スタグフレーションに突入する日本|価値観が変わる時代に自己防衛を提案します

この頃思うことは、日本っていう国は、世界の最先端を行ってる、って感じることが多くなった。

高齢化社会なんて、世界中の先進国に波及しているけれども、その中で日本は抜きん出て、超高齢化社会が訪れています。

高齢者の年金制度も、なんか怪しい。

加入していた方が良いのは、当然だけど、この頃、年金支給額が、何回かに分かれて、減額された。

それは、今、支給されている年金高齢者だけではなく、今後、年金を支給される予定者のねんきん定期便に記載されている金額も同時に減額された。

その上、高齢者の健康保険料の負担割合も所得によって、負担割合が増額される。

そうして、介護保険料は、40歳から払わなければならない義務が生じるけれどもこの介護保険の利用料金が大幅に上がる。

そんな感じで、色んな個人的所得が減る要素が多くなった。

その上に、インボイス制度っていう、売上の10,000,000円以下の事業者は10%の消費税が免除されていましたが、これが無くなる。って事で、所得が伸び悩む中で、色んな制度で、国民に対してたくさんのお金が吸い上げられる。

言っておくけど、何故、年金額が減ったかというとそれは現役の若者の所得が減ったからです。

大体、この年金制度の制定方法が、まず良くない制度でした。何故なら、この年金制度は、若者つまり現役世代が高齢者を養う制度になっている。

そこが間違っているのです。

つまり、年金制度が始まった当時の高齢者は、年金制度が始まると、すぐに年金を貰えた。

つまり、年金の積み立てをせず、つまり何も払う事なく、年金を貰えた。

つまり、0円で、加入年齢、高齢者なら、高額の年金を貰えた。

医療費は、当時は無料で高齢者は、無料で病院に行けるのだから、みんな病院に群がって、病院がサロンのようになり、高齢者の溜まり場になった。

病院も、儲かるし、何も言わない。

そうやって、高齢者は、時間を潰し、何時間も病院の待合室で群がっていました。

そんな高齢者は、湿布とかちょっした風邪でも、病院に行っていました。

彼らは、年金基金に何も積み立てていない。

そうして、優遇された。

確かに、戦争で苦労しているし、その時代を生き抜くことはかなり大変だった。

しかし、政府は、この矛盾を人口増化で、誤魔化せると、考えていた。

確かに、80−90年代の頃は、人口増化でかなり日本は潤った。

この時、政府は、公共事業を盛んに政府予算を上乗せして、景気を向上することに、血眼になった。

だから、人口の少ない地方の土地に大きな道路や橋が架けられた。

これは、選挙の一票の格差でこのような事態になった。

大都市が、人口が多くて公共事業を必要としても、議員の力量は、選挙の結果が反映される。この選挙の票の重みが、住んでいるところによって、違う。

裁判が盛んに行われて、票の格差がどれぐらいなら、合憲とか、違法とか、盛んに行われた時期もあった。

しかし、一票を全部平等にすると、議員の排出できない都道府県もできるので、これは非常にデリケートな問題で、この頃はあまり話題にはならないけれども、地方の政権に近い都道府県には、やはり手厚い補助がある。

まあ、完全に、平等なんて理想で、これは、目指すことは、非常に大切、だけれども、理想は理想で、実現なんて、これは不可能である。

これは、政治の世界だけではなく、ひとりの人間が生まれてくる環境を選べないことに似ている。

まあ、改善はされるだろうけど、それはかなりの困難なことで、今の時点では、実現しそうにない。

話は戻るけど、年金制度の矛盾は、スタート地点で始まっているから、これは、ずっと続く矛盾なので、これを解消するには、かなりの大きな改革が必要となる。

日本の元気な80−90年代に、国民生活を充実する、福祉政策をしていれば、婚姻率の下落や出生率の低下を防げたはずなのに、政治がそういう発想はなかったので、経済だけを優先した政策は、良くない。

今更、色んなことをしても、国民あっての経済だから、若者をいくら優遇しても良くならない。

その中間にいる私のような世代は何も、優遇されることもなく、冷遇される世代です。

確かに、若者の世代の収入は減っている、けれども、手厚い福祉や支援があるので、実質的には、そう収入は減っていない。

額面上の収入減額が高齢者の年金額を低下させている。

今は、世界的にインフレーション、つまり物価上昇している。

これは、日本も同じです。

違うのは、過去の政策が今の日本経済の伸びしろを無くしており、つまり生産人口が減っていることに問題がある。

だから、容易に生産額が上がるはずもなく、このインフレーションについて行けない状態で、これが給料の上がらない、原因になっている。

つまり、インフレーションの最中の収入減が問題で、これは、不況プラスインフレーションが、始まる。

つまりスタグフレーションが始まろうとしている。

私は、学校でインフレーション、デフレーション、、ってパターンを習ったけれども、デフレーションさえ、これは経済学の用語で、実際に起こるなんて、想像もつかなかったし、スタグフレーションって言葉は、学校の先生でさえ、これは、インフレーションとデフレーションの混ざり合ったものです。

こんな簡単な説明しか、教えてくれなかった。

先生は、理解さえできて、いなかったに違いない。

私は、経済学を専攻していた訳ではないし、これは、中学校時代や高校時代に授業で学習しただけなので、先生も経済学者でもない、ただの教員であったから、それ以上、説明はできないか、あるいは、必要なかったに、違いない。

日本は、先進国の中でも、経済現象については最先端だから、米国の経済学者が、日本のバブル時代を研究して、経済の苦境を対処したこともあるようです。

日本で起こったことは、徐々に先進国に起こることで、ただ時間軸が少し、違うだけなのです。

日本は、もう駄目だとか色んなことを言う人が多いけれども、先端を行くってことは、暗闇の中を模索して姿でもあり、これからどうなるかは誰も正確に遠い未来を予測できる人は、いない。

予想して、当たる、人はいるかもしれない。

経済というのは、生き物であり、常に変わり続けるものであり、少し条件を変えただけで、未来の経済活動は、変わりゆくものである。

だから、経済の将来を予測した本は、古本になれば、買い手はつかないことが多い。

それだけ、経済の未来予測は、難しいものなのです。

まあ、色んな諸条件を合わせてみると、スタグフレーション、になりそうですし、これは、時間差で、色んな国に波及しそうだから、この経済学の用語しか知らない、私たちはどんな社会が形成されるのかは、予測できない。

ただ言えるのは、ミニマリストとは、これからの社会では、貧乏人の象徴になるのではないか、と考える。

つまり、これからは全く価値観が変わる未来がすぐそこまでやってきている、と感じられる。

そんな不透明な時代に、生き抜くのは、たやすいことではない。

だから、老後も働き続ける高齢者が日本では続出している。

身体が資本でこれがなくなれば、生活が困窮する。

日本の昔、高齢者を養うことが経済的にできないので、「うばすて山」があった。

そう、双方理解した上で、山奥に高齢者を捨てに行ったのです。

これから、日本の高齢者は、似たような状況に落ちることも多くなる。

犯罪を起こして、刑務所に入って、癌を治療した人の話を聞いたことがある。

そう、犯罪者の方が、待遇が良いし、所得のない人は、医療費も住宅にも困らない。

福祉があるからです。

ごく、普通に真面目に生きている国民が損をする時代がやってきたのです。

日本は、世界的にも安全で、国民性も真面目だけれども、これからは、不真面目な方が生きやすい時代が到来している。

だから、人生行き詰まって、自殺なんか、考えてはいけない。

不真面目に生きてみよう、これが私の提案です。

長文になりましたが、最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

フリマアプリで売れたウォシュレット|人の嫌がる仕事はお金になる

時々、休みながらフリマアプリで不用品を売っています。

そんな中、私は、使用期間半年のウォシュレットをフリマアプリで売った。

家族は「使ったウォシュレット」を渡した。

処分費用もかかるし、そんなの引き取ってもらえるなら、嬉しいようでした。

しばらく放置しておいたけど、やっぱり使ってもらえると嬉しいし、綺麗にすることにした。

トイレは、メーカーとしても、恥ずかしいところもあるし、どこか控えめに、コマーシャルを打つ。

だから、どこのメーカーでも、同じような感じだし、どこで判断して良いか分からない。

私は、なんでもはっきりと表現することにしているから、「ノズルの裏側」まで、綺麗にしたよ、ってメッセージを添えるように、表紙のような、写真を出した。

Panasonic beauty toilette

この製品は、パナソニックのビューティトワレなんだけど、写真が、Googleショッピングまで出て、なんと超人気商品になった。

分かりやすく、単純明快に、これだけ綺麗にして、出品していることを伝えたかったのです。

出品した商品は、頬擦りできるほど、綺麗にして、消毒も完璧だった。

まあ、売れるのも早かったし、購入者のコメントも、「大満足です」って言葉をいただいた。

人の嫌がる仕事って、汚いとか、きついとか、色んな不満があるけれども、プライドを捨てたら、すごく儲かる。

以前、田舎に家を買った話を書いたけど、まだ下水道が通っておらず、浄化水槽、だった。

水洗トイレだけども、汚物を定期的にバキュームカーで取ってもらっていた。

そんなある日、転勤が決まって、その家を売って引っ越しするときに、浄化槽を完全に汚物を取ってしまって、綺麗にしておく必要がありました。

電源も切ってしまうので、浄化水槽が止まってしまい、機能が停止するからです。

だから、私は、そのバキュームカーを持っている業者に引っ越ししてから、お掃除してもらうように、頼みに出かけたのです。

なんと、その業者の自宅兼会社は、ピカピカの大豪邸だった。

「ああ、人の嫌がる仕事」は儲かるな、って思った瞬間だった。

地震の被災者と話したことがあるけれども、亡くなった人の遺体を洗う仕事、がお給料が良くて、気になるなんて、直接聞いた。

人には、価値観があるからなんとも言えないけれども、病院の先生だって、遺体を解剖するんだから、そんなに、遺体を嫌う必要もない。

葬儀屋は、儲かる。

遺体を焼いたら、歯に金歯や、銀歯があって、これが、焼却炉に残って、お金になるらしい。

だから、仕事に差別なんてない。

なんか、世の中は元気がないけれども、探せば色んな仕事があるし、格好なんて関係ない。

人の嫌がることは、進んでやってみるのも良いという、お話でした。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

Amazonで旅行バックサムソナイトを買った

前回、旅行バックを買った、と言った。

このバックは、なんと開封されていたのだけれども、開封されて届いたので再度、地球上で一番サービスの良いインターネット販売会社に連絡して、旅行カバンを待つことになった。

そしたら、開封された商品がそのまま、届いた。

玄関ベルが鳴って、「はい」と言った、瞬間、配達員は私が、出てくるのも待たずに、さっさと置いて行った。

唖然とした私は、再配達された商品が前回配達された商品と全く同じで、梱包シールも前回配達日が書かれたものでした。

せっかく、連絡しておいたのに、同じような状況になったのです。

もし、このバックがすり替えられて、偽物であっても、私はどうすることもできない。

真贋の目もないし、思わず、ため息をついた。

びっくり箱を開けるような気持ちでした。

開封してみると、シリアル番号、とかあった。

多分、本物、らしい。

しかし、商品を買った人が、一番、嬉しい瞬間、というのは、開封した、瞬間です。

だから、この商品は、すでに開封されているものだから、そんな、喜びの瞬間を奪われた商品は、あまり気持ちの良いものではない。

だから、私は、商品が届けば、なんでも良い、というような態度の、この地球上で一番サービスの良いインターネット販売会社の姿勢は、ちょっと、疑問を感じる。

まあ、セールでお安く購入できたので、そこは、我慢するしかない。

でも、封を切った瞬間で商品というのは、何割も価値が落ちるから、少し残念だった。

私は、このことを色々詮索したくない。

つまり、穏便にことを済ませたいから、このまま我慢することにした。

どうせ、私のブログは、読まれないし、ここで書いてもそんなにことは、大きくなることもないと思う。

ブログが、読まれることは、収益や色んな効果があるらしいし、私も、ひととき、読まれたいな、とか収益が欲しいとか、思ったことがある。

年間の維持費ぐらいは、賄えるようになりたかったし、家族からは、「やめれば?」と散々言われたブログです。

だから、更新も、不定期だし、まあ、いっかって、趣味の延長で、やってる。無料ブログの移行もできないようだし、まあ、どうでもいい。

なんでもそうだけど、休むことは、大切で、リフレッシュしながら、自分に気持ちよく、できればそれで良いと、思うことにした。

なんでも、永遠ってないし、私も人間だから、いつしかこのブログを辞める時があると思うけれども、人生、楽しくやった方が、良い。

旅行カバンは、着いた次の日には、荷物を詰め込んで、旅に出た。

楽しい思い出が、たくさんできるといいな。

日常から離れて、旅するのは、楽しい。

私の買った旅行カバンは、サムソナイトの機内持ち込みサイズ。

旅行だけではなく、ちょっとした入院とか使えるので、このサイズ。

友達も欲しくなったようで、サムソナイトを探しているようです。

軽くて鍵がないのには驚きました。

これはセキュリティの上で大事な要素で、番号を自分で設定します。

なかなか、難しい作業ですが、サムソナイトのサイトを見て私は、設定しました。

日本では、なかなか、ここまでやるの?って感じですが、サムソナイトのカバンなら、不要になれば売却もできるようですので、買って損はないと思います。

ぜひ、検討してみてください。

今回は、旅行カバンのお話でした。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

性悪説が正しいと思うこれだけの理由|人は誘惑に負ける

もうやめようかと思っていたブログです。

何故なら、情報や写真がコピーされて、SEOって言う、検索エンジン最適化の研究され尽くしたサイトが上位に表示されて、オリジナルが敗北するこのインターネットで、真面目って言うことは、報われないってことがわかったからです。

不謹慎な人は多くて、なんでもインターネットなら、個人情報保護法ってのがあって、悪いことをしても、表面に出て来ないって思っている人が多い。

私は、旅行好きなので、キャリーバッグを新調しようとインターネットで注文した。

そのバックは、知名度もあり、高級なバックでした。

何度も買い替えるより、この方が、安心してずっと使えると思って奮発して買った。

ところが、商品が届いたのが夜遅くで、先に受領の印鑑を受けとり票に押した。

そうして、商品を渡された。

暗かったので、家に持ち込んでその箱を見たら、茶色のクラフトテープで、封をされたダンボールが、カッターで開封されて、透明なテープで、軽く封をしてあった。

つまり誰かが、開封したのです。

私は、これを開封すれば、私が、疑われるから、そのままにして翌日にインターネットの販売会社に連絡しました。

そうすると、その販売会社は、地球一サービスの良い会社、とされている。

対応は、良かった。

着払いで、この開封された商品を返送することができました。

今度、改めて配達される商品を待っている。

しかしながら、私は、この大手の配達業者に行って、聞いてみたけれども、商品を開封することは、無いらしい。

直接、インターネット販売会社の雇っている配達業者もいるそうで、どうなっているか分からない。

しかし、私は非常に、嫌な思い出になる。

だって、私が、配達されたダンボールを開封したと疑われても仕方ない、状況だからです。

世の中には、たくさん悪い人がいる。

良い人もいるけれど、人は完全な人なんて居ないから、100%善人なんていない。

ある市役所の人が、ブランドのサイフを貰ったから、これはワイロだとして、退職した、とニュースで報じられたこともある。

たかが、サイフひとつで、人生が狂うなんて事もある。

そんなことを思いながら、私は、このキャリーバッグのダンボール開封事件を複雑な気持ちで、受け止めています。

誰が、どんな気持ちで、何をしたのか、まったく分からない。

私は、そのダンボールの中も見ていないので、何も分からない。

しかし、誰かが、悪いことをしたことだけは分かる。

金銭にルーズな人は、何度も繰り返す癖がある。

しかし、この事件が、どのような背景なのか分からないし、その方が私にとっては、シアワセなのかも、しれない。

だって、人を疑うことは、非常に人との接点が薄くなる。

付き合う人を選ぶ必要が出てくる。

そうやって、人はグループができ、階層が、できる。

やはり、人っていうのは、「誰でも仲良し」なんてのは、理想だと感じる。

この頃は、みんな人間関係が希薄になった。

これも分かる。

価値観が、一緒なんてのは、まず家族でもあり得ない。

だから、適当に距離を置いて付き合うのが、心地よい。

この頃は、娯楽も自宅で、色んな事ができるようになったし、そんなに人と繋がってばかりいなくても良いように、インターネットとかできた。

でも、やはり自分を甘えさせては、いけない。

これは、向上心が無くなることを示している。

自制心を養うのは、非常にむずかしい。

けれども、これは、人間の基本的なことで、これが、無くなると、非常に、人生がつまらなくなる。

これは、多分、人生の後半に現れるから、人はこれがなかなか気づかずにいる。

特に、社会人で仕事で忙しい人は、仕事に追われて、自分が無くなる。

そうして定年退職すれば、人間関係も無くなって、何も残らない人も多い。

そんな人を「濡れ落ち葉」って言う。

重くて、自分では何もできない状態になる。

人生の後半になって、その人の人間としての価値が分かる。

空虚になることは、非常に怖いと思う。

だから、忙しいっていうのは、「仕事」のことだけなら、悲しい人生になる。

何か、仕事以外に自分の道を作って欲しい。

ムダなことだと、周りから言われても、何かできる人になってほしい。

だって、人生100年。

定年退職後、何十年もある。

これをヒマに過ごすのか、充実して過ごすことができるのかは、その人の力量だから。

だから、色んな人生があるけれど、時間は元には戻らないから、悔いのない人生を送ってほしいと感じる。

ありきたりの言葉で、終わるこの記事ですが、人生色んな誘惑とかあるけれど、これはアダムとイブのりんごのようなもので、いつかなんらかの形で、我が身に降りかかる。

色んな誘惑があるけれど、それに惑わされずに、しっかりと地に足を着けて歩んでほしいと思うことが多くなりました。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
Translate »