砥峰高原のススキと美山かやぶきの里、おすすめの旅。A recommended trip to Tonomine Kogen Susuki and Miyama Kayabuki no Sato.

             https://a-yoi.com/                  

日本の京都府に「とのみね高原」があります。

村上春樹の「ノルウェーの森」の映画のロケ地に選ばれた、綺麗な高原です。

秋には、ススキが、一面に咲き乱れます。

ふと、下を見れば、表紙のような可憐な花も時々、見られます。

ですが、このような花がこの「とのみね高原」では、咲くことが、許されない。

毎年、山焼きが行われて、ススキのみが群生されるようにしています。

何故なら、ススキは、「葦、アシ」と言って、民家の屋根の材料になるのです。

これは、お写真を見れば、お分かりになると思います。

写真の古民家は、京都府南丹市の「かやぶきの里」です。

このように、屋根の材料になります。

お米を取って、そのわらを掛けてあります。このわらも屋根の材料になります。

このわらも、昔は、屋根の材料になりました。

わらの屋根は、ススキの葦、アシの屋根より、グレードは、低いです。

このようにして、日本は、昔は暮らしていました。

そして、「かやぶきの里」では、秋、9月になると、一面に白い花で覆われます。

これは、そばの花です。

咲き乱れると、その花を摘み取り、そばの材料になります。

お写真は、そばの写真です。

ですが、ここは、観光地なので、ホンモノのそばの麺は、食べられません。

ホンモノのそばは、とても手に入りにくいものです。

とても歯応えがあり、美味しいですが、なかなか、この私でも、手打ちのホンモノのそばは、食べるのは、難しいです。

お写真は、良くある普通のそばですが、イメージとして載せました。

そばは、そば茶にしたりします。

そば茶は、とても香ばしいお味です。

その横に、松茸ご飯があります。

松茸は、この地方で採れたホンモノの松茸ご飯で、この時期に、この場所で採れたものです。

とても美味しいです。

料亭で食べるとかなりのお値段になります。

だから、この「かやぶきの里」に秋になったら、松茸ご飯をぜひ、食べてください。

とても美味しくいただきました。

あとは、お漬物がありました。

今回は、日本の文化の古民家の屋根のお話とそばのお話でした。

By Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を書くのが大好きです。多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています.。好奇心、いっぱいです。だから、色んなことをします。家には、趣味と仕事の道具がいっぱいあります。PCも大好きです。インターネットは、色んな世界が広がるので、楽しいです。色んな方と、国境を越えて、交流できたら、すばらしいと思っています。人生で、落ち込んだ時、嬉しい時、幸せな時、色んな時間がそれぞれありますが、どんな時間でも、どこに住んでいても、みんな同じ人生です。だから、この場を通じて、色んなことを書いていきたいです。色んなことに、没頭するのが好きなので、たまに、お休みする時もあります。私の好きな言葉は、「集中と選択」。だから、いつも、何かをしています。皆さまが、楽しんでいただけるように、したいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。 好きな映画となりのトトロ/My Neighbor 好きな音楽Totoro/クラッシック音楽/Classical music 好きな本イソップ物語/Fables of Aesop/ 趣味/料理(2年間学校で、学習)、写真撮影、 ソーイング、PC組み立て、絵を描くこと 、旅行、音楽鑑賞、絵画鑑賞、アクセサリー作り

2 comments

Leave a Reply

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: