[検証継続中]ホンダフリードハイブリット車の寿命を検証してみた|メンテナンス方法も公開

Photo by Pixabay on Pexels.com

今回は、実際にホンダのコンパクトカーのハイブリット車が、何年使えるかを検証してみました。興味ある方は、どうぞお読みください。

新車で購入した自動車は、このようなスペックです。

ホンダフリード2011年モデル、ホンダフリードジャストコレクション。2022年現在では、走行距離140,000kmです。

2022年4月頃、走行用バッテリーの持ちが悪くなり、充電してながら運転して、走行用バッテリーの交換を待つことになりました。

走行用バッテリーは、新車からメーカー純正のハイブリット専用オイルを使用していました。

約130,000円をかけて走行用バッテリーを交換しました。(2022年現在)。

走行用バッテリーを交換した結果、ホンダからは、走行距離350,000kmまでは、大丈夫だと言われています。

途中、走行用バッテリーを100,000kmごとに交換しますが、これは、走行用バッテリーを購入したので、次回は無料です。

だから、非常にハイブリット車は、長く安心して使うことができます。

途中でしているメンテナンスは、普通のバッテリー交換。

メーカーにてオイル交換。

このメーカーでオイル交換すると色んなことをしてもらえるのでおすすめです。

他にメンテナンスは、エレメントフィルターの交換。

エンジンベルト交換。

ディスクパットの交換。

ブレーキパットの交換です。

ホイルアラメントもしてもらいました。

これは、長期に使っていると、ハンドルとタイヤの接合部に癖が出てきます。

気にしなくても良い程度でしたが、状態を最高にするために実施しました。

具体的には、高速道路で、真っ直ぐ走行しているつもりが、いつの間にか、右側によっていくような感覚がありました。

タイヤ交換の時に見てもらうとやはり少し歪んでいたようで、これを真っ直ぐにしてもらいました。

これは、タイヤ交換時にしてもらうと、お安くできます。

これは、メーカーではなく、タイヤ専門店でしてもらいました。

その際、自動車本体下部の錆を発見しました。

そうして、今回、ハイブリッド車の走行用バッテリーを交換することにより、さらにメンテナンスをしました。

長く乗るので、メーカー点検を2年契約しました。

そうして、その時に、自動車本体の下面の部分の「下塗り」をしました。

これは、自動車本体の下面を洗浄、錆止め、上塗りをする作業です。

やはり、長く乗るためには、自動車の足回りは、非常に大事です。

サスペンションの悪さを感じる人もいるようですが、扁平率65のタイヤを履けば、カバーできます。

特にブリヂストンは、内側と外側の弾力性も違いデザインも違っており、非常に良いメーカーです。

このブリヂストンのタイヤは、非常に良いです。

このようにメンテナンスをしたので、当分長くハイブリット車に乗れそうです。

ご近所の中古販売と車検をしているお店で、自動車のノブ部分など、キズがつきやすいところは、部分的に塗装してもらっています。

短時間で、10,000円もかかりません。だから、車体も綺麗です。

ヘットのライト部分は、くすんできたので、メーカーで磨きをかけ、コーティングをしてもらい、とても良い状態です。

自動車の洗浄は、洗浄した後に、水性ワックスが非常に便利です。

これで、表面コートをすると良いと思います。

ハイブリッド車を8年ほどで乗り捨てる人は多いですが、メンテナンスをきちんとすれば、長く乗ることができます。

走行用バッテリーのハイブリット専用オイルは、メーカー製の純正をお勧めします。

オイルというのは、非常に大切だからです。

メーカーでオイル交換もしていますので、エンジンは、非常に良い状態です。

オイル交換をメーカーですることは、他の部分のパーツ交換を一緒に依頼できるので、とてもお勧めです。

このようにして、自動車を大切にしています。

限界に挑戦していますので、またこの記事が更新できれば、良いと思っています。

皆さまも興味ありましたら、参考にしてください。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000

またはカスタム金額を入力

¥

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
Translate »