戦争の放棄と自衛隊-平和を望む国民Abandonment of War and the Self-Defense Forces-People who desire peace.

憲法第9条(戦争の放棄、戦力と交戦権の否認) 本国民は、正義と秩序を基調する国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 ②前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。 これは、日本国憲法第二章の戦争の放棄です。日本には、自衛隊があります。これは、自分で、守る、軍隊のことです。以前は、訓練する部隊で、何の意味で存在するのか、非常に曖昧でした。 けれども、災害などの支援に派遣されるようになりました。国の国境も監視しています。武力を行使することは、この憲法で、禁止されています。だから、近隣諸国から、色んな侵略やミサイル発射など威嚇があっても、武力を行使することができずにいます。 話は、少しそれますが、日本の学校で使われる教科書は、過去のことを明確に記述されていません。その一方で、私は、日本の国歌も歌えません。日本は「過去を無くす」ことで、国民の意識を変えようとしています。 ですが、近隣諸国は、過去を常に意識して、色んな形で「謝罪」を求めます。ですが、もう、戦争を知る世代もいなくなる中で、過去は、もう戻らないからお互い、日本のこの「平和憲法」をよく読んで理解して欲しいと思うのです。 私は、この頃の自衛隊の災害派遣について、非常に自衛隊に好感を持っています。けれども、これは、私の意見であって、日本人は、この「曖昧な」自衛隊を非常に嫌う人が多いです。世代が違うので、これは、仕方ないかもしれません。 私は、子供の進路に、就職の際、自衛隊の臨時アルバイトのような求人があることを知りました。結論から、申し上げると、結局そこには、行きませんでした。 その時、自衛隊関連の入試問題集を何となく大手ECサイトで購入しました。そうして、本のレビューを書きました。「赤シートがついていて、便利です。」ただそれだけでした。私は、金銭をもらって不正な商品レビューを書いたこともありません。だから、そんな不真面目なレビューを書いて連ねていたわけではありませんでした。 そうすると、他の商品レビューに、「参考にならなかった」と、たくさん、他の商品レビューに対して、否定する人が、現れました。これは、とても怖い経験でした。私は、そのECサイトのレビューを全て消しました。 このように、日本では、「平和憲法」を守ることを非常に大切にしている人が多く、災害派遣で、自衛隊が国民に奉仕しても、なかなか、認められません。だから、自衛隊の存在をやはり、平和憲法によって運営されるものだと、その守備範囲を明確に定めた方が、良いと思います。 過去に、海外からの要請で「後方支援」などありました。けれども、こういうことを言う海外諸国は、欺瞞だと思うのです。こんな要請をするのは、非常に日本にとって良くないことです。 この「平和憲法」を作ったのは、日本では、ありません。だから、日本は、多額のお金を払い、その国の軍隊が駐留しています。これは、日本は、もう、戦争を放棄しています。だから、自衛隊の身分は、非常に限られたものになるし、その方が、国民感情としても、最善だと思うのです。 ここで大事なのは、日本は、戦争を放棄して、その代償として、お金を払っています。だから、海外諸国は、日本に「後方支援」など、集団で求めないで欲しいのです。国民は、危機感を覚えます。適当に、都合よく扱われることは、非常に迷惑だからです。 日本は、戦争を放棄しています。だから、それを十分に考慮して欲しいです。このことが、曖昧になると近隣諸国は警戒します。 戦争を放棄したので、このことは、尊重されるべきで、近隣諸国は、これを十分理解する必要があります。そうすれば、他国の軍隊の駐留や核もなくなると信じたいです。色んな論議があります。 日本人は喋らない、国民性なので、よく分からないことも、外から見ていて感じるでしょう。しかし、日本は、「平和憲法」を変えずに守り続けています。 そうして、経済で、色んな国と交流しています。それは、お互いの理解がなければ、できないことです。時間は、問題を風化させます。しかし、平和がもたらす、素晴らしさを日本は、知っています。 他の国と並ぶ必要はありません。戦争を放棄しているからです。 一部の人々が、憲法改正を時に言うことがあります。しかしこれは、戦後、今まで変わることはありませんでした。だから、これからも、変わらないでしょう。 経済活動を通じて、お互いに理解を深め、そうして、これが良い交流になり、過去からの呪縛から、解放されることを望みます。 Article 9 of the Constitution (Abandonment of War, Denial of Force and Right to Engage) The people sincerely seek international peace based on justice and order, and the war in which national rights… Continue reading 戦争の放棄と自衛隊-平和を望む国民Abandonment of War and the Self-Defense Forces-People who desire peace.

自由民主党、岸田文雄が選挙に勝てた理由The reason why Fumio Kishida, the Liberal Democratic Party, won the election.

2021/10/30。日本は、衆議院選挙が行われました。そうして、第101代内閣総理大臣/第27代自由民主党総裁に任命されたのは、岸田文雄氏でした。まず、経歴から、1957年7月29日生まれ。衆議院議員、自由民主党、広島選挙区(広島市中・東・南区)当選9回(初当選以来選挙区連続当選)である。 今回、衆議院選挙は、465席を争っている。 岸田文雄は、経歴の通り、革新派ではない。このコロナ情勢で、非常に前政権が追われるように、短期間で終わり、国民の審判を受けることになった。非常に、自由民主党にとっては、不利のように見える。 しかし、前政権の菅儀偉は、前総理の安倍晋三の補佐役ではあったが、党内で後ろ盾はなかった。だから、総理大臣になっても、具体的に補佐するような人物は存在しなかったのである。 だから、一連のコロナで、オリンピックを強行しなければならない中で、何方かと言えば、事務方の菅儀偉を指名することは、非常に政権維持に都合が良い人選だった。 ここからシナリオは、書かれていたのです。だから、自由民主党としての政権というより、菅儀偉の個人としての手腕を問う人選でした。 けれども、これは、非常にリスキーでありながら、これを上手くやり遂げれば、菅儀偉は、政権を握れる人物として国民から認められる人選でした。決して、自由民主党としての代表では無かったのです。 そうして、今回、国民の真意を問う選挙になったのです。自由民主党として、革新派ではなく、この保守的な人選は、旧来の安倍晋三の実質的な政策を続けることを問う選挙にしたのです。 自由民主党のシナリオの書き方は、最高でした。 野党第一党の立憲民主党の枝野幸男は、共産党と組みました。大体、「立憲民主党」という名前がよくないのです。なぜなら、日本は非常に憲法改正案で、揺れています。 ですが、改憲することなく、旧体制を続けています。だから、この憲法に、色んな議論の交わされるこの日本では、「立憲」など、非常に国民感情に、異物を感じるのです。 共産党は、労働者階級の支持を保っており、野党であるけれども、非常に安定し、その運営は、強固です。共産党は、議席を2席減らしたが、立憲民主党から、支持者を奪うのには、非常に都合が良かった。 そうして、今回、第3党になった、日本維新の会は、ただ、野党第一党が弱すぎたのです。日本維新の会は、大阪は制覇したが、他の選挙区は、取れなかったのです。 日本維新の会は、「私学の学費を公立並みにする政策」でした。このシナリオは、よくありませんでした。大阪は、昔から「商人」の街で、金銭感覚の強い人が多く、又、反骨精神の多い街でもあります。 首都圏とは、一種異なる思想を持つ人が多いです。だから、大阪では勝てたのです。 そして、日本維新の会の掲げる政策は、勝者にとっては、都合が良いけれども、このコロナ不況の中で、自殺者も多くなる日本では、もっと、生活を安定させる、国民の基本的な生活保障を求めていたのです。 だから、国民の要求とは、齟齬があり、この政策は、国民には、支持されなかった。 結局、野党総崩れで、次々、代表が変えることが、今、野党で検討されています。 国民は、現在の野党、鳩山由紀夫が、政権を握った時に、非常に劣悪な政権運営をしたことを非常に悪い感情として、鮮烈に覚えている。 これは、政権を一度は、取られたが、もう、しっかりとした国民の信頼を受けているのです。だから、自由民主党は、旧派閥の岸田文雄を立てて正解でした。 これが、革新派なら、苦戦したと感じる。 261議席という、安定過半数を取れたのは、このような背景がありました。 広島出身ですから、これから、核問題などにも、色んな形でアプローチが、国際的にあるでしょう。もう、岸田文雄は、「世界でただ一つの被曝国」として発言しています。このように、自由民主党のマニフェストは、非常に良かった。これは、安定政権として、長く続くことを示しています。 「勝つために負ける」このような言葉が、よく似合うマニフェストです。 2021/10/30. In Japan, the House of Representatives election was held. It was Fumio Kishida who was appointed as the 100th Prime Minister / 27th President of the Liberal Democratic Party. First… Continue reading 自由民主党、岸田文雄が選挙に勝てた理由The reason why Fumio Kishida, the Liberal Democratic Party, won the election.

Translate »
error: Content is protected !!