{ "path": http://a-yoi.com, "lastSubmitted": 2023-11-19, "isPending": boolean, "isSitemapsIndex": boolean, "type": web, "lastDownloaded": 223-11-19, "warnings": long, "errors": long, "contents": [ {     "type": sitemap,     "submitted": 509, "indexed": long } ] }

ソーシャルディスタンスが生み出す社会的格差。The social disparity created by social distance.


このコロナウイルスの渦中、ソーシャルディスタンス、ということばが、良く出てくる。

これは、社会的距離を取ろうという意味です。

これは、相手を大切に思うからこそ、ソーシャルディスタンス、なのです。

ところが、経済活動は、人々が暮らすためには、必要で、そのソーシャルディスタンスが、今や、集団的英知、つまり、みんなで考え、実行すること、集団的能力から、個人的英知、つまり、個人的能力ヘシフトされてきている。

人々は、距離を取らないと、病気が蔓延するのだから、仕方がない。

だから、個人的能力が、必要になる。

ここには、集団で、埋もれていた人材が、発掘できる。

日本的経営で、あっても、このコロナウイルスによって、このことは、急速に加速している。

だから、個人主義に移りつつある。

そんな現実がある。

だから、色んな誌上では、「将来稼げる人と稼げない人」とか、そんな字が、踊っている。

資本主義とは、確かに厳しいもので、強者と弱者がいる。

そして、それに呑み込まれ、更に強いものは、更に大きくなる。

そんな社会である。

競争があるから、そこには、公平な、評価がある。

だから、人々は、一生懸命全力で、力を出す。

そこには、日々の努力と進歩があります。

それだけでも、大変なのに、チームが作れない。

そこにITという、テレビ会議が行われます。

そこには、隠すことのできない、個人的能力が、映し出されます。

だから、上司が、部下の意見を奪ったとか、無い。

ある意味で、公平になったのだと、思う。

だから、能力ある者は、認められ、更に大きく成長する。

そして、そこに便乗していた者は、ニセモノだと、分かる。

このソーシャルディスタンスは、個人的能力を映し出す、鏡だった、のです。

「組織」から、「能力ある集団」になる。

これは、企業にとっても、経営を考えると、この方が、効率が良い。

社会的経営をしていた日本の企業にとっても、これは、ひとつの転機になる。

これからは、そんな熾烈な競争がある。

だから、それに打ち勝つには、ナンバーワンになることが必要になる。

でも、ナンバーワンは、「1」だから、その他、大勢が「たくさん」居る。

その「たくさん」の人は、他には無い「オンリーワン」を目指す。

これも「1」だ。

とても、ことばでは、言えない程、厳しい社会が、待っていることは、間違いない。

だから、今、できることは、ソーシャルディスタンスで、みんな自宅を中心に楽しんでいます。

こんなささやかな「生活」をずっと続けると、そんなに、「浪費」をしなくなる。

「消費」は、楽しいけれど、その資本が無ければ、お金は、使えない。

その「節約」生活を忘れずに、次なる「スタートライン」に備えることが、私達にとって、大きな「生活防衛」になります。

お金は、ウソをつきません。

だから、大切にしましょう。


コメントを残す

Blog at WordPress.com.

%d