鹿児島県武家屋敷庭園を観光。Sightseeing in Kagoshima Prefecture Samurai Residence Garden.

             https://a-yoi.com/                  
鹿児島の知覧には、武家屋敷通りがあります。

この通りに面して、屋敷がありますが、実際に住んでいる屋敷もあります。人が住んでいる屋敷は、公開してしている屋敷と非公開の屋敷があります。屋敷は、個人的に所有しているところもあります。

そのようなところは、個人的に手入れされています。実際、その所有者のお話も聞けました。

多くの人は、積み重ねられた整然とした石の美しさだけに、とらわれがちですが、実際のところ、整然とした美さに添えられる植物は、非常に手入れをしなければならないそうで、生きた植物の「整然とした美さ」を保つことは、非常にお手入れが、大変だということです。

岩のたたずみをより一層引き立てる植物が、美しく整えられたお庭をよく味わっていただきたいと感じます。

そこには、美しく整えられた、「静寂」の美さが、皆さまの心をとらえるでしょう。本来、植物は、「動」的なもので、常に生きています。

それを「静」にすることは、非常に、大変な作業になります。では、そんなことを思いながら、知覧武家屋敷庭園群をご覧ください。

西郷恵一郎庭園

武家屋敷庭園は、とても自然美を生かした庭園です。ですから、一番後ろの生垣が、真っ直ぐではないことが、多いです。これは、山並みを表現しています。狭い庭が、大きな大自然を表現しています。

右の小さな入り口が、女性用。左の広い立派な入り口が男性用。昔は、ここまで、男性と女性の区別がありました。

質素な中にも品格がありますね。少し、壁が赤いですが、これは、沖縄地方に近いので、文化的な影響があるのでしょう。

ロケ地になった民家の昔の暮らしを再現しているところもあります。

小さく集められた武家屋敷は、とても効率よく観光できます。

白砂の庭は、写真以上に美しいです。何故なら、そこには足跡も残せないほどの美しさがあり、観光する人々は、礼節をわきまえて、決して、美しさを損なうようなことをしないからです。

このように、武家屋敷を管理する人々、観光する人々、それぞれが、その「美しさ」を守り、受け継がれています。

ぜひ、観光するときは、マナーをわきまえて、楽しんでください。

By Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。NIKKEI SEEKS にて経営コンサルタントに登録しています。父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を書くのが大好きです。多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています。

Leave a Reply

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: