鳴門海峡の自然が教える努力Efforts taught by nature in the Naruto Strait.

webページのタイトル

webページの本文

日本に明石海峡大橋と鳴門大橋があります。

この2つの橋は、島をひとつ渡って、本州と四国を繋いでいる高速道路の大橋です。

この橋は、渦潮という、大きな海のうねりがある、ところに建設されています。

下が、先ず、海ですから、河、の橋とは、格段に、技術が必要です。

何故なら、真水とは、違い、海水です。ですから、すぐに、痛み易いです。

素材も、とことん、こだわりが有ります。

メンテナンスが、容易に出来る様に、メンテナンスのする人の渡る部分も有りますし、それは、とても凄い技術です。

橋の吊るケーブルももちろんですが、その吊って居る支柱は、エレベーターで、上がります。

遠くから見れば、普通の橋の様ですが、支柱をエレベーターで上がる程、壮大な建築物です。

その下には、渦潮があり、そこには、又、素晴らしい、事が発覚できます。

その激流の海流の中で、育った海の生き物達は、素晴らしい程、美味しいのです。

その代表が、タコ、です。吸盤で張り付いて、流されないように、生息しています。

ですので、身が、引き締まって、とても美味しい、のです。

他にも、「ワカメ」などの海藻も、そのような環境で、育った海の生きものは、とても美味しいです。

とても、日本では、有名な食材です。

厳しい環境で、晒される事は、一見、不幸なことのように、思われる事が、多いです。

ですが、このような自然界が、教えてくれているようです。

どんな環境でも、堪えて、頑張れば、それは、とても素晴らしい結果になり、大きな実りをもたらす、ことを教えてくれています。

自分の置かれた環境に、不平を言わず、それをバネに、大きく成長して、ください。  

コメントを残す