要注意!大手会社にブログの記事をパクられた.Be careful! I was stolen by a blog post by a major company.

             https://a-yoi.com/                  

私は、自分の記事がコピーされているのに、気づかなかった。今回は、この顛末である。

以前、ツイッターで、写真だけ投稿したら、そのシーンを自分で写真を撮り直し、記事にしていたのを見たから、私は、ツイッターで写真だけ投稿するのはやめた。それだけ、無知だった。そのうちに、私のツイッターアカウントに連動して、誰かが写真のみ載せているサイトができた。びっくりしてたら、Googleは、排除してくれた。

今度は、古着のリメイクの記事を検索してみた。私は、リメイクの記事は、一般的に、私にとって物足りないので、閲覧しない。しかし、やはりするべきだった。

なぜなら、大手の会社の運営する記事に私の2020年に投稿したリメイクそっくりが出ていました。それも、ずるいやり方でした。ハワイ在住のインスタのママさんが、会社ごとで運営されたサイトで、なんとフォロワーが320,000人ほどいる。

そこにアイデアを取られ、掲載されていた。そうして、日本の会社は、それを引用して掲載していたのです。

とにかく、確信犯。分かっていてやっているから、私がその記事にアクセスすると、すぐに記事を消去した。私は、GoogleのLegalという記事を消去してもらうサービスに登録して、解答を待った。

その答えは、今、記事はあるけれども、記事はすでに消去されており、今はキャッシュで表示されているだけで、次回のクロールで、消去されるとのことでした。

アイデアを盗んだ人物は、よく法律を学んでいる。平気である。検索順位なんて、インスタグラムには関係ないからです。

だから、インスタグラムなんて、写真は良いけれども、アイデアを載せてはいけない。著作権なんてインスタグラムで、主張するには、内容が薄いからです。写真なら良い。

著作権は、アイデアはあてハマらない。だから、写真は、著作権になるが、リメイクに関しては、著作権は発生しない。

2年間私は、知らなかった。かなり、大手の会社は、もうけたことだろう。

私は、このブログを赤字で運営しています。本当に好きなはずの、ブログが辛いものになっています。大手会社は、大きくなるのに、ずるいことをしなくては、なかなか伸びないんだろう。

しかしながら、誠実にしていると、きっと良いことがあると思っています。大手の記事には、トリックがある。色んなアンテナを張り巡らして、いる。それが、合法でも、キリギリの合法をすり抜けている。

インスタとか、ツイッターのフォロワー数なんて、信じてはいけない。そこには、カラクリがある。

ひっそりした個人のアカウントには、華やかさはないけれども、きっと暖かい交流ができると思う。誠実にしていれば、きっと良いことがある。そう信じて私は、この赤字ブログを続けています。

I didn’t notice that my article was copied. This time, this is the end.

I used to post only photos on Twitter, and I saw that I retaken the scene and made it into an article, so I stopped posting only photos on Twitter. That’s how ignorant it was. In the meantime, a site where someone posted only photos was created in conjunction with my Twitter account. When I was surprised, Google eliminated it.

This time, I searched for articles on remakes of old clothes. I don’t read remake articles because they are generally unsatisfactory for me. But I should have done it.

Because, in an article run by a major company, there was a remake that I posted in 2020. That was also a sly way. Insta’s mom, who lives in Hawaii, is a site operated by each company and has about 320,000 followers.

The idea was taken there and posted. Then, the Japanese company quoted it and posted it.

Anyway, a convinced criminal. I knew what I was doing, so when I accessed the article, I immediately deleted it. I signed up for Google’s Legal article to be deleted and waited for an answer.

The answer was, I have an article now, but the article has already been cleared, and now it’s just displayed in the cache and will be cleared in the next crawl.

The person who stole the idea often learns the law. I’m fine. This is because the search ranking has nothing to do with Instagram.

So, Instagram is good for photos, but don’t post ideas. Copyright is an Instagram, and the content is thin to claim. A photo is fine.

Copyright doesn’t apply to ideas. Therefore, the photo is copyrighted, but the copyright does not occur when it comes to remake.

I didn’t know for two years. Quite a big company would have made a profit.

I run this blog in the red. The blog is a pain that you should really like. A big company will grow up, but it will not grow easily without doing some sly things.

However, if you are sincere, I’m sure there are good things to do. The big articles have tricks. There are various antennas around. Even if it is legal, it has slipped through the legality of the last minute.

Don’t believe the number of followers on Instagram or Twitter. There is a karakuri there.

A quiet personal account isn’t glamorous, but I’m sure you’ll have a warm exchange. If you are sincere, there will surely be good things. Believing that, I continue this deficit blog.

By Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。NIKKEI SEEKS にて経営コンサルタントに登録しています。父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を書くのが大好きです。多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています。

Leave a Reply

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: