読者の意識調査にご協力ください。Please cooperate with the reader’s awareness survey.

読者の意識調査にご協力ください。
Please cooperate with the reader’s awareness survey.

不動産投資の不動産収入。Real estate income from real estate investment.

私は、築古の団地を賃貸しています。 今、入居している物件の利回りを計算してみたので、ご報告致します。 表面利回り14%、です。 けれども、そこに、結構お高い、修繕積立金が、あるので、それを差し引くと10%程、の利回りです。 ですが、不動産には、固定資産税、私は、法人でしていますので、法人税も払います。 ですから、そういうのを差し引くともう少し、利回りは、低いです。 築古は、上手くいけば、良い利回りですが、とても難しい、です。 私のこの物件は、不動産会社が、リフォームして、分譲と賃貸で、募集していたものです。 購入したのは、6月でしたので、春の入居シーズンを逃した売れ残り物件でした。  ですから、とても不動産会社は、色んな意味で、ほっとしていた物件です。 値切りはせずに、そのままの価格での購入でした。 しばらく、そのまま、で、募集しましたが、入居者も付かずでした。 私用で忙しいのもあり、しばらく募集をかけていましたが、入居者は、決まりませんでした。 ですので、再リフォームをかけることにしました。 その際に不動産会社からリフォーム会社を紹介してもらいましたが、私の納得できる業者ではなかったので、お断りしました。 そうして、自分で、業者を探しました。 請け負ってくれるはずだった業者には、断られた事もあります。 不動産会社には、取引業者があります。 ですから、「ナワバリ、持分」があります。 そして、私は、1人で、業者を見つけ、今もその業者と、お取引があります。 建築業界は、「一見さん、イチゲンサン」(京都発祥の言葉で、一回限りのお客さん、という意味です。)とは、お取引は、嫌います。 ですから、業者を決めて、お取引をして、リフォームをしています。 一枚、一枚の名刺は、お取引の大事なリストです。 再リフォームをかけた物件は、リフォームしている間に、入居者が決まり、完成を急ぎました。 とても、良い方に入居していただいております。 とても、人気があり、殺到したので、こちらは、入居者を選ぶことが、できる程、でしたので。 そこで、面白くないのは、不動産会社です。 今、賃貸管理をそのご縁で、そのまま、続いていますが、とても入居者に良くして、要らない修繕の話を持ってきたりします。 なので、集金だけ、お願いして、自分で、管理は入居者からくるようにしました。 ですから、大きなお金の動く世界は、一歩間違えると、大変なのです。 不動産業界に長く身を置いている不動産会社の方のお話も「ドロドロした世界だ」と言います。 ですから、不動産会社とは、程良い距離を持って、お付き合い、です。 このように、入居の決まらない物件でも、その人の手腕で、人気物件になります。 ですが、それには、リフォームのセンスもあります。 物件は、主婦、女性が、選ぶので、女性目線になってリフォームすると良いです。 ですから、女性の方が、向いているかもしれません。 その上に、業者選びは、大切です。 いくら、良い物件にしても、高額では、利益はでないし、その予算の、付け方も、センス、が必要になります。 ターゲット層にアプローチした物件、作りが、大切、です。 このように、不動産投資は、とてもコミュニケーションは、大切です。 簡単ではありません。 比較的、新しい物件は、築古物件よりも、難易度は下がりますが、選ばれる物件になるには、やはり、工夫が、大切です。 そのあたりは、銀行の方も良く知っていて、お話をしていた時に、アクセントクロスですね!とか、お話がありました。 アクセントクロスとは、一面だけ、違う壁紙を貼って、良い印象を持ってもらう、方法です。 そのように、皆さま、色んなことを、工夫しています。 私は、アクセントクロスは、使っていません。 限られた予算で、人気のある物件にするのかで、成績は、違ってきます。 私は、借金が恐いです。 ですから、現金購入です。 ですから、レバレッジもかけません。 だから、お安い物件で、コツコツ、やっています。 I rent an old… Continue reading 不動産投資の不動産収入。Real estate income from real estate investment.

ウイルス感染病院のシステム。Virus infected hospital system.

私の行ったコロナ専門病院の話が、役に立つと良いと思い書いています。以前の記事にも書いたけれど、その病院に入るには、列があって、そこにテープで、区切りがあった。ソーシャルディスタンスです。警備員がそれを守られているか、見張っている。 そうして、病院の入口で、入る時に、消毒液で、手を出して消毒します。同時に、看護師が居て、検温する。合格すると、全員に問診票に検温温度を書かれて、先ず、テーブルと椅子のあり、そこに座る。そうして、ペンは、プラッチック製のえんぴつの芯が、付いたペンを1本渡されます。 そうして、その検温温度の書いた用紙に、2-3日中に発熱とか、吐き気とか、書く欄があります。そうして、診療科目、付き添いなら誰の付き添いか、書く。そうすると、用紙は、回収、えんぴつは、箱を差し出し、そこに入れて、回収します。一回限りで、消毒されて、又使われます。 もちろん、みんなゴム手袋にゴーグル、マスクをしています。もちろん、椅子は、一度座れば、消毒します。そうして、透明ファイルに受診票と共にその問診票が差し入れられて、渡されます。そうして、受診科に向かう。 今回は、2階だった。ゆっくりとエレベーターに乗り、2階に上がります。そうして、2階の受付で、受診票を出して、もう一度問診票を書きます。これは、受診科目の診療のため。待合室は、そう、椅子は、並んでいるけれども、座っては、いけない、席は、テープで❌にしてあります。 そうして、「中待合室に呼ばれるまでは、入らないでください」と書いてポスターがありました。その中待合室に入る入口には、消毒液がありました。医師が使うのと、同じ、消毒液です。だから、待っている間も使えるし、必ず、その待合室に入る時に消毒液で消毒する。 看護師も、医師も、ベルトに消毒液を吊る特殊なベルトを使っていました。そうして、そのベルトに消毒液を差し込んでいました。もちろん、ゴム手袋は、しています。でも、患者が変わると1人1人、消毒します。 手出して消毒液を付けて、診察です。もちろん、1人ごとに、椅子は、消毒しています。そうして、入ると、ゴーグルとマスクをした医師が、改めて机の上にある消毒液で、手を消毒します。もちろん、看護師も皆んなゴーグルをしています。受付は、透明のカーテンを天井から下ろしています。 診察が終わると、検査がありました。それは診療票を持って、もう一度、診療科の受付に行きました。そうして、こう言いました。「真っ直ぐ行って、そこで、検査します。そしたら、今度は、エレベーターで、1階に降りてください。」 そう、上りは、エスカレーターで、下りは、エレベーター、と動線が決められていました。そうして、1階でも検査がありました。そうすると、奥のコーナーから手前のコーナーの検査室と順序良く、動きが決められていました。その度に、指示がありました。 そうして最後は、会計をしますが、自動化されていて機械で、無人化されていました。だから、職員との接触は、ありませんでした。もちろん、入口と出口は違います。動線を決められています。 このようにして、指示されながら、移動して、徹底的に消毒し、その消毒液は、医療機関用の高級な物を希釈せずに使われています。今回は、コロナ専門病院の総合診療科に行ったお話でした。 コロナ患者とは、全く接点が有りません。これは、入口も違います。それは、とても工夫されているようでした。このお話が、コロナに困っている国々に伝われば、嬉しいです。 今回は、コロナ専門病院の一般科目を訪ねた時のお話でした。困っている国々に少しでも、参考になりますように。皆さま、頑張りましょう。 I hope that the story of the Corona Specialty Hospital that I went to will be useful. As I wrote in the previous article, there was a line to enter the hospital, and there was a tape break. It’s a social… Continue reading ウイルス感染病院のシステム。Virus infected hospital system.

資産運用に株式投資。Stock investment in asset management.

最近は、インターネットでの、株主総会が、たくさん始まった。以前は、参加を諦めていた株主総会です。その中での株主からの発言に「この会社は、テンバガーだったのですね。」と言う発言が印象的でした。そう、10年以上持っておけば、そうだったのです。 投資としての株式は、個人差がある。けれども、この発言が示しているように、長期で、良い銘柄を持てば、そう何もしなくても、増える。私は、最近取得した銘柄です。だから、まだまだ、そんな大きくは資産は膨らんでいない。けれども、この銘柄は、お気に入りで、そんな動かすつもりは、無い。 テンバガーが、私の持った時点から、又、時間をかけて、テンバガーになる確率は、分からない。けれども、今のところ、動かすつもりは、無い。自信がないのもある。ドンドン動かして、資産を増やして、億単位の資産を築いている人も居る。けれども、私は、それには、向かないようです。 何かで、知ったけれども、株式投資をした人は、死んだ時に遺族がその株式投資の利益を見てびっくりするそうです。長期に持った人は、成功者が多い。多分、多くの損失をすれば、途中で挫折する。 私は、バブルの時に、ある株式を放置した。なんと、15年後は、10分の1だった。他の株式は、変わらなかった。その損失した株式は、売り払い、他の銘柄と一緒に運用して、プラスマイナスゼロにした。 その時にとても欲しい株式が有った。けれども、家族から反対された。買えなかったのです。ところがその株式は、瞬く間に4倍になった。それを知っている家族は、今回の銘柄を買うのに反対は、無かった。 投資は、難しいこともあるかもしれませんが、良くシュミレータして、投資を味わえる。実際に投資をしても、後悔はある。経済は、生き物だから、チャンスは、一度では無い。 だから証券会社に口座だけは、開いておこう。私は、10年チャンスを待った。シュミレータして、自分で、練習するのも良いと思う。そうやって、準備を整えて、良い銘柄が有れば、買ってみるのも良いと思う。私は、これでチャンスを掴んだ。 けれども、長期放置は、良くない。産業に栄枯衰退があるからです。だから、そんなに将来的に良い業種で無ければ、それは、いつの時点で、売った方が良い。これは、私が、株式を放置した時の教訓です。 一般的に投資対象としての株式は、リスキーとされる。けれども、準備をしていれば、リスクは減るものです。慌てて、口座を開設するのではなく、口座を開いて、チャンスを待とう。と言うお話でした。 Recently, many general meetings of shareholders on the Internet have started. Previously, it was a general meeting of shareholders who had given up attending. I was impressed by the statement from the shareholders, “This company was a ten bagger, wasn’t it?” Yes, if I had… Continue reading 資産運用に株式投資。Stock investment in asset management.

相続負動産を経営しています。I run an inherited real estate.

今回は、私の家族の相続負動産のお話です。興味がありましたら、お付き合いください。その相続負動産は、田舎の古い一戸建てでした。周りは、古い家が、放置され、誰も住んでいない家がたくさんある。近くのスーパーも閉店し、そのスーパーの駐車場は、月極駐車場に変わっているけれど、契約は、ゼロです。近くに線路が有り、その向こうは栄えている。そんな、局所的に、没落した地域でした。 家を取り壊せば、固定資産税が跳ねあがる。だから、そのまま、放置してある古家が立ち並ぶ。そんな地域に相続負動産はあった。そう、「負動産」と言っても良い相続負動産だった。その上に、築年数が、かなり経っていて、何回も地震にあって、傾いていた。 もちろん、雨漏りもある。厄介だったのは、古いから、敷地の境界上に建っていました。その上に、その横の家の方に傾いていました。不動産屋は、「こんなの売れたら、売って精算できるなら、それが一番です。」と言い放つ。 取り壊すことは、これは大変な決断になる。けれども、それは、隣の家に迷惑を掛けられない。そんな事情があった。それに、思い出のある場所でもある。そんな簡単に売り払うなんて、できるかどうか分からないのに、他の人に買い叩きに合うのは、親不孝をするような気持ちになる。 そんな気持ちの人は、多いと思う。だから、古家が、周りには、たくさん放置されている。今回の場合、家は、取り壊すことは、絶対です。だから、取り壊すことにして、土地の境界を杭打ちして、所有をはっきりとさせた。コインパーキングやカーシェアリングなんかの会社に電話したけれども、相手にされなかった。 しょうがない。アスファルトを敷いて、ラインを引き、車どめを設置した。月極駐車場にしました。けれども、固定資産税は、2.5倍に跳ね上がり、ただの1台も止まらなかった。もう、連日、睡眠不足だった。 そうして、考えた。駐車場に屋根をつけることにした。お金は、掛かる。そうやって、屋根をつけても、更地の駐車場と同じお値段でしか、貸せないですよ。と、賃貸仲介業者の不動産屋から言われた。けれども、もうここまでくれば、その選択肢しか無い。それで、屋根をつけて、貸し出しました。 不動産屋からは、「ぼちぼちですよ。」と言われた。この言葉が、今は、よく分かる。3年経ってようやく満車になったのです。けれども、屋根は、寿命がある。だから、張り替え作業もある。普通の駐車場より、お金は、かかっています。 けれども、田舎は、駐車場の値段は、お安い。儲からない商売をしています。色んな人が、この駐車場を使って喜んでいただいたら、嬉しい。そんな不動産経営です。田舎には、お墓がある。そのついでに、駐車場を見に行きたい、そうして、地域の人々にお役に立ちたい。これが、経営の本質なんだ、と知る。 私は、運の良い方かも、しれない。相続負動産を経営している。けれども、儲からない。できない人なのかもしれない。けれども、もし、そんな相続負動産があり、どうすれば、良いのか、悩みを持っている人に、こんなこともできることを知って欲しいと思い、今回は、屋根つきの駐車場にして、なんとか、相続負動産を経営しているそんなお話をしてみました。 This time, I will talk about the inherited real estate of my family. If you are interested, please get in touch with us. The inherited real estate was an old single-family home in the countryside. There are many old houses around, abandoned and no one… Continue reading 相続負動産を経営しています。I run an inherited real estate.

不動産投資用物件にオーナーが住んでいる。The owner lives in a real estate investment property.

不動産には、「住居用」と「投資用」とがある。もちろん、住居用を投資用にしても、問題は無い。一般的に利回りが悪くなる。じゃあ、投資用を住居用にしてみたらどうなるか?と言うこともある。それも有りなのです。 利回りは、関係無い。自分が住むからです。賃貸アパートで、対比する様にある物件があった。ひとつは、築年数もそんなに古く無く、ワンルームでした。新築では無いが、そう古くも無い。その物件は、空きが、ある。 向かいに、築古アパートと築古の1戸建てが有った。築古の1戸建てには、ずっと賃借人が住んでいた。1戸建ては、入ると長い。築古のアパートは、1階になんと大家が入居している。築古なので、古く外見は、さえない。けれども、そこを改装して住んでいる。かなり、古いので、お安くその物件を購入したようです。 2階にはしばらく、賃借人が入っていた。今は、入る人もいない。だから、2階を洗濯物干しにベランダ代わりに使っている。築古のアパートは、大家が住んでいれば、滞納も起こらないし、自分で住めば、空き家リスクなんて無い。 その内に築古の1戸建てが、賃借人が出て行った。もう、ボロすぎるその外観を見て、こんな物件はこの先どうなるのか、興味がありました。その内に、その1戸建ては、取り壊され、更地になって、びっくりする程大きな土地だった。 特にアスファルトなんて敷かずに、土地のまま。隣には、自分の住んでいるアパートがあるので、自分の家の敷地になる。だから、更地のように、固定資産税は、高く無い。土地は、そのアパートまで考えるともの凄く広い。けれども、築古のアパートを改装してずっと住んでいます。 だから、こんな地味な人が本物の資産家だと、つくづく感じる。長い我慢が、資産を増やすのです。アパート経営だって、色んな方法がある。セルフリフォームが流行っている。賃貸だけではなく、立地の良い所だったら、築古もこんな風に自分が住めば、空室なんて関係無い。

オーナーチェンジ物件がボロ物件だった件。I bought a real estate property and an owner change.

オーナーチェンジの物件を購入した話を書こうと思う。 オーナーチェンジは、中に賃借人が入っているから、中が見れない。 不動産投資を始めた方なら分かると思うけど、物件がやたら欲しい気持ちになる事がある。 そんな時、オーナーチェンジの物件を紹介された。 結論から言うとそれは、ボロ物件だった。 そのボロ物件には、入居者に入ってもらう為に2台のエアコンとウォッシュレットが付いていた。 だけど、入居者は、オーナーが変わったので、退去した時に、それを全部持って行った。 リフォームするから、良いけれど、ボロ物件には、それなりの入居者しか入らない。 世の中、上手い話なんて、無い。 だから、オーナーチェンジで、良い物件は、たちまち、業者や大きく事業展開しているオーナーに話が行く。 だから、普通の人は、良い話は来ないことを知っておいた方が良い。 綺麗に私は、その物件をリフォームしました。 そのリフォームが、上手くできない人は多いから、不動産投資は難しい。 そのリフォームした物件は、このコロナ禍で、今は、空家です。 その物件を売りに出してみた。 そうすると、不動産業者は、あれこれ、言って、お安く買い叩こうと、色んな言葉を掛けて来る。 これより、良い綺麗な物件がお安く出た、とか。 でも、その物件は、話とは違って、ボロ物件でした。 言葉に騙されて、弱気になれば、直ぐに、買い叩きに合う。 だから、業者の言うのは、馬耳東風(バジトウフウ)。 つまり、聞き流して、気にしてはいけない。 これは、不動産業界だけでは、ない。 お金に関しては、自己をきちんと持たないと騙されて、持っていかれる。 この物件は、繁忙期になれば、賃貸に出すつもりです。 コロナ禍では、不動産売却も、なかなか難しいです。 良い賃借人に恵まれますように。 このように、不動産賃貸業もなかなか大変です。

経済と投資は、時間を選ぶ。資産形成、資産運用に必要なこと。Economy and investment choose time.What is necessary for asset formation and asset management.

この世の中、コロナショックで、動きが止まっています。その中でも、刻々といつものように、刻んでいる経済。 数字は、時間と共に、刻々と刻んでいます。 株式の暴落、は凄いもので、あの「リーマンショック」を上回る。その「ショック」は、「ボディーブロー」のように、効いている。 その中でも、個人投資家の新規参入、がかなりあるらしい。 事実、私の友人も、ここぞ、とばかり、底値(?)、で購入した。 又、証券会社の新規口座開設は、忙しい、らしく、なかなか、口座を開けない、との話も聞きます。 政府の老後、2,000万円の蓄えは、自己責任にて用意していないと、年金だけでは、暮らせ無いとの、報道は、日本の国民の「お金に対する」姿勢、を変えた、ようです。 その、年金運用も、この暴落で、心もとない。だから、「お金に対する」ことに、なおさら、心配になり、投資、にはしる。 これは、「貯蓄」の国民性からの「変貌」だと思う。 「アベノミクス」の「貯蓄」から「投資」ヘ、のスローガンは、かなり、浸透している、感じがします。 なぜなら、今、「投資」を始める人は、そんなに余裕がある人では、ありません。 連日、株式で「儲けた」人の話を聞いていたけど、大きな「資金」が無くて、「買えなかった」人だから。 日本人の意識は、本当に変わった、と感じます。 日本人は、投資が、あまり上手くありません。 損をして、引退する人が多い、です。 今の金利では、「貯蓄」は、魅力は無いし、「配当金」の方が、よっぽど、良い。換金性も良い。「投資」は、「ギャンブル」では無い。 時々、色んなことを聞いてきた人がいました。 私は、アドバイス、をしましたが、それとは、全く逆のことをした人がいました。 その人は、もうアドバイスは、聞けないようで、時々、私の近況を聞いてくる。 でも、そんなこと、軽く一蹴する。 それぞれ、「スタイル」があるし、「自分」で「判断力」をつけないと、「結果」は、ついてこない。「投資」は、本当に「厳しい」世界、だと思う。 このリアルの「物語」は、「体験」できる。 それぞれ、色んな、モチベーションがある、と思う。 「マイホーム」を買うことも、「不動産投資」です。 色んな「形」で、すでに、私達は、「投資」をしています。 だから、そんな、特別な世界、では無い。 毎日、哀しいニュースばかりです。 刻々、と時間は、刻んでいます。 「お金」は、人を幸せ、にします。 「お金」があれば、医療も、受けられます。 日本では、当たり前、かも、しれないけども、これは、真実、です。 将来の医療費の上昇も、あるかもしれない。 こんな時だから、敢えて、お金のお話、をしてみました。 In this world, the movement has stopped due to the corona shock. Among them, the economy that is carving as usual. The… Continue reading 経済と投資は、時間を選ぶ。資産形成、資産運用に必要なこと。Economy and investment choose time.What is necessary for asset formation and asset management.

地球の海が生命の起源。The sea of the earth is the origin of life.

人間の身体は、そのほとんどが、「水」です。身体における「水」の割合は、年齢が、大きくなると、少なくなります。 赤ちゃんは、ミルクという液体から始まり、離乳食、食事と、水の摂取も少なくなっていきます。 ですから、赤ちゃんには、綺麗なお水が、必要です。 2019年12月4日にアフガニスタンで、射殺された、中村哲医師は、非政府組織(NGO)「ペシャワール会」で、井戸の建設事業をしていました。 過去にも、この「ペシャワール会」の農業部門の方も、殺害されています。 アフガニスタンでは、綺麗な水が無いために、病気が多く、水がないので、食べ物にも、困っていました。 昔は、砂漠のような土地を整備したのが、「ペシャワール会」でした。 綺麗な水は、生物にとって最も重要なものです。 事実、先端技術では、「癌」の治療に「水素水」を使います。 水は、「H2O」ですから、基本原子、「1番」の水素「H」は、体組成のキーワードです。 このことからも判るように、綺麗な「O」、「酸素」、つまり、綺麗な「空気」と「水」は、生物にとって最も重要な、ものです。 このようなことからも判るように、食事は、とても大事なものです。 「水」つまり、栄養素で言えば、「ミネラル」になるのですが、生命の進化と共に、どういう働きをしたのか、免疫力について、私の考察です。 かつて、生命が誕生した海は、カリウムやマグネシウムの多い海だったと考えられています。 その進化の様子が、細胞に刻まれています。 ミトコンドリアは、カリウムを有し、ナトリウムを排出します。 そうすると、体液と反応して、Na+H2O→NaOH+1/2H2として、pH調整作用があります。 組成から、液胞は、かつての精子だと考えられます。 「糸状菌において液胞では、オルガネラである。液胞は、植物や菌類の有するコーパメントであり、物質の貯蔵や分解、細胞質イオンの恒常性維持に必要なオルガネラである。 東京大学」 ヒトでは、細胞膜が、これを代行しています。 かつての精子は、マグネシウムによって育ったので、これも体液と反応して、2H2O+Mg→Mg(OH)2+H2という形で、pH調節作用があります。 これが、生命体としての免疫力と私は、考えています。 このように、ヒトとしての進化は、「同性」つまり、「X」から始まり、それから「Y」が、発生した名残りが、あります。 「XX」、「XY」との分離の痕跡があります。 このように、「水」は、「生命の起源」でもあります。 「地球は、青い。」宇宙飛行士のガガーリンは、ことばを残しています。 地球での、生物としての「ヒト」の歴史は、ほんの一滴です。 環境を大切にすることは、人類にとって最も重要なことです。 このことにも、触れていきたいと思います。 Most of the human body is “water”. The proportion of “water” in the body decreases with age. Babies begin with a liquid called milk, and their… Continue reading 地球の海が生命の起源。The sea of the earth is the origin of life.

Translate »
error: Content is protected !!