鹿児島観光スポット、石橋記念館と西郷隆盛を訪ねる。Visit Kagoshima sightseeing spots, Ishibashi Memorial Park and Saigo Takamori.

...
...

鹿児島市の中心を流れる甲突川には、上流から、「玉江橋」「新上橋」「西田橋」「高麗橋」「武之橋」のアーチ橋が、5つあり、「甲突川の五石橋」と呼ばれていました。

これらの橋は、1860年ごろ薩摩藩の城下町として整備されたものです。薩摩藩の財政は、豊かでした。その建造にあたったのが、岩永三五郎が、熊本県から招かれました。

主に、中国から伝わった架け橋技術。それと、城の土台になる石垣技術。この二つの技術が交わり、独自に発展をした日本を代表する5つの石橋で、150年間、実際に使われていました。

1993年8月6日の集中豪雨により、2つの橋は流され、残り3つの橋が無事に残りました。その3つの橋も、破損が激しかったのです。

甲突川を改修工事するときに、非常に多額のお金をかけて、3つの橋が、復元、移築されました。2つは、祗園之洲公園に移設、写真の橋は、石橋記念公園の中にあります。そこには、石橋記念館があります。

復元されたものですので、一つひとつ、丁寧に組み上げられました。轍(わだち)や、石の継ぎ合わせられたところもあり、非常に丁寧に復元されています。

このように、一つひとつ補修されて組み上げられています。

当時の技術で、石をこのように丸い筒状にするには、非常に高い技術が必要でした。

これは、「西田橋御門」です。隣接している祇園之洲公園には、西南戦争の戦没者慰霊碑や砲台の跡があります。

Ishibashi Memorial Park

近くには、フランシスコザビエルの記念碑があります。1549年日本に初めてキリスト教を伝えたスペイン出身のキリスト教宣教師。

ザビエルが、鹿児島に来て初めて渡ったとされる橋が、この公園の近くにあるそうです。

来日したザビエルは、日本語を鹿児島で習得しましたが、地方訛り(方言)のある日本語を習ったために、キリスト教を伝えるために、日本国内で活動するのに、苦労したそうです。

そんな話が、この鹿児島では、語り継がれています。近隣には、韓国兵の慰霊碑もあります。近隣諸国との関係は、非常に難しいものを感じます。

西南戦争とは、1877年2月15日から9月24日まで続いた日本国内の最後の内戦。「明治維新」を推進した西郷隆盛が、起こした戦争。これにより、武士という制度が無くなった。

西郷隆盛の像。鹿児島市内にある。

山手の方にある「西郷隆盛洞窟」西郷隆盛が、政府軍に追い詰められてこの洞窟に身を隠したとされる。

内部の洞窟の様子です。

ひっそりとして、訪れることも少ない西郷隆盛の終焉の地。「晋(しん)どん、もうここでよか」

2弾の銃弾が、西郷隆盛の腰と大腿部に撃ち剥きました。城山洞窟を出てわずか300m,650歩で動けなくなりました。

「晋どん、もうここでよか。」東を向き、皇居に平伏し、拝む西郷隆盛に別府晋介(切腹する人に付き添って首を切り落とす役人)によって、首を振り落とされました。

1877年9月24日。

西郷隆盛を敬愛し、私学生徒を中心とした反政府勢力となった薩軍は、2月15日に熊本に50年ぶりの大雪に軍を進めました。それは、70日に及びました。熊本城の攻防、田原坂の戦に敗れ、人吉、宮崎、延岡、に追われ、軍は解散した。軍の幹部は、故郷の鹿児島を死に場所に選び、山脈を伝うような非常に苦難をして、鹿児島に戻った。

岩崎谷の銃声がなくなり、西郷隆盛の死体が発見された時、政府軍の総司令官、山県有朋(やまがたありとも)中尉は、「翁は(相手を敬う言葉)、まことの豪傑だった。残念なのは、翁をここまで追い込んだ時の流れだ。」と言葉を残しました。そうして、長い時間黙祷したそうです。

西郷隆盛洞窟から山手に登ると、城山がある。ここからの眺めは、非常に良い。錦江湾と桜島が眺められる。一度は、行って見たいところです。ここで、西南戦争の最後の戦いが行われました。

巨万の富を持った、薩摩藩。最後はこのようにして政府に吸収されました。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

作成者: Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。 NIKKEI SEEKSで経営コンサルタントの登録をしています。 父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を文章を書くのが大好きです。 母は、宅地建物取引士の資格を持ち、不動産会社に勤めていました。匿名で新聞に掲載されました。 多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています.。好奇心、いっぱいです。 だから、色んなことをします。家には、趣味と仕事の道具がいっぱいあります。 PCも大好きです。インターネットは、色んな世界が広がるので、楽しいです。色んな方と、国境を越えて、交流できたら、すばらしいと思っています。人生で、落ち込んだ時、嬉しい時、幸せな時、色んな時間がそれぞれありますが、どんな時間でも、どこに住んでいても、みんな同じ人生です。だから、この場を通じて、色んなことを書いていきたいです。色んなことに、没頭するのが好きなので、たまに、お休みする時もあります。私の好きな言葉は、「集中と選択」。だから、いつも、何かをしています。皆さまが、楽しんでいただけるように、したいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。 好きな映画となりのトトロ/My Neighbor 好きな音楽Totoro/クラッシック音楽/Classical music 好きな本イソップ物語/Fables of Aesop/ 趣味/料理(2年間学校で、学習)、写真撮影、 ソーイング、PC組み立て、絵を描くこと 、旅行、音楽鑑賞、絵画鑑賞、アクセサリー作り

コメントを残す

Translate »