2022年.日本のインフレの対処法と賃金.2022. How to deal with inflation in Japan and wages.

今回は、日本のインフレについて色んな角度から、語っていきたいと思います。まず、この写真を見てほしい。

This time, I would like to talk about Japan’s inflation from various angles. First, take a look at this picture.

同じ商品ながら、わずかに量が減っている。勿論、値段は、若干上昇していますが、この1gの戦いを企業はしている。この製品の量は、一般の消費者なら、多分気づかない。

商品の値段の上昇をなるだけ気づかないように、1円単位で、商品をいかに消費者に買ってもらえるのか、競争しているのです。商品は、色んな企業から出ているから、非常に競争が厳しい。

特に食料品は、薄利多売品が、多くを占める。単価が、安いので、とても大変なのです。

私は、学生時代に、スーパーで、アルバイトをしたことがあります。その時、100円のケーキが、25円の利益があるとして、とても収益がある。そう、利益率25%は、非常に魅力的な商品です。

この物価上昇でも、日本は食料品買い占めは、起こらない。微妙に値段を調整して、収益を確保する企業努力は、相当な競争です。これに負ければ、ノーブランド品など、安い商品にシェアを握られるからです。

だから、日本では、食料品買い占めは、起こらない。これは、値段が、急上昇すれば、シェアは他社に持って行かれるという、非常に競争が激しいからです。

しかし、世界情勢が変わる中、工業製品が届きにくいことには、変わらない。ここにも、企業努力がある。私は、トイレのリフォームをしましたが、これも品薄です。

だから、企業は、部品の少ない低価格商品を全面的に出している。私は、製品について、少し妥協しました。こうやって、日本は物価上昇をあまり感じずにいる。

しかし、製品がないものは多い。だから、多くの種類の製品を製造せずに商品を絞り込んで生産性をあげている。

長くデフレだった日本にとっては、異物感はあるかもしれないが、今は頑張りどころです。何故なら、大手企業の夏のボーナスは13.8%増える。

人は、インフレだというけれども、賃金もそれなりに上昇しているから、インフレというより、「物価スライド制」の様相です。つまり、物価上昇と共に賃金が上昇するなら、これは、悪影響にはならない。

しかし、人々は、不安を感じるから、消費税を一時的に下げることが検討されています。選挙があるので、これは具体的に政府は、言及できずにいる。与党と野党は、選挙をどのような論戦で戦うのか、面白い。

また非常に為替が面白い。連日、報道で「円安更新」と伝えられている。私の個人的意見なら、150円ぐらいは、許容範囲です。だからそんなに驚かない。確かに、デメリットもあるが、今までが、円は高すぎた。多少、円安ぐらいが、日本の基幹産業には、良いと思う。

企業は、今まで、量を売らないと生き残れなかった。だから、工業製品の価格も薄利多売だった。けれども、これからは、製品の価格を調整しながら、販売量は減る。しかし、利益は確保する努力はするだろうから、環境には良いと思う。

電気代などの値上げもある。人々は、賃金上昇までは、これを辛抱強く待つしかない。そうやって、経済は回っていく。

アメリカは、ハイパーインフレが来るかもしれない。しかし、株価はそう下落していないから、調整している感じがする。

資産は、底堅いと感じるが、通貨に関しては、敏感になった方が良いかもしれない。これは、世界各国に言えることです。

The same product, but slightly reduced in quantity. Of course, the price has risen a little, but companies are fighting for this 1g. The quantity of this product is probably unnoticed by the average consumer.

We are competing to get consumers to buy the product in units of 1 yen so that we do not notice the rise in the price of the product as much as possible. The competition is very fierce because the products come from various companies.

In particular, food products are dominated by low-margin, high-selling products. The unit price is cheap, so it’s very difficult.

I had a part-time job at a supermarket when I was a student. At that time, if a cake of 100 yen has a profit of 25 yen, it is very profitable. Yes, a profit margin of 25% is a very attractive product.

Even with this rise in prices, Japan will not buy up food. Corporate efforts to finely adjust prices and secure profits are considerable competition. If you lose this, you can take a share in cheap products such as unbranded products.

Therefore, in Japan, grocery buying does not occur. This is because if the price soars, the market share will be taken to other companies, which is extremely competitive.

However, as the world situation changes, it is still difficult for industrial products to reach. There is also corporate effort here. I remodeled the toilet, but this is also out of stock.

Therefore, companies are offering low-priced products with few parts. I made a small compromise on the product. In this way, Japan does not feel much price increase.

However, many do not have products. Therefore, we are increasing productivity by narrowing down the products without manufacturing many kinds of products.

For Japan, which has been deflated for a long time, there may be a feeling of foreign matter, but now I am doing my best. That’s because the big companies’ summer bonuses increase by 13.8%.

People say that it is inflation, but wages are rising to some extent, so it is more like a “price slide system” than inflation. In other words, if wages rise with rising prices, this is not a negative effect.

However, people are worried, so it is being considered to temporarily lower the consumption tax. This cannot be specifically mentioned by the government because of the elections. It is interesting to see how the ruling and opposition parties will fight the election.

Also, the exchange is very interesting. Every day, it is reported in the press that the yen has been depreciated. In my personal opinion, about 150 yen is acceptable. So I’m not so surprised. Certainly, there are disadvantages, but until now, the yen has been too expensive. I think that a little depreciation of the yen is good for Japan’s core industry.

Until now, companies have not survived without selling quantities. Therefore, the price of industrial products was also low profit and high sales. However, from now on, the sales volume will decrease while adjusting the price of the product. However, I think it is good for the environment because I will make an effort to secure profits.

There are also price increases such as electricity bills. People have to wait patiently for this until wages rise. That’s how the economy goes around.

In the United States, hyperinflation may come. However, the stock price has not fallen so much, so I feel that it is adjusting.

Assets feel solid, but when it comes to currencies, it may be better to be sensitive. This is true for countries around the world.

業者から聞いた!トイレの臭いの原因は、これだった!I heard from a trader! This was the cause of the smell in the toilet!

今回は、トイレの臭いの原因をお話したいと思います。私は、いつも業者を決めて、色んなリフォームをすることが多いです。だからこそ、水道業者さんから、聞いた奥のある、トイレの臭いの原因事情です。興味がありましたら、ご覧になってください。

大体、トイレは、便座がついています。その奥には、タンクがついています。ここに原因があります。

男性が、立っておしっこをするとその尿のしぶきが、タンクと便座の間に入り込みます。今回、私は、トイレの便器を替えるリフォームをしましたが、便器の奥と便座の奥に、黄色くカビのようになって、尿がたくさん張り付いていました。これは、非常に驚きました。業者さんは、この汚れは、掃除では、取れない、とのことでした。つまり、分解しないと、この汚れは、取れないのです。

業者さんは、「男性が、立っておしっこをしなければ、このようになりません」と、言われました。だから、来客にも、これを伝えて、誰も、立っておしっこをしないように、今度は、気をつけようと思いました。

嫌な、アンモニア臭は、便器を分解掃除すると、完全になくなるでしょう。けれども、素人では、なかなか、難しいですね。トイレの悩みは、早めに知って、対策をしましょう。

トイレの臭い原因は、男性の立っておしっこをするしぶきが、トイレの掃除のできないところに入り込んでしまう、ことです。

予防しながら、綺麗な、臭わないトイレにしたいものですね。お役に立てたら、嬉しいです。

This time, I would like to talk about the cause of the smell of the toilet. I always decide on a contractor and do various reforms. That is why I heard from the water supplier that it is the cause of the smell of the toilet. If you are interested, please have a look.

Most toilets have a toilet seat. There is a tank in the back. Here is the cause.

When a man stands and pees, the splash of urine gets between the tank and the toilet seat. This time, I remodeled to change the toilet bowl, but the back of the toilet bowl and the back of the toilet seat became yellow and moldy, and a lot of urine stuck to it. This was very surprising. The vendor said that this stain cannot be removed by cleaning. In other words, this stain cannot be removed without disassembling it.

The trader said, “If a man doesn’t stand and pee, this won’t happen.” So, I decided to tell the visitors about this and be careful not to stand up and pee.

The unpleasant, ammonia odor will disappear completely when the toilet bowl is disassembled and cleaned. However, it is quite difficult for an amateur. Let’s know the trouble of the toilet early and take measures.

The cause of the smell in the toilet is that the splash of a man standing and peeing gets into a place where the toilet cannot be cleaned.

I want to make a clean, odorless toilet while preventing it. I hope it helps.

二条城見どころ実際に行った筆者が簡単に説明します.The highlight of Nijo Castle The author who actually went to explain briefly.

1603年に江戸幕府初代将軍徳川家康の築いたお城です。1626年、3代将軍徳川家光の時に後水尾(ごみずのお)天皇を迎えるために大規模な拡張を行った。1867年には、15代将軍徳川慶喜が政権を天皇に返上する「大政奉還」をした歴史的な場所。1884年からは、皇室の別邸と利用されました。1939年に京都市が、譲り受けた。1994年にユネスコより、世界文化遺産に登録されている。また、国宝指定や重要文化財に指定されています。

写真は、東大手門です。1662年の頃の建築と考えられています。当時は、2階建でしたが、三代の徳川家光は、天皇を見下ろさないように一重(ひとえ)の門に建て替えられました。

It is a castle built by Ieyasu Tokugawa, the first general of the Edo Shogunate in 603. In 1626, at the time of the third shogun Tokugawa Iemitsu, a large-scale expansion was carried out to welcome Emperor Gomizuo. In 1867, the historic place where the 15th Shogun Yoshiki Tokugawa made a “great government repatriation” to return the administration to the emperor. From 1884, it was used as an imperial villa. It was taken over by the city of Kyoto in 1939. It was registered as a World Cultural Heritage by UNESCO in 1994. It is also designated as a national treasure and an important cultural property.

The photo is the East Otemon. It is believed to have been built around 1662. At that time, it was a two-story building, but the third generation Tokugawa Iemitsu was rebuilt into a single gate so as not to look down on the emperor.

これは、唐門と呼ばれ、二の丸御殿の正門にあたり、切妻造で、ひのきの皮を屋根にしています。門には長生きを意味する「松竹梅に鶴」聖域を守護する「唐獅子(からじし)」など、とても豪華な造りです。2013年に改修されました。

This is called Karamon, which is the main gate of the Ninomaru Palace, and is made of gable and has a hinoki skin as a roof. The gate is very luxurious, such as “Shotake Ume ni Tsuru” which means longevity and “Karajishi” which protects the sanctuary. It was renovated in 2013.

東西から北西にかけて、遠侍(とうさむらい)、式台(しきだい)、大広間、そてつの間、黒書院、白書院の6棟が立ち並ぶ御殿です。部屋数33室、畳800枚、の広さがあります。内部は撮影禁止なので、ここでは写真は、外部のみです。入ると下駄箱がありここで、スリッパには着替えます。ここで印象的なのは、廊下に入る時に大きな木があります。それは、たくさんの人が出入りするので、角がありません。綺麗に丸くなっています。これは、摩擦でこのようになっています。そこをよく観察してください。そこには、10cm四方の木がはめ込まれて、補修されています。これは、かなり前にされたもので、不明です。今は、国宝(1952年)に指定されているので、このような補修はできません。廊下は、釘のさし方が特徴的です。「うぐいす張り」と言って、忍者などが、入ってもわかるように、キシキシと音が鳴ります。そうやって、不審者が、入らないような廊下が、部屋の周りを取り囲んでいます。

そうして、大広間は、権威を持ったトップの人が座る天井は、一段と高くなっています。そのようにして、威厳を保っていました。

格によって、描かれている襖絵が、違います。身分によって、絵柄は、違います。そこには、必ず、2つの部屋がセットされています。これは、日本の「ハレ、ケ」の伝統です。つまり、普段の部屋と華やかな日の部屋と分かれています。

ここで印象的なのは、海外からの植物、そてつがあります。そてつは、庭にも植えられており、今も見ることができます。ボタンの花の絵柄は、非常によく描かれていて印象的でした。

また、大政奉還が行われたことがよくわかるところがあります。この引き戸の金具が、徳川家の紋があったり、皇室の紋があったりします。これは、外回りは、徳川の紋が多く、奥にいけば、皇室の紋が多いです。当然ですが、外回りでも、最初にお話した唐門は、皇室の紋が入っています。

サムライが再現された人形があります。これは、非常に当初の時代考証がされてできています。畳1枚づつ離れたところに将軍に向かいサムライは、規則正しく座っています。正座は、必ず、右足の親指が上になって座ります。これは、何かあれば、すぐに立ち上がれるようにそのように身構えて座ります。普段は、左に刀をさしています。大太刀(おおたち)、小太刀(こたち)。しかし、書院では、脇差しで、持っていました。

ですから、このサムライ人形も良く観覧してください。鶯(うぐいす)のように鳴く床を踏みしめながら、この33室を観覧するのは、非常に面白いものです。

From east to west to northwest, there are 6 buildings, Tousamurai, Shikidai, Large Hall, Sotetsu no Ma, Kuroshoin, and Shiroshoin. It has 33 rooms and 800 tatami mats. Since shooting is prohibited inside, the photos here are only outside. When you enter, there is a clog box where you can change into slippers. What is striking here is the large tree as you enter the hallway. It has no corners as many people come and go. It is nicely rounded. This is due to friction. Please observe it closely. A 10 cm square tree is fitted and repaired there. This was done a long time ago and is unknown. Now that it is designated as a national treasure (1952), such repairs are not possible. The corridor is characterized by the way nails are inserted. Saying “Uguisu tension”, a kissing sound is heard so that ninjas and others can understand it even if they enter. That way, a corridor that keeps out suspicious people surrounds the room.

Then, in the hall, the ceiling on which the authoritative top person sits is even higher. In that way, he maintained his dignity.

The drawn fusuma picture is different depending on the case. The design is different depending on your status. There are always two rooms set there. This is the tradition of “Hare, Ke” in Japan. In other words, it is divided into a normal room and a room for a glamorous day.

What is impressive here is the plant from overseas, Sotetsu. It is also planted in the garden and can still be seen. The button flower design was very well drawn and impressive.

In addition, there is a clear indication that the Great Government was repatriated. The metal fittings of this sliding door have the Tokugawa family crest and the imperial crest. This is because there are many Tokugawa crests on the outside, and many imperial crests in the back. Of course, even on the outside, the Karamon that I talked about first has the imperial crest.

There is a doll that reproduces the samurai. It is made from a very early period proof. Samurai sits regularly, facing the general one tatami mat away. Always sit upright with his right toe up. It sits that way so that if anything happens, you can get up quickly. I usually point my sword to the left. Large swords (Otachi), small swords (Kotachi). However, at the Shoin, I had it by my side.

Therefore, please take a good look at this samurai doll. It is very interesting to see these 33 rooms while stepping on the floor that crows like a bush warbler(Uguisu).

清流園。京都の豪商、門倉家から譲り受けてできました。1965年。ここには、そてつがあります。和洋折衷の庭です。(日本の文化と西洋の文化が混じっていること)日本は、良いものを取り入れる文化が、垣間見えます。日本は曖昧の文化古典から読み解く。Japan interprets from the cultural classics of ambiguity.

これは、御殿でそてつの部屋がありました。

Clear stream garden. It was inherited from the Kadokura family, a wealthy merchant in Kyoto. 1965. Here is the sword. It is a Japanese-Western mixed garden. (A mixture of Japanese and Western cultures) Japan has a glimpse of a culture that incorporates good things.日本は曖昧の文化古典から読み解く。Japan interprets from the cultural classics of ambiguity.

This was a room in the palace.

また、季節に関係なく赤い紅葉を楽しむことができます。この珍しい紅葉も襖絵に描かれていました。

You can also enjoy the red autumn leaves regardless of the season. This rare autumn leaf was also drawn in the picture.

北中仕切門(きたなかしきりもん)内堀の南側にあります。1626年ごろの建築。本丸西櫓門(ほんまるにしやぐらもん)への通路をふさぐ防衛上非常に大事な門です。背面の屋根だけが伸びるという変わった構造になっています。

門の上に立つ土塀と石垣に囲まれていることから、「埋門」(うずみもん)と呼ばれる。この門は、石垣に囲まれて開口だけのものもあり、姫路城が有名で、高松城にもある。

Kitanaka Kirimon is located on the south side of the inner moat. Built around 1626. It is a very important gate for defense that blocks the passage to Honmaru Nishiyaguramon. It has an unusual structure in which only the roof on the back extends.

It is called “Uzumimon” because it is surrounded by a clay wall and a stone wall that stands on the gate. This gate is surrounded by stone walls and has only an opening, and Himeji Castle is famous, and it is also in Takamatsu Castle.

これが本丸櫓門(ほんまるやぐらもん)1626年建築。本丸西櫓門(消失)と共に本丸を防御する重要な門。戦時には、木橋を落として敵が渡れないようにし、さらに銅板で覆われた扉を閉めて主に火の敵に備えました。

本丸には、水の補給のできる井戸、食料を蓄える米蔵もあるので、立てこもることもできる。内側の土塀に見える穴は、鉄砲で攻撃する物です。驚くことは、1626年、3代将軍徳川家光の時に後水尾(ごみずのお)天皇を迎えるために大規模な拡張を行った。

この時は、天皇は2回天守に登られたが、その時は、木橋は2階建てで、二の丸御殿から橋の2階の畳の廊下を通って、地上を歩くことなく天守まで行ったことです。これは、天皇家では、後水尾(ごみずのお)天皇だけです。2階橋の一部は1930年まで残っていました。その後は、解体され、その部分は、土蔵に保管されています。

This is the Honmaru Yaguramon, built in 1626. Honmaru An important gate that protects Honmaru along with the West Tower Gate (disappearance). During the war, the wooden bridge was dropped to prevent enemies from crossing, and the door covered with copper plate was closed to prepare mainly for fire enemies.

The main enclosure also has a well for replenishing water and a rice brewery for storing food, so you can stand up. The hole visible on the inner wall is what you attack with a gun. Surprisingly, in 1626, at the time of the third shogun Tokugawa Iemitsu, a large-scale expansion was carried out to welcome Emperor Gomizuo.

At this time, the Emperor climbed the castle tower twice, but at that time, the wooden bridge was a two-story building, and he went from the Ninomaru Palace through the tatami corridor on the second floor of the bridge to the castle tower without walking on the ground. is. This is only Emperor Gomizuo in the Emperor’s family. Part of the second-floor bridge remained until 1930. After that, it was dismantled and the part is stored in the storehouse.

日本で、古来から天皇は別格だった様子がうかがえますね。徳川家は、膨大な富を築き、今の皇居のところから撤退する時に、膨大な富を隠しています。いまだに、その富は、どこにあるのか、わかっていません。

二条城を拝見してもその徳川の大きな富を感じることが、十分できます。そうして、大政奉還という、大きな権力の譲渡をされ、その舞台になった二条城は、大きなロマンと時の流れは、巨万の富を持っていても、それは、役に立たないことを示しています。

まさに、運命を感じることができる場所です。色んな時の流れを感じながら、人生には「運」という存在があることを思い知らされます。私たちにも、一人ひとり、人生があります。時に、「運」が悪い時も、あります。しかし、こんな大きな富と権力を持っていても、時の流れには、逆らうことができません。人生、しなやかに生きたいですね。

一部、パンプレットからの引用があります。

You can see that the emperor has been exceptional in Japan since ancient times. The Tokugawas have built enormous wealth and are hiding it when they withdraw from their current imperial residence. We still don’t know where that wealth is.

Even if you look at Nijo Castle, you can fully feel the great wealth of Tokugawa. Then, Nijo Castle, which was given a great transfer of power called the Great Government Repatriation, shows that great romance and the passage of time, even if it has huge wealth, is useless.

It’s a place where you can feel your destiny. Feeling the passage of time, I am reminded that there is “luck” in life. Each of us also has a life. Sometimes, “luck” is bad. However, even with such great wealth and power, we cannot go against the passage of time. I want to live lithely in my life.

There are some quotations from pumplets.

要注意!大手会社にブログの記事をパクられた.Be careful! I was stolen by a blog post by a major company.

私は、自分の記事がコピーされているのに、気づかなかった。今回は、この顛末である。

以前、ツイッターで、写真だけ投稿したら、そのシーンを自分で写真を撮り直し、記事にしていたのを見たから、私は、ツイッターで写真だけ投稿するのはやめた。それだけ、無知だった。そのうちに、私のツイッターアカウントに連動して、誰かが写真のみ載せているサイトができた。びっくりしてたら、Googleは、排除してくれた。

今度は、古着のリメイクの記事を検索してみた。私は、リメイクの記事は、一般的に、私にとって物足りないので、閲覧しない。しかし、やはりするべきだった。

なぜなら、大手の会社の運営する記事に私の2020年に投稿したリメイクそっくりが出ていました。それも、ずるいやり方でした。ハワイ在住のインスタのママさんが、会社ごとで運営されたサイトで、なんとフォロワーが320,000人ほどいる。

そこにアイデアを取られ、掲載されていた。そうして、日本の会社は、それを引用して掲載していたのです。

とにかく、確信犯。分かっていてやっているから、私がその記事にアクセスすると、すぐに記事を消去した。私は、GoogleのLegalという記事を消去してもらうサービスに登録して、解答を待った。

その答えは、今、記事はあるけれども、記事はすでに消去されており、今はキャッシュで表示されているだけで、次回のクロールで、消去されるとのことでした。

アイデアを盗んだ人物は、よく法律を学んでいる。平気である。検索順位なんて、インスタグラムには関係ないからです。

だから、インスタグラムなんて、写真は良いけれども、アイデアを載せてはいけない。著作権なんてインスタグラムで、主張するには、内容が薄いからです。写真なら良い。

著作権は、アイデアはあてハマらない。だから、写真は、著作権になるが、リメイクに関しては、著作権は発生しない。

2年間私は、知らなかった。かなり、大手の会社は、もうけたことだろう。

私は、このブログを赤字で運営しています。本当に好きなはずの、ブログが辛いものになっています。大手会社は、大きくなるのに、ずるいことをしなくては、なかなか伸びないんだろう。

しかしながら、誠実にしていると、きっと良いことがあると思っています。大手の記事には、トリックがある。色んなアンテナを張り巡らして、いる。それが、合法でも、キリギリの合法をすり抜けている。

インスタとか、ツイッターのフォロワー数なんて、信じてはいけない。そこには、カラクリがある。

ひっそりした個人のアカウントには、華やかさはないけれども、きっと暖かい交流ができると思う。誠実にしていれば、きっと良いことがある。そう信じて私は、この赤字ブログを続けています。

I didn’t notice that my article was copied. This time, this is the end.

I used to post only photos on Twitter, and I saw that I retaken the scene and made it into an article, so I stopped posting only photos on Twitter. That’s how ignorant it was. In the meantime, a site where someone posted only photos was created in conjunction with my Twitter account. When I was surprised, Google eliminated it.

This time, I searched for articles on remakes of old clothes. I don’t read remake articles because they are generally unsatisfactory for me. But I should have done it.

Because, in an article run by a major company, there was a remake that I posted in 2020. That was also a sly way. Insta’s mom, who lives in Hawaii, is a site operated by each company and has about 320,000 followers.

The idea was taken there and posted. Then, the Japanese company quoted it and posted it.

Anyway, a convinced criminal. I knew what I was doing, so when I accessed the article, I immediately deleted it. I signed up for Google’s Legal article to be deleted and waited for an answer.

The answer was, I have an article now, but the article has already been cleared, and now it’s just displayed in the cache and will be cleared in the next crawl.

The person who stole the idea often learns the law. I’m fine. This is because the search ranking has nothing to do with Instagram.

So, Instagram is good for photos, but don’t post ideas. Copyright is an Instagram, and the content is thin to claim. A photo is fine.

Copyright doesn’t apply to ideas. Therefore, the photo is copyrighted, but the copyright does not occur when it comes to remake.

I didn’t know for two years. Quite a big company would have made a profit.

I run this blog in the red. The blog is a pain that you should really like. A big company will grow up, but it will not grow easily without doing some sly things.

However, if you are sincere, I’m sure there are good things to do. The big articles have tricks. There are various antennas around. Even if it is legal, it has slipped through the legality of the last minute.

Don’t believe the number of followers on Instagram or Twitter. There is a karakuri there.

A quiet personal account isn’t glamorous, but I’m sure you’ll have a warm exchange. If you are sincere, there will surely be good things. Believing that, I continue this deficit blog.

世界経済の分裂が始まった.The division of the world economy has begun.

日本は、まだマイナス金利です。けれども、アメリカの金利上昇は、当初の0.5%ピッチで上げるととの予想だったが、もう、物価上昇が激しい。なんと、0.75%に上がる。ヨーロッパの中央銀行も0.25%上がることになった。つまり、予想分、解消するために0.25%差額分上がる。だから、私の予想では、日本も0.25%金利が上がるだろう。

このように世界は連動している。アメリカは、もう金利が上がり、非常に住宅取得や住宅ローンが払えなくなる人が出てくるかもしれない。

バブルを知っている私は、住宅ローンを4.75%,6.5%で借りていた。だから、これくらいは、アメリカ経済は金利が上がるかもしれない。

しかし、世界経済に大きな影響力を与えるアメリカ経済が失速しては、困るのです。色んな国に影響がくる。

もう、ロシアは、経済制裁を受けて、ルーブルが世界的に排除されている。しかし、豊かな資源は、貧しい国にとって魅力的でアメリカやヨーロッパの政策について行かない国が出る。

これは、経済の分裂であり、これは、経済的なアメリカとロシアの冷戦になるのです。

だから、ヨーロッパは、複雑な環境に置かれる。中国とヨーロッパは、AIIB、アジアインフラ投資銀行を共有している。日本も加盟を打診されたが、加入しなかった。日本とアメリカは、ADB、アジア開発銀行がある。

しかし、ヨーロッパは、これを破棄し、AIIBに加入した。世界はすでに分裂していたのです。ロシアは、実質的な豊富な資源を貧しい国にばら撒き、ヨーロッパは、すでに経済的に中国に握られている。

だから、中途半端なヨーロッパは、もう経済的にロシア、中国の手中にある。ヨーロッパは、もう呑み込まれるのにそう時間はない。

アメリカと日本は協調しているし、これからの国々は、様子を見ながら、どちらにつくか、考えるでしょう。とにかく、経済的に分断は、始まっているから、これは、ロシア、中国の戦術は、なかなか素晴らしい。

ヨーロッパは、どこにも軸足がないから、攻められる。これが、分かっていなかった。連合としては、今後は、結束することが重要ですが、すでに、悪い選択をしているから、今後色んなことで、攻められることが多くなる。

経済的にも、地域的にも最も難しいことに突入するでしょう。やはり、初めの戦術が良くなかったから、今後は、苦しいと思う。日本とアメリカは、連合があり、結束している。

ただ、主義、主張が違うだけで、別に敵対していない。違う枠組みにいるからで、これは、良い意味で、中国やロシアと、対話していける。ヨーロッパは、経済的に吸収されるかもしれない。細かく話すとことは難しくなる。ヨーロッパは、AIIBに加入したことは大きな代償を払う必要が出るかもしれない。

Japan still has a negative interest rate. However, although it was expected that interest rates in the United States would rise at the initial 0.5% pitch, prices are already rising sharply. It goes up to 0.75%. European central banks have also risen by 0.25%. In other words, it will increase by 0.25% to eliminate the expected amount. So, my guess is that Japan will also have a 0.25% increase in interest rates.

In this way, the world is linked. In the United States, interest rates have already risen, and some people may not be able to acquire or pay mortgages.

Knowing the bubble, I borrowed a mortgage at 4.75% and 6.5%. So, for this much, the US economy may have higher interest rates.

However, if the American economy, which has a great influence on the world economy, slows down, it will be a problem. It affects various countries.

Russia has already been sanctioned and the ruble has been eliminated worldwide. However, abundant resources are attractive to poor countries, and some countries do not follow the policies of the United States and Europe.

This is an economic division, which will be an economic cold war between the United States and Russia.

So Europe is in a complex environment. China and Europe share AIIB, the Asian Infrastructure Investment Bank. Japan was also asked to join, but did not join. Japan and the United States have ADB and the Asian Development Bank.

However, Europe abandoned it and joined AIIB. The world was already divided. Russia has distributed a substantial abundance of resources to poor countries, and Europe is already economically seized by China.

So half-hearted Europe is already in the hands of Russia and China economically. Europe doesn’t have much time to be swallowed anymore.

The United States and Japan are cooperating, and the countries in the future will think about where to arrive while watching the situation. Anyway, the economic division has begun, so the tactics of Russia and China are quite wonderful.

Europe is attacked because it has no axis anywhere. I didn’t know this. As a coalition, it is important to unite in the future, but since we have already made bad choices, we will be attacked by various things in the future.

You will be in the most difficult financially and regionally. After all, the tactics at the beginning were not good, so I think it will be difficult in the future. Japan and the United States have a coalition and are united.

However, they are not hostile to each other, only their principles and claims are different. Because we are in a different framework, this is a good way to interact with China and Russia. Europe may be absorbed economically. It’s difficult to talk in detail. Europe may have to pay a big price to join AIIB.

自作!最強の破れない自転車カバー.Self-made! The strongest unbreakable bicycle cover.

今回は、自転車カバーを自作して、最強の破れない自転車カバーを作ったお話です。自転車屋さんが、よく自転車カバーが破れてお客さんが買いにくることを聞いたので、これは、とてもお悩みの方に参考になると思います。

This time, I made my own bicycle cover and made the strongest unbreakable bicycle cover. I heard that the bicycle shop often tears the bicycle cover and customers come to buy it, so I think this will be helpful for those who are very worried.

用意するのは、これです。これを2セット購入します。

This is what you need to prepare. I will buy 2 sets of this.

結構なお値段になりますが、同じ自転車を20年使っている筆者の自転車カバーはこれで作っています。1セットでは、26インチの自転車は入りません。高額になりますが、2セット購入してください。

It’s quite expensive, but I’m making a bicycle cover for the author who has been using the same bicycle for 20 years. One set does not fit a 26-inch bicycle. It will be expensive, but please purchase 2 sets.

次にミシンが必要になります。30番の太いミシン糸とそれにあうミシン針、そしてシリコーン押さえです。

Next you will need a sewing machine. No. 30 thick sewing thread, matching sewing needle, and silicone retainer.

糸は30番なら、何色でも構いません。私は、赤色が余っていたので、それで、ミシンで自作です。こんな感じです。

The thread can be any color as long as it is number 30. I had a surplus of red, so I made it myself with a sewing machine. It’s like this.

トラック用なので、とても丈夫です。2枚を縫い合わせて、二つ折りにして縫うだけです。材料費は、かかりますが、何回も自転車カバーを買いなおすより、コスパがとても良いです。長持ちしますので、とても良いです。自転車屋さんにも、すごいですね!って感心されてしまいました。自転車カバーが破けて、買いなおす人は多いそうです。ぜひ、この最強の自転車カバーを自作してみてくださいね。

It’s for trucks, so it’s very durable. All you have to do is sew the two pieces together, fold them in half and sew. Material costs are high, but cospa is much better than repurchasing a bicycle cover many times. It will last a long time, so it is very good. It’s great for bicycle shops too! I was impressed. It seems that many people have torn the bicycle cover and bought it again. Please try to make this strongest bicycle cover yourself.

不動産価格は上昇中!今後どうなる?Real estate prices are rising! What will happen in the future?

私は、不動産投資をしています。コロナの頃に空室が出て、非常に入居者をつけるのに困った。投資は、やっぱり時期っていうのがある。

株式投資なら自分で、in,out,が決められるけれども、不動産投資はこれが効かない。投資も長期に渡って、しなければなかなか難しい。

このところ、不動産の固定資産額が上がっている。不動産価格が上がるのは、投資にはランニングコストがかかるようなものだから、利回りが悪くなる。けれども、所有不動産の価格が上昇している。これは、複雑な気分です。

さて、日本には、大阪万博が2025年に予定されています。日本は、歴史的に西日本には京都などの大型観光地があり、今後が期待されるところです。

私の住んでいる地域に一戸建て住宅を購入した話が入ってきた。私は、庶民の街に住んでいる。しかし、奪い合いのように住宅購入されるそうです。すぐに、SOLD OUTになるようです。割と便利な所だけれども、人気が無かった。そんな時期に私は住宅を購入した。

最近は、ワンルームが乱立し、若い人が多くなった。子供も増えた。やはり、便利なところは価格が上がる。

駅から遠いところの高級住宅地は、20年前に、100,000,000円したとかいう話はあるけれども、今は、10,000,000円位だそうです。越後湯沢の高級リゾートマンションが、暴落して、売却するのに、お金を払って、購入相手に譲渡する話を聞いたことがある。とにかく、不動産は、立地です。

金利もまだ低いし、物価上昇と共に、不動産は上がるから、購入したい人は早め購入が良いと感じる。外国人が日本の土地を購入しているようなのです。

私は、このブログの初期に土地、マンション購入について、書いているので、興味ある方は読んでいただきたい。私は、不動産を誰でも購入できることを目指していたので、英語でも案内することにした。知識を手に入れるのに、開かれていることは、非常に大切だと感じていたからです。

日本は、今、海外から見れば、「円安」で、株式、不動産、海外目線では、お安い。けれども、私たち日本人は、不動産価格の上昇をまともに受ける。

2025年までは、不動産は確実に上がる。インフレもあるので、価格は下がることは、ない。だから、迷わず、気に入った物件は、購入するべきです。長いデフレの出口が見えたからです。もう、選挙を見据えて、インフレを悪、のように、言う政党もあるけれど、これは、いずれ私たちの、賃金上昇も期待されるので、こんな言葉に惑わされては、いけない。

不動産価格は、まだ上がるから、自分の家なら迷わず購入しよう。自分が、住むので、空室問題はない。

不動産投資は、色んなことが絡むので、なかなか、難しいです。またこのことについては、機会があれば、書いてみたいです。

不動産は、今後上昇はしばらく止まらない。便利なところを狙うことです。

返済計画は、余裕ある計画を立てることは、非常に大切です。無理な計画をすれば、生活の質が下がるからです。十分に注意をしてほしいです。

I am investing in real estate. Around the time of Corona, there were vacancies, and it was very difficult to get a resident. After all, there is a time to invest.

For stock investment, you can decide in and out, but for real estate investment, this does not work. It is quite difficult to invest for a long time.

Recently, the amount of fixed assets of real estate has risen. Rising real estate prices are like running costs for investment, so yields get worse. However, the price of owned real estate is rising. This is a complicated feeling.

By the way, the Osaka Expo is scheduled for 2025 in Japan. Historically, Japan has large tourist destinations such as Kyoto in western Japan, and there are high expectations for the future.

There was a story about buying a detached house in the area where I was done. I live in the city of the common people. However, it seems that homes are bought like a scramble. It seems to be SOLD OUT soon. It’s a relatively convenient place, but it wasn’t popular. At that time I bought a house.

Recently, the studios have become crowded and the number of young people has increased. The number of children has increased. After all, the price goes up where it is convenient.

It is said that the luxury residential area far from the station cost 100,000,000 yen 20 years ago, but now it is about 10,000,000 yen. I’ve heard that a luxury resort apartment in Echigo Yuzawa has crashed and sold, but paid for it and handed it over to the purchaser. Anyway, real estate is a location.

Interest rates are still low, and real estate will rise as prices rise, so those who want to buy feel that it is better to buy early. It’s like a foreigner buying Japanese land.

I wrote about land and apartment purchase at the beginning of this blog, so if you are interested, please read it. I was aiming for anyone to buy real estate, so I decided to guide it in English as well. I felt it was very important to be open to gain knowledge.

Japan is now “depreciated” when viewed from overseas, and cheap in terms of stocks, real estate, and overseas. However, we Japanese suffer from rising real estate prices.

By 2025, real estate will definitely rise. There is also inflation, so prices will not go down. So don’t hesitate to buy the property you like. Because I saw a long deflation exit. Some parties have already said that inflation is bad in anticipation of the election, but this is expected to raise our wages in the future, so don’t be fooled by these words.

Real estate prices are still rising, so don’t hesitate to buy your own home. Since I live, there is no vacancy problem.

Real estate investment is quite difficult because it involves many things. I would also like to write about this if I have the opportunity.

Real estate will not stop rising for a while. Aim for a convenient place.

It is very important to make a repayment plan with a margin. If you make an unreasonable plan, the quality of life will deteriorate. I want you to be careful enough.

必読!古いジャケットを自分でリメイクしました。Must read! I remade the old jacket myself.

盗作禁止/No theft

これが、出来上がりの写真です。このジャケットは、半袖のスーツでした。着る機会がなかったので、下のタイトスカートを糸を解いて、布地にしました。そうして、私は、袖元を少し、広くして、おしゃれに変身させることにしました。下が、元の写真です。

Here is the finished photo. This jacket was a short-sleeved suit. I didn’t have a chance to wear it, so I untied the tight skirt below and made it into a fabric. Then, I decided to make the sleeves a little wider and transform it into a fashionable one. Below is the before photo.

半袖は、糸を解いた後に写真を撮りました。この半袖のジャケットは、なかなか出番がありませんでした。

The short sleeves were photographed after unraveling the thread. This short-sleeved jacket didn’t really come into play.

型紙を取り、印をつけて裁断します。半袖の袖口と同じサイズになるようにちゃんと測って、型紙を作りましょう。

Take the pattern, mark it, and cut it. Make a pattern by measuring it so that it is the same size as the cuffs of the short sleeves.

袖を縫い終わったら、アイロンをかけます。これは、非常に大事な工程です。一つ縫えば、必ず、アイロンをかけて丁寧に仕立てます。

After sewing the sleeves, iron them. This is a very important process. If you sew one, be sure to iron it and make it carefully.

袖の継ぎ目は、丁寧に、仕付け糸で縫い付け、ミシンをかけます。それが済んだら、丁寧に、アイロンで、袖の時のように広げてください。これが、綺麗に仕上げるコツです。

それが、終わったら、袖口を仕上げます。ミシンは、簡単ですが、ワンランクアップさせるために、手で丁寧に縫うととても、良いジャケットになります。

私は、スカートを別の日に、布地にしました。ジャケットを仕上げるのは、3時間ほどで、出来上がりました。個人差は、あると思いますが、割に簡単にできると思います。ぜひ、お使いのジャケットをおしゃれに変身させてみては、いかがでしょうか?

The seams of the sleeves are carefully sewn with the thread and sewn. Once that’s done, gently iron it and spread it out like a sleeve. Here are the tips for a beautiful finish.

When it’s done, finish the cuffs. The sewing machine is easy, but if you sew it carefully by hand to upgrade it, it will be a very good jacket.

I made the skirt a fabric the other day. It took about 3 hours to finish the jacket. I think there are individual differences, but I think it’s relatively easy to do. Why don’t you try transforming your jacket into a fashionable one?

パワハラ,ブラック企業を改革する外国人CEO.Powerhara, a foreign CEO who reforms black companies.

これは、実際に大手企業であったことである。日本企業が、世界に比べて遅れている組織体制がある。一時期、もてはやされたMBA(Master of Business Administration)経営学修士号、経営管理修士号とも言われる資格がある。

その大企業は、MBAを取るために、幹部候補生にMBAの授業を一律に受けさせたのです。そうして、技術出身者、営業職、一律に同じ資格試験を受けさせたのです。営業職は、すでに学校で似たような授業を受けていることが多い。しかし、技術職は、技術をサポートしながら、営業活動を行っている。だから、一般的に、時間的余裕も、営業職より少ない。にもかかわらず、同じ期間内で、学習させ、「技術的背景」を考慮することなく、ただMBAの点数だけで、幹部職を決めていたのです。

このような、硬直的な組織運営は、非常に硬直した人事になる。幹部になるには、まず、学閥と言って、上司の出身校で埋め尽くされる。一種、閉鎖的になる。確かに、勉強はできるかもしれない。しかし、企業としては、保守的になり、発展することがなかなか、難しいと感じる。

企業を潰すこともないが、発展することはない。企業を維持するには、好都合ではあるけれども、発展しない。そうして、企業を発展させようとすると、なかなか、大きな企業は、難しいところがあります。

しかし、経済というものは、国境を越える。そうして、組織の大改革が行われ、外国人がCEOについたのです。そうすると、MBAの資格だけで幹部になった者は、降格された。当たり前の措置だと私は感じる。

海外では、MBAを持った人がタクシー運転手なんて、良くあるからです。日本は、資格や学歴で人を判断する。その人物がどんなに頑張っても、わからない仕組みになっている。

上司が、その権利を独占しているので、自分より良くできる人物は、パワーハラスメントを受けたりして、精神的に追い詰め、廃人にする。そうやって上り詰めていく人物がいた。その人物は、周りから、「良心の呵責はないか?」と周りから言われ、パワーハラスメントをしてズタズタにした人物に、「私のことをどう思っているのか?」と聞く。非常にずる賢い人物が、トップに君臨していたのである。

しかし、外国人のCEOは、それを外した。非常に私としては、歓迎する。日本は、組織が硬直しているから、経済が安定はするが、発展しないのです。日本だけでは、ないだろうけど、パワーハラスメント、ブラック企業にいる人物は不幸です。

なんとか、この硬直した日本企業が、もっとしなやかに独自に変化して欲しいと思うけれども、なかなか難しい。なぜなら、日本人に精神疾患が多いことがその問題を示しているのです。これまで、時間は十分あったけれども、自ら変われ無いから、事業は縮小する。なぜなら、良い人材は、潰されるからです。

経済は、正直です。発展するには、外国人のCEOに改革してもらうしかない。こうやって、日本の企業は、今、変わりつつある。これは、日本にとっても、良いことであり、これから、もっと開かれた日本企業になる必要があると私は、強く感じています。

This was actually a major company. Japanese companies have an organizational structure that lags behind the rest of the world. For a while, he is qualified to be called the MBA (Master of Business Administration) Master of Business Administration and Master of Business Administration.

The big company had executive candidates take MBA classes uniformly in order to get an MBA. Then, the same qualification test was given to all technical graduates and sales staff. Salespeople often already have similar classes at school. However, technical staff are conducting sales activities while supporting the technology. Therefore, in general, there is less time to spare than sales staff. Nonetheless, within the same period, they were trained and decided on executive positions based solely on their MBA scores, without considering the “technical background.”

Such rigid organizational management is a very rigid personnel affair. To become an executive, first of all, you are called a school scholar, and you are filled with your boss’s school. It becomes kind of closed. Certainly, you may be able to study. However, as a company, I find it difficult to become conservative and develop.

It does not destroy the company, but it does not develop. It is convenient to maintain a company, but it does not develop. Then, when trying to develop a company, it is quite difficult for a large company.

But the economy crosses national borders. Then, a major reform of the organization was carried out, and foreigners became CEOs. Then, those who became executives only with MBA qualifications were demoted. I feel it is a matter of course.

This is because it is common for people with MBAs to be taxi drivers overseas. Japan judges people based on their qualifications and academic background. No matter how hard the person tries, he doesn’t know.

His boss monopolizes that right, so anyone who can do better than himself gets power harassment, mentally hunts down and dismisses him. There was a person who went up like that. The person is asked by others, “Isn’t there a remorse for your conscience?” And asks the person who shreds after power harassment, “What do you think of me?” A very sly person reigned at the top.

However, the foreign CEO removed it. Very welcome to me. In Japan, the organization is rigid, so the economy is stable, but it does not develop. It may not be in Japan alone, but people in power harassment and black companies are unhappy.

I hope this rigid Japanese company will change more flexibly and independently, but it is quite difficult. The problem is that Japanese people have many mental illnesses. Up until now, I had plenty of time, but since I haven’t changed myself, my business will shrink. Because good people are crushed.

The economy is honest. The only way to develop is to have a foreign CEO reform. In this way, Japanese companies are changing now. This is good for Japan as well, and I strongly feel that we need to become a more open Japanese company in the future.

日本は曖昧の文化古典から読み解く。Japan interprets from the cultural classics of ambiguity.

有名な第一段。日本人なら、ああって言うほど、メジャーな部分。

春はあけぼの。やうやうしろくなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。

なんてことない。春の情景です。

けれども、実際に日本に住んでいると、この情景は、なんとも言えない、日本の春を彷彿するのです。けれども、実際に日本に住んでみるとこの情景は、日本の文化でもある。

日本の春の空は、いつも雲のかかっているような空がほとんどなのです。だから、「紫立ちたる雲」って言葉に、強くひかれる。これが日本の春の空だからです。日本は、偏西風が中国からちょうど通るのが、春。中国は、黄河という大きな河があります。その黄河は、黄色い小さい砂を撒き散らします。そうして、それは、中国では、光化学スモックのように埃のように舞い上がる。その黄河の砂が、偏西風に乗って、日本に到達するのが、春です。だから、薄雲のようにいつも、春は曇天で桜も綺麗なピンクには見えない。紫の雲に混じって曇天の中、朝日と桜が、ぼんやり映る景色なのです。そう、日本の春は、いつも、曇天です。だから、「紫立ちたる雲」の美しさは、桜と朝日が、黄砂によって、ぼんやりとして、光に映った様子。まさに、そのぼんやりした、情景が、見事に美しいのです。

だから、日本の桜を海外に移植しても「日本の桜」の美しさは、ここ、日本でしか見れないのです。この、ぼんやりとした様子から、美しさを見出す、この文化は、日本の気質、曖昧さ、を見事に表現しています。つまり、交わりあうことによって、新たな美しさを見出すのです。それは、非常に、曖昧さ、があります。曖昧さは、日本の「和」にも通じます。これは、色んな物事を受け入れながら、これは混じり合い、その中から、美しさを見出しています。

私は、このブログのサポートを英語のチャットで受けます。けれども、英語には、「私」「あなた」と必ず、主語が必要です。

しかし、日本語は、主語を記載すると、日本の文章の「美しさ」が損なわれます。これは、文章にあらかじめ、お互いに、分かり合っていることを、書かないという文化があります。これは、海外から見れば、曖昧さ、に感じられるでしょう。けれども、「互いに分かり合っていることを」省略することにより、文章が、定型でなくなり、それは、多くの多様性を持った美しい文章を生み出すことになります。

あえて、省略することは、色んな美しさを持った文章構成ができるのです。だから、日本の文化は、そういう意味でも、曖昧さ、があります。

曖昧さ、は、悪く言えばルーズ、良く言えば、寛容である、と言えます。これは、日本の文化の、最も基本的な事柄です。ルーズとは、悪い、とは言いましたが、互いに「許しあえる優しさ」でもあり、これには、日本は、道徳が非常に大事になってきます。

儒教は、歳上を大切にし、人を大切にする道徳です。日本は、文化的に中国との繋がりが長く、多くのことを学んでいます。この儒教も孔子の教えであり、中国伝来のものです。韓国は、漢字を使いませんが、日本は、中国から伝来した、漢字を大切に使っています。このように文化や地域的に非常に繋がりがあります。

この、日本の曖昧さ、は、出発点は、中国でありながら、日本独特に発展しています。なぜなら、中国語も英語も構文は同じです。だから、非常にYES,NOがはっきりしています。しかし、文章構成的には、日本と韓国は、構文が同じです。だから、文章を最後まで聞かなければ、YES,NOはわかりません。

このように色んな国と文化を比較すれば、日本は多くの国々の文化を許容し、発展しています。これは、日本の文化の、美しさに、曖昧さ、があってこそ、このように日本は発展することができたのです。

今回は、古典の枕草子より、日本文化、曖昧さ、を説明しました。日本の文化を知ってくださり、これが、日本の気質であり、色んな文化と交流することを大切にしています。

なぜなら、日本は、西洋文化を受け入れる時には、カタカナ文字を作りました。だから、色んな文化が日本語にあることが、日本の言葉を勉強すれば、理解できると思います。

日本は、あまり主張は得意ではありませんが、寛容に受け入れることのできる文化を持っています。今、国際的に不安定な要素が多いですが、日本は、主張しませんが、色んな国々と深く交流する文化を持っています。

反発しあうのではなく、互いに深く交流し、互いに理解を深め、互いに発展できるような世界観が世界中に広がれば、とても嬉しく思います。是非、日本の文化、曖昧さ、が、世界に広がって欲しいと、私は、心から願っています。

The famous first stage. If you’re a Japanese, it’s a major part.

Spring is Akebono. The hills that are finally getting darker are a little lighter, and the purple clouds flutter down.

There is nothing. It is a spring scene.

However, when I actually live in Japan, this scene is indescribably reminiscent of spring in Japan. However, when I actually live in Japan, this scene is also Japanese culture.

Most of the spring sky in Japan is always cloudy. That’s why I’m strongly attracted to the word “purple standing clouds”. Because this is the spring sky in Japan. In Japan, the westerly wind just passes from China in spring. China has a large river called the Yellow River. The Yellow River scatters small yellow sands. Then, in China, it soars like dust like a photochemical smock. It is spring when the sand of the Yellow River rides on the westerly wind and reaches Japan. Therefore, like thin clouds, it is always cloudy in spring and the cherry blossoms do not look like beautiful pink. In the cloudy sky mixed with purple clouds, the sunrise and cherry blossoms are dimly reflected. Yes, spring in Japan is always cloudy. Therefore, the beauty of the “purple standing clouds” is that the cherry blossoms and the morning sun are vaguely reflected in the light by the yellow sand. Indeed, the vague and beautiful scene is beautiful.

Therefore, even if Japanese cherry blossoms are transplanted overseas, the beauty of “Japanese cherry blossoms” can only be seen here in Japan. This culture, which finds beauty from this vague appearance, perfectly expresses Japan’s temperament and ambiguity. In other words, by interacting with each other, we discover new beauty. It has a great deal of ambiguity. Ambiguity also leads to Japanese “wa”. It accepts a lot of things, but it mixes and finds beauty in it.

I get support for this blog in English chat. However, English always requires the subject “I” and “you”.

However, in Japanese, if the subject is stated, the “beauty” of Japanese sentences will be spoiled. This is a culture in which we do not write in advance what we understand each other in the text. This may seem ambiguous when viewed from overseas. However, by omitting “what we know each other”, the text becomes non-standard, which produces beautiful text with a lot of variety.

If you dare to omit it, you can compose sentences with various beauty. Therefore, Japanese culture has ambiguity in that sense as well.

Ambiguity is, at worst, loose, and at best, forgiving. This is the most basic thing in Japanese culture. Loose is bad, but it is also “forgiving kindness” to each other, and morality is very important for this in Japan.

Confucianism is a moral that values ​​older people and values ​​people. Japan has a long cultural connection with China and is learning a lot. This Confucian religion is also a Confucius teaching and is from China. Korea does not use kanji, but Japan carefully uses kanji that came from China. As you can see, there is a great deal of cultural and regional connection.

This ambiguity of Japan is unique to Japan, even though the starting point is China. Because the syntax is the same for both Chinese and English. Therefore, YES and NO are very clear. However, in terms of sentence structure, Japan and South Korea have the same syntax. So, if you don’t listen to the sentence to the end, you won’t know YES or NO.

Comparing the cultures of various countries in this way, Japan accepts and develops the cultures of many countries. This is because Japan was able to develop in this way only because of the beauty and ambiguity of Japanese culture.

This time, I explained Japanese culture and ambiguity from the classic Pillow Soshi. It is important for you to get to know Japanese culture, and this is the nature of Japan, and to interact with various cultures.

Because Japan made Katakana characters when it embraced Western culture. Therefore, I think that you can understand that there are various cultures in Japanese by studying Japanese language.

Japan is not very good at making claims, but it has a culture that can be tolerated. Nowadays, there are many factors of international instability, but Japan has a culture of deep interaction with various countries, though I do not insist.

I would be very happy if a world view that allows us to interact deeply with each other, deepen mutual understanding, and develop each other, rather than repel each other, spreads around the world. I sincerely hope that Japanese culture and ambiguity will spread to the world.

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: