日本の経済状況。Japan’s economic situation.

もう2021年のことになる。私の家族のウォッシュレットが故障しました。それで丸ごと便器ごと交換することにしました。確か、2021年10月ごろになる。今は、2022年3月30日です。 しかし、まだトイレは、届いていない。初めは、感染症で海外生産が遅れているという回答でした。それでも、納品は、2022年夏になると言われました。 けれども、この世界情勢が変わる中、トイレが納品されるのか、心配になってきました。本当に納品が遅いのか、心配になり、私は、買い物ついでに、大手量販店の店員に問い合わせてみました。 食器洗浄器も調子が悪いので、相談したかったのです。メーカーによって納品状況は違うそうで、ガルコンロのビルトインが、5ヶ月待って納品された人がいたそうです。その時は、まだ世界状況は、安定していたのです。 だから、もう、便器なんて多分、納品なんてしばらくない。代金先払いの受注生産だから、キャンセルもできないし、お金を払っているのだけれども、なんともできない。世界の物流が止まっている。 非常に、世界中が大変な環境にある。食糧も心配です。なんでも値上がりしている。ガソリンは、値上がりが激しいので、比較的お安いコストコのガソリンは、昼夜問わず、いつも混んでいます。 少しづつ、値段が上がってきています。お給料は、上がらないので、質素に暮らすしかない。 政府は、パニックを起こることを多分一番心配している。 以前、一部の人が、転売して儲けて、マスクも品薄になったからです。 インターネットは、便利ですが、色んなことをする人がいます。だから、私は、感じていることは、あまり、ここでは書けない。 ただ、生活を守るのに、政府は、絶えずメッセージを送っている。岸田首相は、「穀物問題に対処する」と発言しました。多くは、語れない。 私は、時間が解決してくれると感じています。 My family’s washlet broke down in 2021. So I decided to replace the whole toilet bowl. Certainly it will be around October 2021. Today is March 30, 2022. But the toilet hasn’t arrived yet. At first, the answer was that overseas production was… Continue reading 日本の経済状況。Japan’s economic situation.

儲かりません。ブログの収益公開します。Not profitable. I will publish the profit of the blog.

今回は、私のブログの収益を発表したいと思います。なぜなら、ブログで、収益が上がらないのでブログを辞めてしまう人が、多いからです。 また、グーグルアドセンスの審査に通らない、と言ってブログを辞めてしまう人も多いので、この私の体験談を読んでいただき、ブログが好きなら収益など気にせずに、続けてほしいと思うからです。 私は、グーグルアドセンスは、落ちることなく合格しました。 他に、アマゾンアソシエイトとアフィリエイトにも登録しています。 私は、SEOとか何も運用の方法がわかりませんでした。けれども、このように、試験だけは、通りました。初めは、無料ブログでした。 ブログの維持費は、年間サポート付きのサーバーで、年間で34,800円かかります。そのほかに、ドメインの料金がかかります。 ブログの運用期間は、2019年9月から現在の2022年3月までで、2年9ヶ月です。けれども、SEOのことも何も知らずに運用したこのブログは、収益は、トータルで204円です。 途中で、アマゾンアソシエイトを貼ってみましたが、クリックしてもらえても、購入されることもなく、消去しました。アフィリエイトでは、読者に届けたい求人情報とか、貴重なサービスの広告案件があり、読者に届けたいと思い、記事に貼りましたが、クリックして、情報だけを取ってそのまま成約することは、ありませんでした。 私は、こんなに信用されていないかと思うと、非常に悲しくなりました。だから、アフィリエイトで、お伝えしたい情報がありますが、それによって、私が、儲け主義だと思われるのは、非常に悲しいからです。だから、アマゾンアソシエイトもアフィリエイトも、貼っていません。 グーグルアドセンスの収益もこのような状態です。ブログ運営は、お金が必要です。けれども、これは、自分が好きなことをしている、一つの消費だと割り切っています。 写真や動画を撮る機材も、追加購入しましたし、そんな、収益だけを求めているブログではありません。 私のようなブログは、珍しいかもしれません。けれども、読者がいてくださるだけでも、とても嬉しいです。 ブログやYouTubeで、収益を手にする人もいますが、それは、非常に難しいことです。けれども、誰にでも、いろんなことを発信できる、「自由」がそこには、あります。好きなことでしたら、マイペースで、焦らず、楽しんでできると、思うからです。 ブログで収益化とか、考えずに、読者を大切にして、ブログやYouTubeで、自由に発信してほしいととても、感じます。インターネットによって、人々は、「自由」になりました。だから、収益化できないから、と言ってブログやYouTubeを辞めないでほしいと思います。 体験や意見を交換できることは、素晴らしいことだと思うからです。私は、ブログ運営にお金がかかっていますが、無料ブログで書くのも良いことです。アドセンスに登録できても皆んなが収益を得るわけではありません。 だから、アドセンスに通らなくても、焦る必要はありません。ブログで大切なのは、共感してくれる読者です。読者を大切にすれば、自然とブログを更新することが、楽しくなります。 人によって、物事の捉え方は、違いますが、まず読者を大切にすれば、「答え」が発見できると思います。 ブログは、お金を稼ぐツールと考えると、続きません。もっと、純粋に、ブログを続けてみましょう。

金とステータス-人はなぜお金が欲しいのかMoney and Status-Why do people want money?

人は、何故、お金を求めるのか。今回は、このことを、追求したいと思います。興味ある方は、ご覧になってください。 お金を持つことは、色んな効果があります。これは、社会的ステータスを評価するのに非常に優れた数字だからです。 お金を持っていると、色んなことが、できます。お金がないと自分のしたいことに、予算が限られる為、これは社会的に自分がしたいことに制限ができます。 お金には、魔力があります。それは、社会的に成功すれば、ステータスを持つことができるからです。これは、政治、経済、などの分野で活躍できるようになります。 力とは、多くの人々から信頼されて、成り立ちます。お金を築き上げるには、一種の才能、運、色んな人脈が、必要です。これらを、社会的に還元できることができるのは、お金を築いて、社会的に貢献した人です。 だから、このような実績を持ち合わせるには、やはり、お金を持っています。だから、私は、社会的に成功してお金を持っている人を尊敬します。 これは、社会的に成功するには、多くの人々からの支持を必要とするからです。そうして、この支持は、ステータスになります。 ステータスを持つためには、お金も、もちろん必要ですが、トップに君臨するためには、非常に握力が、強くなければなりません。これは、闘争心を持って、勝ち抜く力です。相手も数多くいますし、これは、非常に難しいことです。 しかし、力は、そのグループを統率する能力が、必要になります。つまり、求心力です。このようなトップがいるグループは、大きくなります。これは、集団で大きな力を発揮することになります。 ですから、ステータスとは、非常に大切です。時に、力について、色んな事柄が起きます。これを、非常に嫌う方も、います。ですが、よい力は、そのグループを発展させます。 時に、一部の人は、お金という言葉を嫌います。ですが、私たちの生活は、お金がなければ、困窮してしまいます。だから、お金は、非常に大切です。 そうして、社会を健全に運営するには、よい力の行使が、必要になります。時に、力と金について、ネガティブなイメージを持つ人も多いです。ですが、やはり、私たちは、多くの力によって、支えられ、生活しています。 力は、時に暴走します。けれども、人々の支持がなければ、成り立ちません。 ですから、お金を持っているだけでは、ステータスを持てません。ですから、社会的に成功している人や、企業には、非常に良いステータスを持った人が存在します。ステータスは、お金と人望が、必要です。 だから、人々は、お金に、魅力を感じます。そこには、自分が、ステータスを持ちたいという気持ちが存在します。 しかし、なかなか、その人の器によって、その大きさは、違います。私たちは、このようなことを潜在的に感じて、生きています。だから、お金を欲しい、と思うのです。それは、悪いことではありません。 一種、これは、自己向上心になるからです。人によって器の大きさは、違いますが、常に、向上心は、持っていたいですね。 Why do people ask for money? This time, I would like to pursue this. If you are interested, please have a look. Having money has many benefits. This is a very good number for assessing social status. With… Continue reading 金とステータス-人はなぜお金が欲しいのかMoney and Status-Why do people want money?

走りと優しい配慮の新型MIRAI.A new MIRAI with driving and gentle consideration.

今回は、トヨタ自動車株式会社から発売された第2世代新型MIRAI のご紹介です。初代MIRAIは、2014年に発売されました。その後、改良され、今回の発売になりました。このクルマは、FCVと呼ばれる、水素をエネルギーとしています。新開発燃料電池は、改良され、大幅に効率アップ。 そして、水素タンク、3台、FCスタック(前部)、モーター、2次バッテリー(後部)に搭載。だから、大幅に走行距離が伸びました。その距離、約850km、満タン充填時間3分。だから、安心して旅することができるようになりました。 FR設計で、とにかく、走りを追求したクルマです。難しい駐車は、駐車ボタンで、自動でしてくれる。アクセル、ブレーキ、ステアリングも、補助があります。事故が有っても、強力に安全設計されているので、水素漏れ、爆発にならないよう、安全設計がされています。そんなMIRAIは、特別なフィルターを搭載。CO2は、排出しない。だから、吸った空気を更に綺麗にしてくれる。 PM2.5ももちろん除去。だから、走れば、走る程、空気が、綺麗になります。だから、「マイナスエミッション」。開発者の思いは、「踏めば、踏むほど、空気をキレイに!」そんな思いが込められています。もちろん、家庭の電源で、充電も可能。FCVならでのDC大容量給電が可能。だから、実際、災害の多い日本で、停電になった時に、電力供給のために災害派遣され、電力供給して、皆さまに喜んでいただいた実績があります。 このように、環境に優しいクルマが、日本で、発売されました。新型MIRAI。走りは、とことん追求しながら、環境に優しい。だから、優しさあふれる、パワフルな走りを目指したクルマです。とても、頼もしいクルマです。 この記事は、新型MIRAI発表会のYouTubeを参考に作成されました。  This time, we would like to introduce the new 2nd generation MIRAI released by Toyota Motor Corporation. The first MIRAI was launched in 2014. After that, it was improved and it was released this time. This car uses hydrogen as energy, which is called FCV. The newly… Continue reading 走りと優しい配慮の新型MIRAI.A new MIRAI with driving and gentle consideration.

世界最大級SEP船で海洋発電を目指す清水建設Shimizu Corporation aims for ocean power generation with the world’s largest SEP ship.

世界は、再生可能エネルギー推進させています。ですが、日本は、平野が少なくて、非常に急峻な地形です。 それゆえ、陸上に風力発電基を作ることはできません。なぜなら、風を十分に享受できないからです。 日本は、風力発電基を、海の上に設置しようとしても、大陸棚の面積が少なく、非常に海洋の深さが、深いです。 ヨーロッパなどの諸国は、洋上風力発電を沢山導入しています。その数、日本の5倍に当たる1,850万KWです。 ですが、日本は、海底が、このように急峻で、非常に難易度が、高くなります。しかし、海に囲まれた日本は、この難関を乗り越えることができたら、非常に良い条件になります。 2019年7月にこの建設の有望な区域として、秋田県の能代市、三種町、男鹿市沖、由利本荘市沖、千葉県の銚子市沖、長崎県の五島市沖の4海域をはじめとする11区域が、指定されました。 日本の洋上発電を考えると、大型のものを設置することが必要になり、基礎の施工に、2,000トン以上のクレーンが必要になります。 これを確実に、施工するには、清水建設は、社運をかけて、大決断をしました。 海洋上に、SEP船と呼ばれるクレーン機を備えた洋上作業船が必要になります。壮大な長い脚を深い海底で伸ばす、SEP船を清水建設は、社運をかけ、SEP船を建造することにしました。 この事業は、非常に困難な海底でも、洋上発電を可能にするものです。日本は、9-12MW級の超大型の風車を予定しています。 このSEP船は、世界最大級で、完成は、2022年10月の予定です。 SEP船は、全幅50m、全長142m、総トン数28,000t、クレーンは、最大2,500t上げることができます。また、その高さは、158m持ち上げることができます。水深10-65mの海で作業できます。 作業時には、4本の脚をジャッキアップします。そうして、海面の揺らぎに影響されることなく作業できるようにします。風車搭載量は、8MW 風車の場合7基、12MW風車場合3基、です。 この計画は壮大で、日本市場だけでも、5兆円とされています。 清水建設は、トップシェアを目指しています。 日本ならではのこの技術を信頼に結びつけ、他の国においても、日本の建設会社、清水建設が、しっかりとした、ものを提供することができることを知っていただきたいです。 興味を持たれましたら、清水建設会社のページをリンクしておきますので、ご覧になってください。 清水建設/Shimizu Corporation The world is promoting renewable energy. However, Japan has very steep terrain with few plains. Therefore, it is not possible to build a wind farm on land. Because you can’t fully enjoy the wind. Even… Continue reading 世界最大級SEP船で海洋発電を目指す清水建設Shimizu Corporation aims for ocean power generation with the world’s largest SEP ship.

世界初自動運転のできるLEGEND.The world’s first autonomous driving LEGEND.

世界初の自動運転のできる自動車が、日本のホンダ技研工業株式会社から発売されます。自動運転は、レベル3-5までがあります。そのレベル3が発売されます。 スペックは、タイプ LEGEND,Hybrid EX,Honda SENSING Elite. 乗車定員5人, エンジンV6 3.5L 直噴 i-VTEC エンジン, 駆動式 SPORT HYBRID SH-AWD, 価格 11,000,000円(消費税10%込み,リース専用,100台販売)。 スーパーコンピュータで、1000万通りシュミレーションされ、実際に130万Km走行、されたものです。開発メンバーは、「皆さまに喜んでいただきたい。お役に立ちたい。」との思いが込められています。たった一つの部品が壊れても、安全性は、保たれるように、センサーカメラは、フロントセンサーカメラに2台、ライダーセンサーカメラ5台、レーダーセンサーカメラ5台、が装備されています。 日本では、法律改正が2018年により着手され、自動車運転の自動車が道路交通法で、公道にて走行できるようになりました。又、運転車両法にて、安全基準を定めた法改正されました。この自動車は、アラームが、車載の画面に搭載されてある画面に表示されるので、車載の画面で、動画を見て楽しみながら、安心して運転できる。 又、ハンドルやシートベルトがそれを知らせてくれるサポートがあります。長いトンネルや、気象条件によっては、位置情報が、把握できないので、少し不利になります。とにかく、退屈な運転になる渋滞時に、運転を自動車に任せて、リラックスできるのです。これは、頼もしい。 速度は、30Km/hで、オンになり、50Km/hで、オフになる。それは、自動車が、教えてくれます。 高速運転にも対応。 この記事は、Honda SENSING Elite搭載 新型 LEGEND オンライン発表会を参考に作成されました。   The world’s first self-driving car will be released by Honda Motor Co., Ltd. in Japan. Autonomous driving is available up to levels 3-5. Its level… Continue reading 世界初自動運転のできるLEGEND.The world’s first autonomous driving LEGEND.

東京パラリンピックの背景Background of the Tokyo Paralympics.

日本では、コロナで、深刻な状況です。過去最高の感染者と過去最高の重症者の記録を更新しています。東京オリンピック前に65歳以上と特別な人々と医療従事者がコロナワクチンを優先接種しました。 東京以外は、64歳以下の順序に従って、年齢の高い人々から順序よく、接種されています。本格的に大規模接種は、未だ、先になりそうです。うまく、ネットで、予約すれば、早く接種できます。 そんな中、東京は違う。59歳以下は、若者からコロナワクチン接種を始めています。それも、接種を促進する為に、色んなプレゼントを用意しているのです。 この東京のことが、報じられる前は、高齢者や40-50歳代の重症化例を指摘している報道が、よく聞かれた。ところが、東京の接種順番が、発表される時期から、報道機関は、明らかに報道姿勢が変わった。 若者でも、後遺症が残っている人がいるとか、30歳代の健康な人が死亡したとか。もちろん、事実だと思う。 けれども、東京の40-50歳代の人々は、家庭を持っている。そんな人々が、死亡すれば、家庭は崩壊する。 以前にも、言ったけれども、東京は、地方とは違い、若者の行動がコントロールできない。だから、このような政策になった。何とも、皮肉な話です。 給付金があるので、若者はアルバイトができなくても、別に生活には困らない。そんな勝手気ままな人々がいる。そして、コロナワクチン接種にプレゼントが付いてくる。そんな恵まれた待遇なのです。なんか、しっくり来ないものがある。 けれども、このままでは、日本全国に感染者が拡大するから、仕方ない。東京在住の40-50歳代の人々は、不運です。 そんな中、東京パラリンピックが、8月24日ー9月5日に行われる。東京オリンピックでは、ジェンダー問題、人種問題、果ては、亡命まであった。 このような雰囲気の中で、オリンピックができて、パラリンピックができないとは言えない。人々の多様性を重視した東京オリンピックだから、東京パラリンピックも成功しなければ、ならない。 しかし、日本国民には、コロナに対して、免疫がまだ無い。そんな中、付き添いの多いパラリンピックのアスリートをサポートできるだけの余力と、医療体制が、できるかは、不確実性が多い。 もう、次々と緊急事態宣言が、色んなところから出されて、緊急事態宣言の期間も延長されています。どこまで、マンパワーが、出せるのか、これも、パラリンピックの直前まで、公開されることなく、検討されるでしょう。 これを公言すれば、人々は、気が緩むからです。とても、難しい日本の課題が、山積している。 もう、コロナ治療は、トリアージも、検討どころか、病床が、逼迫していて、このデルタ株の強い感染力は、自宅待機中にコロナ治療が十分に受けることなく、亡くなる人もいる。 ワクチンが、行き渡るのは、未だ先です。日本製ワクチンは、開発が遅れており、来年になった。 世界から、選手が集まることによって、ラムダ株も、日本では、上陸した。負の連鎖を断ち切る為に、日本にできることは、そう多くないと感じる。 東京オリンピックは、疲れた人々の心を癒した。事実、私もそのひとりでもある。 これから、日本は、どうなるのか世界が注目している。本当の意味で、成功するかは、これからが、とても大事です。 In Japan, the situation is serious in Corona. We are breaking the record of the highest number of infected people and the highest number of severely ill people. Prior to the Tokyo Olympics, special people and… Continue reading 東京パラリンピックの背景Background of the Tokyo Paralympics.

東京オリンピックの閉会式は悲しいほど静かだった。The closing ceremony of the Tokyo Olympics was sadly quiet.

今日、東京オリンピックの閉会式が、テレビでありました。もちろん、無観客。そんな中、引継ぎ式が行われた。パリの様子が、映し出された。それは、残酷な程、パリでは、人々が賑やかに自由に喜びあっている。日本とは、全く違う世界が広がっていた。 その様子は、日本が、沈みゆく日本の国旗と共に、日本国民の心は、沈んだ。そう、不幸な東京オリンピックだった。バッハ会長には、「ありがとう」。こんな日本でも、開催してくれた。 広島、長崎にも弔問してくださった。福島復興での、東京オリンピックだった。けれども、これから、日本は、コロナで、復興しなければ、いけない。 多くの我慢があった。私は、東京オリンピック閉会式前に東京オリンピック、パラリンピックの日本最大のスポンサーのトヨタ自動車の豊田章男氏の話を聞いていました。 豊田章男氏はメダリスト達に、「あきらめない。」「結果を出す。」ことの大切さを語り、メダリストになれなかった選手達には、その競技を「続ける。」ことの大切さを、語っていました。 そうして、「華やかであるほど、縁の下が有る。」つまり、支えてくれる人々がいることを強調されていました。何事も感謝の気持ちが大切だ、とおっしゃっていました。 今大会は、全日本国民が「我慢だった。」小さな画面だけど、ささやかな楽しみをありがとう。コロナで、休んでいられない。恵まれた人々は、世界にたくさんいる。 何も無い日本は、この東京オリンピック大会をスタート地点にして、何も無いところから始まる。今までもそうだった。 私は、豊田章男氏の「あきらめない。」この言葉が、心に残っています。最大のスポンサーでありながら、辛いことも有っただろう。他の多くのスポンサーも、辛かった。日本国民も同じです。 未だ、コロナとの戦いが有る。日本は、何も無い、無観客の東京オリンピックが閉会された。何も無い、日本には、似つかわしいオリンピックだった。 豊田章男氏の言葉は、YouTube「トヨタイムズ」から引用しました。 Today, the closing ceremony of the Tokyo Olympics was on TV. Of course, no audience. Meanwhile, a takeover ceremony was held. The state of Paris was projected. It’s cruel, in Paris, people are lively and free to rejoice. A world completely different from Japan… Continue reading 東京オリンピックの閉会式は悲しいほど静かだった。The closing ceremony of the Tokyo Olympics was sadly quiet.

テレビはインターネットよりバカになった。Television has become more stupid than the Internet.

東京オリンピック、パラリンピックの開会式が行われた。色んな演出があったけれども、私は、まっすぐにその様子を見ることが出来なかった。何故なら、演出家の過去に、ユダヤ人虐殺を揶揄していたからです。 その演出家も悪い。けれども、それを聞いた人々も居たのです。そんな人物が、ずっと、芸能環境に居たことが、問題なのです。これは、日本のマスコミの在り方が問われる。何故なら、視聴率を稼ぐために、なんでもする。そんな姿勢を感じるのは、私だけだろうか? 他国は、知らないけれども、日本のマスコミは、「みんな」が楽しめるように、わざわざレベルを落として、放送する。私は、テレビは、ほとんど見ない。騒音にしか、聞こえない。そんなことが、積み重ねて、この事態になった。そんなことに気付かない程、「バカ」なのです。 要するに、教養が無い。これは、日本のマスコミの作った事で、個人だけの問題では無い。日本は、お笑い芸人が、冷たい氷水に入れられて、困った顔を楽しんだり、高い飛び込み台からお笑い芸人がプールに飛び込ませたり、過去に有った。そうして、脳梗塞や脊椎を損傷したりして問題になった。 今は、もう無くなったと思っていたけれど、今度は、言葉の暴力、である。こんな、タチの悪いお笑い番組が有ったのです。私は、テレビを見ないから詳細は、分からない。けれども、大食いタレントが、もてはやされ、その姿を見て、笑う。人々を「笑い者」にして番組が成り立つ。 タチが悪い。そんなテレビを見て、子供が育つなんて、悪環境。テレビなんて、無い方が、やはり良い。YouTube が、人々に受け入れられるのは、良く分かる。他国は分からないけれども、日本では、テレビは、最低の娯楽だ。 私は、テレビはニュースを見る。私は、他は無い。日本は、皆さまもご存知のように、「恥」の文化です。私は、楽しめない東京オリンピックの開会式だった。 けれども、テレビに慣れた人々は、「バカ」に慣れているから、きっと、人々を「笑い者」にすることに罪悪感は、感じない。だから、これは、日本の社会の在り方が、問われる。そう、人々を「バカ」にしたのは、マスコミです。だから、インターネットも、「バカ」と「ヒマ」な人々がする。 悪い循環です。けれども、インターネットは、ガバナンスが正常に働いている。そう、テレビは、インターネットより「バカ」になった。 The opening ceremony of the Tokyo Olympics and Paralympics was held. There were various productions, but I couldn’t see them straight. Because, in the director’s past, he ridiculed the Jewish massacre. The director is also bad. But some people heard it. The problem is that… Continue reading テレビはインターネットよりバカになった。Television has become more stupid than the Internet.

究極の女好きのトヨタ自動車の社長、豊田章男/改訂版Akio Toyoda, President of Toyota Motor Corporation, the ultimate woman lover / Revised edition.

皆さまの印象として、ブログの書く人は、多分、自己顕示欲の強い人が多い、とよく書かれている。私は、その逆で、とても小心者です。 だから、社会的に認められた人物の話を衝動的に書くけれども、すぐにその記事を消去してしまう、癖がある。 こんな私が、このような大人物のことを書いて良いものか、悩むのです。けれども、身内からも、リピートが出た記事があった。だから、その記事を再度、アップし直し、書いてみようと思う。 その人物は、トヨタ自動車の豊田章男氏です。彼は、トヨタ自動車の創業した豊田家で、生まれた。けれども、彼は、他の社員と同じく、優遇されることなく、実力で、今の地位、世界のトヨタ自動車のトップの地位にいる。 そんな豊田章男氏は、私にとって、非常に尊敬できる人物なのです。トップの地位の人物が、失脚するのは、大体、金と女です。 金は、この人物の道徳心によって、守ることができる。けれども、女は、違う。立場が、高くなると、色んな形で、密会したとか、色んな罠がある。 豊田章男氏(以下、アキオと呼ぶ)は、違う。 アキオは、素晴らしいのです。 まず何が、すごいかといえば、彼女の選び方です。アキオは、マツコデラックス(元、男性)の非常に魅力的な女性とのデートを見せびらかしてマスコミを振り払った。それは、時価1億円もするスポーツカーで、デートしたのです。 マスコミに、大ぴらに見せびらかし、彼女とのデートを楽しんだのです。 マスコミは、色んなことを書きたい。けれども、「お友達」としか、書けないのです。マツコデラックスは、とても人気がある。 肌が、とっても綺麗で、女性の私も、見惚れてしまう。その上、とても話がうまい。人をとても喜ぶようなことを、話す。そんな話術を身に付けたマツコと交際しているのです。 私は、女性と簡単にカラダの関係を持つ男性は、ナナメから、ちょっと見下す。ああ、単純な男性で、知性を感じられず、単純に本能だけで、生きてる。そんなことを感じ、ああ、なんて、単純で、馬鹿なんだ、とガックリする。 アキオは、違う。私の大好きなタイプです。なぜなら、アキオは、言葉で女あそびをする。言葉で、あそぶ。そこには、微妙な言葉のやり取りがある。 これは、知性がないとできない。私の友達が、アルバイトで、「ホステス」をしたことがある。一人は、話のレベルが高くて付いて行けないと言ってやめた。決して、彼女は、学力が低いのではない。もしろ、逆だった。もう一人の彼女は、非常に社会的地位の高い人に可愛がられた。決して、カラダの関係はない。それは、話題が、とても豊富で、とても、知性的な彼女です。 話は、戻るけど、マツコは、賢いのです。そんな女性として魅力があり知性的なマツコを相手に、アキオは、言葉で、女あそびをする。 社会的地位の高いアキオは、決して、誰も傷つけることなく、そうして、かなりのストレスをマツコと会話して、解き放つ。「お友達」だから、決して、マスコミは、これ以上、突っ込めない。 そうして、エスカレートして、テレビで、一緒に出演したり、挙句にCMを披露したりもした。これには、私も、驚いた。 それでいて、社会的地位の高いアキオは、レースに出る。側近は、ああ、事故なく帰って欲しい。本音は、レースに出てほしくないと思っている。多分。 アキオは、トヨタ自動車の代表なのである。 こうやって、自動車を乗り回し、女好きのアキオは、これからも、誰も止められない。とても、健全にあそぶからです。 なんて、自由人なんだ。これだけでも、呆れるほど、アキオは、自由だ。くやしい。 マスコミは、淡々とアキオの行動を報じる。もう、何でも、大々的にあそぶ。そんなアキオは、素晴らしい。ああ、私は尊敬する。けれども、その行動は、くやしい。 そんな見せびらかして。公私混同、と言いたくなるが、アキオは、ちっとも悪くない。健全にあそぶ。 だから、くやしいので、あえて、言う。それも、何度も繰り返し、言葉を残す。そう、アキオは、女好きは、これからも続く。 みんなに見せびらかして、楽しんでいる。「お友達」と。私は、くやしい。尊敬するけれども、あまりに、マスコミ報道も、うまくかわすアキオは、憎らしい。 そう、アキオは、女好き。これからも、続く。ああ、何度も、繰り返し、言う。アキオは、女好き…アキオは、究極の女好き。アキオの女好きは、これからも続く… It is often written that many people who write blogs have a strong desire to reveal themselves. I’m the other way around, and I’m a very small person.… Continue reading 究極の女好きのトヨタ自動車の社長、豊田章男/改訂版Akio Toyoda, President of Toyota Motor Corporation, the ultimate woman lover / Revised edition.

Translate »
error: Content is protected !!