鹿児島観光スポット、鹿児島紡績所技師館に訪れる。Visit Kagoshima sightseeing spot, Kagoshima Spinning Works Engineer’s Hall.

鹿児島紡績所技師館は、異人館とも言われてとても優雅な作りです。明治天皇も宿泊されており、非常に豪華な作りです。一時的に移築されたが、従来からある土地に戻され、これは、現存しています。 異人館は、一般的に山手にあることが多い。 しかしこの異人館は、紡績を伝承する英国人のために建築されており、1階は、主に、世話する人、警備する者の居住空間でした。ですから、1階に畳の部屋が存在しています。 紡績工場を稼働するためには、蒸気機関や機械類の組み立て、セッテイング、原料ミキシングの調整、試運転などの相当の専門知識と経験を要した。 英国で機械を買い付けた薩摩の学生に同行した視察員たちは、同時に技術者を鹿児島に招いて自前で創業出来るまで準備と指導を要請しました。 これらの指導料金は、非常に高額でした。そうして、彼らのために建てた宿舎が技術館、通称異人館です。 木造瓦葺きで、コロニアル調レジデンスにはマントルピースも設けられていた。錦江湾越しに桜島を眺める張り出しが特徴的で、竣工当初の回廊部は建具のないベランダだった。 設計は英国人と考えられています。この建物は、世界文化遺産、並びに国指定重要文化財に指定されています。 1885年 島津家28代斉彬が、中村紡績所(現真砂町)設立手織りで錦布を生産。 1865年 島津家29代忠義、五代友厚ら視察団と留学生の合計19名を英国に派遣。 1886年 五代らの帰国後、英国人技師たちが到着。紡績工場と技師館建設に着手。 1867年 紡績工場完成、創業開始。日本初の近代紡績工場と技師館が誕生。 1868年 技術伝承が終了したとして英国人技師、3年の契約期間満了前に帰国。 1872年 大砲製造支配所となり、明治天皇が来て、昼食会場として使用。 1877年 西南戦争に際して、仮病院として使用。 1882年 鶴丸城跡に移築。鹿児島学校の校舎として使用。 1897年 鹿児島紡績所が閉鎖される。 1936年 明治天皇臨幸記念館として保存のため、現在地に移築。 1945年 戦後、連合軍に接収。 1951年 鹿児島市に返還。 1962年 国史館に指定される。 1962年 国重要文化財に指定される。 2015年 「明治日本の産業革命遺産 製鉄 製鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産に登録される。 このような沿革があります。 まず、注目したいのは、英国の技師団の指導年数です。派遣が、1865年。帰国が、1868年であるところである。 当時の技術は、非常に難しいもので、かなり習得に時間がかかるとされていました。数十年の月日がかかるとされていました。ある程度の知識があった日本人でしたが、こうも短期間に取得できるものではないもので、当時は、「東洋の奇跡」と言われたそうです。 織物を作る機械は、非常に高価なもので、4台だったそうです。 その1台が、トヨタ自動車の先代創業の豊田自動織機の記念館が、愛知県名古屋市にあります。私は、そこの記念館に行ったことがあります。 トヨタ産業技術記念館 〒451-0051 愛知県名古屋市西区則武新町4-1-35,ここに当時の機械が保存展示されています。とても興味深く見学したことを今でも思い出すことができます。 少し話は、外れますが、トヨタ自動車の豊田家は、1代で何か、事業を立ち上げることが、伝承されています。ですから、現在トップの豊田章男氏も今、新しい事業を始めているのです。 話は戻りますが、このように、異人館で、世界に話題になる程、短期間で技術を習得できたのは、とても誇らしく感じます。 日本は、産業革命を乗り切りました。これは、日本だけではできないことで、色んな国々の助けがあったからです。世界が連携すれば、不可能が可能になります。 これは、志を高く持ち、相手を尊敬し、互いに信頼があってこそ、出来ることです。時に、人は、近道を選びたくなります。アンフェアで、簡単に物事を処理しようとします。しかし、勉強に近道はありません。 遠回りに見えますが、「ごく当たり前の事」を愚直にすることが、大切です。 それは、簡単なことではありませんが、これは、大きな成果を生み出すことになるのです。 このように、「東洋の奇跡」と言われたことは、とても心に響きました。 1階は、粗末ですが、英国人が居住したとされる2階は、優雅です。 このように今も大切に保存されている異人館があります。 こんなエピソードもあります。明治天皇がいらした時に当時のメディアは、発達していないので、誰も天皇のお顔も知らないので、誰が明治天皇なのか、戸惑ったそうです。今では、考えられないようなハプニングが、あったようです。 歴史を辿ると面白いことが発見できます。ぜひ、鹿児島に行ったら、観光したいところです。 説明カタログから引用があります。

鹿児島県武家屋敷庭園を観光。Sightseeing in Kagoshima Prefecture Samurai Residence Garden.

この通りに面して、屋敷がありますが、実際に住んでいる屋敷もあります。人が住んでいる屋敷は、公開してしている屋敷と非公開の屋敷があります。屋敷は、個人的に所有しているところもあります。 そのようなところは、個人的に手入れされています。実際、その所有者のお話も聞けました。 多くの人は、積み重ねられた整然とした石の美しさだけに、とらわれがちですが、実際のところ、整然とした美さに添えられる植物は、非常に手入れをしなければならないそうで、生きた植物の「整然とした美さ」を保つことは、非常にお手入れが、大変だということです。 岩のたたずみをより一層引き立てる植物が、美しく整えられたお庭をよく味わっていただきたいと感じます。 そこには、美しく整えられた、「静寂」の美さが、皆さまの心をとらえるでしょう。本来、植物は、「動」的なもので、常に生きています。 それを「静」にすることは、非常に、大変な作業になります。では、そんなことを思いながら、知覧武家屋敷庭園群をご覧ください。 武家屋敷庭園は、とても自然美を生かした庭園です。ですから、一番後ろの生垣が、真っ直ぐではないことが、多いです。これは、山並みを表現しています。狭い庭が、大きな大自然を表現しています。 右の小さな入り口が、女性用。左の広い立派な入り口が男性用。昔は、ここまで、男性と女性の区別がありました。 質素な中にも品格がありますね。少し、壁が赤いですが、これは、沖縄地方に近いので、文化的な影響があるのでしょう。 ロケ地になった民家の昔の暮らしを再現しているところもあります。 小さく集められた武家屋敷は、とても効率よく観光できます。 白砂の庭は、写真以上に美しいです。何故なら、そこには足跡も残せないほどの美しさがあり、観光する人々は、礼節をわきまえて、決して、美しさを損なうようなことをしないからです。 このように、武家屋敷を管理する人々、観光する人々、それぞれが、その「美しさ」を守り、受け継がれています。 ぜひ、観光するときは、マナーをわきまえて、楽しんでください。

知覧特攻平和会館で平和の大切さを感じる。Feel the importance of peace at the Chiran Peace Museum.

今回の鹿児島訪問は、3回目になる知覧特攻平和会館は、行きたかった所の一つです。戦争が、不幸な出来事であることと、平和がどんなに幸せであるか、知る、大切な所だからです。 今回は、色んな催しがあり、とてもラッキーでした。撮影は、許された範囲のみの撮影です。 特攻隊は、「三角兵舎」と呼ばれるところで、寝たりして暮らしていました。今回は、戦争のビデオも戦争の語り部と言われる方のお話も聞けました。ビデオは、英訳もあり、館内も英語が充実していますので、海外の方もご覧いただいても満足できる環境です。 特攻隊の遺書は、米国のパールハーバー戦艦ミズリー記念館にも、一部移動したようです。このような形で、平和の大切さを共有できることは、非常に嬉しいことです。 そうして、ここに不時着した特攻隊の戦闘機が、1980年に海底から引き揚げられ、展示されています。 ここは、三角兵舎。私は、ここに足を踏み込むことはできませんでした。特攻隊が寝泊まりしたところです。 戦況が悪くなり、兵力がなくなる中、14歳で戦死した兵士もいます。これは、兵士と言うより子供です。こんな悲劇は、2度と起こしてはいけない。 お母さんが、特攻隊の世話役をしていた男性の語り部は、色んなことを話してくれました。監視役から隙を狙って、遺書を女性に手渡し、人を次々と通してそのお父さんに遺書が手渡されたそうです。急いで、知覧に行くとまだ息子は、飛行していなかった。そうして、旅立つ、その前日は、寝ることもできない息子の手を握り締めて、横にずっと添い寝して、声をそっとかけ、一晩過ごしたそうです。 そうして、特攻隊として、旅立つ日を待ち、涙で、飛び立つ姿を見送ったそうです。 死ぬ日の前日は、情緒不安定になり、多くの若者は布団をかぶり、声をひそめて泣いていたそうです。寝れない日々を過ごしたそうです。 そんな話を聞くと、死を目の前にして、人は弱くなることを知ります。 韓国は、慰安婦問題を女性を侮辱していると、主張しますが、私は、男女のことなので推察ですが、そう乱暴なことばかりが跋扈しているとは、考えにくい、と感じました。 色んなことを多角的に考えて欲しい、と感じます。 ここには、魂の昇天する様子が描いてあります。 戦争は、人々を不幸にします。これは、国境を超えます。 鹿児島には、韓国の人々の慰霊の碑もあります。日本は、心から韓国に対して、お詫びをし、心から反省しています。今、韓国と日本は、あまり関係が良くありません。 ですが、同じ人間です。過去を責めるのではなく、未来に目を向けて、一緒に歩む、そんな関係になれば、幸せです。 同じ、人間です。世界中の慰安婦像がなくなりますように。 そうして、皆さまが、心から安心できる、そんな世界になりますように。 Chiran Peace Museum

鹿児島「砂むし温泉」体験記。Kagoshima “Sandmushi Onsen” experience report.

今回は、鹿児島の旅にご案内します。鹿児島は、日本は沖縄が返還される前は日本領土の最南端です。ですから、色んな歴史が刻まれています。楽しい思い出と共に、日本の抱える難しい問題が散見できるところです。さあ、鹿児島の旅を一緒に楽しんでください。 ここは、鹿児島の中でも最南端の地域で指宿です。前にも何度か鹿児島に行きましたが、ブログに記録したいのとまた行きたくなりました。温暖でのどかな国民性で、自動車の運転もゆっくりです。平均50-60km/h。北海道は、皆さま100Km/hは平気で出すので、少し怖い思いでしたが、鹿児島は、のんびりして自動車運転ができます。以前は、ひっそりとしていた町営の指宿温泉です。山川砂むし温泉、さゆりです。景色は海岸沿いで、とても自然を堪能できます。 ここが、入口と景色です。 ここの温泉は、地熱を利用しています。こんな感じで、温泉に入ります。 おお!温泉です!これは、砂遊びではありません。 どんどん、砂を盛られます。重い!心配して、ここから、自分で起き上がれますか?と他の人が、質問したほどです。重い!どんどん砂を盛られます。出ているのは、顔だけです。重い! このまま、放置されます。時計が設置されていて、「20分間」を自分でカウントします。途中で、熱くなった人は、モゾモゾと足指を砂から出したりします。ここで、重要なのは、同じ温泉でも、熱い所と普通のところがあります。だから、熱いところの人は、20分間耐えれない人が、出ます。これは、運試しです。どうなるかは、わかりません。私は、腰が、痛くなって、砂から這い上がれませんでした。普段、腰を捻ってお布団で寝る癖が、あるからです。普段は、何ともない腰ですが、温泉の効果があったのでしょう。それから、私は、寝る姿勢を変えることにしました。 外に出れば、無人の販売所があり、温泉で蒸した、卵や野菜が販売されています。ここで、秋のさつまいもを食べました。私が行った時は、50円でした。とても素朴な感じで、美味しかったです。 とても細い道で、カーナビだけでは、なかなか行けないので、途中の看板を見つけながら、自動車で行ってみてください。急な坂道を下ると温泉があります。 砂むし温泉だけでは、物足りない人は、お湯の温泉とセットになった温泉券が販売されています。ここでは、シャンプーやボディソープはありません。ただ、温泉のお湯で砂を流す、お湯の温泉です。ですから、シャンプーなど、したい人は、共通券を購入することをおすすめします。 鹿児島に行ったら、この温泉は、ぜひ経験してください。思わず、笑いながら、入る温泉は、楽しいです。

Translate »
error: Content is protected !!