知覧特攻平和会館で平和の大切さを感じる。Feel the importance of peace at the Chiran Peace Museum.

今回の鹿児島訪問は、3回目になる知覧特攻平和会館は、行きたかった所の一つです。戦争が、不幸な出来事であることと、平和がどんなに幸せであるか、知る、大切な所だからです。 今回は、色んな催しがあり、とてもラッキーでした。撮影は、許された範囲のみの撮影です。 特攻隊は、「三角兵舎」と呼ばれるところで、寝たりして暮らしていました。今回は、戦争のビデオも戦争の語り部と言われる方のお話も聞けました。ビデオは、英訳もあり、館内も英語が充実していますので、海外の方もご覧いただいても満足できる環境です。 特攻隊の遺書は、米国のパールハーバー戦艦ミズリー記念館にも、一部移動したようです。このような形で、平和の大切さを共有できることは、非常に嬉しいことです。 そうして、ここに不時着した特攻隊の戦闘機が、1980年に海底から引き揚げられ、展示されています。 ここは、三角兵舎。私は、ここに足を踏み込むことはできませんでした。特攻隊が寝泊まりしたところです。 戦況が悪くなり、兵力がなくなる中、14歳で戦死した兵士もいます。これは、兵士と言うより子供です。こんな悲劇は、2度と起こしてはいけない。 お母さんが、特攻隊の世話役をしていた男性の語り部は、色んなことを話してくれました。監視役から隙を狙って、遺書を女性に手渡し、人を次々と通してそのお父さんに遺書が手渡されたそうです。急いで、知覧に行くとまだ息子は、飛行していなかった。そうして、旅立つ、その前日は、寝ることもできない息子の手を握り締めて、横にずっと添い寝して、声をそっとかけ、一晩過ごしたそうです。 そうして、特攻隊として、旅立つ日を待ち、涙で、飛び立つ姿を見送ったそうです。 死ぬ日の前日は、情緒不安定になり、多くの若者は布団をかぶり、声をひそめて泣いていたそうです。寝れない日々を過ごしたそうです。 そんな話を聞くと、死を目の前にして、人は弱くなることを知ります。 韓国は、慰安婦問題を女性を侮辱していると、主張しますが、私は、男女のことなので推察ですが、そう乱暴なことばかりが跋扈しているとは、考えにくい、と感じました。 色んなことを多角的に考えて欲しい、と感じます。 ここには、魂の昇天する様子が描いてあります。 戦争は、人々を不幸にします。これは、国境を超えます。 鹿児島には、韓国の人々の慰霊の碑もあります。日本は、心から韓国に対して、お詫びをし、心から反省しています。今、韓国と日本は、あまり関係が良くありません。 ですが、同じ人間です。過去を責めるのではなく、未来に目を向けて、一緒に歩む、そんな関係になれば、幸せです。 同じ、人間です。世界中の慰安婦像がなくなりますように。 そうして、皆さまが、心から安心できる、そんな世界になりますように。 Chiran Peace Museum

才能を持つことは幸せなのか?Are you happy to have talent?

才能が遺伝する。そんな天から授かった美声の女性が亡くなった。享年35歳。母は、とても美しい声で今も実力派として活躍している。しかし、声は、年齢と共に高いソプラノが出なくなった。そんな彼女には、娘がいた。その名は、神田沙也加さん。彼女は、ディズニーの「アナと雪の女王」で、日本語版声優をしている。 とても美しい声で、余裕たっぷりに声に表情を付けて歌いあげる。その声に誘われるように、いつも、YouTubeで、そのシーンを「聴いていた」。そんな中の訃報だった。大物歌手の母の子どもとして育った彼女は、非常に小さい頃からいじめられていました。中学生の時は、4回も転校をして、また私生活でも、母の再婚相手にイタズラされ、それが、母の離婚の原因になったのです。私は、芸能関係は、あまり興味は無いけれども、私が知っているだけでも、これだけある。 彼女は、普通の人で、居たかった。けれども、それは、あまりにもったいないと周りが引き止めた。有り余る才能は、時に、人を不幸にする。時に、才能は、周りから、嫉妬を受け、時に、才能は、人生の重荷になる。才能とは、不幸になる。何故なら、普通に生活できない。 あの天才と言われたアインシュタインも、不幸です。彼の脳みそは、ホルマリン漬けにされ、切り刻まれ、何人もの人が、分けて所有者になっている。日本の文豪と言われた人は、脳みそをホルマリン漬けにして保存されている。もし、生前の彼らに将来こうなると、告げられたら、正気でいられないと思う。 ごく、普通に生き、普通に不自由無く暮らすことは、どんなに幸せか、とても感じる出来事だった。 才能は、遺伝する。これは紛れもない事実です。時に才能は、不幸になる。これも、事実です。才能があるのは、特別な存在です。私が残念だったのは、彼女に子どもがいなかったことです。これで、美声の家系が、途絶えてしまう。非常に残念です。私は、彼女の美声を未だ、しばらくは、YouTubeで、聴くと思う。才能とは、特別だから、目立つ。生まれながらに持っている。だから、人々は、不公平だと嫉妬する。そう、人は、生まれながらに、不公平に生まれてくる。これは、紛れもない事実です。 そう、人は、公平には、生まれてこない。生まれてくる環境も選べない。そう、人は、不公平に育つ。確かに、人々の権利は、平等である。けれども、公平には、生まれない。だから、人間関係は、非常に難しい。何故なら、感情は、誰にでも持つことができる。 そう、その感情は、時に、人を傷つけ、そうして、残酷になれるからです。人より才能を持つことは、目立つ。それは、非常に孤独な人生になる。孤独は、心を傷つける。人は、ひとりでは、生きていけないからです。 A beautiful voiced woman who was given from such a heaven where heredity is inherited died. She is 35 years old. Her mother has a very beautiful voice and is still active as a talented group. However, her voice no longer had a high sopurano with her… Continue reading 才能を持つことは幸せなのか?Are you happy to have talent?

環境に負けずに、大きく成長する。鳴門海峡に見る自然。Grow big without losing the environment.Nature seen in the Naruto Strait.

日本に明石海峡大橋と鳴門大橋があります。 この2つの橋は、島をひとつ渡って、本州と四国を繋いでいる高速道路の大橋です。 この橋は、渦潮という、大きな海のうねりがある、ところに建設されています。 下が、先ず、海ですから、河、の橋とは、格段に、技術が必要です。 何故なら、真水とは、違い、海水です。ですから、すぐに、痛み易いです。 素材も、とことん、こだわりが有ります。 メンテナンスが、容易に出来る様に、メンテナンスのする人の渡る部分も有りますし、それは、とても凄い技術です。 橋の吊るケーブルももちろんですが、その吊って居る支柱は、エレベーターで、上がります。 遠くから見れば、普通の橋の様ですが、支柱をエレベーターで上がる程、壮大な建築物です。 その下には、渦潮があり、そこには、又、素晴らしい、事が発覚できます。 その激流の海流の中で、育った海の生き物達は、素晴らしい程、美味しいのです。 その代表が、タコ、です。吸盤で張り付いて、流されないように、生息しています。 ですので、身が、引き締まって、とても美味しい、のです。 他にも、「ワカメ」などの海藻も、そのような環境で、育った海の生きものは、とても美味しいです。 とても、日本では、有名な食材です。 厳しい環境で、晒される事は、一見、不幸なことのように、思われる事が、多いです。 ですが、このような自然界が、教えてくれているようです。 どんな環境でも、堪えて、頑張れば、それは、とても素晴らしい結果になり、大きな実りをもたらす、ことを教えてくれています。 自分の置かれた環境に、不平を言わず、それをバネに、大きく成長して、ください。 There are Akashi Kaikyo Bridge and Naruto Bridge in Japan. These two bridges are highway bridges that connect Honshu and Shikoku across one island. This bridge is built in the place where there is a big… Continue reading 環境に負けずに、大きく成長する。鳴門海峡に見る自然。Grow big without losing the environment.Nature seen in the Naruto Strait.

「本当の勉強」の素晴らしさ。The splendor of “real study”.

ほとんどの日本の小学校にある、「二ノ宮金次郎」の像をご存知でしょうか。 この頃は、改築の時に撤去されることも多いようです。 残念なことです。 多分、日本人なら、知っていると思います。 外国の方は、知らない人も多いと思います。 この像は、1787年に生まれた、実在の人物です。 薪を背に背負って本を開いて勉強する姿、です。 とても貧しいので、夜、勉強するのに、明かりさえ与えられず、明るい時間は、働きながら、本を手にしてひたすら、自分で勉強しました。 その幼少期の時の姿です。このように、決して恵まれない環境でさえ、「勉強」することの大切さを、心に刻む像が日本にはあります。 この人物は、身分制度の厳しい時代に、農民でお金も無い家に生まれました。 そして勉強して、知恵を絞って、自分だけでなく、多くの人を救い、出世しました。 今の時代でも「尊敬」されています。「教育」を受ける時間がなくても、工夫すれば、「勉強」できます。 「勉強」は、「人生」を変えると、以前書きました。 (クロームブックの作り方。教育の平等化。How to make chrome book. Equality of education.) Do you know the statue of “Kinjiro Ninomiya” in most Japanese elementary schools? At this time, it seems that it is often removed during renovation. It is unfortunate. Maybe if you’re Japanese, you know. I… Continue reading 「本当の勉強」の素晴らしさ。The splendor of “real study”.

論文の対策と教育。Dissertation measures and education.

今回は、論文について経験を交えて、色んな角度から、現在の「小論文」の問題点など、書いてみようと思います。 興味がありましたら、お付き合いください。 この世の中、小論文、への期待が高まっています。 ですから、小論文、対策とか何とかある。 でも、こんなの辞めた方が、良い、っていうお話です。 何故かと、申し上げますと、採点する人に能力が無いから。 私は、かつて、10歳の頃、論文を宿題に出された。 それは、クラス全員に課題が、出されたものでした。 文章は、結論と推察からなされる。 その推察に矛盾があるとして、何と、0点だった。 だから、言っておくけど、論文なんて、あてにしては、いけない。 なぜ、0点だったかと言うと、私は、その文章に二重否定形をしました。 つまり、肯定文が、否定され、そして、それを否定するから、肯定文になります。 こういう技法は、その文章を強調する為に使われます。 私は、三重否定文も考えたけれど、理解されないと思い、二重否定文にしました。 ですが、先生は、否定文だから、これは、結論と違う、とされ、アンダーラインを引かれ、矛盾するとして、点を貰えなかった。 だから、これを先生に言うと、とても不快だろうし、プライドもあるから、黙っていました。 こんなことが、良くあったので、成績優秀ではなかった。 もっと、単純にしか、文章を書くことのできない人が、点数を取るから、こんなの適当に対処する方が、良い点数がもらえる仕組みだから。 私は、文系の人より、理系の方が、フェアな世界だと感じます。 理系ができれば、文系はできる。 だから、文章なんてのは、論理的に書くのは、物理でも、勉強するに限ると思う。 点数なんて、気にせずに、先生なんて、数に追われて、いい加減だから、成績悪くても、大丈夫だってこと。 自分の才能を伸ばすなら、理系を勉強すれば、フェアに点数付くから。 文系なんてのは、点数気にせずに適当にすれば、自然と、論文は、書けます。って言うお話でした。 This time, I would like to write about the problems of the current essay from various angles by sharing my experience with papers. If you are interested, please contact us.… Continue reading 論文の対策と教育。Dissertation measures and education.

水泳教育は学校の体育の運動科目でされていた。Swimming education was an exercise subject in physical education at school.

今は、ずいぶんと変わりつつある教育現場ですが、教育の素晴らしさ、を書いていきたいと思います。 日本の高度成長時代における、教育は、あまり、塾やスクールなどは、発展していませんでした。 ですから、一から平等に教育することは、とても難しい、ものでした。 ですから、夏休み、長期の休みの時に、補助して、授業についていけない子供の教育がありました。ですから、先生は、自分の子供のように、接していました。 日本は、高度成長時代、工業製品が日本で、作られ、大気は、汚れていました。 ですが、これは、いつも、地域によって、監視されていました。「光化学スモッグ」と呼ばれて、汚れた大気が押し寄せた時には、黄色い旗が、上げられ、運動も中止、されました。 ですから、その時は、建物の中で、運動したりしています。こんな、日本ですが、やはり、大気が汚れていますので、とても子供の「喘息」が、問題になりました。校長先生が、自分も「喘息」でした。 ですから、その小学校で、呼吸器を強くするために「水泳」に力を入れていました。 泳げ無い子供は、毎日、グレードに分けて、特訓がありました。 それは、プールは、入れる人が、限られるので、泳げ無い子供は、プールサイドで、ひたすら、スイミングフォームを、整えていました。 時々、プールで、伏し浮き、する程度でした。 ですが、これを毎年、夏の屋外プールで、授業がありました。そういう教育をしていると、自然に小学校3年生(9歳)には、学校で、泳げ無い子供はいなく、なります。 個人差は、ありますが。夏だけのプール授業ですが、そういうことをコツコツしていくと、4年生になれば、個人レベルに合わせて、プールサイドが、決められて、授業の始まりから、終わりまで、ひたすら泳ぎます。 5年生になれば、プールに、真ん中に輪を作って、プールのターンで、休め無いようにして、授業中、ずっと泳ぎます。 それを、続けていると、6年生の12歳になると、海で、命綱を付けて、ひたすら泳ぎます。 卒業には、みんな1,500〜3,000メートル、泳げるようになりました。 この区域の学校は、今でも「水泳」が有名で、転校で、他の地域から来た子供は、授業についていけないので、スイミングスクールで、自習しないとついていけないそう、です。 このように、水泳、でも、誰でもできるようになります。 コツコツと、ひとつ、ひとつ、することは、大切です。 今回は、日本の授業、水泳、について書いてみました。 Nowadays, the educational field is changing a lot, but I would like to write about the wonderfulness of education. In Japan’s high-growth era, education did not develop much at cram schools and schools. So it… Continue reading 水泳教育は学校の体育の運動科目でされていた。Swimming education was an exercise subject in physical education at school.

「衛生」教育「マスク」は給食の思いやりから教育されている。”Hygiene” education “Mask” is educated from the compassion of school lunch.

今回は、日本のマスク文化について、皆さまに知っていただきたいと思い、ふと文章を書き連ねてみたい、と思います。 日本は、より清潔にするために、マスクをします。 これは、学校の教育の一貫、です。 日本の小学校(6〜12歳)の時期に、学校で、給食、があります。 これは、毎日、学校の栄養士によって、栄養の偏り、の無いように、献立、が作られます。この食事は、教室毎に、配膳、されます。 その後、教室で、グループに分けられた、当番になったグループが、その食事をひとり、ひとり、に配膳します。 その時の服装に、大事な「衛生」観念が、芽生え、ます。手を食事の時に洗うのは、もちろん、です。その服装は、先ず、頭は、髪の毛が、入らないように、大きなナフキンを三角に折りたたみ、頭に着けます。 給食のエプロンも日本の割烹着のように、そで口が、ゴムになっており、袖から、ゴミが、食事に入らないようになっています。(関連) そして、ガーゼのマスクをして、お喋りをしても、食事に、唾、など入らないように、します。 この服装は、すべて、白いもので、「衛生」に気をつける、必要があります。 ですから、このように、マスクは、人に対しても、自分に対しても、常に「衛生」である、ことを、幼少期に身を持って、知り、「衛生」であること、の「道徳心」を身につけます。 ですから、マスクは、自分にとっても、相手にとっても、思いやり、である、「衛生」道具、です。 このように、心の根底に、「衛生」であること、の気遣い、を身につけます。 そして、手を合わせて、その給食当番のグループは、「おあがりなさい、オアガリナサイ」と言います。 そして、その教室は、全員で「いただきます、イタダキマス」と、手を合わせ、声を出します。 これは、食べものを大切にする、心、で、手を合わせる、ことは、仏教の「お祈り」の心、を示しています。 このようにして、食べもの、の「大切さ」を知ります。 そして、このシステムの良いところは、教室毎の、配膳なので、少し、多目に食事、があります。 ですから、たくさんお腹の空いた、子供は、おかわり、と言って、バイキングのように、お腹いっぱいに、食べることが、できます。 そして、みんな、食べ終わると、「ごちそうさまでした、ゴチソウサマデシタ」と手を合わせ、食べものに、感謝します。 そして、給食当番のグループは、後片付け、をします。 このようにして、「衛生」を教わった、子供は、常に、「衛生」である、ことを、当たり前のように思い、行動します。 ですから、日本は、公衆トイレにも、「消毒液」が有り、洋式トイレは、必ず、消毒します。 私の友人は、それでも、もの足りない、ようで、腰を掛けない、人もいます。 ですから、日本の教育は、食べもの、という、人間の原点においても、教育をしています。 今回は、日本の「衛生」教育の「マスク」の原点、を書いてみました。 This time, I would like everyone to know about the Japanese mask culture, and I would like to write a series of sentences. Japan wears masks to make it… Continue reading 「衛生」教育「マスク」は給食の思いやりから教育されている。”Hygiene” education “Mask” is educated from the compassion of school lunch.

Windows xp,windows 7でクロームブックを作る。教育の平等化。How to make chrome book by windows xp,windows 7. Equality of education.

今回は、新しいパソコンを作ったので、ご紹介したいと思います。 Windowsのpc、MacのiOSのpc、今度は、クロームブックと言われるクロームOSのpcです。 このクロームブックは、Linux と言われるOSを用いて作られたものです。 私は、これを「cloud ready」と言うもので、USBで、インストールして作りました。 インストールの仕方は、USBメモリを入れて、インストールボタンを押すだけです。 USBメモリは、クロームOSの専用になりますので、大事なデータの入っていないものを使ってください。 インストールは、こちらから。(16G以上) https://google-chrome-os.softonic.jp/ windows XP 程度のパソコンのスペックで作れるので、お家で使えないパソコンが有れば、作ってみれば、良いです。 電源ボタンを押したら、すぐに、下記ボタンを押します。 パソコン起動する時にメーカーによって違いますが、 「F2」NEC,富士通,東芝,Sony,DELL,日立,Panasonic ,ASUS,Acer 「F1」Lenovo(IBM)、 「F10」HP(Compaq) を連続で押してbios(バイオス)を起動します。 Boot メニューを「USB」を1st boot に変更します。 そして、上記でインストールした、クロームOSのUSBをクロームブックにしたいパソコンのUSBに入れます。 後は、Exit でSave Change and Resetで、Yes を選び、再起動させます。 cloud ready が起動したら、右下の時間のところをクリックします。 そうすると、ダウンロードという項目が出ますので、クリックして、ハードディスクにクロームOSをダウンロードしてください。 ダウンロードが、終わったら、電源ボタンを押して、再度、メーカー別のボタンを押します。 bios(バイオス)が、立ち上がりましたら、Boot メニューの1st Boot をUSB から、Hard Disk に変更します。 そして、Exit を選び、Save Change and Reset で、再起動すれば、クロームOSが立ち上がります。 パスワードは、Googleのパスワードです。 OSは、自動的にアップされますので、何もしないで大丈夫です。 この機会に使ってみてください。インターネット環境でしか使用できません。 ですが、とても、お安く買えるので、アメリカの教育現場、学校で使われています。 今、日本でも、導入されるのでは、ないかと言われています。 このクロームブックは、発展途上ですが、インターネットを活用して、教育に使われるのは、とても良いことだと思います。… Continue reading Windows xp,windows 7でクロームブックを作る。教育の平等化。How to make chrome book by windows xp,windows 7. Equality of education.

平家物語はワビサビの無常文学。The Heike Story is an impermanent literature of Wabisabi.

日本の文化、「ワビサビ」を書いてみようと思います。 「平家物語」で、お話しようと思います。 私は、有名なところを暗唱できます。 第一巻のはじめです。 これをヒモ解いていきましょう。 「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり。ギオンショウジャノカネノコエ、ショギョウムジョウのヒビキアリ。」これは、ギオンは、京都の場所の名前です。 そのお寺の鐘を打つ「音」を「声」としています。 実際には、祇園精舎には、鐘は、ありませんが、京都は、昔は、政治をしているところでした。 その「声」が、すべてのモノ、すべての出来事(諸行、ショギョウ)は、いつも、同じでは、無い(無常、ムジョウ)と、言っています(響あり。ヒビキアリ。)「沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。サラソウジュノハナノイロ、ジョウシャヒッスイノコトワリヲアラハス。」サラソウジュノハナノイロ、とは、京都のあるお寺で、春になると、この花を見ながら、お茶をします。 このお花は、とても「哀しみを持って」花が咲きます。 白色の花で、花が開くと同時に、地面に落ちて、1週間ほど、咲きます。 この「落ちた花」を、「盛者、ジョウシャ」もっとも勢いのある人、出来事、すべてが、「必衰、ヒッスイ」かならず、衰えてしまう、姿だと言っています。 「おごれる人も久しからず、だだ春の夜の夢のごとし。 オゴレルヒトモヒサシカラズ、ダダハルノヨルノユメノゴトシ。」「オゴレルヒト」とは、権力を持っている人のことです。 京都は、昔は、政治の都でした。「ヒサシカラズ」とは、永遠では、無いということです。「ダダハルノヨル」とは、春は、桜の季節です。この花も1週間ほどしか、見頃の無い花です。 その「ヨル」は、暗くて、しっかりとしたものではない、という意味です。昔は、今のように、電気は無いので、とても、「何も無いような」意味です。 そして、「夢」も無いものです。「春」、「夜」、「夢」、全部、「儚くて、無いもの」だとして、います。「たけき者も遂にはほろびぬ、タケキモノモツイニハホロビヌ、」「タケキモノ」とは、「力」を持っている人のことです。「ツイニハホロビヌ」とは、「これも滅びてしまう」という意味です。 そして、こう続きます。「ひとへに風の前の塵に同じ。ヒトヘニカゼノマエノチリニオナジ」。「ヒトヘニ」とは、「すべての人、出来事」。 そして、こう続きます。「カゼノマエノチリにオナジ。」「風」に吹かれた「小さなホコリのゴミ」と「同じ」だと言っています。 つまり、すべての人、出来事は、永遠では、無いと、教えています。 この文章の後に、外国の政治も「永遠」では、無かった。と、続きます。 このように、日本には、「無常、ムジョウ」同じ、ものは無い。という、教えが、あり、これは、仏教という、宗教でも、良く話されています。 ですから、日本は、「ジャパン、ファースト」とは、決して言わないのです。 「もののあわれ、モノノアワレ」です。その「少ないもの」から、美しさを見つけるのが「ワビ」で、その「はかなさ、ハカナサ」は、「少ないもの」で、「サビ」です。この「平家物語」に「声」「花」「春」など、「美しさ」があります。 今回は、「平家物語」と「仏教の教え」から、日本の「ワビサビ」をお話ししてみました。 I’m going to write a Japanese culture, “wabisabi”. I’m going to talk about “Heike Monogatari”. I can recite famous places. It is the beginning of the first volume. Let’s solve… Continue reading 平家物語はワビサビの無常文学。The Heike Story is an impermanent literature of Wabisabi.

Translate »
error: Content is protected !!