金銭感覚を育てるFoster a sense of money.

...
...

日本では、5月の第2週目の日曜日は、母の日、と言って、お母さんにプレゼントを贈る、習慣があります。

その母の日にお決まりのパターンがあります。

それは、カーネーション(花)をプレゼントします。

私は、プレゼントやお祝い、を派手にしたり、しません。

そこには、母の強烈なほどの金銭感覚が、受け継がれています。

母は、商売人の家に生まれています。

私は、幼い時に、お小遣いを貯めて、カーネーションを、プレゼントしました。

初めてのことで、ドキドキ、していました。

そうすると、母は、「これ、私のお金で、買ったのね。」と、言い放ち、ありがとう、の一言もありません、でした。

確かに、お小遣いは、家庭から、もらったものでした。

それも、一年で、カーネーションが、一番、お高い、時期です。

ここまで、言われると、とても、毎年、お祝い、なんて、できない。

こんなことも、ありました。料理が、したいので、オーブンを買ってもらいました。

そうすると、母は、誕生日やクリスマスになると、ケーキを焼くように、いつも、私に言います。

そして、わずかな予算で、ケーキを作ることしか、できないほど、予算は、削ります。

ですから、クリスマスシーズンの、お高いイチゴなんて、とてもじゃないけど、買えません。

ですから、缶詰のフルーツを買って、チェリーや、パイナップル、ピーチなど、色とりどりにして、なんとか、作っていました。

そして、お正月(一年の始まりを日本は、オショウガツと言って、お祝い、します。)になると、又、指示が出ます。

鯛の姿焼き、を作るように、言います。

鯛を串に刺して、踊っているようにして、オーブンで、毎年焼いていました。

鯛の姿焼きは、お高い、です。ですから、自分で作って節約していました。

お誕生日お祝いなんて、小さい頃は、していたけれど、ケーキを焼くのも、もう、どうでもよくなりました。

イチゴのお高い時期に、手作りのケーキにイチゴをのせるのは、不経済、だと思います。

そんな、経済感覚が、身についています。

小さな節約は、後の、大きな成長になります。

工夫をして、いかに、楽しむのか、そこには、知恵が生まれる、原点、が、あります。

カーネーションは、とても育てやすい、お花です。

タネを買って、たくさん、咲かせるのも、ステキだと思います。

知恵を使って、より良い、暮らしにしたいですね。

一度だけ寄付する

寄付していただきありがとうございます。

寄付

毎月寄付する

寄付していただきありがとうございます。

月単位で寄付する

毎年寄付する

寄付していただきありがとうございます。

年単位で寄付する

作成者: Qoo

私は、不動産賃貸会社を経営しています。 NIKKEI SEEKSで経営コンサルタントの登録をしています。 父は、政治記者で、アルバイトをしていました。だから、私を文章を書くのが大好きです。 母は、宅地建物取引士の資格を持ち、不動産会社に勤めていました。匿名で新聞に掲載されました。 多趣味、好奇心いっぱいの生活をしています.。好奇心、いっぱいです。 だから、色んなことをします。家には、趣味と仕事の道具がいっぱいあります。 PCも大好きです。インターネットは、色んな世界が広がるので、楽しいです。色んな方と、国境を越えて、交流できたら、すばらしいと思っています。人生で、落ち込んだ時、嬉しい時、幸せな時、色んな時間がそれぞれありますが、どんな時間でも、どこに住んでいても、みんな同じ人生です。だから、この場を通じて、色んなことを書いていきたいです。色んなことに、没頭するのが好きなので、たまに、お休みする時もあります。私の好きな言葉は、「集中と選択」。だから、いつも、何かをしています。皆さまが、楽しんでいただけるように、したいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。 好きな映画となりのトトロ/My Neighbor 好きな音楽Totoro/クラッシック音楽/Classical music 好きな本イソップ物語/Fables of Aesop/ 趣味/料理(2年間学校で、学習)、写真撮影、 ソーイング、PC組み立て、絵を描くこと 、旅行、音楽鑑賞、絵画鑑賞、アクセサリー作り

コメントを残す

Translate »