日本の美学と現代の服装。Japanese aesthetics and modern clothing.

...
...

茶道の世界を確立した千利休がいます。以前にも書いたけれど、陶器というのは、歴史的人物が使ったことで、その価値が確立します。その千利休の使った天目茶碗は、確か14億円は、する。粗末な茶碗です。千利休は、究極の削ぎ落とした美学を貫きました。それは、以前にも書きました。そして、それは、千利休の本家を表屋敷を引き継ぐ「表千家」と本家の裏の隠居屋敷を継承した「裏千家」に分かれました。

茶道は、政治にも、深く関係があり、千利休も、その波に呑み込まれ、豊臣秀吉(1537-1597)の前で、割腹(カップク)、つまり、自害(ジガイ)。自ら、腹を切って死んでいます。

こんな言葉があります。日本語で言う「ハレ」。つまり、広々として、晴れやかなところ。そんな華やかな、世界が広がっています。

日本語で言う「ケ」。これは、おおやけで無いこと。よそ行きでないこと。普段、日常、わたくし。つまり、装い、外観、身なりには、日本的には、ハレの日、ケの日、があるのです。これは、伝統で、文化です。

そんな、日本的文化は、精神性ときらびやかさが、交錯して、現代に引き継がれています。

この新型コロナは、人々に、日常の大切さを教えたようであります。つまり、ケの日を大切にしてこそ、ハレの日がある、ことを導いています。何故なら、ユニクロの業績は、その勢いを増しています。ブランドのレナウンは、破綻しました。現代において、人々の装い、身なりは、日常を大切にしています。そこには、ブランドとか、見かけを気にして、身なりを整えるのでは無く、そこには、自分の一番着心地の良いものが、選ばれる、という消費者の心理があります。これは、日常着が、良いものが多くなり、ハレ、ケの境界線が無くなった、ことを意味します。

これからは、人々は、ブランドで、洋服を選ぶのでは無く、品質、着心地、そして、パーツとして、着こなしのできる、自分らしさを表現する時代になっています。だから、着こなす、これを制した人が、本当のおしゃれになる。時代は、流れていく。中国にこんな言葉がある。「温故知新、オンコチシン」。古いものを研究して、そこから、新しい知識を得る。良い言葉です。時代は、流れていくけれども、そこには、常に新しい発見があります。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

作成者: Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。 NIKKEI SEEKSで経営コンサルタントの登録をしています。 父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を文章を書くのが大好きです。 母は、宅地建物取引士の資格を持ち、不動産会社に勤めていました。匿名で新聞に掲載されました。 多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています.。好奇心、いっぱいです。 だから、色んなことをします。家には、趣味と仕事の道具がいっぱいあります。 PCも大好きです。インターネットは、色んな世界が広がるので、楽しいです。色んな方と、国境を越えて、交流できたら、すばらしいと思っています。人生で、落ち込んだ時、嬉しい時、幸せな時、色んな時間がそれぞれありますが、どんな時間でも、どこに住んでいても、みんな同じ人生です。だから、この場を通じて、色んなことを書いていきたいです。色んなことに、没頭するのが好きなので、たまに、お休みする時もあります。私の好きな言葉は、「集中と選択」。だから、いつも、何かをしています。皆さまが、楽しんでいただけるように、したいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。 好きな映画となりのトトロ/My Neighbor 好きな音楽Totoro/クラッシック音楽/Classical music 好きな本イソップ物語/Fables of Aesop/ 趣味/料理(2年間学校で、学習)、写真撮影、 ソーイング、PC組み立て、絵を描くこと 、旅行、音楽鑑賞、絵画鑑賞、アクセサリー作り

コメントを残す

Translate »