日本のワクチン接種スケジュール2022Japan’s vaccination schedule 2022.

             https://a-yoi.com/                  

日本の新型コロナワクチン接種担当大臣、河野大臣が、8月18日に会見をしました。

これによると、ワクチン接種状況は、

8月18日現在、全体(127,130,033人)の50.9%が1回目、39.3%が2回目を完了。

65歳以上(35,486,339人)の88.7%が1回目、85.1%が2回目完了。

ちなみに、日別では、8月18日公表、113,351,510回(+2,300,521)、8月19日公表、114,664,353回(+1,312,843)

日本国の拠点となる霞ヶ関は、本格的にリモートワークに入る。約70%が、対象になる。企業ならず、国までデジタル化になり、大臣の会見もオンラインになった。

東京についての言及もあった。40-64歳までの年齢層において、夜間の東京都内の滞留人口が多いとの指摘もあった。これは、感染対策が必要だとした。15-34歳についても感染対策が必要だとした。このように、やはり、東京は、日本の中では、課題が多い。

そうして12歳以上の対象希望者の2回目の接種完了を11-12月としました。妊婦もワクチン接種を勧めています。もう、時間との戦いです。

その上で、医療従事者は、2月、65歳以上の高齢者は、5月にワクチン接種している観点から、ブースター接種と言われる3回目を2022年に目指して、ワクチンを確保しているとのこと。

モデルナ、50,000,000回。アメリカのノバック、150,000,000回。ファイザー、合意したところで、数値の公表は、無かった。

来年の2月頃には、日本製ワクチンも予定通りいけば、できる。情報が、ダイレクトに入るのは、とても、安心する。何故なら、細かい数値など出して、丁寧に説明があるからです。

ブースター接種対象で導入される。細やかに、ハキハキと、説明してくださる。

政府発表は、自粛生活の続く、一般人にとって、命綱のようです。オンラインで、会見してくださり、ありがとうございます。

ワクチンで、完全に解決にはならないけれども、ひとつの区切りが、見えたような感覚がある。まだ、先は、長い。

ワクチンは、足りなくなるか、死亡者数が増えて需要が少なくなるかもしれないという、結果になるかもしれない。とにかく、今の日本は、地獄です。もう、選択肢は限りなくない。対処するだけで、精一杯です。

日本だけではなく、色んな国の方が、困っている。副反応は、怖いけれども、それに上回る、メリットが多い。大切な人を守るためにも、ワクチンを打つことは、必要です。けれども、そのワクチンが、ない。対処しか、ない。これは、果てしなく、しばらく続く、そんな日本です。

リモートワークも、日本の政府の頂点、霞ヶ関に本格的に導入された。まだ、続く自粛生活。個人の生き方も価値観も変わりつつある。

人生は、有限の時間です。時間は、買えない。だから、人々は体験を求める。このコロナで、時間と体験の大切さを、世界中の人々は、身に染みて感じている。私もそのひとりです。

「覚悟」。こんな言葉が、私の心にある。どうしても、できないことが、人生にはある。私の父は、余命5年と告げられた。そんな父の姿と、今の日本国民は、重なって見える。できることは、心の整理をするしかない。

人生の絶壁は、誰でも、必ずある。だから、毎日を大切にしたい。そんな心が伝われば、嬉しいと思い、儲からないブログだけれど、続けている。みんな、心にある宝石を大切にして、今を大切に、生きてみよう。苦難だけれども、みんな心で繋がっているよ。毎日、ありがとう。

Japan’s Minister for Covid Vaccine Vaccine, Minister Kono, met on August 18th.

According to this,

as of August 18, 50.9% of the total (127,130,033 people) completed the first vaccination and 39.3% completed the second.

88.7% of people aged 65 and over (35,486,339) completed the first time, and 85.1% completed the second time.

By the way, by day, published on August 18, 113,351,510 times (+2,300,521), published on August 19, 114,664,353 times (+1,312,843)

Kasumigaseki, which is the base of Japan, will start remote work in earnest. About 70% are eligible. Not only companies but also countries have become digital, and ministerial interviews have also become online.

There was also a reference to Tokyo. It was also pointed out that there is a large population staying in Tokyo at night in the age group from 40 to 64 years old. This said that infection control was needed. Infection control is also needed for 15-34 year olds. In this way, Tokyo still has many issues in Japan.

Then, the completion of the second vaccination for those who are 12 years old or older was set for November-December. Pregnant women also recommend vaccination. It’s a battle against time.

On top of that, medical professionals are securing vaccines for the third time, which is called booster vaccination, from the viewpoint of vaccination in February and elderly people aged 65 and over in May. And that.

Moderna, 50,000,000 times. American Novak, 150,000,000 times. Pfizer agreed, but no figures were released.

Around February next year, if the vaccine made in Japan goes according to schedule, it will be possible. It is very reassuring that the information goes directly. The reason is that detailed numerical values are given and explanations are given carefully.

Introduced for booster inoculation. He will explain in detail, “Hakihaki”.

The government announcement seems to be a lifeline for the general public, who continue to refrain from living. Thank you for visiting us online.

Vaccines do not completely solve the problem, but there is a feeling that one break is visible. There is still a long way to go.

Vaccines may result in shortages or increased deaths and lower demand. Anyway, Japan is hell now. There are no end to the options. All you have to do is deal with it.

Not only Japan but also various countries are in trouble. Adverse reactions are scary, but they have many advantages over them. Vaccination is necessary to protect your loved ones. But the vaccine isn’t there. There is only a countermeasure. This is Japan that is endless and will continue for a while.

Remote work was also introduced in earnest at Kasumigaseki, the pinnacle of the Japanese government. Still a self-restraint life. Individual lifestyles and values are changing.

Life is a finite amount of time. I can’t buy time. So people want an experience. People all over the world feel the importance of time and experience in this corona. I am one of them.

“Preparation”. I have these words in my heart. There is something in life that you can’t do. My father was told he had five years to live. The appearance of such a father and the current Japanese people seem to overlap. The only thing you can do is organize your mind.

Everybody has a cliff in life. Therefore, I want to cherish every day. I would be happy if such a heart could be conveyed, and although it is a blog that is not profitable, I continue to do so. Let’s cherish the jewels in our hearts, cherish the present, and live. It’s hard, but everyone is connected with their hearts. thanks for every day.

By Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を書くのが大好きです。多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています.。好奇心、いっぱいです。だから、色んなことをします。家には、趣味と仕事の道具がいっぱいあります。PCも大好きです。インターネットは、色んな世界が広がるので、楽しいです。色んな方と、国境を越えて、交流できたら、すばらしいと思っています。人生で、落ち込んだ時、嬉しい時、幸せな時、色んな時間がそれぞれありますが、どんな時間でも、どこに住んでいても、みんな同じ人生です。だから、この場を通じて、色んなことを書いていきたいです。色んなことに、没頭するのが好きなので、たまに、お休みする時もあります。私の好きな言葉は、「集中と選択」。だから、いつも、何かをしています。皆さまが、楽しんでいただけるように、したいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。 好きな映画となりのトトロ/My Neighbor 好きな音楽Totoro/クラッシック音楽/Classical music 好きな本イソップ物語/Fables of Aesop/ 趣味/料理(2年間学校で、学習)、写真撮影、 ソーイング、PC組み立て、絵を描くこと 、旅行、音楽鑑賞、絵画鑑賞、アクセサリー作り

Leave a Reply

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: