日本は曖昧の文化古典から読み解く。Japan interprets from the cultural classics of ambiguity.

Advertisements

有名な第一段。日本人なら、ああって言うほど、メジャーな部分。

春はあけぼの。やうやうしろくなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。

なんてことない。春の情景です。

けれども、実際に日本に住んでいると、この情景は、なんとも言えない、日本の春を彷彿するのです。けれども、実際に日本に住んでみるとこの情景は、日本の文化でもある。

日本の春の空は、いつも雲のかかっているような空がほとんどなのです。だから、「紫立ちたる雲」って言葉に、強くひかれる。これが日本の春の空だからです。日本は、偏西風が中国からちょうど通るのが、春。中国は、黄河という大きな河があります。その黄河は、黄色い小さい砂を撒き散らします。そうして、それは、中国では、光化学スモックのように埃のように舞い上がる。その黄河の砂が、偏西風に乗って、日本に到達するのが、春です。だから、薄雲のようにいつも、春は曇天で桜も綺麗なピンクには見えない。紫の雲に混じって曇天の中、朝日と桜が、ぼんやり映る景色なのです。そう、日本の春は、いつも、曇天です。だから、「紫立ちたる雲」の美しさは、桜と朝日が、黄砂によって、ぼんやりとして、光に映った様子。まさに、そのぼんやりした、情景が、見事に美しいのです。

だから、日本の桜を海外に移植しても「日本の桜」の美しさは、ここ、日本でしか見れないのです。この、ぼんやりとした様子から、美しさを見出す、この文化は、日本の気質、曖昧さ、を見事に表現しています。つまり、交わりあうことによって、新たな美しさを見出すのです。それは、非常に、曖昧さ、があります。曖昧さは、日本の「和」にも通じます。これは、色んな物事を受け入れながら、これは混じり合い、その中から、美しさを見出しています。

私は、このブログのサポートを英語のチャットで受けます。けれども、英語には、「私」「あなた」と必ず、主語が必要です。

しかし、日本語は、主語を記載すると、日本の文章の「美しさ」が損なわれます。これは、文章にあらかじめ、お互いに、分かり合っていることを、書かないという文化があります。これは、海外から見れば、曖昧さ、に感じられるでしょう。けれども、「互いに分かり合っていることを」省略することにより、文章が、定型でなくなり、それは、多くの多様性を持った美しい文章を生み出すことになります。

あえて、省略することは、色んな美しさを持った文章構成ができるのです。だから、日本の文化は、そういう意味でも、曖昧さ、があります。

曖昧さ、は、悪く言えばルーズ、良く言えば、寛容である、と言えます。これは、日本の文化の、最も基本的な事柄です。ルーズとは、悪い、とは言いましたが、互いに「許しあえる優しさ」でもあり、これには、日本は、道徳が非常に大事になってきます。

儒教は、歳上を大切にし、人を大切にする道徳です。日本は、文化的に中国との繋がりが長く、多くのことを学んでいます。この儒教も孔子の教えであり、中国伝来のものです。韓国は、漢字を使いませんが、日本は、中国から伝来した、漢字を大切に使っています。このように文化や地域的に非常に繋がりがあります。

この、日本の曖昧さ、は、出発点は、中国でありながら、日本独特に発展しています。なぜなら、中国語も英語も構文は同じです。だから、非常にYES,NOがはっきりしています。しかし、文章構成的には、日本と韓国は、構文が同じです。だから、文章を最後まで聞かなければ、YES,NOはわかりません。

このように色んな国と文化を比較すれば、日本は多くの国々の文化を許容し、発展しています。これは、日本の文化の、美しさに、曖昧さ、があってこそ、このように日本は発展することができたのです。

今回は、古典の枕草子より、日本文化、曖昧さ、を説明しました。日本の文化を知ってくださり、これが、日本の気質であり、色んな文化と交流することを大切にしています。

なぜなら、日本は、西洋文化を受け入れる時には、カタカナ文字を作りました。だから、色んな文化が日本語にあることが、日本の言葉を勉強すれば、理解できると思います。

日本は、あまり主張は得意ではありませんが、寛容に受け入れることのできる文化を持っています。今、国際的に不安定な要素が多いですが、日本は、主張しませんが、色んな国々と深く交流する文化を持っています。

反発しあうのではなく、互いに深く交流し、互いに理解を深め、互いに発展できるような世界観が世界中に広がれば、とても嬉しく思います。是非、日本の文化、曖昧さ、が、世界に広がって欲しいと、私は、心から願っています。

The famous first stage. If you’re a Japanese, it’s a major part.

Spring is Akebono. The hills that are finally getting darker are a little lighter, and the purple clouds flutter down.

There is nothing. It is a spring scene.

However, when I actually live in Japan, this scene is indescribably reminiscent of spring in Japan. However, when I actually live in Japan, this scene is also Japanese culture.

Most of the spring sky in Japan is always cloudy. That’s why I’m strongly attracted to the word “purple standing clouds”. Because this is the spring sky in Japan. In Japan, the westerly wind just passes from China in spring. China has a large river called the Yellow River. The Yellow River scatters small yellow sands. Then, in China, it soars like dust like a photochemical smock. It is spring when the sand of the Yellow River rides on the westerly wind and reaches Japan. Therefore, like thin clouds, it is always cloudy in spring and the cherry blossoms do not look like beautiful pink. In the cloudy sky mixed with purple clouds, the sunrise and cherry blossoms are dimly reflected. Yes, spring in Japan is always cloudy. Therefore, the beauty of the “purple standing clouds” is that the cherry blossoms and the morning sun are vaguely reflected in the light by the yellow sand. Indeed, the vague and beautiful scene is beautiful.

Therefore, even if Japanese cherry blossoms are transplanted overseas, the beauty of “Japanese cherry blossoms” can only be seen here in Japan. This culture, which finds beauty from this vague appearance, perfectly expresses Japan’s temperament and ambiguity. In other words, by interacting with each other, we discover new beauty. It has a great deal of ambiguity. Ambiguity also leads to Japanese “wa”. It accepts a lot of things, but it mixes and finds beauty in it.

I get support for this blog in English chat. However, English always requires the subject “I” and “you”.

However, in Japanese, if the subject is stated, the “beauty” of Japanese sentences will be spoiled. This is a culture in which we do not write in advance what we understand each other in the text. This may seem ambiguous when viewed from overseas. However, by omitting “what we know each other”, the text becomes non-standard, which produces beautiful text with a lot of variety.

If you dare to omit it, you can compose sentences with various beauty. Therefore, Japanese culture has ambiguity in that sense as well.

Ambiguity is, at worst, loose, and at best, forgiving. This is the most basic thing in Japanese culture. Loose is bad, but it is also “forgiving kindness” to each other, and morality is very important for this in Japan.

Confucianism is a moral that values ​​older people and values ​​people. Japan has a long cultural connection with China and is learning a lot. This Confucian religion is also a Confucius teaching and is from China. Korea does not use kanji, but Japan carefully uses kanji that came from China. As you can see, there is a great deal of cultural and regional connection.

This ambiguity of Japan is unique to Japan, even though the starting point is China. Because the syntax is the same for both Chinese and English. Therefore, YES and NO are very clear. However, in terms of sentence structure, Japan and South Korea have the same syntax. So, if you don’t listen to the sentence to the end, you won’t know YES or NO.

Comparing the cultures of various countries in this way, Japan accepts and develops the cultures of many countries. This is because Japan was able to develop in this way only because of the beauty and ambiguity of Japanese culture.

This time, I explained Japanese culture and ambiguity from the classic Pillow Soshi. It is important for you to get to know Japanese culture, and this is the nature of Japan, and to interact with various cultures.

Because Japan made Katakana characters when it embraced Western culture. Therefore, I think that you can understand that there are various cultures in Japanese by studying Japanese language.

Japan is not very good at making claims, but it has a culture that can be tolerated. Nowadays, there are many factors of international instability, but Japan has a culture of deep interaction with various countries, though I do not insist.

I would be very happy if a world view that allows us to interact deeply with each other, deepen mutual understanding, and develop each other, rather than repel each other, spreads around the world. I sincerely hope that Japanese culture and ambiguity will spread to the world.

生まれつきの才能は人生をどう変える?How does your innate talent change your life?

Advertisements

才能が遺伝する。そんな天から授かった美声の女性が亡くなった。享年35歳。母は、とても美しい声で今も実力派として活躍している。しかし、声は、年齢と共に高いソプラノが出なくなった。そんな彼女には、娘がいた。その名は、神田沙也加さん。彼女は、ディズニーの「アナと雪の女王」で、日本語版声優をしている。

とても美しい声で、余裕たっぷりに声に表情を付けて歌いあげる。その声に誘われるように、いつも、YouTubeで、そのシーンを「聴いていた」。そんな中の訃報だった。大物歌手の母の子どもとして育った彼女は、非常に小さい頃からいじめられていました。中学生の時は、4回も転校をして、また私生活でも、母の再婚相手にイタズラされ、それが、母の離婚の原因になったのです。私は、芸能関係は、あまり興味は無いけれども、私が知っているだけでも、これだけある。

彼女は、普通の人で、居たかった。けれども、それは、あまりにもったいないと周りが引き止めた。有り余る才能は、時に、人を不幸にする。時に、才能は、周りから、嫉妬を受け、時に、才能は、人生の重荷になる。才能とは、不幸になる。何故なら、普通に生活できない。

あの天才と言われたアインシュタインも、不幸です。彼の脳みそは、ホルマリン漬けにされ、切り刻まれ、何人もの人が、分けて所有者になっている。日本の文豪と言われた人は、脳みそをホルマリン漬けにして保存されている。もし、生前の彼らに将来こうなると、告げられたら、正気でいられないと思う。

ごく、普通に生き、普通に不自由無く暮らすことは、どんなに幸せか、とても感じる出来事だった。

才能は、遺伝する。これは紛れもない事実です。時に才能は、不幸になる。これも、事実です。才能があるのは、特別な存在です。私が残念だったのは、彼女に子どもがいなかったことです。これで、美声の家系が、途絶えてしまう。非常に残念です。私は、彼女の美声を未だ、しばらくは、YouTubeで、聴くと思う。才能とは、特別だから、目立つ。生まれながらに持っている。だから、人々は、不公平だと嫉妬する。そう、人は、生まれながらに、不公平に生まれてくる。これは、紛れもない事実です。

そう、人は、公平には、生まれてこない。生まれてくる環境も選べない。そう、人は、不公平に育つ。確かに、人々の権利は、平等である。けれども、公平には、生まれない。だから、人間関係は、非常に難しい。何故なら、感情は、誰にでも持つことができる。

そう、その感情は、時に、人を傷つけ、そうして、残酷になれるからです。人より才能を持つことは、目立つ。それは、非常に孤独な人生になる。孤独は、心を傷つける。人は、ひとりでは、生きていけないからです。

A beautiful voiced woman who was given from such a heaven where heredity is inherited died. She is 35 years old. Her mother has a very beautiful voice and is still active as a talented group. However, her voice no longer had a high sopurano with her age. She had her daughter. Her name is Sayaka Kanda. She is a Japanese voice actor for Disney’s “Frozen”.

With a very beautiful voice, she sings with plenty of expression on her voice. She was always “listening” to the scene on YouTube, as she was invited by that voice. It was an obituary in such a situation. Growing up as a child of a big singer’s mother, she has been bullied since she was very young. When she was in junior high school, she transferred four times and was mischievous by her mother’s remarriage partner in her private life, which caused her mother’s divorce. I’m not very interested in entertainment, but I know this much.

She was an ordinary person and wanted to stay. But it was too wasteful and stopped around her. Her extraordinary talent sometimes makes people unhappy. Sometimes talent gets jealousy from others, and sometimes talent becomes a burden on life. Talent is unfortunate. Because I can’t live normally.

Einstein, who was said to be that genius, is also unhappy. His brains are soaked in formalin, chopped, and owned by a number of people. The person who was said to be a Japanese literary master has his brain soaked in formalin and preserved. If they were told that this would happen in the future, I wouldn’t be sane.

It was an event that made me feel how happy it was to live normally and live normally without any inconvenience.

Talent is inherited. This is an unmistakable fact. Sometimes talent becomes unhappy. This is also a fact. Talent is a special being. What I was disappointed with was that she had no children. With this, the family of beautiful voice is cut off. It is very disappointing. I think I’ll still listen to her beautiful voice on YouTube for a while. Talent stands out because it’s special. I have it by nature. So people are jealous of being unfair. Yes, people are born unfair by nature. This is an unmistakable fact.

Yes, people are not born fairly. You can’t choose the environment in which you will be born. Yes, people grow up unfairly. Indeed, people’s rights are equal. However, it is not born fairly. Therefore, relationships are very difficult. Because emotions can be possessed by anyone.

Yes, that emotion can sometimes hurt and thus be cruel. Having more talent than people stands out. It will be a very lonely life. Solitude hurt the heart. This is because a person cannot live alone.

人生に疲れた人に送る心の栄養.Mental nutrition for those who are tired of life.

Advertisements

皆さまは、「竹刀(シナイ)」は、多分日本人なら知っている。これは、剣道で使う道具です。この竹刀は、竹でできています。

もう一つ、よく似たもので、「木刀(ボクトウ)」。これは、木でできた刀です。この「木刀(ボクトウ)」は、とても硬いです。

「竹刀(シナイ)」は、とても軽くて弱そうに見えます。この木でできた「木刀(ボクトウ)」は、一見強そうに見えます。硬くて大きな破壊力があります。しかし、「木刀(ボクトウ)」は、強い力を加えると、折れます。

ですが、「竹刀(シナイ)」は、とても軽くて、弾力があり、その力を、華やかに、かわします。だから、なかなか、壊れません。

一見、強そうに見えるもの、人が、本当は、弱くて、弱い人が、本当は、強いかもしれません。なぜなら、そこには、弾力という、柔軟性があるからです。

だから、力があるから、必ず強い訳ではありません。弾力のある「竹刀(シナイ)」は、一見軽くて弱そうに見えます。

けれども、それは、見かけだけで、本当は、強いかもしれません。

なぜなら、柔軟性があるというのは、物事に対して、多面的に対応できるからです。だから、本当に強いという定義は、非常に難しいと感じることが多いです。

だから、色んなことで、悩んだり、苦しんだりしても、それは、力の強いものが、最後に「勝つ」訳ではありません。

「勝つ」という定義も難しいです。なぜなら、「勝つ」ことは、孤独になることが多いからです。多くの人々に囲まれていても、どこか、距離を感じるのです。

人は、やはり、孤独は悲しいものです。しかし、多くの人々に囲まれていても、それは、本当のつながりではないかもしれません。

だから、「ありのまま」で生きていける力をつけて欲しいと思います。

何も、良い格好をしなくても良いのです。ただ、ひたすら、「自分」は、こういう存在、だと思って、生きて欲しいと思います。

時に、人生は、「欲望」が強く、その目標に向かっていきます。これは、とても、素晴らしいことです。

でも、時々、休みたくなる事があると思います。そんな時は、飾らず、「ありもまま」の弱い姿でも良いと思うのです。そうやって、人生は、続きます。

良いこともあれば、悪いこともあります。積み重ねることによって、人は大きく成長すると思うからです。

「弱さ」を見せることは、とても勇気が必要です。けれども、それは、人である、ことの証拠です。だから、弱くても、良い。

「竹刀(シナイ)」のように、それは、柔軟性があって、適応するからです。強いものは、多分どこかで、疲れます。

「木刀(ボクトウ)」のように折れます。だから、「しなやか」に生きてみると、人生は、そう悪いことばかりではなく、良いことも、待っているから、希望を持って、いたいものです。

そう、一息つきながら、のんびりいきましょう。

You probably know “Shinai” if you are Japanese. This is a tool used in kendo. This bamboo sword is made of bamboo.

Another similar thing is “Bokken”. This is a sword made of wood. This “wooden sword” is very hard.

“Shinai” looks very light and weak. The “wooden sword” made of this tree looks strong at first glance. It is hard and has great destructive power. However, the “wooden sword” will break if a strong force is applied.

However, “Shinai” is very light and elastic, and it doesdges its power gorgeously. Therefore, it doesn’t break easily.

What looks strong at first glance, a person may be really weak, and a weak person may be really strong. Because there is the flexibility of elasticity.

Therefore, it is not always strong because it has power. The elastic “Shinai” looks light and weak at first glance.

However, it may be strong, just by appearance.

Because it’s flexible, it’s a multi-faceted approach to things. So the definition of really strong often feels very difficult.

So, even if you are worried or suffering from various things, it does not mean that a strong one will “win” in the end.

The definition of “winning” is also difficult. Because “winning” is often lonely. Even if you are surrounded by many people, you can feel the distance somewhere.

For people, loneliness is sad. But even if you are surrounded by many people, it may not be a real connection.

Therefore, I would like you to develop the ability to live “as is”.

You don’t have to look good at anything. However, I just want you to live, thinking that you are such an existence.

Sometimes, life has a strong “desire” and goes toward that goal. This is very nice.

But sometimes I want to take a break. In such a case, I think it’s okay to have a weak “as is” without decorating. That way, life goes on.

Sometimes it’s good and sometimes it’s bad. I think that people will grow significantly by accumulating.

It takes a lot of courage to show “weakness”. But it is proof that you are a person. So it doesn’t matter if it’s weak.

Like “Shinai”, it is flexible and adaptable. Strong ones will probably get tired somewhere.

It folds like a “wooden sword”. Therefore, when I try to live “flexibly”, I want to have hope because life is waiting not only for bad things but also for good things.

世界平和を祈願するI pray for world peace.

Advertisements

滋賀県にある比叡山に三宝莚(サンポウエン)という、お寺があります。天台宗派です。この天台宗は、非常に苦しい修行が行われることで、有名です。三宝莚の住職は、栢木寛照(カヤキカンショウ)です。

この方は、もう、20年前にお会いした時に、すでに25年間、小学生の中高学年から中学生、高校生を対象に、新聞などで、公募して、約1,500-2,000人の中から、40-50人の子供を作文で選んでいます。

そうして、太平洋戦争で、多くの日本人が、亡くなったサイパンへ慰霊の旅に行って、後世にその平和を願うと共に、戦争を2度と起こしてはいけない、という強い信念のもと、子供たちを連れて行きます。それは、毎年、夏に行っています。

もう、随分前ですが、私の子供が、作文を書いて応募しました。そうして、その中で、選ばれて、このサイパンの慰霊の旅に行きました。

その前に、講義があり、色んなことを学びました。私の子供に、般若心経を暗唱できるまで、何度も教えて下さりました。だから、私の子供は、般若心経を暗記しています。

三宝莚は、決して、素晴らしい外観ではありません。心のこもったお寺です。お寺を建てるとき、土台ができましたが、建物を建てるときに、業者からお金を持ち逃げされました。だから、私が行った時は、プレハブでした。

山から湧き出る水で、筆を濯ぎ、質素なお寺でした。

そうして、三宝莚の名前の由来が、三つの宝、国師(正しい学問、正しい知識を持っていること)、国用(正しい行動、人のためになることをすること)、国宝(正しい学問、正しい行いのできる人)このような三つの宝をたたみのような1枚の「ござ」の上でも、一生懸命すれば、国宝のような人物になれる、との信念が込められています。

私の子供は、サイパンの慰霊の旅に行きました。サイパンの小学校で、寝泊まりをしました。そこで、驚いたことは、シャワーの水が、海水だったことです。勿論、衛生状態も良くなく、ゴキブリや色んな虫が出ます。

その質素な暮らしを通じて、自然のありがたさや、平和であることの素晴らしさを感じます。

玉砕、つまり、自ら死を選び、岸壁から、多くの日本人が飛び込んだとされる海岸に、日本で、作った精霊流しをしました。そうして、みんなで、般若心経を唱え、心から、たくさんの命を弔いました。子供ながらに、今の日本は、恵まれていると感じ、普通であることが、実は、世界から見れば、日本は、恵まれていることに、気付いたのです。

そうして、私の子供は大学生になると、一人で、マザーテレサの家に行きました。そこで、色んなことを学びたかったそうで、自分一人、インドの会社の飛行機に乗り、一人で旅立ちました。

そこでは、親に捨てられた手足のない赤ちゃんがいたそうです。そんな赤ちゃんのおむつを替えたり、素手で、床の掃除をしました。

だから、私の子供は、今の同世代で、汚いものを触れない人や、不都合なことに対して、知らないふりをする若者が多いことに、ひどく怒っていた時がありました。

自分が、ごく自然に生まれたことを、当たり前に思っていたり、恵まれた環境にいることを忘れ、自分の立場が、周りからすると、非常に、不幸に見えたりすることがあります。

しかし、それは、ごく狭い視野で見ているからです。私は、子供の幼少期から、ご飯1粒も残さないように、言いました。

その時、世界の中には、毎日の食事も満足にできずに、死んでいく子供がいる話をしました。それに、ご飯1粒でも、これは、1年かかって出来た食べ物だから、大切にしなさい。と言いました。

けれども、今の日本は、食品ロスで、まだ食べられる食品が、捨てられます。これは、非常に、良くないことです。世界的に見れば、これは、贅沢すぎます。だから、自分の今置かれている立場を、大きな目線で見れるようになって欲しいと感じることが、よくあります。

これは、豊か、という定義を知らなすぎると思うからです。生まれ出る国によって、貧富の差があります。けれども、それは、選ぶことはできません。

私たちにできることは、経済を通して、その国が自立できることを支援することだと思います。寄付は、その時だけで、効果は、限定的です。その国を自立できるよう、企業がその国を発展させることが、大事です。

話は戻りますが、三宝莚の栢木寛照和尚から、ローマ法王と握手した年賀状が送られてきました。長年に渡って平和活動をしたことが、世界に伝わったのでしょう。

三宝莚は、プレハブのお寺から、始まっています。見かけは、関係ありません。その、信念が、行動を起こし、あきらめず、決して、欲に囚われることなく、命の大切さ、と平和の大切さ、を後世に伝える活動をしてきました。

そうして、世界の中には、恵まれない人々がいることを長い活動を続けられたことは、非常に素晴らしい、と思います。

世界が平和になりますように。

栢木寛照和尚が本を出版しています。「親が育てば子も育つ」徳間文庫です。

There is a temple called Sanpowen on Mt. Hiei in Shiga Prefecture. It is a Tendai sect. This Tendai sect is famous for its extremely painful training. The chief priest of Sanpoen is Kansho Kayaki.

When I met him 20 years ago, he had already recruited from middle and upper grades to junior high school and high school students for 25 years in newspapers, etc., and 40-50 out of about 1,500-2,000 people. I choose people’s children in the composition.

Then, in the Pacific War, many Japanese went on a memorial trip to the deceased Saipan, wishing for peace in posterity, and with a strong belief that the war should never occur again. I will take the children. It goes every summer.

A long time ago, my child wrote an essay and applied. Then, among them, I was selected and went on this Saipan memorial trip.

Before that, there was a lecture and I learned a lot. He taught my child many times until he could recite the Heart Sutra. So my child memorizes the Heart Sutra.

Sanpoen is by no means a wonderful appearance. It is a hearty temple. When I built the temple, I had a foundation, but when I built the building, I ran away with money from the contractor. So when I went, it was a prefab.

It was a simple temple, rinsing the brush with the water that springs from the mountains.

Then, the origin of the name of Sanpoen is three treasures, national treasure (correct learning, having correct knowledge), national treasure (correct action, doing what is good for people), national treasure (correct). (People who can study and do the right thing) The belief is that even on a single “goza” that looks like a fold of these three treasures, if you do your best, you can become a person like a national treasure. ..

My child went on a memorial trip to Saipan. I stayed overnight at an elementary school in Saipan. What surprised me was that the shower water was seawater. Of course, the hygiene is not good, and cockroaches and various insects appear.

Through that simple life, I feel the gratitude of nature and the splendor of being peaceful.

Breaking the jade, that is, choosing to die on his own, from the quay to the beach where many Japanese are said to have jumped in, the spirits that were made in Japan were poured. Then, we all chanted the Heart Sutra and sincerely mourned a lot of lives. As a child, I felt that Japan is blessed now, and I realized that it is normal, but in fact, from the perspective of the world, Japan is blessed.

Then, when my child became a college student, she went to Mother Teresa’s house by herself. There, she wanted to learn a lot, so she took an airplane from an Indian company and set out on her own.

There was a baby with no limbs abandoned by his parents. My child changed the baby’s diaper and cleaned the floor with my child bare hands.

So, my child was once terribly angry at the fact that many of her generation now are young people who don’t touch dirty things and pretend they don’t know about inconveniences.

Sometimes you take it for granted that you were born naturally, or forget that you are in a privileged environment, and your position may look very unhappy to those around you.

But that’s because we’re looking at it in a very narrow field of view. From my childhood, I told him not to leave a grain of rice.

At that time, I talked about the fact that there are children in the world who are dying because they are not satisfied with their daily meals. Besides, even one grain of rice is a food that took a year to make, so please take good care of it. said.

However, in Japan today, food that is still edible is thrown away due to food loss. This is very bad. Globally, this is too luxurious. Therefore, I often want to be able to see my current position from a big perspective.

This is because I think I don’t know too much about the definition of rich. There is a difference between rich and poor depending on the country of birth. But it cannot be chosen.

I think what we can do is to support the country’s independence through the economy. Donations are made only then, and the effect is limited. It is important for companies to develop the country so that it can become independent.

Returning to the story, Kansho Kayaki of Sanpoen sent a New Year’s card with a handshake with the Pope. It must have been transmitted to the world that he had been engaged in peace activities for many years.

Sanpoen begins in a prefabricated temple. The appearance doesn’t matter. That belief has taken action, never gave up, never been trapped in greed, and has been working to convey the importance of life and the importance of peace to posterity.

And I think it’s wonderful to have been able to continue working for a long time because there are disadvantaged people in the world.

Kansho Kayaki has published a book. It is Tokuma Bunko, “If parents grow up, children grow up.”

 

言葉の変化

Advertisements

言葉は、常に変化しています。それに気づく人々は、どれぐらいいるでしょう。

日本語は、とても難しいです。なぜなら、同音異義語があります。これは、同じ発音ですが、違う意味の言葉のことです。だから、言葉だけでは、話が、わからないので、前と後ろの文章の意味からその言葉の意味を推察します。

又、同じ漢字でも違う読み方をすることもあります。だから、何歳になっても、読むことのできない字が存在します。

そんな日本語に、「一所懸命(イッショケンメイ)」。

この言葉の意味は、置かれた立場や物事を自分の力を出し切ってすること、です。この言葉は、この20-30年で、ほとんど使われなくなりました。

この「一所懸命(イッショケンメイ)」は、「一生懸命(イッショウケンメイ)」という言葉に吸収されました。

この置かれた立場や物事を自分の命を賭けて、することです。ほんの少しの差です。言葉の意味として、「一生懸命(イッショウケンメイ)」の方が、心の勢いを感じます。

その上に、発音は、「ウ」が入っているかどうかで、ほとんど、変わらない発音です。だから、人々は、「一生懸命(イッショウケンメイ)」という言葉を使うようになりました。

そうして、「一所懸命(イッショケンメイ)」という言葉は、もう使われることもほとんどなく、この言葉を知っている若い人は、なかなかいないでしょう。

このように、同音異義語は、日本には、数多くありますが、似たような意味の言葉は、これからも、色んな形でなくなって統一されるでしょう。

そうして、時代とともに、新しい言葉ができてきます。私たちの使っている言葉は、常に進化しています。これは、日本語だけではないでしょう。

普段、私たちが、使っている言葉でさえ、このような変化があります。新しい言葉、忘れられてなくなっていく言葉。色んな言葉があります。

無くなっていく言葉には、余韻があります。そんな言葉の美しさは、理解するのも、難しくなります。

現代に生きる私たちにも、日々起きていることです。そんな言葉を探すのも、楽しいことだと思います。言葉は、常に変化していることを気づくきっかけにしてください。言葉は、私たちにとって、とても大切なものです。言葉は、生きています。

Words are constantly changing. How many people will notice it?

Japanese is very hard. Because there are homonyms. This is a word that has the same pronunciation but a different meaning. Therefore, since the story cannot be understood from the words alone, the meaning of the words is inferred from the meanings of the sentences before and after.

Also, the same Chinese characters may be read differently. Therefore, no matter how old you are, there are some characters that you cannot read.

In such Japanese, “Isshokenmei”.

The meaning of this word is to do what you are in and what you are doing. This term has become almost obsolete in the last 20-30 years.

This “Isshokenmei” was absorbed by the word “Isshoukenmei”.

It is to bet your own life on this position and things. It’s just a small difference. As for the meaning of the word, “Isshoukenmei” feels the momentum of the heart.

On top of that, the pronunciation is almost the same depending on whether or not “U” is included. That’s why people have come to use the word “Isshoukenmei”.

Then, the word “Isshokenmei” is rarely used anymore, and few young people know this word.

As you can see, there are many homonyms in Japan, but words with similar meanings will continue to be unified in various forms.

Then, with the times, new words will be born. The language we use is constantly evolving. This is not just Japanese.

Even the words we usually use have these changes. New words, words that are forgotten and disappear. There are various words.

Words that disappear have a lingering finish. The beauty of such words is difficult to understand.

It is happening every day for us living in the present age. I think it’s fun to look for such words. Be aware that words are constantly changing. Words are very important to us. Words are alive.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然から貰おう!心の余裕の作り方.Get it from nature! How to make a margin of mind.

Advertisements

今回は、心の余裕ある生活について書いてみようと思います。今回は、物語風に書いていきます。

私は、幼い頃学校で「朝顔」を育てました。この花は、夏に咲く花で朝だけに咲く。ツルが出るので、支柱が必要になります。これは、日本の学校で栽培学習がある。

その学習の終わった朝顔は、花が開くと今度は種ができます。その種を、家の一角に投げるように多分、母は、捨てた。

そうすると、とても性質の強い朝顔は、春先になるとぐんぐん芽を出したのです。そうして、支柱の代わりに古ぼけた自転車が置かれた。そうすると、朝顔は、年々大きくなり、とても立派な花を咲かせました。

幼い私は、この大きく咲き誇る花を眺め、とても感動していました。そんな時、学校で、作文コンクールがあった。この朝顔の情景を綴ったものでした。

体験した具体的な事柄を作文することは、簡単ですが、当時の私には、非常に難しい題材でした。だから、何も、評価がつかなかった。

けれども、とても、幼い心に心が打たれる程、非常に美しいものでした。花は、朝のみずみずしい空気を含み、その花は、夏の早朝の日光にあたり、群生になるととても迫力があった。毎朝、起きると、すぐに、朝顔を眺めに走ってそこに駆け寄ったものでした。

人は、何の為に働くのか、何の為に自然を堪能するのか、そんなことを考えていつも私は、お気に入りの風景をスケッチしたり、シャッターを切ります。

多分、人間は、植物には勝てないと思う。そんなことを思いながら、私は、多くの花の写真や風景に映り込む、木々を愛でる。

植物は、安らぎを与えてくれる。だから、とても、心が、リフレッシュする。一時期、オゾンとか、言われたけれども、これは、あまりに科学的すぎる。

ビルや街の風景を撮った写真もある。けれども、私は、自然のもたらす、優しい心地よさには、敵わない、と感じることがある。

なぜなら、そこには、1年を通じて、表情が、違うからです。そうして、その織りなす風景は、人工物である建物に添えられ、その建物の表情さえ変えるのです。そうやって、私たちは、心の余裕を自然からいただいているのです。

これは、紛れもない事実で、このことを通じて、私たちは、謙虚になり、もっと自然を愛することが、必要です。

時に、心の余裕のない時があります。その時、周りを見渡してください。大抵そこには、自然はありません。

それは、人工物が、いかに、人々の心の余裕を奪うものか、知ることになると思います。

心の余裕は、自然からの恵みだと、感じます。だから、自然に囲まれ生きている人は、幸せだと、感じることが、多いです。街はとても快適です。生活も不自由しません。けれども、現代の人々の心は、少し、疲れているように見えます。

心の余裕は、自然からのプレゼントです。

This time, I would like to write about a comfortable life. This time, I will write it in a story style.

I grew up “morning glory” at school when I was little. This flower blooms in summer and blooms only in the morning. Since the vines will come out, you will need a support. This is a cultivation study at a Japanese school.

After the learning, the morning glory will produce seeds when the flowers open. Perhaps my mother threw the seed into a corner of the house.

Then, the morning glory, which has a very strong nature, sprouted steadily in early spring. Then an old bicycle was placed in place of the stanchion. Then, the morning glory became bigger year by year and bloomed very splendid flowers.

When I was young, I was very impressed to see this big flower. At that time, there was a writing contest at school. It was a spelling of this morning glory scene.

Writing the specifics that I experienced was easy, but it was a very difficult subject for me at the time. So nothing was evaluated.

However, it was so beautiful that it touched my childhood. The flowers contained fresh air in the morning, and the flowers were exposed to the sunlight in the early summer morning and were very powerful when they became clusters. As soon as I woke up every morning, I ran to see the morning glory and rushed there.

Thinking about what people work for and what they enjoy nature for, I always sketch my favorite landscapes and release the shutter.

Maybe humans can’t beat plants. With that in mind, I admire the trees reflected in many flower photographs and landscapes.

Plants provide comfort. So, my heart is refreshed. For a while, it was called ozone, but this is too scientific.

There are also pictures of buildings and cityscapes. However, I sometimes feel that I cannot match the gentle comfort that nature brings.

Because there are different facial expressions throughout the year. Then, the weaving landscape is attached to the artificial building and even changes the expression of the building. That’s how we naturally get the leeway of our hearts.

This is an unmistakable fact, through which we need to be humble and love nature more.

Sometimes I can’t afford it. At that time, look around. Usually there is no nature there.

I think it will give you an idea of how man-made objects take away people’s minds.

I feel that the leeway of my heart is a blessing from nature. Therefore, people who live surrounded by nature often feel happy. The city is very comfortable. Life is not inconvenient. But the minds of modern people seem a little tired.

The leeway is a gift from nature.

 

言葉は人間関係をよくするWords improve relationships.

Advertisements

「言葉」は、人間関係に最も重要な事柄である事とその育て方を私なりの見解で書いてみました。興味のある方は、ご覧になって下さると、とても嬉しいです。

私は、「言葉」が好きです。言葉遊びは、いろんなものがあります。それは、さまざまな国で、いろんな遊びがあると思います。

そうして、「言葉」の面白さを幼い時に、遊びを通じて知ります。私もよく遊びました。

ちょっと、難しい遊びもしました。日本の古い詩(歌)を、カードにしたゲームです。「百人一首」です。これは、100人分あるので、とても覚えるのが難しいです。

そうして、このゲームの面白い所は、そこに、個人の趣向が出る所です。自分のお気に入りの詩を直ぐに覚えて、カードを取ることができますが、自分の興味のない詩は、なかなか覚えられなくて、カードを取れない所です。

このように、「言葉」は、時に、ゲームになります。「言葉」は、生活する上で欠かせないものです。

「言葉」は、時に魔法のように、人々を惹きつけます。

いろんな「言葉」が、時を重ねる度に、時と同じく重なります。そうして、心に響く「言葉」は、残っていきます。ですが、良いことばかりではありません。

なぜなら、「言葉」は、多面性を持つからです。

同じ「言葉」でも、いろんな捉え方があります。だから、「言葉」は、「誤解」を生みます。だから、人間関係は、「言葉」と「態度」で、成り立ちます。

これだけ、文明が発達しても、人間関係に、「誤解」が生じます。これは、いろんな問題をはらんでいます。時に、人々は、「誤解」によって「争い」が起きます。

これは、最も危険なことです。ですが、「言葉」を持った私たちは、これを解決するのが、非常に難しいことが、よくあります。人は、本当にその人を「誤解」して嫌いになったら、その時点で、「言葉」を交わさなくなります。そうして、距離が空いて、自然と、交流がなくなります。

だから、「言葉」を持っている私たちは、非常に高度なことを求められます。

「言葉」だけで、「態度」が伴わない、こともあります。だから、「言葉」は、見せかけだけに使われたり、その逆もあります。「言葉」に「態度」が加わるので、非常にコミュニケーションが難しいです。

ところで、私たちは、「言葉」の魅力を感じ、いつの時代においても、「文字」で、「言葉」を読み、「文字」の持つ、「言葉」に魅了されます。

なぜなら、そこには、魔法のような、多面性を持った「言葉」が存在します。そこには、「態度」はありません。

「文字」の持つ「言葉」は、非常に魅力的です。そこには、多面性を持つ「文章」があり、そこには、多くの想像力が必要だからです。

「文章」は、想像力を育て、知性を磨く作業になります。なぜなら、情報が少ないので解読する力が必要になるからです。

ビデオを有効に使いながら、理解を助けるのに、使うのは、非常に良いでしょう。

けれども、そのビデオも「文章」が土台です。

ですから、「文章」は、「言葉」の基本です。「文章」にたくさん触れることは、大切です。なぜなら、人は「言葉」でコミュニケーションするからです。

良い人間関係は、「言葉」が育みます。だからこそ、「文章」に幼い頃から親しんで多くの「言葉」の数を増やしてください。

そこには、多くの読書が必要です。読書を忘れないでください。

“Words” is the most important thing in human relations and I wrote it in my own way. If you are interested, I would be very happy if you could take a look.

I like “words”. There are various kinds of word games. I think it has a lot of play in different countries.

Then, when I was young, I learned the fun of “words” through play. I also played a lot.

I also played a little difficult. This is a game that uses old Japanese poems (songs) as cards. It is “Hyakunin Isshu”. This is for 100 people, so it’s very difficult to remember.

And the interesting thing about this game is that it gives you a personal taste. You can quickly remember your favorite poems and pick up the cards, but the poems you aren’t interested in are hard to remember and you can’t pick up the cards.

In this way, “words” sometimes become games. “Words” are indispensable in our daily lives.

“Words” sometimes magically attract people.

Various “words” overlap with each other as time goes by. Then, the “words” that resonate with the heart will remain. But it’s not all good.

Because “words” are multifaceted.

Even with the same “word”, there are various ways of thinking. Therefore, “words” create “misunderstandings”. Therefore, human relationships are made up of “words” and “attitudes.”

Even with the development of civilization, there will be “misunderstandings” in human relationships. This has various problems. At times, people are “conflicted” by “misunderstandings.”

This is the most dangerous thing. However, as we have “words”, it is often very difficult to solve this. When a person really “misunderstands” and dislikes him, he stops exchanging “words” at that point. Then, the distance will increase and there will be no interaction naturally.

Therefore, we who have “words” are required to be very advanced.

Sometimes “words” alone, not “attitudes”. Therefore, “words” are used only for masquerading and vice versa. Communication is very difficult because “attitude” is added to “words”.

By the way, we feel the charm of “words”, read “words” with “letters” at any time, and are fascinated by the “words” of “letters”.

Because there are magical, multifaceted “words” there. There is no “attitude” there.

The “words” of “letters” are very attractive. There is a multifaceted “sentence” there, which requires a lot of imagination.

“Sentence” is the task of developing imagination and honing intellect. Because there is little information, it requires the ability to decipher.

It’s very good to use to help understanding while making good use of the video.

However, the video is also based on “text”.

Therefore, “sentence” is the basis of “word”. It is important to touch a lot of “text”. Because people communicate in “words”.

“Words” nurture good relationships. That is why you should familiarize yourself with “sentences” from an early age and increase the number of many “words”.

It requires a lot of reading. Don’t forget to read.

 

夏目漱石の言葉Natsume Soseki’s words

Advertisements

自然を翻訳するとみんな人間に化てしまうから面白い。崇高だとか、偉大だとか、雄大だとか、みんな人格上の言葉になる。人格上の言葉に出来ない輩(もの)には、自然が毫(こう)も人格上の感化を与えていない。

夏目漱石

自然を表現すると、人間になってしまう。だから、面白い。人柄が、とても素晴らしい形容詞(状態)になる。人間以上で無いものは、人間のように表現できない。

自然は、人間に感銘を与えているのでしょう。だから、事象としてではなく、人間と同じように捉えられ、それは、素晴らしいのものとして、表現されることが、多い。ただし、同じ自然でも、優れた事象では無い自然は、人間としての形容詞(状態)は、使われない。

結論

この事に気付いた夏目漱石の感性は、文章を扱う仕事をしていた夏目漱石は、鋭い。文学とは、多様な言葉を選びながら、作っていく作品です。そんなことを日常生活にしていると、このような発見が、あったのでしょう。才能とは、卓越した能力を必要とするのが、よく分かる文章ですね。

Transration

When you express nature, you become a human being. So it’s interesting. Personality becomes a very nice adjective (state). Anything that is not more than a human cannot be expressed like a human.

Nature may have impressed humans. So it is often perceived as a human being, not as an event, and it is often described as wonderful. However, human adjectives (states) are not used in nature, which is not an excellent event even if it is the same nature.

Conclusion

Natsume Soseki, who noticed this, has a keen sensitivity to Natsume Soseki, who was working on writing. Literature is a work that you create while choosing various words. I think I made such a discovery when I was doing such things in my daily life. It’s easy to understand that talent requires outstanding ability.

一心不乱に生きる-お金で幸せは買えないLive with all one’s might-money can’t buy happiness.

Advertisements

「一心不乱(イッシンフラン)」。心が、乱れない様子をこの言葉は、表現しています。「一心」とは、一つの心と書きます。「不乱」は、乱れないことを指します。四字熟語は、古い言葉で、漢文のような読み方をします。

つまり、言葉の意味が、とても歴史があります。今なお、語られる言葉は、とても価値があると私は、感じています。いつも私は、心の中に、この言葉が、あります。

それは、いつの時にも、決して乱れないことは、とても難しいからです。このような心の境地になるのは、とても難しいです。

この「揺らぎのない心」を育て、物事を決して軽く扱う事なく、じっくりと物事に集中して対応する、「心」がそこには、存在します。

「心」のありさまは、現代に於いては、個人の自由が、尊重されて、色んな「心」の在り方があります。それは、個人の自由でもあり、この現代に於いて、それは、否定されるものでは、ありません。

けれども、人生の心構えは、大きな物事をやり遂げたり、社会的に認められるようになる為には、物事を軽く見て、ひとつの物事を簡単に対処したりすることは、良いことではありません。

良い人生の重ね方とは、どんなことであっても、「一心不乱」に物事に対処することが、大切だと思うからです。

つまり、どんな小さな物事であっても、ひたすら真摯に対応することです。良い小さな物事の積み重ねは、良い人生を築く基礎であり、それは、しっかりとした土台になります。

そのような時間を築き上げることは、後の人生に於いて、決して、「後悔」の無い人生になるでしょう。人生は、大きな決断をすることがあります。その決断が、正しいとは、限りません。

ですが、「一心不乱」に考え、出した決断は、「後悔」を生むことは、無く、そこには、自分で、決断した物事だから、「納得する」ことができます。

色んな人生がありますが、時間だけは、元には、戻りません。これは、現代に於いて、もっとも、平等な事柄です。

「後悔」ではなく、「納得」できる人生を送る為には、「一心不乱」に生きることは、重要な事柄だと感じています。色んな人がいます。けれども、真面目に生きることは、大切です。何故なら、そこには、信頼が、生まれ、良い人々に囲まれていると、思うからです。

そこには、お金では、買えない、素晴らしい環境が整っています。人は、いつも、孤独です。孤独に生まれてきて、孤独に死んでいきます。だから、人生は、自分そのものです。自分に責任を持つことは、自分の限界を知ることでもあります。

だからこそ、「一心不乱」。

現代に於いて、お金をたくさん持っていることが、その人物が、良い人生を送っているように、見えることがあります。しかし、それは、間違いであり、人生を快適に過ごすことはできますが、それは、「幸せ」を得るための条件ではありません。

お金で、解決できることは、たくさんあります。だから、人生は、快適です。けれども「人の心」は、お金では、買えないことを知っておきましょう。人生に於いて、ある程度のお金は、必要です。

ですが、ひとりの人間として生き、そして、ひとりの人間として、死んでいく人生には、過剰なお金は、必要ではありません。

そこには、別れを惜しんでくれる「人々の心」が、もっとも、必要な事柄です。

心の価値観は、人によっても大きく異なることがあります。ですから、色んな論議があり、これは、哲学にも通じます。ですから、この文章が絶対では、ありません。

違う価値観もあるからです。これを否定は、しません。

なぜなら、そこには、多様性があるからです。

だからこそ、人は、悩み、苦しみます。そうして、心の拠り所を探します。人生に答えは、ありません。自問自答しながら、歩むのが、人生そのものだと思うからです。

“Isshin Fran”. This word expresses how the mind is not disturbed. “One heart” is written as one heart. “Undisturbed” means not disturbed. Yojijukugo is an old word that is read like a Chinese sentence.

In other words, the meaning of words has a very long history. I still feel that the words spoken are very valuable. I always have this word in my heart.

That’s because it’s very difficult to never be disturbed at any time. It’s very difficult to be in such a state of mind.

There is a “heart” that nurtures this “unwavering heart” and never treats things lightly, but rather concentrates on things carefully.

In modern times, the “mind” is respected for individual freedom, and there are various ways of “mind”. It is also personal freedom, and in this modern era it cannot be denied.

However, the attitude of life is that it is not good to take a light look at things and deal with one thing easily in order to get things done or become socially recognized.

I think it’s important to deal with things in a “one-hearted manner” no matter what the good way of life is.

In other words, take all the small things seriously. The accumulation of good little things is the foundation for a good life, and it is a solid foundation.

Building up such time will never be a “regret” in later life. Life can make big decisions. That decision is not always correct.

However, the decision you make with “one-heartedness” does not cause “regret”, and you can “convince” it because it is a decision you made yourself.

There are many different lives, but only time is irreversible. This is the most equal thing in modern times.

I feel that it is important to live in a “one-hearted manner” in order to live a life that is “convincing” rather than “regret”. There are various people. However, it is important to live seriously. Because I think that trust is born and surrounded by good people.

There is a wonderful environment where you can’t buy with money. People are always lonely. Born lonely and dying lonely. So life is yourself. Taking responsibility for yourself also means knowing your limits.

That is why “one-hearted unrest”.

In modern times, having a lot of money can make the person seem to have a good life. But that’s a mistake, and while you can live your life comfortably, it’s not a condition for “happiness.”

There are many things that can be solved with money. So life is comfortable. But be aware that the “human heart” cannot be bought with money. You need some money in your life.

But living as a human being and dying as a human being does not require excess money.

The most necessary thing is the “hearts of the people” who are willing to say goodbye.

The values of the mind can vary greatly from person to person. So there is a lot of controversy, which also leads to philosophy. Therefore, this sentence is not absolute.

Because there are different values. I will not deny this.

Because there is diversity there.

That is why people suffer and suffer. Then, look for a place of heart. There is no answer in life. I think it is life itself to walk while asking yourself questions.

 

 

 

 

 

学問のすすめ「国は国民の教育で決まる」Recommendation of learning “National power is determined by the education of the people” 4

Advertisements

国とは、人の集まりである。日本国は、日本人集まりであり、イギリスはイギリス人の集まったものです。日本人もイギリス人も同じで、世界の中にいる人であれば、お互いに権利と義務を妨害する理由は無い。

1人が、1人を危害を加える理由が無ければ、2人が2人に向かって危害を加える理由も無い。だから、1,000,000人も10,000,000人も同様に扱われる。物事の道徳、道理は、人数の多い少ないの理由によっては、変わらない。

今、世界中を見渡すと、文明が発達して、文学も軍備も盛んにして豊かで、強い国があります。その逆もあります。

けれども、この貧富の差、強い、弱いの差は、国の現在の状態であって、初めから、そのような状態になったのでは、無い。これは、力だけでは、変わらない。そのようなことは、権利と義務で、行うことはできない。

日本国(1800年代後半から1900年前半)の状態は、西洋の国々の豊かで、強い事には、敵わない。けれど、一つの国として、権利と義務は、どのような国々であっても、同じです。

この貧富の差、力の強弱の差の状況は、これは、天からの定めでは無い。これは、人が、勉強するか、勉強をしないか、の理由によるもので、これは、移り変わるものです。

だから、今日は勉強ができない者でも、明日は知恵のある者になるように、勉強することが貧しさと弱さから抜け出す道です。昔も今もその例は、少なくない。

日本国人も、学問に志し、気力を持ってまず、自分自身の独立をする。それに伴って、一つの国として豊かになり、強くなることです。道徳、道理のあるものとは、交流する。道徳、道理の無いものは、交流しない。

国民が1人、1人、独立して、その国が、独立するには、このことが、重要です。

この節は、「国は同等である事」。この節は、とても良い言葉があります。人々は、平等で、その国の国民によって、国は、形成されているのです。だから、その国民が、勉強する事によって、その国は、豊かになります。決して、国の運命は、力ずくで、決められるものでは、ありません。

人々や国々は、皆、平等で、その国民、1人、1人によって、国の運命は、変わります。物事には、絶対は、ありません。努力によって、その国は変わるのです。だから、人々は、勉強をすることは、最も重要なことで、その事によって、人生や、自分の国の運命も変わります。

だから、勉強は、知識だけではなく、物事の道徳を勉強する場です。そうすれば、道徳のある人々と交流を持つことができます。これは、国としての道徳にも現れて、それは、信頼になり、良い国々と交流を持つことができます。

正しい判断ができるようになるので、道徳の無い国々とは、交流しない決断もできます。

このように、国は、国民1人、1人の教養が、その国の基礎になり、良い国家になることができます。これは、どんな国であっても、それは、チャンスがあります。

ですが、そこには、国民1人、1人の教養が必要で、このことは、最も重要なことです。このように勉強は、貧しさや国の運命までも変える力があります。今、貧しい国も、勉強すれば、豊かになれます。これは、努力が、必要です。

決して、カンニングとか、不正をしてはいけません。これは、道徳が有れば、そのようなことは、してはいけないことが、分かります。勉強は、子供の時だけではありません。常に謙虚に、勉強することは、最も大切です。

知能だけでは、いけません。そこに、しっかりとした道徳を学ぶ必要があります。これは、信頼関係を保つ為に最も、重要なことで、これを疎かにすれば、勉強をしても、その勉強は、無駄になります。

何故なら、道徳のない人々や国々には、道徳の無い人々や国々が集まるからです。そこには、不幸しかありません。

良い国々と交流するには、道徳と勉強は、なくてはならないものです。今回は、「学問のすすめ」から、教育の在り方と国の在り方を書いてみました。

A country is a group of people. Japan is a gathering of Japanese people, and Britain is a gathering of British people. The same is true for Japanese and British, and if you are in the world, there is no reason to interfere with each other’s rights and obligations.

If one person has no reason to harm one person, there is no reason for two people to harm two people. So 1,000,000 and 10,000,000 are treated the same. The morals and rationale of things do not change, depending on the reason for the large number of people.

Looking around the world now, there is a country with a well-developed civilization, rich literature and armaments, and a strong country. 

However, this difference between rich and poor, strong and weak, is the current state of the country, not from the beginning. This does not change with power alone. Such things are rights and obligations and cannot be done.

The state of Japan (late 1800s to early 1900s) is no match for the rich and strong things of Western countries. But as a country, the rights and obligations are the same in every country.

The situation of this difference between rich and poor and the difference in strength of power is not a rule from heaven. This is because people study or don’t study, and this is a transition.

So, even if you can’t study today, studying is the way out of poverty and weakness so that you will be wise tomorrow. There are many examples of this in the past and now.

Japanese people also aspire to study and have the energy to become independent. Along with that, it is to become richer and stronger as a country. Interact with moral and rational things. Those who are moral or unreasonable do not interact.

This is important for the independence of one person, one person, and the country.

This section says, “Countries are equal.” This section has very good words. People are equal and the country is formed by the people of that country. Therefore, the country will be enriched by the people studying. By no means, the fate of a country is brute force and undecided.

People and nations are all equal, and the fate of a nation changes depending on its people, one person, one person. There is absolutely no thing in things. Efforts will change the country. So, for people, studying is the most important thing, and it changes their lives and the fate of their country.

So studying is a place to study not only knowledge but also the morals of things. That way, you can interact with moral people. This also manifests itself in national morality, which allows us to be credible and interact with good nations.

You will be able to make the right decisions, so you can decide not to interact with morally immoral countries.

In this way, a country can become a good nation, with the culture of each and every nation becoming the basis of the country. It has a chance, no matter what country it is.

However, it requires the education of one person and one person, which is the most important thing. In this way, studying has the power to change poverty and even the fate of the country. Now, poor countries can be enriched by studying. This requires effort.

Never cheat or cheat. This turns out that if you have morality, you shouldn’t do that. Studying isn’t just about childhood. Studying always humbly is of utmost importance.

Intelligence alone is not enough. There you need to learn a solid morality. This is the most important thing to maintain a relationship of trust, and if you neglect it, even if you study, that study will be wasted.

Because immoral people and nations come together with immoral people and nations. There is only misery there.

Morality and study are essential to interacting with good countries. This time, I wrote about the ideal way of education and the ideal state of the country from “Recommendations for learning”.

Translate »
%%footer%%