和風だしから作るめんつゆの作り方How to make mentsuyu made from Japanese-style dashi

             https://a-yoi.com/                  

材料 干し椎茸 20g、昆布 8cm、かつお節 5g、砂糖 大さじ2(30ml)、みりん 1/2cup(90ml)、しょうゆ(濃口) 1cup(180ml)。

Ingredients: dried shiitake mushrooms 20g, kelp(kombu) 8cm, dried bonito 5g, sugar 2 tablespoons (30ml), mirin 1/2 cup (90ml), salty sauce (dark mouth) 1cup (180ml).

今回は、家庭用なので、干し椎茸は、お安いものを使っています。お安い素材でも、手をかければ、美味しい「めんつゆ」になります。「めんつゆ」は、万能の調味料なので、是非、ご自分で作ってみてください。化学調味料が入っていないので、長持ちは、しません。冷蔵庫で、冷やして、使い切りましょう。夏のそうめんに合う、美味しい「めんつゆ」を作ってみましょう。

This time, it’s for home use, so I’m using cheap dried shiitake mushrooms. Even if it is a cheap material, if you put your hands on it, it will become a delicious “mentsuyu”. “Mentsuyu” is a versatile seasoning, so please try to make it yourself. Since it does not contain chemical seasonings, it will not last long. Let’s cool it in the refrigerator and use it up. Let’s make delicious “mentsuyu” that goes well with summer somen noodles.

まずは、干し椎茸と、昆布を用意してください。

First, prepare dried shiitake mushrooms and kelp(kombu).

昆布は、ダシが出やすいように、キッチンハサミで、切れ目をつけます。

Cut the kelp with kitchen scissors so that the dashi stock is easy to come out.

パックに干し椎茸と昆布を入れます。

Put dried shiitake mushrooms and kelp in the pack.

パックに干し椎茸、昆布、適量の水を入れ、フタをして、1週間ほど、冷蔵庫に入れて、じっくりと戻して、ダシを取ります。

Put dried shiitake mushrooms, kelp(kombu), and an appropriate amount of water in a pack, cover it, put it in the refrigerator for about a week, and slowly put it back to remove the dashi stock.

これが、1週間ほどかけて、取ったダシです。よく絞って、ダシ汁と昆布、干し椎茸に分けます。

This is the dashi stock that I took for about a week. Squeeze well and divide into dashi juice, kelp(kombu), and dried shiitake mushrooms.

この分けた椎茸は、刻みます。こんな感じです。

This divided shiitake mushroom is chopped. It is like this.

かつお節は、不織布に入れます。この不織布の袋は、蓋を閉めて使います。お茶のティーバックです。これの無い人は、綿100%のふきんに包んで、良く縛って、かつお節が出ないようにしてください。

Put the dried bonito in a non-woven fabric. This non-woven bag is used with the lid closed. It is a tea bag of tea. If you don’t have this, wrap it in a 100% cotton cloth and tie it well to prevent bonito flakes.

これが、ダシです。これと、水を合わせて、4cup(720ml)にします。

This is dashi. Combine this with water to make 4 cups (720 ml).

砂糖、みりん、しょうゆ、を用意しておきます。

Prepare sugar, mirin, and soy sauce.

昆布、刻んだ椎茸、ダシ汁4cupを入れて、鍋に中火で、ダシを取ります。このように、沸騰する直前に昆布を取り出します。

Add kelp, chopped shiitake mushrooms, and 4 cups of dashi stock, and remove the dashi stock in a pan over medium heat. In this way, take out the kelp just before boiling.

これは、捨てないで大事に取っておきましょう。次回、この昆布を使って料理をします。

Don’t throw it away, keep it in a safe place. Next time, I will cook with this kelp(kombu).

沸騰したら、かつお節を入れます。2-3分でさっと取り出します。長く入れておくと、あまり良いダシになりません。今回作っているのは「1番ダシ」と言われる、最高のダシです。

When it boils, add dried bonito flakes. Take it out quickly in 2-3 minutes. If you leave it for a long time, it will not be very good. This time I’m making the best dashi stock called “No. 1 dashi”.

このかつお節も捨てずに取っておきましょう。次回の料理に使います。素材は、何でも捨てずに、大切に扱えば、良い料理が、たくさんできます。

Don’t throw away this dried bonito. I will use it for the next cooking. If you treat the ingredients carefully without throwing them away, you can make a lot of good dishes.

日本料理には、基本があります。調味料は、一度に入れては、いけません。調味料の入れる順番によって、味が変わります。とても、繊細な料理です。

沸騰しているので、火を中火にして、先ず、お砂糖を入れます。1分ほどしたら、みりんを入れます。そうして、3分待ちましょう。そうして、最後にしょうゆを入れます。そうして、沸騰したら、火を切ります。

Japanese food has its basics. Seasonings should not be added at once. The taste changes depending on the order in which the seasonings are added. It’s a very delicate dish.

It’s boiling, so set the heat to medium and add sugar first. After about 1 minute, add mirin. Then wait 3 minutes. Then, add soy sauce at the end. Then, when it boils, turn off the heat.

最後に、火を消して、「めんつゆ」の出来上がりです。椎茸の上品なお味の「めんつゆ」の出来上がりです。冷やして、そうめんに合います。この「めんつゆ」を使ったレシピも紹介します。今回使った、昆布とかつお節は、次回、素敵な料理に変身しますので、捨てずに、大切に置いてください。

家庭料理ですので、そんなに高価な素材でなくて、大丈夫です。手に入る物を、時間をかけて、ダシを取れば、美味しい料理になります。一緒に入っている椎茸も、そうめんと一緒に召し上がってください。今回は、椎茸風味の上品な「めんつゆ」を作ってみました。ぜひ、作ってください。とても美味しいです。

Finally, extinguish the fire and the “mentsuyu” is ready. The elegant taste of shiitake mushrooms, “Mentsuyu,” is ready. Cool it and it goes well with somen noodles. I will also introduce a recipe using this “mentsuyu”. The kelp and dried bonito used this time will be transformed into a wonderful dish next time, so please do not throw it away and keep it in a safe place.

It’s a home-cooked dish, so it doesn’t have to be that expensive. If you take the time to get rid of what you can get, it will be a delicious dish. Please enjoy the shiitake mushrooms that come with it with somen noodles. This time, I made an elegant “mentsuyu” with shiitake mushroom flavor. Please make it. it tastes very good.

By Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を書くのが大好きです。多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています.。好奇心、いっぱいです。だから、色んなことをします。家には、趣味と仕事の道具がいっぱいあります。PCも大好きです。インターネットは、色んな世界が広がるので、楽しいです。色んな方と、国境を越えて、交流できたら、すばらしいと思っています。人生で、落ち込んだ時、嬉しい時、幸せな時、色んな時間がそれぞれありますが、どんな時間でも、どこに住んでいても、みんな同じ人生です。だから、この場を通じて、色んなことを書いていきたいです。色んなことに、没頭するのが好きなので、たまに、お休みする時もあります。私の好きな言葉は、「集中と選択」。だから、いつも、何かをしています。皆さまが、楽しんでいただけるように、したいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。 好きな映画となりのトトロ/My Neighbor 好きな音楽Totoro/クラッシック音楽/Classical music 好きな本イソップ物語/Fables of Aesop/ 趣味/料理(2年間学校で、学習)、写真撮影、 ソーイング、PC組み立て、絵を描くこと 、旅行、音楽鑑賞、絵画鑑賞、アクセサリー作り

1 comment

Leave a Reply

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: