和風春キャベツと牛肉のサラダ。Japanese style spring cabbage and beef salad.

Advertisements

今回は、春キャベツをたっぷり使ったサラダです。春キャベツが、アッと言う間に無くなってしまいます。たくさん野菜を食べて健康的になりたいものですね。では、材料からです。

春キャベツ 700g(中ぐらいの春キャベツ1玉)

牛肉 250g

しょうゆ 100ml

コンソメ 8g

さとう 大さじ2(30ml)

ごま油 大さじ1(15ml)

ごま 少々

まず、キャベツを千切りにします。こんな感じです。

たくさんあります。これを食べるのは、普通では、大変です。ですから、レンジにかけます。普通の電子レンジなら、お皿に入れて、ラップをかけます。ワット数によって、出来上がりは違いますので、程よい仕上がりになるように、レンジにかけてください。私は、スチームレンジで、15分、かけました。

山ほどあった春キャベツがだいぶん、量が少なくなっています。このまま、少し冷ましましょう。

コンソメと醤油を入れて電子レンジに30-40秒かけて、コンソメを溶かします。耐熱容器を使ってください。

コンソメを溶かしたしょうゆに、さとう、ごま油、ごま、を入れます。

牛肉は、千切りにします。

10-15分漬け込みます。その間に、春キャベツを清潔なゴム手袋で、握って、水分を取ります。とても熱いので、手が火傷しそうな感じです。気をつけて、春キャベツの水分を取り除きましょう。

たくさん有ったキャベツは、こんなに少なくなりました。たくさん野菜が食べれますね。とても、ローカロリーです。

タレに漬けておいた牛肉を炒めます。少しタレの余るくらいが、良いです。お写真ぐらいになったら、火を止めます。

タレと牛肉を炒めたものを先ほどの春キャベツに載せます。

よく混ぜてください。ドレッシングも要りません。たくさんあったキャベツが、ローカロリーで、たくさん食べられます。とても、美味しいですので、是非、作ってみてください。旬の野菜をたくさん食べましょうね。パンにサンドしても美味しいです。どうぞ、食事を楽しんでください。

今回は、春キャベツたっぷりの和風春キャベツと牛肉のサラダでした。

おいしい料理の分かる人とはどんな人?What kind of person knows good food?

Advertisements

今回は、料理の味、について書いてみようと思います。「味のわかる舌」って、3代かかって養われます。だから、味って、難しい。

先ず、1代目で、味がわかる、2代目で、養われて、作れる。3代目で、それを引き継ぎます。

だから、味のわかって、作れる人は、少ない。

私は、嬉しいことに作れるし、味がわかる。自慢になってごめんなさい。

だから、私は、色んなところで、お食事をします。

これって、お値段がお高い、だから、おいしいって訳でも、無いんです。

興味のある人は、最後まで、読んでください。

先ず、おいしいっていう「お店の名前」のメニューが、必ず最高の、お味ではありません。

わかるかな?料理って、お高いから、必ずおいしいって、訳でもないんです。

だから、お安くおいしいお店って、知ってます。

そこに行くとわかるんだけど、おいしいお店って、何店舗もある。

けれども、本店には、敵いません。

それは、調理師が違うから。

で、本店が必ず美味しいかといえば、そうではないです。

その腕前の良い調理師がいない時間帯ってのは、美味しくない。

じゃあ、支店は、絶対ダメかといえば、そうでもないんです。

調理師を見れば、ああ、あの人だったら、美味しい料理が、出るな、ってわかる。

だから、とても、難しい。

それに、腕のある調理師の時間帯って、変わるでしょ?だから、ここが、美味しいって言えないです。

味って、こんなに繊細なんです。

同じ素材があっても、茹で時間10秒で、お味変わるし、天ぷらだって、1℃違うと、全然違うから。

だから、同じお店でも、今日は、ハズレ、なんてことだってあります。

だから、色んな料理をお店で、勉強して、おうちで作ってね。

食事が、美味しいと、毎日、楽しく過ごせるから。

だから、料理って、とても大事です。

This time, I will write about the taste of food. “Tasteful tongue” is nourished in three generations. Therefore, it is difficult to taste.

First, the first generation can understand the taste, and the second generation can be nourished and made. The third generation will take over it.

Therefore, there are few people who understand the taste and can make it.

I’m happy to make it and I know the taste. I’m sorry to be proud.

That’s why I eat in many places.

This is expensive, so it doesn’t mean it’s delicious.

If you are interested, please read to the end.

First of all, the delicious “store name” menu is not always the best taste.

Do you understand Cooking is expensive, so it doesn’t mean that it’s always delicious.

That’s why I know cheap and delicious restaurants.

As you can see when you go there, there are many delicious restaurants.

However, the head office is unrivaled.

That’s because the cooks are different.

So, if the main store is always delicious, it’s not.

It’s not delicious when there is no good cook.

Well, if you say that the branch office is absolutely useless, that is not the case.

If you look at the cook, you can see that he wouldn’t serve delicious food.

So it’s very difficult.

Besides, the time zone of a skilled cook will change, right? Therefore, I cannot say that this is delicious.

The taste is so delicate.

Even if you have the same ingredients, the taste will change in 10 seconds after boiling, and even tempura will be completely different if it differs by 1 ° C.

So, even at the same shop, there is something wrong today.

So, study various dishes at the store and make them at home.

If the food is delicious, you can have a good time every day.

That’s why cooking is very important.

 

手作りめんつゆを使った材料で作る「昆布の佃煮」”Tsukudani of kelp” made from ingredients using handmade mentsuyu

Advertisements

材料前回、椎茸風味の上品なめんつゆの作り方で作ったもので、作ります。作った「めんつゆ」 大さじ3(45ml)、しょうゆ(濃口)5-6滴、前回使った昆布、前回使ったかつお節。これで、「昆布の佃煮」を作ります。

Ingredients : Last time, I made it with the method of making elegant mentsuyu with shiitake mushroomflavor.

Made “Mentsuyu” 3 tablespoons (45 ml), 5-6 drops of salty soy sauce (dark mouth), kelp used last time, dried bonito used last time. This will make “Kelp Tsukudani”.

材料は、大切にとっておいて、ください。作った「めんつゆ」大さじ3(45ml)も使います。

Please keep the material in a safe place. Also use 3 tablespoons (45 ml) of the “mentsuyu” you made.

昆布は、このように四角に切ってください。

Cut the kelp into squares like this.

こんぶとかつお節を鍋に入れます。

Put the kelp and dried bonito in a pot.

前回作った「めんつゆ」を入れます。そうして、中火にかけます。

Put the “mentsuyu” that you made last time. Then put it on medium heat.

こんな感じです。焦げ付かないように、よくかき混ぜます。

It is like this. Stir well so that it does not burn.

こんな感じに、煮立ってくれば、しょうゆを5-6滴入れます。薄味が好きなら5滴、濃い味が好きなら6滴、です。(味見をして、お好みに量を調節してください)

If it comes to a boil like this, add 5-6 drops of soy sauce. 5 drops if you like light taste, 6 drops if you like strong taste. (Taste and adjust the amount to your liking)

常に混ぜながら、焦げ付かないようにして、このようになったら、出来上がりです。この「こんぶの佃煮」は、ご飯に乗せてそのまま、食べても良いです。その他に、お茶を入れて、お茶漬けにしても、美味しいです。今回は、「めんつゆ」の残り材料で作った「こんぶのつくだ煮」でした。

美味しいので、直ぐに無くなります。ぜひ、作ってみてください。次回は、作った「椎茸風味の上品なめんつゆ」で作る日本料理を紹介します。家庭料理なので、見た目より、お味優先の美味しい料理です。今回は、「こんぶの佃煮」を作ってみました。次回は、めんつゆを使った料理です。楽しみにしてください。

Always mix it so that it doesn’t burn, and when it looks like this, it’s done. This “Konbu Tsukudani” can be eaten as it is on rice. Besides, it is delicious even if you add tea and ochazuke. This time, it was “Konbu Tsukudani” made from the remaining ingredients of “Mentsuyu”.

It’s delicious, so it’s gone soon. Please try to make it. Next time, I will introduce Japanese cuisine made with the “Shiitake-flavored elegant mentsuyu”. Since it is a home-cooked dish, it is a delicious dish that prioritizes taste over appearance. This time, I made “Konbu Tsukudani”. Next time, I will cook with mentsuyu. Please look forward to.

和風だしから作るめんつゆの作り方How to make mentsuyu made from Japanese-style dashi

Advertisements

材料 干し椎茸 20g、昆布 8cm、かつお節 5g、砂糖 大さじ2(30ml)、みりん 1/2cup(90ml)、しょうゆ(濃口) 1cup(180ml)。

Ingredients: dried shiitake mushrooms 20g, kelp(kombu) 8cm, dried bonito 5g, sugar 2 tablespoons (30ml), mirin 1/2 cup (90ml), salty sauce (dark mouth) 1cup (180ml).

今回は、家庭用なので、干し椎茸は、お安いものを使っています。お安い素材でも、手をかければ、美味しい「めんつゆ」になります。「めんつゆ」は、万能の調味料なので、是非、ご自分で作ってみてください。化学調味料が入っていないので、長持ちは、しません。冷蔵庫で、冷やして、使い切りましょう。夏のそうめんに合う、美味しい「めんつゆ」を作ってみましょう。

This time, it’s for home use, so I’m using cheap dried shiitake mushrooms. Even if it is a cheap material, if you put your hands on it, it will become a delicious “mentsuyu”. “Mentsuyu” is a versatile seasoning, so please try to make it yourself. Since it does not contain chemical seasonings, it will not last long. Let’s cool it in the refrigerator and use it up. Let’s make delicious “mentsuyu” that goes well with summer somen noodles.

まずは、干し椎茸と、昆布を用意してください。

First, prepare dried shiitake mushrooms and kelp(kombu).

昆布は、ダシが出やすいように、キッチンハサミで、切れ目をつけます。

Cut the kelp with kitchen scissors so that the dashi stock is easy to come out.

パックに干し椎茸と昆布を入れます。

Put dried shiitake mushrooms and kelp in the pack.

パックに干し椎茸、昆布、適量の水を入れ、フタをして、1週間ほど、冷蔵庫に入れて、じっくりと戻して、ダシを取ります。

Put dried shiitake mushrooms, kelp(kombu), and an appropriate amount of water in a pack, cover it, put it in the refrigerator for about a week, and slowly put it back to remove the dashi stock.

これが、1週間ほどかけて、取ったダシです。よく絞って、ダシ汁と昆布、干し椎茸に分けます。

This is the dashi stock that I took for about a week. Squeeze well and divide into dashi juice, kelp(kombu), and dried shiitake mushrooms.

この分けた椎茸は、刻みます。こんな感じです。

This divided shiitake mushroom is chopped. It is like this.

かつお節は、不織布に入れます。この不織布の袋は、蓋を閉めて使います。お茶のティーバックです。これの無い人は、綿100%のふきんに包んで、良く縛って、かつお節が出ないようにしてください。

Put the dried bonito in a non-woven fabric. This non-woven bag is used with the lid closed. It is a tea bag of tea. If you don’t have this, wrap it in a 100% cotton cloth and tie it well to prevent bonito flakes.

これが、ダシです。これと、水を合わせて、4cup(720ml)にします。

This is dashi. Combine this with water to make 4 cups (720 ml).

砂糖、みりん、しょうゆ、を用意しておきます。

Prepare sugar, mirin, and soy sauce.

昆布、刻んだ椎茸、ダシ汁4cupを入れて、鍋に中火で、ダシを取ります。このように、沸騰する直前に昆布を取り出します。

Add kelp, chopped shiitake mushrooms, and 4 cups of dashi stock, and remove the dashi stock in a pan over medium heat. In this way, take out the kelp just before boiling.

これは、捨てないで大事に取っておきましょう。次回、この昆布を使って料理をします。

Don’t throw it away, keep it in a safe place. Next time, I will cook with this kelp(kombu).

沸騰したら、かつお節を入れます。2-3分でさっと取り出します。長く入れておくと、あまり良いダシになりません。今回作っているのは「1番ダシ」と言われる、最高のダシです。

When it boils, add dried bonito flakes. Take it out quickly in 2-3 minutes. If you leave it for a long time, it will not be very good. This time I’m making the best dashi stock called “No. 1 dashi”.

このかつお節も捨てずに取っておきましょう。次回の料理に使います。素材は、何でも捨てずに、大切に扱えば、良い料理が、たくさんできます。

Don’t throw away this dried bonito. I will use it for the next cooking. If you treat the ingredients carefully without throwing them away, you can make a lot of good dishes.

日本料理には、基本があります。調味料は、一度に入れては、いけません。調味料の入れる順番によって、味が変わります。とても、繊細な料理です。

沸騰しているので、火を中火にして、先ず、お砂糖を入れます。1分ほどしたら、みりんを入れます。そうして、3分待ちましょう。そうして、最後にしょうゆを入れます。そうして、沸騰したら、火を切ります。

Japanese food has its basics. Seasonings should not be added at once. The taste changes depending on the order in which the seasonings are added. It’s a very delicate dish.

It’s boiling, so set the heat to medium and add sugar first. After about 1 minute, add mirin. Then wait 3 minutes. Then, add soy sauce at the end. Then, when it boils, turn off the heat.

最後に、火を消して、「めんつゆ」の出来上がりです。椎茸の上品なお味の「めんつゆ」の出来上がりです。冷やして、そうめんに合います。この「めんつゆ」を使ったレシピも紹介します。今回使った、昆布とかつお節は、次回、素敵な料理に変身しますので、捨てずに、大切に置いてください。

家庭料理ですので、そんなに高価な素材でなくて、大丈夫です。手に入る物を、時間をかけて、ダシを取れば、美味しい料理になります。一緒に入っている椎茸も、そうめんと一緒に召し上がってください。今回は、椎茸風味の上品な「めんつゆ」を作ってみました。ぜひ、作ってください。とても美味しいです。

Finally, extinguish the fire and the “mentsuyu” is ready. The elegant taste of shiitake mushrooms, “Mentsuyu,” is ready. Cool it and it goes well with somen noodles. I will also introduce a recipe using this “mentsuyu”. The kelp and dried bonito used this time will be transformed into a wonderful dish next time, so please do not throw it away and keep it in a safe place.

It’s a home-cooked dish, so it doesn’t have to be that expensive. If you take the time to get rid of what you can get, it will be a delicious dish. Please enjoy the shiitake mushrooms that come with it with somen noodles. This time, I made an elegant “mentsuyu” with shiitake mushroom flavor. Please make it. it tastes very good.

つけ汁で作る、上質なひじきの煮物。A high-quality simmered hijiki seaweed made from soup.

Advertisements

今回は、「ブリの照り焼き」を作ったつけ汁で作る「ひじきの煮物」です。「ブリの照り焼き」を作った後のつけ汁は、魚のダシが出ています。これを捨てるのは、もったいないですね。だから、今回は、そのつけ汁を使った「ひじきの煮物」です。

材料は、乾燥ひじき60g、にんじん150g、大豆の水煮200g、ブリの照り焼きのつけ汁230ml、つけ汁と同じ量の水。

This time, it is a “simmered hijiki seaweed” made from the soup made from “teriyaki yellowtail”. After making “Teriyaki yellowtail”, the soup stock contains fish stock. It’s a waste to throw this away. Therefore, this time, it is a “simmered hijiki seaweed” that uses the soup.

The ingredients are 60g of dried hijiki, 150g of carrot, 200g of boiled soybeans, 230ml of yellowtail teriyaki soup, and the same amount of water as the soup.

エビとごぼう風味の炊き込みごはん。Cooked rice with shrimp and burdock flavor.

Advertisements

今回は、エビとごぼうの風味を活かした炊き込みご飯です。エビのだしをじっくり時間をかけて取ります。ごぼうの風味がそれを際立たせます。では、材料から。

材料 干しむきエビ 15g、ごぼう 50g、にんじん 100g

お米 3カップ(180ml/cup)

調味料 濃口しょうゆ 大さじ4 (60ml)、みりん 大さじ1(15ml)

This time, it is a cooked rice that makes the best use of the flavor of shrimp and burdock. Take the time to take the shrimp broth. The flavor of burdock makes it stand out. Then from the material.

Ingredients: dried shrimp 15g, burdock 50g, carrot 100g

3 cups of rice(180ml/cup)

Seasoning: 4 tablespoons (60 ml) of dark soy sauce, 1 tablespoon of mirin (15 ml)

干しむきエビは、2-3日以上かけて、水を適量を入れ、パックで冷蔵庫で、じっくり戻し、だしを取ります。

For dried shrimp, take 2-3 days or more, add an appropriate amount of water, pack it in the refrigerator, and slowly put it back in the refrigerator to remove the dashi stock.

ごぼうは、アルミのたわしで、皮を取り除きます。

For burdock, remove the skin with an aluminum scrubbing brush.

その後、ピーラーで、ささがきごぼう、にします。

After that, use a peeler to make burdock root.

ボールに水を入れて、灰汁(アク)抜きをします。

Pour water into the bowl and remove the lye.

にんじんも刻みます。

Also chop the carrots.

洗ったお米に調味料を入れます。

Add seasoning to the washed rice.

その後、エビのだしとエビを入れ、水加減を調整します。

After that, add the shrimp stock and shrimp and adjust the water content.

その後、ごぼうとにんじんを入れます。そうして、炊飯器で、炊き込みご飯をセットして、炊きます。

Then add burdock root and carrots. Then, set the cooked rice in the rice cooker and cook it.

これが、出来上がりの直後。よく混ぜます。

This is right after it’s done. Mix well.

美味しい自然風味豊かな炊き込みご飯、が出来上がりました。これ、一品でも、食欲をそそりますね。エビとごぼうの風味を活かした、炊き込みご飯、です。是非、作ってみてください。

The delicious, natural-flavored cooked rice is ready. Even this one item will make you appetite. Takikomi gohan that makes the best use of the flavor of shrimp and burdock. Please try to make it.

きゅうりの糠漬けの作り方。How to make cucumber pickled in bran.

Advertisements

今回は、夏の代表野菜、きゅうりのぬか漬けの作り方です。ナスは、その素材に色んなグレードがあり、色を保つために、鉄玉をぬかに入れます。とても、難しいし、その上に、ナスのぬか漬けは、好き嫌いが多いです。今回は、みんな、気軽に楽しめて、誰でも、美味しく感じる、きゅうりのぬか漬けの作り方です。

ぬか床は、初めは、自分で、市販の物で、用意します。私は、パックに入れて、冷蔵庫で、保存しています。それは、何年も前からずっとです。冬は、あまり使いません。もし、カビなどができても、そのぬか床は、捨てず、表面の、カビを丁寧に取り除き、よく混ぜて、丁寧に扱うことです。カビは、表面に生息する物で、そこを取り除けば、綺麗になるからです。

私は、白身魚をみそに漬け込んで、魚のみそ焼きを作ります。そんな時、余ったそのみそをこのぬかに入れて、混ぜておきましょう。とても、美味しい、ぬか床になります。そうやって、色んな「旨み」をぬか床に補給して、大事にぬか床を成長させて、何年も、醸造すれば、美味しいぬか床に成長します。

そうして、ぬか床に水が溜まってきたら、水を取り除きます。乾いた布巾を乗せて、吸い取るようにします。このような感じで、お手入れしましょう。ぬか床が、少なくなったら、ぬか床を足してください。では、今回は、きゅうりのぬか漬けを作ります。

This time, I will explain how to make cucumber pickled in bran, which is a representative vegetable of summer. Eggplants come in a variety of grades, and to preserve their color, put an iron ball in the bran. It’s very difficult, and on top of that, I like and dislike eggplant pickles. This time, everyone can enjoy it casually, and everyone can enjoy it. This is how to make cucumber pickled in bran.

At first, prepare the bran floor by yourself, using a commercially available product. I put it in a pack and store it in the refrigerator. It’s been years ago. I don’t use it much in winter. Even if mold is formed, do not throw away the bran floor, carefully remove the mold on the surface, mix well, and handle it carefully. Mold is a substance that lives on the surface, and if you remove it, it will become beautiful.

I soak white fish in miso to make miso-grilled fish. In such a case, put the surplus miso in this bran and mix it. Very delicious, it will be a bran floor. In that way, various “umami” is replenished to the bran floor, and if you carefully grow the bran floor and brew it for many years, it will grow into a delicious bran floor.

Then, when water collects on the bran floor, remove the water. Place a dry cloth on it to absorb it. Let’s take care of it like this. When the bran floor is low, add the bran floor. So, this time, I will make cucumber pickles.

洗ったきゅうりの水分を拭き取り、塩を適量手に取り、きゅうりの表面をこすります。こうやって、味が染み込むようにします。これをしないと、美味しいきゅうりのぬか漬けはできません。

Wipe off the water from the washed cucumbers, take an appropriate amount of salt, and rub the surface of the cucumbers. In this way, the taste is soaked in. If you don’t do this, you won’t be able to pickle delicious cucumbers in bran.

よくじっくりと、こすります。

Rub it well.

きゅうりをぬか床に入れます。こんな感じです。

Put the cucumbers on the bran floor. It’s like this.

今回は、3本漬け込みます。

This time, I will pickle 3 bottles.

浅漬けが、美味しいです。漬け込みは、2~3日です。直ぐに食べない時は、ぬかの付いたまま、ビニール袋などに入れてぬか床から出します。

Lightly pickled is delicious. Pickling is 2-3 days. If you don’t eat it right away, put it in a plastic bag and take it out of the bran floor with the bran still attached.

こんな感じで漬け込んでいます。あまり、私は、ぬか床は、こんな感じで、少なくしています。2~3日漬け込んで、お水で洗い、切っておくと、とても美味しいきゅうりのぬか漬けができます。発酵食品で、とても健康的な食事になります。

夏は、食欲の無いときは、きゅうりのぬか漬けと、ご飯、お豆腐にかつお節とおしょうゆで十分に健康的な献立になります。きゅうりは、傷みやすい素材なので、こうやって、ぬか漬けにすれば、良いでしょう。たくさん健康的で、美味しい食事を堪能できます。

It is soaked like this. Too much, I have less Nukazuke like this. If you soak it for 2 to 3 days, wash it with water, and cut it, you can make a very delicious cucumber pickle. It is a fermented food and makes a very healthy diet.

In summer, when you have no appetite, pickled cucumber, rice, tofu, dried bonito flakes and soy sauce make a healthy menu. Cucumber is a perishable material, so it’s a good idea to pickle it in bran like this. You can enjoy a lot of healthy and delicious meals.

今回は、夏の代表野菜のきゅうりを美味しく、楽しめる。そんな料理。きゅうりのぬか漬けの作り方でした。是非、作ってみてくださいね。

 

This time, you can enjoy the cucumber, which is a representative vegetable of summer, deliciously. Such a dish. It was how to make cucumber pickled in bran. Please try to make it.

かんたん、すしの作り方。Easy to make sushi.

Advertisements

今回は、皆さまが、簡単に作れる「すし」です。調味料も手の入りやすい、「味の素」の白い粉、で作ります。味の素のこの調味料は、グルタミン酸と言って、昆布の旨味が、沢山詰まった調味料です。良く外国の方は、カツオダシを日本食のダシの代表だと思う方が多いですが、昆布ダシは、隠れたダシの優等生で、昆布ダシこそ、日本のダシの基本です。では、この、味の素の白い粉の調味料を使って、今回は、「すし」を作ります。

This time, it’s a sushi that you can easily make. The seasoning is also made from Ajinomoto’s white powder, which is easy to access. This seasoning of Ajinomoto is called glutamic acid, which is a seasoning filled with the umami of kelp. Many foreigners often think that kelp dashi is a representative of Japanese dashi, but kelp dashi is a hidden dashi honor student, and kelp dashi is the basis of Japanese dashi. Now, let’s make “sushi” this time using this Ajinomoto white powder seasoning.

お米2cup(180cc/cup)を洗い、いつも通りの水の量を入れます。これは、そのお米によって違うので、それは、ご自分の持っているお米に対して、水量を合わせて、入れます。そして、その水量から、100ccのお水を取り除きます。そして、できれば、30分放置して、ご飯を炊きます。すし酢の作り方です。酢のメーカーは、どれでも、大丈夫です。

Wash 2 cups (180 cc / cup) of rice and add the usual amount of water. This depends on the rice, so add the amount of water to the rice you have. Then, remove 100cc of water from the amount of water. And if possible, leave it for 30 minutes to cook the rice. How to make sushi vinegar. Any vinegar maker is fine.

酢100ml,砂糖35g,塩1g,味の素10g(お好みで、砂糖を多くしたり、少なくしても良いでしょう。味見して、アレンジして、大丈夫です。)これを小鍋に入れて、火を入れて、溶かします。ここで、大事なのは、決して、「沸騰させては、いけません。」そうして、炊き上がったばかりの熱いご飯に掛けて、混ぜます。早く冷ませたら、きれいな「すしめし」になるので、風を作って早く冷ませ、ご飯粒を潰してしまわないようにします。ボールは、水で、湿らせておきます。これをしないと、ボールにたくさんご飯が貼り付きます。

100 ml of vinegar, 35 g of sugar, 1 g of salt, 10 g of Ajinomoto (You can add more or less sugar if you like. You can taste it, arrange it, and cook it.) Put in and melt. The important thing here is, “Don’t bring it to a boil.” Then, sprinkle it on the hot rice that has just been cooked and mix it. If you cool it quickly, it will become a beautiful “sushi”, so make a breeze to cool it quickly so that you do not crush the rice grains. Keep the balls moistened with water. If you don’t do this, a lot of rice will stick to the bowl.

今回は、皆さまの手に入りやすいもので、作ります。きゅうり、ハム、にんじん。にんじんは、レンジにかけて、柔らかくします。写真を見てください。材料は、なんでもお好みで、変えて大丈夫です。ハムをウインナーや鳥肉のササミをレンジにかけて細かくしたもの、ハンバーグの細かく切ったもの、魚、色んなお野菜。好きにアレンジしてください。

This time, we will make something that is easy for everyone to get. Cucumbers, ham and carrots. Microwave the carrots to soften them. Please have a look at the photo. You can change the material as you like. Finely chopped ham with a wiener or chicken fillet in a microwave oven, finely chopped hamburger steak, fish, and various vegetables. Please arrange it as you like.

たまご、2つ。砂糖10g,味の素2g,塩1g,これをボールに入れて、混ぜて、フライパンで、スクランブルエッグにします。日本では、うす焼きたまごにして、細かく千切りします。ですが、今回は、簡単に誰にでもできるようにしました。

Two eggs. 10g sugar, 2g Ajinomoto, 1g salt, put this in a bowl, mix and scrambled eggs in a frying pan. In Japan, it is made into thinly baked eggs and shredded into small pieces. But this time, I made it easy for anyone to do it.

今回は、アレンジとして、たけのこすしの写真もあります。これは、たけのこをカツオダシとしょうゆで煮込みます。目安は、10分程度。量によって違います。カツオダシは、和風ダシの取り方を以前に書いたので、これを参考にしてください。そうして、しょうゆを入れて、(味見をして調整。)出来上がったら、細かく刻んで、有れば、ゴマを入れます。

This time, as an arrangement, there is also a picture of bamboo shoot sushi. This is a bamboo shoot stewed in soy sauce and bonito. The guideline is about 10 minutes. It depends on the amount. Katsuodashi wrote how to take Japanese-style dashi before, so please refer to this. Then, add soy sauce (taste and adjust), chop it into small pieces, and add sesame seeds, if any.

スマートに料亭のように仕上げるなら、カツオ節は、取り除きますが、今回は、家庭料理なので、カツオ節も入れたまま、たけのこを煮ています。そうして、仕上げに、大さじ1(15cc)のたけのこを煮たダシを一緒に混ぜ込みます。そうすると、たけのこの味が、楽しめます。料亭では、白いものが、見た目が、綺麗なので、こんなことはしません。今回は、家庭料理のすしの作り方でした。

If you want to make it smart like a restaurant, remove the dried bonito flakes, but this time it’s a home-cooked dish, so I boil the bamboo shoots with the dried bonito flakes. Then, to finish, mix 1 tablespoon (15cc) of boiled bamboo shoots together with the dashi stock. Then, you can enjoy the taste of bamboo shoots. At restaurants, white things look beautiful, so I don’t do this. This time, it was how to make home-cooked sushi.

「すしめし」が作れると、色んなすしにアレンジできます。それに「すしめし」は、腐りにくいのが、良いところです。皆さま、「すし」を家庭料理に取り入れて、みてくださいね。今回は、日本の家庭料理のすしの作り方でした。

Once you have made “sushi”, you can arrange it in various ways. The good thing about “Sushimeshi” is that it doesn’t rot easily. Everyone, please try incorporating “sushi” into your home cooking. This time, it was how to make Japanese home-cooked sushi.

和風だしの取り方。How to make Japanese-style dashi stock.

Advertisements

色んな種類の日本料理の「ダシ」について…。

今日は、日本の家庭料理の「ダシ」の取り方です。

化学調味料にお世話になる事も多いと思います。家庭料理ですので、気楽に読んでください。

※いりこダシ(煮干し)…いりこ(煮干し、小魚)は、頭とハラワタ、中骨を取り除きます。

この作業をしないと、美味しく出来上がりません。

めんどうでも、キチンとこの通りにしてください。

私は、その後、フードプロセッサーで、粉末にして、冷水より入れて、煮出して、「ダシ」にします。

5分ぐらいで良いでしょう。

「うどん」で有名な香川県の「さぬきうどん」は、この「いりこダシ」で作られています。

とても、庶民的で、お味噌汁などにも使えます。

粉末にすると、よく「ダシ」がでます。

そのままでも、良いのですが、気になる方は、不織布の袋等に入れて、取り出すと良いと思います。

※干し椎茸のダシ…このダシは、非常に良い上品な「ダシ」です。

味は、干し椎茸の質によって大きく違います。

高級な「ダシ」は、干し椎茸の肉厚(分厚くて大きなもの)が、大きい程、良いダシが取れます。

それを、冷水と干し椎茸を食品パックに入れて、冷蔵庫に入れます。

日にちが、かかって、戻したら、より良いダシになります。

2〜5日が良いでしょう。

さっと、火を通して、殺菌しましょう。

食品ですから、腐らないように、一週間を目安にして、使いましょう。

茶碗蒸し、お吸い物に良く合います。

※昆布ダシ…30分〜1時間を目安に冷水に浸けておきます。

火にかけて、沸騰してきたら、取り除きます。

沸騰させて、昆布を入れておくと、味が悪くなります。

これは、「1番ダシ」と言います。これは、大変上質ですから、懐石料理等に使われています。

老舗(シニセ)では、沸騰させないように、何時間も煮ます。

※カツオダシ…お鍋に水を入れて沸騰してきたら、カツオブシ入れて、2〜3分間入れて、カツオ節を取り除きます。

これを「1番ダシ」と言います。

これは、大変上質ですから、懐石料理等に使われています。

老舗(シニセ)では、最上質のカツオ節を非常にたくさん、入れて、直ぐに取り出してしまいます。

※「2番ダシ」…1番ダシを取った昆布とカツオブシを、沸騰したお湯に入れます。

5分間程、入れて取り除きます。このダシは、普通の家庭料理に使います。

これは、日本の「家庭料理のダシ」の取り方です。

2番ダシの取った後の昆布やカツオ節は、醤油、みりん、砂糖等で、味付けして「昆布のつくだ煮」も作れます。

日本料理は、非常に繊細です。

Translate »
%%footer%%