通信の秘密|個人の尊厳を大切にする社会にしよう

皆さまは、普段、家族の郵便物やメールをどう扱っているだろう。メールについては、多分、ダイレクトに送られるものであり、個人的に受信できるようになっていると思います。

しかしながら、普段の生活において、郵便物なんて、同じ家庭内なら、開封してしまうことが、多いと思います。たとえ家族宛の郵便物であっても、私の家庭では、決して開封はしません。

これは、法律で定められており、信書の秘匿権があるからです。

クレジットカードの利用明細とかもそれに当たります。本人が開封して、許可して、他の人が見るのは、許されますが、開封はできません。

普段の何気ない行動は、日本国憲法によって、それは、できませんので、改めて、家庭内で、ルールを見直してほしい、と私は、感じています。

すぐに、家族宛のダイレクト郵便物など、開封する、風潮がここ日本では多いです。でも、家族であっても、これは、違反になります。

憲法21条集会、結社、表現の自由、通信の秘密が定められています。普段の家庭内では、この通信の自由が、これに当たります。

憲法21条集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由をこれを保証する。②検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。このように、通信の秘密の検閲をしては、いけないことになっています。

また、付随ですが、いろんな表現、意見、本を出したり、集会も認められています。このように、自由を認めてはいますが、通信の秘密は、大切です。自由であるということは、責任を持って行動することが、非常に大切です。

いくら同じ、家庭内であっても、社会的ルールは、守って生活してみましょう。私は、決して、家族の郵便物は、開封しません。これは、両親から、教えられました。

個人的尊厳は、いつも守られるべき、事項であります。

ぜひ、この機会に、自分の行動について、見直して、お互い、個人の尊厳が、尊ばれる、そんな家庭になって下さい。

これは、家庭は、社会の最小の集団であり、ここが乱れると、社会全体が、乱れるからです。

良い社会になるように、家庭から、お互いの尊厳を認め合えると良いですね。今回は、信書の秘密から、個人的尊厳について書いてみました。より良い社会になりますように。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
Translate »