路線価は分断の時代テレワークを認めた。The line price allowed telework in the era of division.

             https://a-yoi.com/                  

全国地価が、発表された。これは、路線価と言われ、主に、固定資産税評価額です。だから、実勢価格とは違う。けれども、地価の指標にはなる。路線価は、その地域の経済状況によってなっている。

だから、商業施設の増減などは、その地価の影響を最も受けると、役所から教えてもらいました。今年は、固定資産税が、下がっていました。だから、そんなに驚かなかった。

実勢価格の下落は、すざましいものがある。けれども、郊外は、別で、そんなに下がらなかった。テレワークは、確実に進んでいる。

人々は、便利さを最優先しなくても、良い業種ができた。だから、郊外で、十分なのです。そして、家に仕事部屋が必要になった。そんな過程がある。これからは、そんな職住近接の必要な業種とそうで無い、業種ができた。

だから、業種によってこれからは、住まいが違う選択になる。とはいえ、それらの中にも色んな業種が、これからも、リモートに移行していくと思われる。だから、厳しい時代に突入した。成績は、完全に上司にデータで残る。

リモートといっても、毎日会社に行く訳では無い。だから、身分は、一応、保証されていても、それは、結果を出さないと居れない。テレワークは、外から見るほど、優雅では無い。実績を毎月出さないと、いけないのです。

今、苦境の業種は、大変だけれども、これは、試練を乗り越えて、色んな形で、成長している。苦境は、それは、成長には欠かせない、タイミングです。色んなことがある。

人々は、不安でいっぱいだと思う。頑張って欲しいとつくづく思う。人々の苦しみは、世間の空気感で伝わるから、です。あんなに大声で楽しそうに話していた人々が息で吹き消すようにいなくなった。自動車で、移動するようになって、マスクをするようになって、なんだか、オシャレもできない。そんな、どんよりとした空気が漂っている。

地価下落は、一種のイベントで、多分、これから、儲ける人、損をする人、に別れるイベントのようだ。経済は、人々の生活に関わることです。そうやって、資本主義は、発展してきた。これからも続く。

しかし、社会主義的日本は、ある意味、人々の不公平感を吸い取る。何故なら、相続税があるし、色んな形で、税金が掛かる。そうして、福祉に還元される。だからこそ、外国のように、豊かな人もそうでない人も、そんなに分断せずに、平和でいれるのだと感じる。

By Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。NIKKEI SEEKS にて経営コンサルタントに登録しています。父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を書くのが大好きです。多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています。

Leave a Reply

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: