になると、一面に白い花で覆われます。

これは、そばの花です。

咲き乱れると、その花を摘み取り、そばの材料になります。

お写真は、そばの写真です。

ですが、ここは、観光地なので、ホンモノのそばの麺は、食べられません。

ホンモノのそばは、とても手に入りにくいものです。

とても歯応えがあり、美味しいですが、なかなか、この私でも、手打ちのホンモノのそばは、食べるのは、難しいです。

お写真は、良くある普通のそばですが、イメージとして載せました。

そばは、そば茶にしたりします。

そば茶は、とても香ばしいお味です。

その横に、松茸ご飯があります。

松茸は、この地方で採れたホンモノの松茸ご飯で、この時期に、この場所で採れたものです。

とても美味しいです。

料亭で食べるとかなりのお値段になります。

だから、この「かやぶきの里」に秋になったら、松茸ご飯をぜひ、食べてください。

とても美味しくいただきました。

あとは、お漬物がありました。

今回は、日本の文化の古民家の屋根のお話とそばのお話でした。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

作成者: Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。 NIKKEI SEEKSで経営コンサルタントの登録をしています。 父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を文章を書くのが大好きです。 母は、宅地建物取引士の資格を持ち、不動産会社に勤めていました。匿名で新聞に掲載されました。 多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています.。好奇心、いっぱいです。 だから、色んなことをします。家には、趣味と仕事の道具がいっぱいあります。 PCも大好きです。インターネットは、色んな世界が広がるので、楽しいです。色んな方と、国境を越えて、交流できたら、すばらしいと思っています。人生で、落ち込んだ時、嬉しい時、幸せな時、色んな時間がそれぞれありますが、どんな時間でも、どこに住んでいても、みんな同じ人生です。だから、この場を通じて、色んなことを書いていきたいです。色んなことに、没頭するのが好きなので、たまに、お休みする時もあります。私の好きな言葉は、「集中と選択」。だから、いつも、何かをしています。皆さまが、楽しんでいただけるように、したいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。 好きな映画となりのトトロ/My Neighbor 好きな音楽Totoro/クラッシック音楽/Classical music 好きな本イソップ物語/Fables of Aesop/ 趣味/料理(2年間学校で、学習)、写真撮影、 ソーイング、PC組み立て、絵を描くこと 、旅行、音楽鑑賞、絵画鑑賞、アクセサリー作り

2件のコメント

コメントを残す

Translate »