Remotely control the air conditioner with a smart plug.

The air conditioner is not completely controlled by the smart plug, but you can build a very good system. You can only switch on the air conditioner with the remote control of the air conditioner. However, you can turn it off remotely. If you can be controlled in two steps. If you turn it off… Continue reading Remotely control the air conditioner with a smart plug.

駐車場シェアリングサービスの営業マンがきた!A salesman for a parking lot sharing service has arrived!

家に居ると、突然「ピンポーン」とインターフォンが鳴った。セールスマンでは無い様子。で、応対に出てみた。同じ、セールスでも、売りつける方ではない。 一応、儲け話である。日本の損害保険会社の運営している駐車場シェアリングサービスに登録しないか?、との案内でした。 自宅駐車場の使わない時間帯を駐車場として運営しませんか?と、誘われたのです。スマホアプリで駐車場を探して予約するらしい。そのアプリは、akippaである。とても有名なアプリサービスです。 会員制で、コインパーキングと違い、予約して、駐車場が確保できるのが、利用者にとって良いそうです。 立地は、そんな都心の一等地ではない。しかし、近くには、マンションもある。オーナーは、運営会社から、売上金の50%を取られる。今、家族会議中です。見込み金額は、たかが知れてる。 それも、売上が、3,000円以上でないと、金額は振り込まれない。駐車場で、事故があったら、損害保険会社が補償するらしい。そんな案件である。 自宅駐車場のシェアリングである。 私の家族もそのアプリを使って、実際に利用したこともある様子。みんなやってみれば?なんて、言う。けれども、なんか、家の敷地に他人が入るのは、抵抗がある、なんて声もある。 その営業マンは、よく物件を見ている。さすが、プロである。駐車場の前の道路が広い、と言う。そうして、屋根付き、を狙っている。 しかし、どうやって、選ぶんだろう。こんな、冴えない我が家まで、営業に来たのだから、相当回っているんだろう。 フリマアプリで、不用品を売るより手間は、無い。商品も要らないし、設備投資も要らない。駐車場は、確かに空いている。使ってもらえるのは、嬉しい。 しかし、反対意見もある。 凄腕さんは、駐車場付きの賃貸物件を借りて、自動車を持たず、駐車場シェアリングに出して、家賃を安くする人もいる。 しばらく、悩む日が、続きそうである。ただ言えるのは、どうして営業にわざわざ来たの?って聞きたい。こんな冴えないお家なのに! 私は、駐車場に困る地域なの?ってとても疑問に思うからです。事態が発展すれば、また、報告します。

「裕福」な人の共通点。What “wealthy” people have in common.

最近、街に出掛けることが無かった。何故なら、オミクロン株の流行がある。感染症としては、毒性は弱くなったけれども、感染力が強い。なので、尚更、外出ができない。だから、時間をずらして夜に出掛けた。久しぶりに出た街は、閑散としていた。そう、夜間だから。 しかし、この感染症が、跋扈する中、若者がちらほらいる。明日は、平日です。けれども、それは、関係無い若い人々なのです。格好は、一見、オシャレに見える。でも、やはり、この人々は、ちょっと違ったのです。どう、違うか、多分、予想できる人は、いない。ファッションは、オシャレ。昔は、着るもので、貧富の差が分かった。けれども、それは、近代の技術革新により、分からない程、安価で、高品質なものが、買えるようになった。 私は、インターネットで、時々、洋服を売る。もう、売る洋服もあまり無い。何故なら、洋服に飽きたからです。だから、もう、ファッションなんて、ほどほどで、ベーシックな装いで、満足するからです。 けれども、人は、無駄をする。無駄の無い人生は、つまらない。だから、「健全な」無駄は、人生において、余裕をもたらす。だから、ケチにはなって欲しくない。その無駄は、いつしか、不要に感じるようになるからです。 話は、戻るけど、平日前の夜を楽しむ若者は、見かけは、ごく普通で、オシャレな人々なのです。けれども、この人々は、生活に困っているな、と分かる。だから、とても印象に残った。彼らに共通するのは、「匂い」である。着回しの「中古」の洋服を着ている。洗濯をすると、古びれるから、洗濯を極力避けている。だから、「匂い」が違う。微かで、分かりにくい。 でも、分かる人には、分かる。ああ、中古の洋服を洗濯回数を減らして、洋服を「見かけ」は新しい。けれども、「匂い」は、する。見かけとは、違う、お財布の中が、透けて見えるようだった。だから、もうブランド品の洋服なんて、要らない。 清潔感が、これからの「豊かさ」の「トレンド」になる。 そう、香水では無い。香水は、不衛生な人々が、体臭をゴマかすための物です。毎日、シャワーを浴びて、清潔な衣類を身にまとうことが、豊かさの象徴になる。毎日、洗濯し、毎日着替えることは、非常に贅沢なことです。このような生活を味わうことが、本当の「豊かさ」になる。 日本は、フリマアプリもある。だから、お金がない人でも、中古で、ブランド品が買える。だから、見かけでは、分からない。だけど、生活臭、とか、そういうものは、ゴマかすことはできない。だから、着ているものは、普通で良いな、と思った。 そうして、すれ違った時に、清潔感のある洗濯の香りがすれば、最高です。そんなことを感じた。私は、外出する直前にシャワーを浴びることがある。人と会う時のマナーだと思う。ああ、あの人いい香りがする。清潔感のあることは、非常に大切で、これは、非常に大切なマナーだと感じた。 この感染症は、人々の衛生観念の大切さを教えた。そうして、私は、日々、衣服や自身の清潔にすることが、「豊かさ」の指針になることに気づいた。清潔であることは、「豊かさ」の尺度になる時代になったのです。

ライフスタイルと家具。Lifestyle and furniture.

日本人は新品未使用品が好きです。他の国では、古い錆びた釘でもビンテージ品として流通しているとか、聞いた事があります。これは、直接話を聞いた訳ではないので、本当かどうかは、わからない。けれども、ビンテージ家具とか、大切にされた古いものが海外には多くある。そうして、私は時々、以前、中古品店を訪ねて商品を見るのが大好きでした。けれども、それは、物があまりに増えるので辞めてしまった。 本当に良いものが、捨てられていて、つい買ってしまうからです。ブランドの無垢のパイン家具が、販売されているのを見つけました。とても綺麗な状態ではない。手入れの仕方を知らないまま、購入して、汚くなって捨てられた物でした。 それを、綺麗に補修して、ブライワックスというワックスをかけました。これは、高品質なもので、英国王室の御用達のものです。私は、オールドパイン色をその家具にワックスを丹念にかけました。初めは、私の家族たちは、こんな汚い家具をそんなに集めて、びっくりしていました。 けれども、とても上品に仕上がった家具を見てみんな黙り込んでしまったのです。だから、本当に、良いものを持っていたとしても、そのお手入れが、できなければ、値打ちは、下がる。 ふと、立ち寄った家具販売店で、ダイニングセットを一目惚れしました。素材は、集成材。その時は、家族は、反対して買えなかった。後日、違うお店で色違いを見つけた。私は、とても欲しかったので、家族に相談したのです。そうして、そのダイニング家具を買いました。 デザインが気に入ったのです。通常、ダイニングテーブルは、半年で、デザインが変わる。とても移ろいの激しい商品です。けれどもこのシリーズは、多分、10年は、軽く過ぎてまだ現在でも、販売されているのです。その商品の名前をここの読者にお伝えしようと思います。私は、ミキモクという会社の「雅(ミヤビ)」というシリーズの7点セットを購入しました。 お値段も、私の買った新品購入価格より新品販売価格は、今は2倍になっています。 だから、使いやすいものは、長く愛用されるのです。高価な素材ではない。ラバーウッドと呼ばれるゴムの木で、ゴムが採れなくなった25-30年の樹木を材料にする。だから、安物だと、とにかく日本では、評価が、低い。けれども、素材は、硬い方だし、ダイニングにそう、高価な物は要らないと思った。まあ、使いやすいのが、良いな、と思い購入した商品でした。 そうして、以前使っていたガラステーブルのラタン製のテーブルは、両親に譲りました。椅子は傷んでいたので、別途購入した。とても軽いので、高齢者には良いようでした。 こんな感じで私は、住まいに応じて、色んな家具に愛着を持ちながら、生活しています。素材の良い家具は、重い。私は、10回以上引っ越ししているので、それなりに家具は、傷ついています。だから、重い家具は、良いものだけれども、私のライフスタイルには合わないのです。 日本は、そんな家も大きくない。けれども、私は、狭い家が大好き。なぜなら、掃除が少なくて済むから。人の価値観は、色々あるけれども、住まい方は、その人の人生が出る。 私は、少し、物が多い。悩ましい。多趣味なのも、道具が増える。だから、ブログなら、空間だからものが増えないと思い始めた。しかし、そうはなりませんでした。人は、電子書籍など読むらしい。けれども、私は、紙の本が大好き。だから、本がたくさんになって、います。そう、文字が、大好きになって、読書の機会が増えました。色んなことをしている。だから、周りから、色んなサポートをされて今の私がいます。私をサポートしてくださっている方、この文章を読んでくださる方、色んな人々に支えられて、今の私がいます。毎日、ありがとう。

人生の生き方How to live life.

皆さまは、「竹刀(シナイ)」は、多分日本人なら知っている。これは、剣道で使う道具です。この竹刀は、竹でできています。 もう一つ、よく似たもので、「木刀(ボクトウ)」。これは、木でできた刀です。この「木刀(ボクトウ)」は、とても硬いです。 「竹刀(シナイ)」は、とても軽くて弱そうに見えます。この木でできた「木刀(ボクトウ)」は、一見強そうに見えます。硬くて大きな破壊力があります。しかし、「木刀(ボクトウ)」は、強い力を加えると、折れます。 ですが、「竹刀(シナイ)」は、とても軽くて、弾力があり、その力を、華やかに、かわします。だから、なかなか、壊れません。 一見、強そうに見えるもの、人が、本当は、弱くて、弱い人が、本当は、強いかもしれません。なぜなら、そこには、弾力という、柔軟性があるからです。 だから、力があるから、必ず強い訳ではありません。弾力のある「竹刀(シナイ)」は、一見軽くて弱そうに見えます。 けれども、それは、見かけだけで、本当は、強いかもしれません。 なぜなら、柔軟性があるというのは、物事に対して、多面的に対応できるからです。だから、本当に強いという定義は、非常に難しいと感じることが多いです。 だから、色んなことで、悩んだり、苦しんだりしても、それは、力の強いものが、最後に「勝つ」訳ではありません。 「勝つ」という定義も難しいです。なぜなら、「勝つ」ことは、孤独になることが多いからです。多くの人々に囲まれていても、どこか、距離を感じるのです。 人は、やはり、孤独は悲しいものです。しかし、多くの人々に囲まれていても、それは、本当のつながりではないかもしれません。 だから、「ありのまま」で生きていける力をつけて欲しいと思います。 何も、良い格好をしなくても良いのです。ただ、ひたすら、「自分」は、こういう存在、だと思って、生きて欲しいと思います。 時に、人生は、「欲望」が強く、その目標に向かっていきます。これは、とても、素晴らしいことです。 でも、時々、休みたくなる事があると思います。そんな時は、飾らず、「ありもまま」の弱い姿でも良いと思うのです。そうやって、人生は、続きます。 良いこともあれば、悪いこともあります。積み重ねることによって、人は大きく成長すると思うからです。 「弱さ」を見せることは、とても勇気が必要です。けれども、それは、人である、ことの証拠です。だから、弱くても、良い。 「竹刀(シナイ)」のように、それは、柔軟性があって、適応するからです。強いものは、多分どこかで、疲れます。 「木刀(ボクトウ)」のように折れます。だから、「しなやか」に生きてみると、人生は、そう悪いことばかりではなく、良いことも、待っているから、希望を持って、いたいものです。 そう、一息つきながら、のんびりいきましょう。 You probably know “Shinai” if you are Japanese. This is a tool used in kendo. This bamboo sword is made of bamboo. Another similar thing is “Bokken”. This is a sword made of wood. This… Continue reading 人生の生き方How to live life.

節約。金銭感覚を育てよう母の日のプレゼント。Savings. A gift for Mother’s Day to develop a sense of money.

日本では、5月の第2週目の日曜日は、母の日、と言って、お母さんにプレゼントを贈る、習慣があります。 その母の日にお決まりのパターンがあります。 それは、カーネーション(花)をプレゼントします。 私は、プレゼントやお祝い、を派手にしたり、しません。 そこには、母の強烈なほどの金銭感覚が、受け継がれています。 母は、商売人の家に生まれています。 私は、幼い時に、お小遣いを貯めて、カーネーションを、プレゼントしました。 初めてのことで、ドキドキ、していました。 そうすると、母は、「これ、私のお金で、買ったのね。」と、言い放ち、ありがとう、の一言もありません、でした。 確かに、お小遣いは、家庭から、もらったものでした。 それも、一年で、カーネーションが、一番、お高い、時期です。 ここまで、言われると、とても、毎年、お祝い、なんて、できない。 こんなことも、ありました。料理が、したいので、オーブンを買ってもらいました。 そうすると、母は、誕生日やクリスマスになると、ケーキを焼くように、いつも、私に言います。 そして、わずかな予算で、ケーキを作ることしか、できないほど、予算は、削ります。 ですから、クリスマスシーズンの、お高いイチゴなんて、とてもじゃないけど、買えません。 ですから、缶詰のフルーツを買って、チェリーや、パイナップル、ピーチなど、色とりどりにして、なんとか、作っていました。 そして、お正月(一年の始まりを日本は、オショウガツと言って、お祝い、します。)になると、又、指示が出ます。 鯛の姿焼き、を作るように、言います。 鯛を串に刺して、踊っているようにして、オーブンで、毎年焼いていました。 鯛の姿焼きは、お高い、です。ですから、自分で作って節約していました。 お誕生日お祝いなんて、小さい頃は、していたけれど、ケーキを焼くのも、もう、どうでもよくなりました。 イチゴのお高い時期に、手作りのケーキにイチゴをのせるのは、不経済、だと思います。 そんな、経済感覚が、身についています。 小さな節約は、後の、大きな成長になります。 工夫をして、いかに、楽しむのか、そこには、知恵が生まれる、原点、が、あります。 カーネーションは、とても育てやすい、お花です。 タネを買って、たくさん、咲かせるのも、ステキだと思います。 知恵を使って、より良い、暮らしにしたいですね。 In Japan, the second week of May, Sunday, is Mother’s Day, and there is a custom of giving presents to mothers. There is a fixed pattern… Continue reading 節約。金銭感覚を育てよう母の日のプレゼント。Savings. A gift for Mother’s Day to develop a sense of money.

今のウェブ、SNSに必要なこと。What you need for today’s web and SNS.

日本には、日本版SNSがあります。 この現状を書いてみたい、と思います。 今のツイッター社やフェイスブック社の将来を見分ける上で、重要になる、と思いますので、今後の展望を書いてみたい、と思います。 何も、対策をしないのなら、この場は、将来的に、誹謗、中傷の場、そして、裏情報のやり取りの場になるでしょう。 これは、日本での、「2ch」(2ちゃんねる)と呼ばれるサイトを参考にしています。 このサイトは、インターネットの黎明期において、とても、インターネットやパソコンのスキルの高い人が、色んな情報を交換していたサイト、でした。 ですから、匿名では、ありましたが、とても有益な情報が、得られる場所でした。 みんな、とても、親切で、とても、良いサイトでした。 ところが、今は、荒廃して、人の悪口や、変なうわさ話をしたりする、サイトになってしまいました。 サイトは、情報交換もしている所もありますが、それも、嫌がらせで、話をそらして、そのサイトを潰そうとする者が、現れるので、やはり、良い情報は、得られるサイトでは、ありません。 幾つもの、スレッドがありますが、これは、もう、発言の「自由」は、ありますが、そこには「責任」がありません。 そのサイトは、汚いことばで、埋め尽くされています。 時々、そこに、真実が、混ざっていることもあります。 それを見つけるために情報を探す人もいますが、「真実」か、どうかは、自分で判断しなければ、なりません。 このように、広く一般的になる、という事は、「自由」という特権を、デジタルの場所で、身勝手な発言することになります。 これは、自分を優位にしたい、欲求から、です。 リアルの世界で、不満を募らせ(つのらせ)、そして、はけ口にします。 ですから、悲しい現実ですが、インターネットが、普及する事は、何かしらのルールが、必要になります。 SNSは、とても、このサイトのようになる可能性を持っています。 事実、日本では、SNSで、誹謗、中傷で、心が傷ついて、自殺した方がいます。 これは、社会的に問題になっています。 このような事は、色んな国で、起こっている事でしょう。 ですから、ウェブやSNSは、何らかの規制が、必要になりますし、実際、このような事になっています。 今後、どのように運営するのかは、非常に大切ですし、人間は、「自由」である事は、「自己主張」だとして、「無責任」に「発言」します。 ウェブのリテラシーやルールを学校教育で、又、色んな場で、学ぶ、機会を作る、必要があります。 これは、道徳心が有れば、自然に、身に着きます。 ですが、これは、理想で、現実的では、ありません。 ウェブの環境にルール、これは、法律のようなものです。 これを、作って、しっかりと運用していく必要があります。 そして、そこで、ルールを守って、しっかり、健全なウェブ、に育つことを、私は、提言します。 In Japan, there is a Japanese version of SNS. I would like to write about this current situation. I think that it will be important… Continue reading 今のウェブ、SNSに必要なこと。What you need for today’s web and SNS.

ウェブ、SNS、インターネット、ブログを経験した感想。Impressions of experiencing the web, SNS, the internet, and blogs.

日本のインターネットWebニュースサイトの第一人者が、インターネットをする人は、「ヒマな人」「賢くない人」の者がするのが、Webだと書いていた。 その人は、インターネットの黎明期にタイミング良く入り、そして、これ以上の「賢くない記事を書く才能が、尽きた」と言って、早々に退場しました。 私は、この頃のWebを経験したくて、Twitter を手始めに、してみました。 そこには、何とも言えない、雰囲気があります。 これは、話が長くなるので、又、別の機会に書いてみようと思います。 Webが、庶民に受け入れられることによって、レベルが、落ちた。 これは、pc、パソコンが、500,000円した時代からすると、格段に落ちた。 端末が、数万円で、買える時代とは、全く、Webを使う人の、「人」が変わる事です。 ですから、私は、この「ブログ」も始めてみました。 感想は、まあ、割に合わない、というところです。 この「ブログ」を維持するのも、維持費が掛かるし、内容を充実するには、とても色んな情報を散りばめる。 普通、このような「情報」は、得る為に「インタビュー」すれば、対価として、金銭を貰うのが、社会通念であるはずです。 これを、うまく、抜け道を使って閲覧する人が居るし、Webには、「心ない人」が、たくさん居るから、もう、こりごり、だと言うのが、正直な感想、です。 ですから、多分、私は、数年後には、Webを「閲覧」するだけの人になっている可能性が、高い、と思います。 うまく、要領良く、その時だけの「受け」を狙って書かれたものが、蔓延る(はびこる)Webに「残念」で、その「賢くない人」を経験した、結果、このような「答え」に、なりました。 ですから、今、Webで、成功している人もこれは、長く続くことは、無い、と思う。 だから、一番、大切なことは、リアルの世界を大事にして、成功するのが、一番の王道、だと思います。 今のWebは、そういう世界で、ある事を知って欲しい、と思います。 これからの「多くの時間」をWebに注ぐ、必要は、無い。 Webは、寡占化されており、これからもっと、「不自由な世界」になっていくから、です。 今回は、「賢くない人」、「バカな人」を経験した、結果の感想です。 私は、密かにこの予想が、外れる、位の、Web業界の運営のあり方が、変わると良い、と思い、提言をしているのも、あります。 なぜなら、日本には、こんな、ことわざ、が、有ります。 「悪貨は、良貨を駆逐する、アッカハリョウカヲクチクスル」つまり、良いものは、悪いものに、よって、無くなる、という、意味です。 One of the leading Internet Web news sites in Japan wrote that the people who use the Internet are those who are “free people” and “unwise people”. The man entered… Continue reading ウェブ、SNS、インターネット、ブログを経験した感想。Impressions of experiencing the web, SNS, the internet, and blogs.

アンドロイドスマートフォンの安全性。Android smartphone safety.

アンドロイドのスマートフォンは、以前も機会があれば、購入していたし、Windows phoneもコレクションとして持っている、ガジェット好きです。 この度は、スマートフォン2台持ちをきっかけに、アンドロイドのスマートフォンを持ってみての感想は、以前のイメージを無くしたものでした。 それに、アンドロイドのGoogle Play プロテクトが、何より、すごいので、レポート、してみようと思います。 I like Android gadgets, which I’ve bought when I have a chance and have Windows phone as a collection. This time, when I had two smartphones, my impression when I tried to bring an android smartphone was that I lost the previous image. Also, Google Play Protect for Android… Continue reading アンドロイドスマートフォンの安全性。Android smartphone safety.

スマートフォン,アンドロイド,マックブックのセキュリティ設定の方法。How to set security for smartphones, androids and macbooks.

今回は、スマートフォン、アンドロイドのセキュリティーを自分で設定、管理する方法です。 これを契約すると毎月の支払いで大変ですね。 ですから、ご自分で、頑張ってしてみましょう。 セキュリティソフトウェアは、月額課金制で、アプリで販売されていますので、自信のない方は、これをお勧めします。 アンドロイドは、いろんなインストール方法があります。インストールの難しい時は、自分の使っているセキュリティソフトウェア会社にオンラインサービスを受けるか、電話でサポートを受けましょうiPhone、iPadのosは、必要では、ありません。 MacBookは、セキュリティが、必要なので、私はセキュリティソフトをインストールして、セキュリティを強化しました。 このようにして、節約して、スマートフォンを2台持つのも、良いと思いますので、参考になさってください。 私は、windows のpc、パソコンもセキュリティをしています。このようにして、節約して、スマートフォンを2台持つのも、良いと思いますので、参考になさってください。(スマホ2台持ちは節約と通信補強になるHaving two smartphones saves money and strengthens communication.) This time, it is a method of setting and managing the security of smartphones and androids. If you sign up for this, monthly payments will be difficult. So let’s do our best.   The security software is a monthly fee… Continue reading スマートフォン,アンドロイド,マックブックのセキュリティ設定の方法。How to set security for smartphones, androids and macbooks.

Translate »
error: Content is protected !!