兵庫県姫路市、家島で知った温暖化と海面上昇。Global warming and rising sea levels learned in Iejima, Himeji City, Hyogo Prefecture.

             https://a-yoi.com/                  

兵庫県姫路市から高速艇に乗って、家島に行きました。これがこのお写真のところです。

何も、観光なんてない。

だから、多分お話だけで、いいんじゃないかと思って、書いています。

観光バスもないので、町の無料コミュニティバスに乗って、色んなところを周りました。

って、言っても、観光なんてないから、老人ホームとか、町の商店街とか、ぐるっと周ります。

この島は、魚が、良く釣れるので、それをお目当てに料理旅館があります。

で、そこで、高速艇で、行くんだけど、その前に料理を予約しておくんです。そしたら、おいしいお魚料理が、食べれます。

勿論、旅館だから、お泊りでいらしゃる方もたくさんいます。

で、夕方になれば、波止場に行って、竿を落とすと、いっぱいお魚が取れる。

だから、子供達は、とても嬉しい様子。

この島は、そんなへんぴな所だけど、石が採掘されて、とても、見かけによらず、豊かな島です。

そんなアナウンスをサービスいっぱいに、町のコミュニティバスの運転手は、話してくれました。

でも、小さな島だから、心配ごとが、あるんだよ。

と、ため息をつきながら、話し始めました。

小さな島には、防波堤が、あります。

その海の水位が、年々、上昇しているんです。

ここ数年で、50cm以上、上がりました。

年々、上昇しています…小さな防波堤だから、津波でも来れば、大変だろう。

日本の南の無人島は、水没した島もあります。

そんな、こと、身近にたくさんあると思う。

ただ、この問題は、経済とか、色んなことが、絡んでいるから、とても、難しい。

けれども、気温が上がれば、人間だって、生きていくのも、大変です。

事実、温帯と言われる地帯でも、クーラーなしに夏は、過ごせ無いし、干ばつとか、異常気象があります。

この先、100年って、人間が、存在するのかな?その前に疫病で、調整されるのかも、しれない。

とにかく、このままでは、人間は、地球には、生存できない、ことは、明らかです。

人間って、自分の後の3代先しか、考えないらしい。

これって、100年。

これは、ギリギリのタイムリミットなのかもしれない。

だから、この先、200年のこと、考えないと、対策は、できないと思います。

どの国も自分のことしか、考えていないから。

地球は、ひとつ。

I took a high-speed boat from Himeji City, Hyogo Prefecture, and went to Ieshima.Here is this photo. Nothing is sightseeing.

So maybe I’m just writing the story, thinking it might be good.

I didn’t have a sightseeing bus, so I took a free community bus in the town and went around various places.

Even so, I don’t go sightseeing, so I go around the nursing home, the shopping streets of the town, and so on.

Since the fish can be caught well on this island, there is a cooking inn for that purpose.

So, I’m going to go there by high-speed boat, but I’ll reserve food before that.

Then you can eat delicious fish dishes.

Of course, because it is an inn, there are many people who stay overnight.

Then, in the evening, go to the dock and drop the rod to catch a lot of fish.

So the kids look very happy.

This island is such a peculiar place, but the stone is mined and it is a very rich island regardless of its appearance.

The community bus driver in the town told us about such an announcement, full of services.

But since it’s a small island, there are worries.

I began to talk, sighing.

The small island has a breakwater.

The water level of the sea is rising year by year.

In the last few years, it has risen by more than 50 cm.

It’s rising year by year …

It’s a small breakwater, so it would be hard if the tsunami came.

Some uninhabited islands in the south of Japan are submerged.

I think that there are many things around us.

However, this problem is very difficult because it involves the economy and many other things.

However, if the temperature rises, it will be difficult for human beings to survive.

In fact, even in the so-called temperate zone, you cannot spend summer without a cooler, and there are droughts and abnormal weather.

Will humans exist in the next 100 years?

Before that, it may be adjusted by a plague.

Anyway, it is clear that human beings cannot survive on the earth as it is.

It seems that humans only think about the third generation after themselves.

This is 100 years.

This may be the last minute time limit.

Therefore, I don’t think we can take an兵庫県姫路市から高速艇に乗って、家島に行きました。これがこのお写真のところです。

何も、観光なんてない。

だから、多分お話だけで、いいんじゃないかと思って、書いています。

観光バスもないので、町の無料コミュニティバスに乗って、色んなところを周りました。

って、言っても、観光なんてないから、老人ホームとか、町の商店街とか、ぐるっと周ります。

この島は、魚が、良く釣れるので、それをお目当てに料理旅館があります。

で、そこで、高速艇で、行くんだけど、その前に料理を予約しておくんです。そしたら、おいしいお魚料理が、食べれます。

勿論、旅館だから、お泊りでいらしゃる方もたくさんいます。

で、夕方になれば、波止場に行って、竿を落とすと、いっぱいお魚が取れる。

だから、子供達は、とても嬉しい様子。

この島は、そんなへんぴな所だけど、石が採掘されて、とても、見かけによらず、豊かな島です。

そんなアナウンスをサービスいっぱいに、町のコミュニティバスの運転手は、話してくれました。

でも、小さな島だから、心配ごとが、あるんだよ。

と、ため息をつきながら、話し始めました。

小さな島には、防波堤が、あります。

その海の水位が、年々、上昇しているんです。

ここ数年で、50cm以上、上がりました。

年々、上昇しています…小さな防波堤だから、津波でも来れば、大変だろう。

日本の南の無人島は、水没した島もあります。

そんな、こと、身近にたくさんあると思う。

ただ、この問題は、経済とか、色んなことが、絡んでいるから、とても、難しい。

けれども、気温が上がれば、人間だって、生きていくのも、大変です。

事実、温帯と言われる地帯でも、クーラーなしに夏は、過ごせ無いし、干ばつとか、異常気象があります。

この先、100年って、人間が、存在するのかな?その前に疫病で、調整されるのかも、しれない。

とにかく、このままでは、人間は、地球には、生存できない、ことは、明らかです。

人間って、自分の後の3代先しか、考えないらしい。

これって、100年。

これは、ギリギリのタイムリミットなのかもしれない。

だから、この先、200年のこと、考えないと、対策は、できないと思います。

どの国も自分のことしか、考えていないから。

地球は、ひとつ。

I took a high-speed boat from Himeji City, Hyogo Prefecture, and went to Ieshima.Here is this photo. Nothing is sightseeing.

So maybe I’m just writing the story, thinking it might be good.

I didn’t have a sightseeing bus, so I took a free community bus in the town and went around various places.

Even so, I don’t go sightseeing, so I go around the nursing home, the shopping streets of the town, and so on.

Since the fish can be caught well on this island, there is a cooking inn for that purpose.

So, I’m going to go there by high-speed boat, but I’ll reserve food before that.

Then you can eat delicious fish dishes.

Of course, because it is an inn, there are many people who stay overnight.

Then, in the evening, go to the dock and drop the rod to catch a lot of fish.

So the kids look very happy.

This island is such a peculiar place, but the stone is mined and it is a very rich island regardless of its appearance.

The community bus driver in the town told us about such an announcement, full of services.

But since it’s a small island, there are worries.

I began to talk, sighing.

The small island has a breakwater.

The water level of the sea is rising year by year.

In the last few years, it has risen by more than 50 cm.

It’s rising year by year …

It’s a small breakwater, so it would be hard if the tsunami came.

Some uninhabited islands in the south of Japan are submerged.

I think that there are many things around us.

However, this problem is very difficult because it involves the economy and many other things.

However, if the temperature rises, it will be difficult for human beings to survive.

In fact, even in the so-called temperate zone, you cannot spend summer without a cooler, and there are droughts and abnormal weather.

Will humans exist in the next 100 years?

Before that, it may be adjusted by a plague.

Anyway, it is clear that human beings cannot survive on the earth as it is.

It seems that humans only think about the third generation after themselves.

This is 100 years.

This may be the last minute time limit.y measures without thinking about 200 years from now.

Every country only thinks about itself.

The earth is one.

By Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を書くのが大好きです。多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています.。好奇心、いっぱいです。だから、色んなことをします。家には、趣味と仕事の道具がいっぱいあります。PCも大好きです。インターネットは、色んな世界が広がるので、楽しいです。色んな方と、国境を越えて、交流できたら、すばらしいと思っています。人生で、落ち込んだ時、嬉しい時、幸せな時、色んな時間がそれぞれありますが、どんな時間でも、どこに住んでいても、みんな同じ人生です。だから、この場を通じて、色んなことを書いていきたいです。色んなことに、没頭するのが好きなので、たまに、お休みする時もあります。私の好きな言葉は、「集中と選択」。だから、いつも、何かをしています。皆さまが、楽しんでいただけるように、したいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。 好きな映画となりのトトロ/My Neighbor 好きな音楽Totoro/クラッシック音楽/Classical music 好きな本イソップ物語/Fables of Aesop/ 趣味/料理(2年間学校で、学習)、写真撮影、 ソーイング、PC組み立て、絵を描くこと 、旅行、音楽鑑賞、絵画鑑賞、アクセサリー作り

Leave a Reply

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: