世界経済の分裂が始まった.The division of the world economy has begun.

日本は、まだマイナス金利です。けれども、アメリカの金利上昇は、当初の0.5%ピッチで上げるととの予想だったが、もう、物価上昇が激しい。なんと、0.75%に上がる。ヨーロッパの中央銀行も0.25%上がることになった。つまり、予想分、解消するために0.25%差額分上がる。だから、私の予想では、日本も0.25%金利が上がるだろう。

このように世界は連動している。アメリカは、もう金利が上がり、非常に住宅取得や住宅ローンが払えなくなる人が出てくるかもしれない。

バブルを知っている私は、住宅ローンを4.75%,6.5%で借りていた。だから、これくらいは、アメリカ経済は金利が上がるかもしれない。

しかし、世界経済に大きな影響力を与えるアメリカ経済が失速しては、困るのです。色んな国に影響がくる。

もう、ロシアは、経済制裁を受けて、ルーブルが世界的に排除されている。しかし、豊かな資源は、貧しい国にとって魅力的でアメリカやヨーロッパの政策について行かない国が出る。

これは、経済の分裂であり、これは、経済的なアメリカとロシアの冷戦になるのです。

だから、ヨーロッパは、複雑な環境に置かれる。中国とヨーロッパは、AIIB、アジアインフラ投資銀行を共有している。日本も加盟を打診されたが、加入しなかった。日本とアメリカは、ADB、アジア開発銀行がある。

しかし、ヨーロッパは、これを破棄し、AIIBに加入した。世界はすでに分裂していたのです。ロシアは、実質的な豊富な資源を貧しい国にばら撒き、ヨーロッパは、すでに経済的に中国に握られている。

だから、中途半端なヨーロッパは、もう経済的にロシア、中国の手中にある。ヨーロッパは、もう呑み込まれるのにそう時間はない。

アメリカと日本は協調しているし、これからの国々は、様子を見ながら、どちらにつくか、考えるでしょう。とにかく、経済的に分断は、始まっているから、これは、ロシア、中国の戦術は、なかなか素晴らしい。

ヨーロッパは、どこにも軸足がないから、攻められる。これが、分かっていなかった。連合としては、今後は、結束することが重要ですが、すでに、悪い選択をしているから、今後色んなことで、攻められることが多くなる。

経済的にも、地域的にも最も難しいことに突入するでしょう。やはり、初めの戦術が良くなかったから、今後は、苦しいと思う。日本とアメリカは、連合があり、結束している。

ただ、主義、主張が違うだけで、別に敵対していない。違う枠組みにいるからで、これは、良い意味で、中国やロシアと、対話していける。ヨーロッパは、経済的に吸収されるかもしれない。細かく話すとことは難しくなる。ヨーロッパは、AIIBに加入したことは大きな代償を払う必要が出るかもしれない。

Japan still has a negative interest rate. However, although it was expected that interest rates in the United States would rise at the initial 0.5% pitch, prices are already rising sharply. It goes up to 0.75%. European central banks have also risen by 0.25%. In other words, it will increase by 0.25% to eliminate the expected amount. So, my guess is that Japan will also have a 0.25% increase in interest rates.

In this way, the world is linked. In the United States, interest rates have already risen, and some people may not be able to acquire or pay mortgages.

Knowing the bubble, I borrowed a mortgage at 4.75% and 6.5%. So, for this much, the US economy may have higher interest rates.

However, if the American economy, which has a great influence on the world economy, slows down, it will be a problem. It affects various countries.

Russia has already been sanctioned and the ruble has been eliminated worldwide. However, abundant resources are attractive to poor countries, and some countries do not follow the policies of the United States and Europe.

This is an economic division, which will be an economic cold war between the United States and Russia.

So Europe is in a complex environment. China and Europe share AIIB, the Asian Infrastructure Investment Bank. Japan was also asked to join, but did not join. Japan and the United States have ADB and the Asian Development Bank.

However, Europe abandoned it and joined AIIB. The world was already divided. Russia has distributed a substantial abundance of resources to poor countries, and Europe is already economically seized by China.

So half-hearted Europe is already in the hands of Russia and China economically. Europe doesn’t have much time to be swallowed anymore.

The United States and Japan are cooperating, and the countries in the future will think about where to arrive while watching the situation. Anyway, the economic division has begun, so the tactics of Russia and China are quite wonderful.

Europe is attacked because it has no axis anywhere. I didn’t know this. As a coalition, it is important to unite in the future, but since we have already made bad choices, we will be attacked by various things in the future.

You will be in the most difficult financially and regionally. After all, the tactics at the beginning were not good, so I think it will be difficult in the future. Japan and the United States have a coalition and are united.

However, they are not hostile to each other, only their principles and claims are different. Because we are in a different framework, this is a good way to interact with China and Russia. Europe may be absorbed economically. It’s difficult to talk in detail. Europe may have to pay a big price to join AIIB.

Translate »
error: Content is protected !!