老人扶養家族控除を知っていますか?確定申告は年金生活でも必要。Do you know the elderly dependent deduction? A final tax return is also required for pension life.

             https://a-yoi.com/                  

この制度は、老人の家族を持つ子供に設けられた制度で、主な、給与所得者の両親、配偶者の両親、が、70歳以上になると所得の控除が受けられるのです。

税務署は、聞かないと教えてくれない。だから、税金の制度を知ることは、非常に大切です。今回は、老人扶養親族の控除の話をしたいと思います。

その控除額は、同居なら、580,000円。別居で480,000円です。

特定扶養親族控除は、19-23歳の子供がいる時に、630,000円が控除される。この特定扶養親族控除は、会社が、一般的に健康保険で把握しているので、会社員なら自動的に会社がしてくれている。

けれども、今回の老人扶養控除は、一般的に世帯分離している。

もう、私は気付くのが遅くかなり取り戻せない税金がある。

まず、これに該当すれば、会社に、自分の両親の生年月日とマイナンバーを変更届を出して提出します。

そうして、確定申告をしていないときは、過去5年まで税金が取り戻せます。最寄りの税務署に電話して、必要書類を揃えて、予約すれば、良いのです。

私は、電話しました。4月15日から順次受け付ける、とのことでした。給与所得者の身分証明書やマイナンバー(コピー)、還付を受ける通帳の番号。もちろん、老人扶養親族のマイナンバー、生年月日は、必要だそうです。だから、管轄の税務署に電話して、問い合わせを必ずしてほしい。

私の家族の所属する会社の担当者はこの制度を知らなかった。決して小さな会社ではない。私は、このようなケースは、非常に多いと予想する。本来、会社が年末調整でできるのです。ですが、私は、確定申告をして、税金を取り戻すことになりました。これは、結局は、諦めることになった。

自分の源泉徴収票をよく見て、それが適応になっているのか、確かめることは、大切です。このように、税制は、知らないと大変、損をする。

私は、調べてみると、もう親が介護保険を使っているので、不利になることが分かった。何故なら、介護保険使用料金が上がるからです。

私の両親は、年金受給者ですが、毎年確定申告をしています。だから、退職をして、年金生活であっても、確定申告は非常に大切です。

年金の少ない人は、医療費補助や給付金の対象になったりするので、メリットがあります。だから、確定申告をしましょう。

私的な積立年金とか、いろんなものを合わせて申告すれば、税金は戻ってくるからです。私たちは、税制をよく理解して、生活する必要があります。この記事が、参考になれば嬉しいです。

The tax office will not tell you unless you ask. So it is very important to know the tax system. This time I would like to talk about deductions for elderly dependent relatives.

This system is provided for children with an elderly family, and income deductions are available when the parents of the main salaried person’s parents and spouse are over 70 years old.

The deduction amount is 58,000 yen if you live together and 480,000 yen if you live separately.

The special dependent relative deduction is 630,000 yen when there are children aged 19-23 years old. This specific dependent relative deduction is generally known by the company through health insurance, so if you are an office worker, the company will automatically do it for you.

However, the deduction for dependents of the elderly this time is generally separated from households.

I have taxes that are late to notice and quite irretrievable.

First of all, if this is the case, submit a change notification to the company with the date of birth and my number of your parents.

If you do not file your tax return, you will be able to recover your tax for the past five years.

All you have to do is call the tax office near you and make a reservation with the necessary documents.

I called. It was said that it will be accepted sequentially from April 15th. ID card of salaried person and passbook number to receive a copy of my number. Of course, it seems that the date of birth of my number, a dependent relative of the elderly, is necessary. Therefore, please be sure to call the tax office in your jurisdiction and make an inquiry.

The person in charge of the company to which my family belongs was unaware of this system. It’s not a small company. I predict that such cases are very common. Originally, the company can make year-end adjustments. However, I filed a tax return and got my tax back. But I decided to give up.

It’s important to look closely at your withholding slip to see if it applies. If you don’t know the tax system like this, you will lose a lot.

I looked it up and that my parents were already using long-term care insurance, which was a disadvantage. This is because the long-term care insurance usage fee will increase.

My parents are pensioners, but they file tax returns every year. Therefore, even if you retire and live on a pension, it is very important to file a tax return.

People with low pensions have the advantage of being eligible for medical expenses subsidies and benefits. So let’s file a tax return.

If you declare the funded pension you pointed out together with various things, the tax will be returned. We need to understand the tax system well and live. I hope you find this article helpful.

税務署は、聞かないと教えてくれない。だから、税金の制度を知ることは、非常に大切です。今回は、老人扶養親族の控除の話をしたいと思います。

この制度は、老人の家族を持つ子供に設けられた制度で、主な、給与所得者の両親、配偶者の両親、が、70歳以上になると所得の控除が受けられるのです。

その控除額は、同居なら、580,000円。別居で480,000円です。

特定扶養親族控除は、19-23歳の子供がいる時に、630,000円が控除される。この特定扶養親族控除は、会社が、一般的に健康保険で把握しているので、会社員なら自動的に会社がしてくれている。

けれども、今回の老人扶養控除は、一般的に世帯分離している。

もう、私は気付くのが遅くかなり取り戻せない税金がある。

まず、これに該当すれば、会社に、自分の両親の生年月日とマイナンバーを変更届を出して提出します。

そうして、確定申告をしていないときは、過去5年まで税金が取り戻せます。最寄りの税務署に電話して、必要書類を揃えて、予約すれば、良いのです。

私は、電話しました。4月15日から順次受け付ける、とのことでした。給与所得者の身分証明書やマイナンバー(コピー)、還付を受ける通帳の番号。もちろん、老人扶養親族のマイナンバー、生年月日は、必要だそうです。だから、管轄の税務署に電話して、問い合わせを必ずしてほしい。

私の家族の所属する会社の担当者はこの制度を知らなかった。決して小さな会社ではない。私は、このようなケースは、非常に多いと予想する。本来、会社が年末調整でできるのです。ですが、私は、確定申告をして、税金を取り戻すことになりました。これは、結局は、諦めることになった。

自分の源泉徴収票をよく見て、それが適応になっているのか、確かめることは、大切です。このように、税制は、知らないと大変、損をする。

私は、調べてみると、もう親が介護保険を使っているので、不利になることが分かった。何故なら、介護保険使用料金が上がるからです。

私の両親は、年金受給者ですが、毎年確定申告をしています。だから、退職をして、年金生活であっても、確定申告は非常に大切です。

年金の少ない人は、医療費補助や給付金の対象になったりするので、メリットがあります。だから、確定申告をしましょう。

私的な積立年金とか、いろんなものを合わせて申告すれば、税金は戻ってくるからです。私たちは、税制をよく理解して、生活する必要があります。この記事が、参考になれば嬉しいです。

The tax office will not tell you unless you ask. So it is very important to know the tax system. This time I would like to talk about deductions for elderly dependent relatives.

This system is provided for children with an elderly family, and income deductions are available when the parents of the main salaried person’s parents and spouse are over 70 years old.

The deduction amount is 58,000 yen if you live together and 480,000 yen if you live separately.

The special dependent relative deduction is 630,000 yen when there are children aged 19-23 years old. This specific dependent relative deduction is generally known by the company through health insurance, so if you are an office worker, the company will automatically do it for you.

However, the deduction for dependents of the elderly this time is generally separated from households.

I have taxes that are late to notice and quite irretrievable.

First of all, if this is the case, submit a change notification to the company with the date of birth and my number of your parents.

If you do not file your tax return, you will be able to recover your tax for the past five years.

All you have to do is call the tax office near you and make a reservation with the necessary documents.

I called. It was said that it will be accepted sequentially from April 15th. ID card of salaried person and passbook number to receive a copy of my number. Of course, it seems that the date of birth of my number, a dependent relative of the elderly, is necessary. Therefore, please be sure to call the tax office in your jurisdiction and make an inquiry.

The person in charge of the company to which my family belongs was unaware of this system. It’s not a small company. I predict that such cases are very common. Originally, the company can make year-end adjustments. However, I filed a tax return and got my tax back. But I decided to give up.

It’s important to look closely at your withholding slip to see if it applies. If you don’t know the tax system like this, you will lose a lot.

I looked it up and that my parents were already using long-term care insurance, which was a disadvantage. This is because the long-term care insurance usage fee will increase.

My parents are pensioners, but they file tax returns every year. Therefore, even if you retire and live on a pension, it is very important to file a tax return.

People with low pensions have the advantage of being eligible for medical expenses subsidies and benefits. So let’s file a tax return.

If you declare the funded pension you pointed out together with various things, the tax will be returned. We need to understand the tax system well and live. I hope you find this article helpful.

By Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。NIKKEI SEEKS にて経営コンサルタントに登録しています。父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を書くのが大好きです。多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています。

Leave a Reply

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: