折り紙は数の不思議を教えてくれる

偶数の4つのある正方形の平面の紙が、立方体になるためには、奇数が必要になります。これは、具体的には、「3」という、奇数です。

何度も、三角、「3」と言いながら、親子で、折り紙で、簡単な作品で良いので、繰り返し、根気よく、楽しんでください。

子供は、大人が呆れるほど、繰り返しが好きです。

これは、学習の基本です。何度も、繰り返すことによって、数の不思議を感じましょう。幼いときの経験は、後の大きく成長するために、必要な要素です。

ぜひ、親子で、時間を弄ぶほど、楽しんでください。皆様が、大きく成長されることを願っています。

t.co/vMmUb60kSm

広告

投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

WordPress.com.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。