究極の女好きのトヨタ自動車の社長、豊田章男/改訂版Akio Toyoda, President of Toyota Motor Corporation, the ultimate woman lover / Revised edition.

             https://a-yoi.com/                  

皆さまの印象として、ブログの書く人は、多分、自己顕示欲の強い人が多い、とよく書かれている。私は、その逆で、とても小心者です。

だから、社会的に認められた人物の話を衝動的に書くけれども、すぐにその記事を消去してしまう、癖がある。

こんな私が、このような大人物のことを書いて良いものか、悩むのです。けれども、身内からも、リピートが出た記事があった。だから、その記事を再度、アップし直し、書いてみようと思う。

その人物は、トヨタ自動車の豊田章男氏です。彼は、トヨタ自動車の創業した豊田家で、生まれた。けれども、彼は、他の社員と同じく、優遇されることなく、実力で、今の地位、世界のトヨタ自動車のトップの地位にいる。

そんな豊田章男氏は、私にとって、非常に尊敬できる人物なのです。トップの地位の人物が、失脚するのは、大体、金と女です。

金は、この人物の道徳心によって、守ることができる。けれども、女は、違う。立場が、高くなると、色んな形で、密会したとか、色んな罠がある。

豊田章男氏(以下、アキオと呼ぶ)は、違う。

アキオは、素晴らしいのです。

まず何が、すごいかといえば、彼女の選び方です。アキオは、マツコデラックス(元、男性)の非常に魅力的な女性とのデートを見せびらかしてマスコミを振り払った。それは、時価1億円もするスポーツカーで、デートしたのです。

マスコミに、大ぴらに見せびらかし、彼女とのデートを楽しんだのです。

マスコミは、色んなことを書きたい。けれども、「お友達」としか、書けないのです。マツコデラックスは、とても人気がある。

肌が、とっても綺麗で、女性の私も、見惚れてしまう。その上、とても話がうまい。人をとても喜ぶようなことを、話す。そんな話術を身に付けたマツコと交際しているのです。

私は、女性と簡単にカラダの関係を持つ男性は、ナナメから、ちょっと見下す。ああ、単純な男性で、知性を感じられず、単純に本能だけで、生きてる。そんなことを感じ、ああ、なんて、単純で、馬鹿なんだ、とガックリする。

アキオは、違う。私の大好きなタイプです。なぜなら、アキオは、言葉で女あそびをする。言葉で、あそぶ。そこには、微妙な言葉のやり取りがある。

これは、知性がないとできない。私の友達が、アルバイトで、「ホステス」をしたことがある。一人は、話のレベルが高くて付いて行けないと言ってやめた。決して、彼女は、学力が低いのではない。もしろ、逆だった。もう一人の彼女は、非常に社会的地位の高い人に可愛がられた。決して、カラダの関係はない。それは、話題が、とても豊富で、とても、知性的な彼女です。

話は、戻るけど、マツコは、賢いのです。そんな女性として魅力があり知性的なマツコを相手に、アキオは、言葉で、女あそびをする。

社会的地位の高いアキオは、決して、誰も傷つけることなく、そうして、かなりのストレスをマツコと会話して、解き放つ。「お友達」だから、決して、マスコミは、これ以上、突っ込めない。

そうして、エスカレートして、テレビで、一緒に出演したり、挙句にCMを披露したりもした。これには、私も、驚いた。

それでいて、社会的地位の高いアキオは、レースに出る。側近は、ああ、事故なく帰って欲しい。本音は、レースに出てほしくないと思っている。多分。

アキオは、トヨタ自動車の代表なのである。

こうやって、自動車を乗り回し、女好きのアキオは、これからも、誰も止められない。とても、健全にあそぶからです。

なんて、自由人なんだ。これだけでも、呆れるほど、アキオは、自由だ。くやしい。

マスコミは、淡々とアキオの行動を報じる。もう、何でも、大々的にあそぶ。そんなアキオは、素晴らしい。ああ、私は尊敬する。けれども、その行動は、くやしい。

そんな見せびらかして。公私混同、と言いたくなるが、アキオは、ちっとも悪くない。健全にあそぶ。

だから、くやしいので、あえて、言う。それも、何度も繰り返し、言葉を残す。そう、アキオは、女好きは、これからも続く。

みんなに見せびらかして、楽しんでいる。「お友達」と。私は、くやしい。尊敬するけれども、あまりに、マスコミ報道も、うまくかわすアキオは、憎らしい。

そう、アキオは、女好き。これからも、続く。ああ、何度も、繰り返し、言う。アキオは、女好き…アキオは、究極の女好き。アキオの女好きは、これからも続く…

It is often written that many people who write blogs have a strong desire to reveal themselves. I’m the other way around, and I’m a very small person.

Therefore, I have a habit of impulsively writing the story of a socially recognized person, but quickly erasing the article.

I’m wondering if it’s okay for me to write about such an adult thing. However, there was an article that was repeated from my relatives. So, I will re-upload the article and write it.

That person is Mr. Akio Toyoda of Toyota Motor Corporation. He was born in the Toyota family, which was founded by Toyota Motor Corporation. However, like other employees, he is in the current position, the top position of Toyota Motor Corporation in the world, without any preferential treatment.

Mr. Akio Toyoda is a person I can respect very much. Most of the top-ranked people lose money and women.

Money can be protected by this person’s morality. But women are different. When the position is raised, there are various traps such as secret meetings in various forms.

Akio Toyoda (hereinafter referred to as Akio) is different.

Akio is wonderful.

First of all, what is amazing is how to choose her. Akio shook off the press by showing off a date with a very attractive woman from Matsuko Deluxe (formerly a man). It was a sports car with a market value of 100 million yen, and I dated it.

He showed off to the press and enjoyed a date with her.

The media wants to write various things. However, you can only write with “friends”. Matsuko Deluxe is very popular.

The skin is so beautiful that even I, a woman, will fall in love with it. Besides, the story is very good. Talk about things that make people very happy. I am dating Matsuko who has learned such storytelling.

I look down on men who have an easy body relationship with women from Naname. Ah, he’s a simple man, he doesn’t feel intellect, he lives by his instinct. Feeling such a thing, I was disappointed at how simple and stupid it was.

Akio is different. This is my favorite type. Because Akio plays with a woman in words. Play with words. There is a subtle exchange of words there.

This cannot be done without intelligence. A friend of mine has worked part-time as a “hostess”. One stopped saying that the level of talk was too high to keep up. By no means, she is not low in her academic ability. Maybe it was the other way around. Another girlfriend was loved by someone with a very high social status. By no means, there is no relationship with the body. It’s a very talkative, very intelligent girlfriend.

Returning to the story, Matsuko is smart. Akio plays with Matsuko, who is attractive and intelligent as such a woman, in words.

Akio, who has a high social status, never hurt anyone and thus releases a great deal of stress by talking to Matsuko. Being a “friend”, the media can never go any further.

Then, I escalated and appeared on TV together, and even showed off commercials after all. I was also surprised at this.

Still, Akio, who has a high social status, will race. I want my aides to go home without any accidents. I really don’t want you to race. Maybe.

Akio is the representative of Toyota Motor Corporation.

In this way, Akio, who drives around the car and loves women, will never be stopped. Because I play very soundly.

What a free person. Akio is so free that I am amazed at this alone. I’m sick.

The media plainly reports on Akio’s actions. I play anything in a big way. Such Akio is wonderful. Oh, I respect you. However, the behavior is awkward.

Show off like that. It’s tempting to say that it’s a public-private confusion, but Akio isn’t bad at all. He plays soundly.

That’s why I dare to say it. It also repeats over and over and leaves words. Yes, Akio will continue to love women.

Show off to everyone and have fun. “With friends. I’m sick. I admire him, but Akio, who is too good at media coverage, is hateful.

Yes, Akio likes women. It will continue in the future. Oh, over and over again, say. Akio loves women … Akio loves the ultimate woman. Akio’s love for women will continue …

 

By Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。NIKKEI SEEKSで経営コンサルタントの登録をしています。父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を書くのが大好きです。多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています.。好奇心、いっぱいです。だから、色んなことをします。家には、趣味と仕事の道具がいっぱいあります。PCも大好きです。インターネットは、色んな世界が広がるので、楽しいです。色んな方と、国境を越えて、交流できたら、すばらしいと思っています。人生で、落ち込んだ時、嬉しい時、幸せな時、色んな時間がそれぞれありますが、どんな時間でも、どこに住んでいても、みんな同じ人生です。だから、この場を通じて、色んなことを書いていきたいです。色んなことに、没頭するのが好きなので、たまに、お休みする時もあります。私の好きな言葉は、「集中と選択」。だから、いつも、何かをしています。皆さまが、楽しんでいただけるように、したいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。 好きな映画となりのトトロ/My Neighbor 好きな音楽Totoro/クラッシック音楽/Classical music 好きな本イソップ物語/Fables of Aesop/ 趣味/料理(2年間学校で、学習)、写真撮影、 ソーイング、PC組み立て、絵を描くこと 、旅行、音楽鑑賞、絵画鑑賞、アクセサリー作り

Leave a Reply

Translate »
error: Content is protected !!