ニュースで見たゼレンスキー大統領の演説と政治と経済発展。President Zelensky’s Speech and economic development as seen in the news.

2022/03/23。ウクライナ国のゼレンスキー大統領(44)が、日本に向けて演説を行いました。日本のリーダーシップを求めていました。よく日本のことを知っているようで、日本の起きた事件や事故のキーワードを交えて演説していました。だから、日本人は、ゼレンスキー大統領の演説は、とても心に響きました。 私は、日々、大切な命が、亡くなるのは、非常に悲しく思うのです。命は、人々に平等に与えられたものであり、どんな命でも、大切にされなければ、ならないからです。 話し合いや、色んな交流で、色んな問題を解決してほしい、と思うからです。 命は、たくさんのバトンリレーで、誕生します。多くの人々の想いが、その命には、託されています。世界でただ一つしかない命だから、とても大切にしてほしい、と感じます。命の大切さは、誰でも同じです。 だから、敵、味方、そんなの関係ないです。銃を構えることを一度、やめて、話し合って、みましょう。 そこには、故郷を想う気持ちが、共有できるからです。故郷には、命のバトンを渡した家族がいるからです。勇気を持って、武装をやめて、共に生きることを考えましょう。そこには、命の明るい未来が、あるからです。 以前にも、私は書きましたが、言葉は、非常に難しいです。そこには、多くの誤解があるからです。その誤解は、話し合いから、解決します。誤解は、拒絶すると、人間関係は、破壊します。 だからこそ、大切な命を守るために、勇気を持って、話し合いをしてほしいです。 今、世界は、戦争を望んでいません。世界中は、経済制裁によって、このウクライナ国について、解決されることを望んでいます。 戦争は、不幸です。大切なのは、勉強です。 日本は世界に経済を通して奉仕しています。これは、勉強してこのようになることができました。 世界は、武器によって支配できることはありません。これは、経済によって、みんなに奉仕することによって、平和に、その存在感を高めることが、できます。 一時的に、世界経済は、混乱しました。ですが、今、日本経済は、とても順調です。株価も上がり、経済はこれから発展します。エネルギー問題はありますが、これは、多くの問題は、解決できます。 なぜなら、ピンチはチャンスです。オイルが少なくても、良いように、色んな製品が、再利用するからです。長い間、デフレに悩んでいた日本は、物価高騰は、とても良いことだからです。急激にこのようになることは、とても不自然ですが、これは、岸田首相が「対処する。」と話しています。だから、国民は、長期的なオイル問題は、あまり興味がありません。これは、自然エネルギーを推進することになるからです。 世界は、経済によってのみ、発展して共存します。そうして存在感をアピールできます。世界のルールは、変わってきています。 誰も、世界戦争はしないでしょう。これは、消耗して、幸せになる人がいないことを知っているからです。 経済は、人々を幸せに発展し、幸せを共有できます。だから、一生懸命、勉強してください。 武器を持っている人は、互いに武器を外す、勇気を持って、話し合ってください。 そこには、共通の「命」があるからです。 不幸にも、武力によって色んなことが起こります。これは、世界中が、沈黙で監視しています。言葉ではなく、心で共有しています。 決して、武力では、幸せになることは、できないことを知ってほしいです。 March 23, 2022. President Zelensky of Ukraine made a speech to Japan. He was looking for Japanese leadership.He seemd to know Japan well and made a speech with keywords of incidents and accidents that… Continue reading ニュースで見たゼレンスキー大統領の演説と政治と経済発展。President Zelensky’s Speech and economic development as seen in the news.

岸田首相の記者会見とロシアに対する国民感情。Prime minister press conference and public sentiment towards Russia.

2022/03/16。第101代内閣総理大臣、岸田文雄の記者会見がライブで放送されました。その前に総理大臣、岸田文雄の経歴を振り返る。広島第1区(中、東、南区)出身。第27代自由民主党の総裁も経験。他に、大臣経験も豊富です。(以下、首相と書きます。) 世界で唯一の戦争被爆国である日本はこれからも平和国家として歩みます。私はその歴史を受け継ぎ、希望ある未来を目指し国民が何を望むのか現実を見据え勇気をもって決断する政治を実現していきます。 岸田文雄公式サイト この文を心に刻みながら、首相の言葉を心に刻んで欲しいと思うのです。 G7、5項目と協調しながら、このロシアのウクライナ侵略に対処すると、とてもはっきりと明言しました。その上で、このことは、法に触れることは、無い。と言い切った。 このような、強い意志を持って政権運用をしている姿勢が、とても分かる記者会見でした。 感染症対策は、4回目のワクチンをすでに、発注しているようです。首相は、自身の言葉で、無駄になるかもしれない、と語った。とても、誠実な人柄だと感じた。 その発注数や、金額も具体的に、話したのです。けれども、自身の判断基準により、国民の健康と命を大切にした。とても、リーダーシップがある。 今、物価が高騰している。私は、お店に行って、価格をチェックしてみました。ラップは、2倍になっていた。2本で、450円ぐらいでした。テッシュペーパーも450円(5箱)。在庫の古いものは、従来の価格、278円だった。在庫がなくなると、新しい価格ばかりの製品が並ぶ、ようになるのは、肌感覚で分かる。 牛丼は、お安いのが、魅力でしたが、50円値上がり。それも、肝心のお肉が、1/3程になっていて、肉のせご飯、という言葉が似合う。他の店で外食すれば、値段は、変わらなかったが、量は、1/3になっていました。 コストコに行けば、米国産の牛肉は、ストックが、少ないようで、国産高級牛肉が並んでいました。そこで、印象的だったのは、塩鮭(salmon)の売り場でした。私は、その塩鮭(salmon)の産地を見たら、「ロシア産」でした。 横にいた人から、「塩鮭(salmon)なら、このチリ産が美味しいよ」ってアドバイスをもらった。 よく商品の陳列を見てみると、ロシア産の塩鮭(salmon)は、長い時間、店頭に並んで、売れ残っているようで、少し鮮度が落ちていました。 陳列に目立たないように並んでいる「チリ産」の塩鮭(salmon)は、鮮度が良く売れているようでした。 私は、とても、印象的でした。 このように、食料自給率が、低い日本は首相は、「穀物対策」をしなければ、ならない、と発言しました。 相当、ロシアに対する日本国民感情は悪いです。 首相は、世界と足並みを揃えて、このロシアによるウクライナ侵略に対処する、と言い切った。前面戦争にならず、経済制裁で、この事態を乗り切ることが、できれば嬉しい。そうなって、欲しいと願うばかりです。 しかし、ロシアによるウクライナ侵略は、ちょっと厄介です。そこには、報道の自由が奪われているからです。 米国のFox News の報道カメラマンが、死亡したそうです。とても悔しい思いと共に心からご冥福をお祈りします。 March 16 ,2022. The press conference of the 101st Prime Minister Fumio Kishida was broadcast live. Before that,I look back on the career of Prime Minister Fumio Kishida. Born in (Naka Ward,Higashi Ward,… Continue reading 岸田首相の記者会見とロシアに対する国民感情。Prime minister press conference and public sentiment towards Russia.

物価高騰と日本の政治。Soaring prices and Japanese politics.

利益が大幅に、増やしている企業は多い。けれども、米国発の株価不振は、日本の企業の株価にも連動している。 そんな中、物価が高騰しています。 そう、私は、不動産関連の知り合いがいる。もう、不動産が値上がりして大変だそうです。だから、昔から、財産三分法と言って、現金、不動産、株などの証券類。これを分けて運用するのが、財産三分法なのです。 不動産ならず、家電製品も値上がりしています。私は、冷蔵庫が壊れた。18年愛用したものでした。その冷蔵庫を買いに行くと丁度、メーカーの製品入れ替えの時期でした。2月下旬には、新製品が出るのです。 私は、冷蔵庫を見に行くといっぱいセールしてあった。その中の一つを選んだ。金属も値上がりが激しい。前の冷蔵庫は、ステンレス製だったので、よかった。良くメーカーは、考えている。少し、グレー色のミラーが、冷蔵庫の表面を覆っています。とてもおしゃれです。 勿論、内容は充実している。冷蔵庫は、2つチルドルームだけ。冷凍庫は、2つ。製氷室。野菜室もかなりフレッシュに保てるらしい。まだ試していないけれど、スマホで、冷蔵庫カメラで、在庫が見れる模様。すごく進化している。気になるのが、価格です。 私は、新製品の価格のポスターを見てびっくりした。2月下旬に出る冷蔵庫は、なんと450,000円。搬入費とか処分費用を合わすと500,000円になる。お高いと感じた冷蔵庫はその半額だから、良かった。 もう、1ヶ月遅いとかなり値段が跳ね上がる。これから、日本も物価が上がる。感染症の生産供給不足が、物価上昇に拍車をかける。 お給料は、上がりそうにないので、質素に暮らすしかなさそうです。 しかし、安倍政権は、年金の物価スライド制をやめたのです。ただでさえ、少ない年金が、実質目減りする。これは、高齢者いじめのような気がしてならない。 なぜなら、政府は、若い世代には、体外受精まで、健康保険適応にする。 老人は、働くだけ働き、その後は、不憫です。なぜなら、老人は、高額な介護保険制度に加入しなければいけない義務がある。それだけで、かなりの年金が失われる。 税金は、課税が重いのに、老後は、不幸な国なのです。だから、日本の国民、特に、若い人々は、「不労所得」とか「稼ぐ」とか言う。これは、仕方がない。 日本の政策は、いつも建設に力を入れる。バブル時代に人口増加対策をせずに、今更、である。 オリンピックとか。何考えているのか?もう要らない。 老人に福祉をむけ、もっと国民を大切にしないと、人口が減る。何故なら、自分のことを守ることで、精一杯で、子育てにまで、手が回らない。国民が安心できる福祉にすれば、自然に人口は増える。 なのに、体外受精にお金をかけるなんて、おかしい。時間のない人は、その治療も受けられず、働くしかないのです。 これは、政策として、不合理です。 安心して人生を終われるような社会にして欲しい。 何故なら、日本の国民は、非常に高い税金を払っている。だから、国のサポートを受ける権利を持っているからです。

独裁者に支配された国、ロシア。Russia, a country ruled by a dictator.

日本は、敗戦国です。ですから、「北方領土」は、まだ、帰ってきません。 そして、日本のある政治家が、「北方領土」に、色んな施設を、日本の国のお金で、設けました。 ですから、インフラが、整っていて、とても住みやすいです。 こんな事が、判明して、その政治家は、失脚しました。 そして、ロシアは、このような事を提案してきました。「カニかまぼこ」の作り方を教えてくれないか?北方領土には、日本人は、今は、いませんが、強制労働で、多くの日本人が死亡しました。 ですが、いくらお金を払っても、「ニセモノ」の遺骨です。DNA鑑定をすれば、判明します。 そんな中、「スケソウダラ」という、魚があります。 そのままでは、美味しくない魚です。 それを、使って日本は、「カニかまぼこ」を作っていました。 だから、その技術が、欲しいようでした。 日本は、断ると、「北方領土」が、帰って来なくなる事を心配して、その技術を教えました。 今、「北方領土」には、「カニかまぼこ」の工場があります。 「北方領土」は、4つの島ですが、2つだけなら返せそうな時もありました。 今の政権は、独裁者にロシアは、支配されています。 日本もそうですが、ロシアの人々も疲れているようです。 先日、ロシアで、選挙がありました。 ジャーナリストのパベル.ロブコフ氏が、その選挙が、とても不透明、だとしてレポートしていました。 デジタル投票と、実際の投票の二重投票ができる、として、ビデオに収録しました。 投票率が、下がらないようにしているようです。 投票率が下がると、その選挙は、無効になるから、です。 政策と独裁者がリンクされていますので、福祉を選ぶなら、その独裁者を選ぶしかないのです。 その上に、投票すれば、くじで6,000円当たる、とか。 とても、民主的では、無い、選挙である事をレポートしていました。 ロシアのテレビでも、その独裁者が、2036年まで、政権が続くとして、皮肉混じりのニュースが、ありました。 そんな事を日本の放送に、もう一度言いますが、ジャーナリストのパベル.ロブコフ氏は、懸命にレポートしています。 日本も不幸ですが、ロシアの国民もとても不幸、です。 この事を世界の皆さまに知っていただきたく、私は、今回の記事を書きました。 こんな、不幸が、今も、続いています。 Japan is a defeated country. Therefore, the “Northern Territories” have not returned yet. Then, a Japanese politician established various facilities on the “Northern Territories” with the money… Continue reading 独裁者に支配された国、ロシア。Russia, a country ruled by a dictator.

苦境。スパコン富岳4部門達成の道のり。Predicament. The road to achieving the four divisions of the supercomputer Fugaku.

スパコンとは、スーパーコンピューターの略称です。 この「富岳」が、4部門を全て達成して、世界一のスパコンに認定されました。 この「富岳」は、とても複雑な経緯があります。 現在の野党が政権を持っていた時、国会の予算委員会で、「1位では無くて、2位ではいけないんですか?」と、関係者に迫りました。 「京」からのスパコンで、今回の「富岳」は、予算がありませんでした。 その他経費全部合わせて、1,100億円でした。 スパコンのみでしたら、もっと費用は、掛かっていません。 その理化学研究所は、こんな風潮になる事は、いけない、と心から感じて、そのスパコン開発の大切さ、を一般人の方向けに、講演会をしておられました。 私も興味があり、これを聴きにいきました。 今の「京」を更にグレードを上げないと、世界には、通用しない、と力説されていました。 そんな逆風の中、このスパコンは、4部門全部受賞。(省エネ20倍以上、CPU(3倍)、AIビックデータのアプリに対応したCPU、業界標準ソフトも動くそうです。スマホ、20万台分)これは、政府の指針に合わされて作っています。 Supercomputer is an abbreviation for supercomputer. This “Fugaku” has achieved all four categories and has been certified as the best supercomputer in the world. This “Fugaku” has a very complicated history. When the current opposition party was in power, the budget committee of the… Continue reading 苦境。スパコン富岳4部門達成の道のり。Predicament. The road to achieving the four divisions of the supercomputer Fugaku.

スマートシティ、GAFA、情報社会、ビックデータについて。About smart cities, GAFA, information society, big data.

今、スマートシティ構想が、日本でも、検討されています。 この情報社会について、色んな観点から分析したいと思います。 このスマートシティは、米国や中国において、インターネットが発達し、ビックデータの存在があります。 このことを、非常に危機感を感じ、国家としてスマートシティを開発したい、との思惑が感じられます。 ですから、ヨーロッパなども、GAFAと言われる企業を受け入れられず、代わりに、中国など、提携する国もあります。 力が、集約するのは、非常に危険を伴いますし、事実、独占禁止法など、あります。 中国に関しては、お国柄が、違う、つまり、民主主義ではないので、これは、容易に実施できますし、事実、独占禁止など、ないので、これは、参考には、ならないと思います。 技術ではなく、運用する、という観点からです。 ですが、中国内では、技術によって統制された空間では、本物の、道徳を学ぶ、機会は、確実に失われて、人道的なことを考える民度は、低くなると、思います。 監視されることによって、社会が、形成するなら、監視されないところで、吐口を見つけることになり、これは、根本的に、道徳教育は、欠落してしまいます。 では、米国のGAFAと呼ばれる企業が、世界を覇権するのは、とても不快に思う人が、大多数だろうし、許せない人も多い、と思います。 これは、当然です。では、これを、グローバル視点より、ミクロの視点に変えてみましょう。 あなたが、このGAFAと呼ばれる、企業に入って、個人情報を握る部門に配属されたとします。 そこで、起こることは、お互いの個人情報まで、共有して、見張りあいをする職場です。 そこに、身をおいて、自分が、不正なことができますか?とても、できない、と思います。 そして、とても、不便な生活になると思います。 ですから、国家権力で、運用されている社会とは、少し、違う、情報社会です。 巨大なお金が、絡みますから、これは、国際的に運用されると、私は思いますし、あまり、企業として、大きくなると、非常に不便です。 事実、Amazonのジェフ.ベソス氏は、離婚しています。 ですから、米国の企業として見るのでは無く、国際機関として、運用することが、今後、起こって行くことが、良いと思いますし、これは、色んな意味でwin winの関係だと思います。 ですから、この過程は、心配する必要は、無いと思います。スマートシティ構想は、私は、反対です。 医療情報の共有も余り好ましいものでは、ないと思います。 お互い、見張り合い、レッテルの張り合い、になるからです。 防犯カメラは、街中にありますから、もう、検挙されない事件なんて、少ないですし、これ以上、不便になることは、私は望ましいとは、思わないです。 合理的なことは、不便になるという、ことです。 ですから、スマートシティなど、考えるのでは、無く、道徳心、人として、素晴らしい、尊敬されるような、人間になるように、教育に、そのチカラを注いで、欲しいと思います。 そうすれば、良い社会になり、物事を判断できる、良識ある、人として、尊敬されるような人柄、になると、思います。 インターネットと社会の在り方について、今回は、お話させていただきました。 The smart city concept is now being considered in Japan. I would like to analyze this information society from various perspectives. In this smart city, the… Continue reading スマートシティ、GAFA、情報社会、ビックデータについて。About smart cities, GAFA, information society, big data.

「日本人の心」は、自己で完結する。The “Japanese heart” is self-contained.

多分、この題名では、ピンとこない、人も多い、と思う。 第二次世界大戦(太平洋戦争)では、日本に「特攻隊、トッコウタイ」というものがありました。 これは、戦闘機(飛行機)に、片道だけの燃料を乗せて、そのまま、敵の戦闘機に衝突して、爆弾の身代わり、になると、いうものでした。 これは、敵の戦闘機に乗った軍人達に、非常にプレッシャーになったらしく、メンタルを悪くした軍人も多いらしい。 今では、多くは、語られないけれど、後世に引き継ぐ為に、その施設は、鹿児島県南九州市知覧町に、「知覧特攻平和会館」があります。 そこには、戦闘機や、軍服等、色んな展示物があります。そこに、私は、行きました。まる1日をそこで、費やしました。 そこには、戦闘機に乗る前の、青年の、「遺書」が、たくさんあります。 本物の「遺書」が、山のようにたくさん、展示されています。 優秀だっただろう青年が、学業を絶たれ、飛び立つ、心。 お父さん、お母さん、を思い、涙にまみれた、心。 家族を心配し、心揺れる、心。 色んな心が、命を断つ、心が、伝わって、きます。 戦争は、不幸、です。 従軍慰安婦、問題もありますが、その問題には、死人に口無し。 つまり、死んだ人は、ものを言えない、という、現実があります。 ですから、日本は、哀しいことは、「潔く、イサギヨク」忘れる、ふり、をします。 責任を他人に転嫁することは、しない、国民性、ですから。 ですから、このように、自ら、反省しています。 私が言いたいのは、あまり、日本を責めることは、しない、で欲しいのです。 不況が、長くありました。(参照) その時、起きたことは、自殺、です。 人に責任を押し付ける、こと無く、自分を責めます。 「潔い、イサギヨイ」のです。 ですから、社会保障で、金銭的に援助されるとしても、それを受けることをせずに、「死する」のです。 それは、自宅で、「食」を断ち、衰弱して、死んだり、する人も多いし、事故なのか、判らないものもあります。 ですから、実際のところ、統計よりも、多い、とされています。 コロナショックで、「病死」よりも、心配されているのは、この経済的困窮による「自殺」です。 このように、日本人は、他人に迷惑をかけることを、嫌い、責任感がとても、強いです。 これは、良いことでもありますが、反面、脆い、(モロイ)ところがあります。 ですから、「無言」であることは、「無関心」という、ことでは、無いのです。   知覧特攻平和会館 Chiran Special Attack Peace Hall     もし、知覧に行かれたら、この「知覧茶」が、名物、です。100℃のお湯で、召し上がりください。If you go to Chiran, this Chiran tea is a specialty. Enjoy with 100 ° C hot… Continue reading 「日本人の心」は、自己で完結する。The “Japanese heart” is self-contained.

「WHO」問題は、経済問題に発展する。The “WHO” problem develops into an economic problem.

世界は、コロナウイルスの感染の真っ只中です。その中で、米国のトランプ大統領が、衝撃の発言をした。 「WHOの拠出金を停止」とのことです。うーん、と唸った。 米国は、拠出金は、世界1位です。 日本は、3位。 2位は、中国です。 ここで、世界のほころび、が露呈しました。 前から、それは、ありました。 世界銀行のことで。 米国、日本主導のADB、アジア開発銀行、と、AIIB、アジア投資銀行、という中国主導のヨーロッパの国々の銀行です。 中国は、日本に多くの円借款を受け、援助され、経済成長を、長期にわたり、巨額資金で支えてもらいました。(40年、3兆円) ですが、中国は、AIIBを創設しました。 これは、矛盾、です。日本人の感覚からすれば、恩を仇で返す、感覚になる。 これは、サムライ精神の日本にとって、受け入れられない。 その結果、色んなところで、支援が、何故か、競合していました。 その中での、この「トランプ発言」は、その矛盾を解く、ものになる。 だから、日本も、良い機会だと思う。 経済は、やはり命を守る為に、必要だから。 その「WHO」の運営に「不透明感」が感じる、なら、先ずは、距離をおくことが、適切、です。 これは、終わりの始まり、です。 数字は、ウソをつかない。 経済、だけではなく、この「新型コロナウイルス」で、多くの人々が、亡くなった。 これも、数字、です。 そして、経済活動も、止まってしまった。 「WHO」に不審感を抱いても、人々は、日々のことで、精一杯、です。 だからこそ、トップダウンの決断、は、最も、必要であり、これを、トランプ大統領は、決断、した。 良い、タイミング、です。 今こそ、日本も、ADBでは、にがい、経験、をしました。 命にかかる大事な、決断、です。 トップダウンの決断、の時です。 いつか、矛盾は、解消されるのです。 こんな形で、来るとは、誰も、予想できない、と思う。 だから、リアルの世界は、驚きの連続、です。 The world is in the middle of coronavirus infection. Among them, US President Trump made a shocking statement. “Stop WHO contributions,” he said.… Continue reading 「WHO」問題は、経済問題に発展する。The “WHO” problem develops into an economic problem.

「ファミリー」になりたいシンゾウ。Shinzo wants to be a “family”.

安倍晋三首相(以下、シンゾウ、と書きます。)のコロナウイルスの緊急事態宣言の後に、「ビデオ」を公開しました。 この「ビデオ」には、大きな反響があった。 「お金」に困っている国民が、多い。 この「ビデオ」は、シンゾウが、「ファミリー」として登場した、ペットの「犬」を抱えて、お茶をしている、「ビデオ」です。 これは、世間に反感を抱かせる。 シンゾウは、「ファミリー」として、昭恵夫人が登場すると、もっと世間は、反感する。 昭恵夫人には、ワイロやサクラ事件がある。 好き放題、やっている模様で、首相として、最もコントロールできないのは、昭恵夫人です。 だから、「ファミリー」として、「犬」にした。 ところが、世間は、贅沢だとして、反感を持つ人が多く、世間を騒がせました。 結局のところ、シンゾウは、「ファミリービデオ」は、出せない。 なのに、シンゾウは、「ファミリービデオ」として、国民に、公開した。ああ、なんと、鈍感な方、との感想です。 だから、これからも、多分、こんなことが、ある、と思います。補佐してくださる方が、優秀だから、ある程度は、コントロールできます。 でも、色んなところで、私生活を披露するのは、もう、昭恵夫人で、アウト、だから、私生活で、共感はできません。 ですから、シンゾウは、孤独に、自分の立場を考え、仕事をするしか、ありません。 国民と「ファミリー」になるのは、無理だから。 ここのところを、押さえて、孤独に国政を行なってください。 やはり、シンゾウは、「ファミリービデオ」は作れないのです。 だから、国民とは、「ファミリー」には、なれない、理由があるのです。 人は、持っていないものを、最も求める、そんなものかもしれない。 葛菓子28個入り Kuzu sweets 28 pieces https://amzn.to/2RzDW0W After the declaration of the emergency of coronavirus by Prime Minister Shinzo Abe (hereinafter referred to as Shinzo), “Video” was released. This “video” received a great response. Many people… Continue reading 「ファミリー」になりたいシンゾウ。Shinzo wants to be a “family”.

「でっち上げ」という叫び。Shouting “make up”.

私は、やっぱり、この人物が気になるので、書いてみようと思います。 それは、アメリカ大統領のドナルド.トランプ氏です。(以下、トランプと呼びます。) 彼は、ことごとく「フェイクニュース」だと言って我が道を歩んできました。巷に「フェイクニュース」は、たくさんあります。 ですが、そんなこと、一国の大統領が気にしなくても、良いはずです。まあ、色んなことがあったでしょう。 彼は、とても「爽快」にしてくれます。 絶対言えないことを平気に「言葉」にするし、それは、みんなの「憂さ晴らし」の代弁のようです。 トランプの「言葉」は、一種「麻酔」のように、「明るい未来」を「夢」見る。だから、米国の国民は、彼の演説に酔いしれました。 とても、それは、「麻酔」だから、良く効いている間は、気持ちの良いものでした。 ですから、疑心暗鬼で、始まったトランプ政権ですが、とても調子が良かった。 WHOの会見では、誰かが、「でっち上げ」と叫んでいました。へー、そうなのか、と思いながら、ことばを噛みしめた。 コロナウイルス対策では、初動が良くありませんでした。 ですが、ここぞとばかり、もう、「でっち上げ」は、できず、今に至る、のですが、ニューヨークダウは、30,000どころではなく、20,000近くになってしまった。 これは、米国だけでなく、世界中のことです。 これから、しばらくは、混乱が続きます。 その中では、舌戦、は有効ではありません。 この、「麻酔」の効かなくなった、米国をどうコントロールしていくのか、とても気になります。 本当の、実力の見せどころ、です。 彼を見ていると、イソップ物語の「オオカミとヒツジ飼い」のようです。 何度も、叫んで、本当に心から叫んだ時は、誰も、信じません、でした。 トランプに「叫び」以上のものは、持っていません。 これは、地道にコツコツと、今あることを誠実にこなして、国民の命を守る、ことです。 それが、できた時、本当の信頼、を得ることができます。 「命はひとつ」。是非、国民の命を、守り抜いて、欲しいと思います。 After all, I am going to write this person because I am worried about this person. That’s US President Donald Trump. (Hereafter referred to as Trump.) He has walked our way saying… Continue reading 「でっち上げ」という叫び。Shouting “make up”.

Translate »
error: Content is protected !!