北海道、札幌市の観光。食の小樽市に行く。Sightseeing in Sapporo, Hokkaido. Go to Otaru for food.

日本の北海道は、本州とは陸続きではありません。

だから、運搬費がかかるので、物価が高いです。

海に囲まれているので、海産物は、たくさん良い物資が獲れます。

JR小樽駅前に三角市場という、庶民的な小さな市場があります。

小樽市は、札幌市から車で、2時間程で、行けます。

だから、わざわざ、小樽市まで、行かなくても、札幌市で、多くの美味しいものが、いただけます。

けれども、やっぱりその三角市場で、話題の海鮮丼を食べに行きました。

今回の表紙は、小樽市の海です。

朝8時の開店と同時にお客がやってきます。

だから、早いもの勝ち。

特に名物のボタンエビは、鮮度が落ちると、色が落ちる。

私は、いくら、マグロ、ボタンエビ、ウニを選んで、海鮮丼をオーダーしました。

一緒に出てきたのは、カニでダシを取ったお味噌汁でした。

朝早くに行ったけれど、行列に並んで、食べました。

その三角市場は、色んな海産物が、売られていますので、お買い物も楽しめます。

駐車場は、三角市場とJR小樽駅の間に市営駐車場があります。

補助券もいただけるお店もあります。

そこで、私は、松前漬けを購入しました。

数の子が、たくさん入っていて、良い昆布が入っていて、美味しかったです。

その松前漬のお土産が、プレゼントした中で、一番評判が良かったです。

その先に余市という町があります。

そこには、ニッカウイスキーの蒸留所があります。

ですが、このコロナウイルス対策で、見学制限があり、入場どころか、門番がおり、門の近くにも行けませんでした。

「菌」を守るために、大変なようでした。

ですから、写真撮影さえできませんでした。

ホームページにて、雰囲気を味わってみてください。

札幌市では、カニのお味噌汁。

又、みそラーメンも食べました。

ラーメン屋は、少し温度を下げて食べやすくして、お客の回転率を上げる所が多いです。

私の行ったところは、熱々で、とても良心的なお店でした。

札幌市には、大通り公園に、テレビ塔があります。

夜間は、ライトアップされます。

噴水などもあり、綺麗に整備されています。

そして、札幌市には、時計台があります。

2階の時計台ホールは、札幌農学校、現在の北海道大学の授業や行事、に使われていました。

クラーク博士の提案により建てられました。その年、1878年です。

日本で、一番古い時計台です。

赤い星のマークは、開拓使に影響を受けた建物の印。

クラーク博士が、北海道に影響を及ぼしたとされている建物です。

https://www.nikka.com/distilleries/yoichi/

Hokkaido in Japan is not connected to Honshu by land.

Therefore, transportation costs are high, and prices are high.

Surrounded by the sea, you can get a lot of good seafood.

In front of JR Otaru Station, there is a small, popular market called the Sankaku Market.

Otaru City can be reached in about 2 hours by car from Sapporo City.

Therefore, you can enjoy many delicious foods in Sapporo without having to go to Otaru.

However, after all, I went to eat the hot seafood bowl at the Sankaku Market.

The cover of this time is the sea of Otaru city.

Customers will come at the same time as the store opens at 8 o’clock morning.

Therefore, the first one wins.

In particular, the famous Botan shrimp loses its color when it loses its freshness.

I chose tuna, botan shrimp, and sea urchin and ordered a seafood bowl.

What came out with me was miso soup made from crab soup stock.

I went early in the morning, but I lined up in a line and ate.

Various marine products are sold at the Sankaku Market, so you can enjoy shopping.

There is a municipal parking lot between the Sankaku Market and JR Otaru Station.

There are also shops where you can get a subsidy ticket.

So I bought Matsumaezuke.

It had a lot of kazunoko, good kelp, and it was delicious.

The Matsumaezuke souvenir was the most popular gift I gave.

Beyond that is a town called Yoichi.

There is a Nikka Whiskey Distillery there.

However, due to this coronavirus countermeasure, there were restrictions on tours, and instead of entering, there was a gatekeeper, and I could not go near the gate.

It seemed to be difficult to protect the “fungus”.

So I couldn’t even take a picture.

Please enjoy the atmosphere on our website.

In Sapporo, crab miso soup.

I also ate miso ramen.

Many ramen shops lower the temperature a little to make it easier to eat and increase the turnover rate of customers.

The place I went to was a hot and very conscientious shop.

In Sapporo City, there is a TV tower in Odori Park.

It is lit up at night.

There is also a fountain and it is in good condition.

And there is a clock tower in Sapporo.

The clock tower hall on the 2nd floor was used for classes and events at Sapporo Agricultural College and the current Hokkaido University.

Built at the suggestion of Dr. Clark. That year, 1878.

It is the oldest clock tower in Japan.

The red star mark is a sign of a building influenced by the pioneer.

It is a building where Dr. Clark is said to have influenced Hokkaido.

北海道、美瑛、白金にある青い池の周辺を探索してみました。I explored the area around the blue pond in Hokkaido, Biei, and Shirogane.

表紙の写真は、白金ビルケ。

いわゆる、「道の駅」ドライブに立ち寄って、観光案内、地元の特産品を販売しています。

ここでは、美瑛産のハンバーガーが、有名。

皆さま、ハンバーガーを食べていました。

道路と平行して、白樺街道があります。

この道の駅では、レンタサイクルがあり、そこから、白樺街道を自転車で走り抜けることもできます。

そして、終着点には、青い池があります。

防災(砂防)工事中に、偶然できた池です。

水が青いのは、美瑛川に滝の地下水が混じり、コロイド、つまり、顕微鏡では見えない程の粒子が分散している状態なんだそうです。

だから、青い。

期間によっては、夜間のライトアップもあります。

これは、時期によっては違うので、お問い合わせが必要です。0166-94-3355(道の駅ビルケ)

そして、あまり知られていませんが、その源流となる白ひげの滝があります。

そこには、専用駐車場もありません。

分かりにくい場所なので、青い池に比べ、訪れる人は、少ない。

落差30mの滝。

十勝岳の地下を流れる水が、美瑛川に滝になり合流しています。

コバルトブルーの川になっています。

よって美瑛川は、ブルーリバーという名前もあります。

冬でも、凍らない。

近くには、白金温泉もあります。

北海道の水の美しさを堪能できる場所。

北海道は、観光地が、広く点在しています。

移動時間が多くなります。

車での観光をお勧めします。

白ひげの滝の動画もありますので、興味ある方はご覧ください。

 

 

The photo on the cover is Shirokane Birke.

Stop by the so-called “Roadside Station” drive to sell tourist information and local specialties.

Biei hamburgers are famous here.

Everyone was eating hamburgers.

Parallel to the road is the Shirakaba Highway.

At this roadside station, you can rent a bicycle, from which you can cycle through the Shirakaba Highway.

And at the end point, there is a blue pond.

It is a pond that was accidentally created during disaster prevention (sabo) construction.

The blue water is the state where the groundwater of the waterfall is mixed in the Biei River, and colloids, that is, particles that cannot be seen with a microscope are dispersed.

So it’s blue.

Depending on the period, there is also a nighttime illumination.

This depends on the time of year, so please contact us.

0166-94-3355 (Roadside Station Biei)

And, although it is not well known, there is Shirahige Waterfall, which is the source of it.

There is no private car park there either.

It’s a difficult place to understand, so fewer people visit it than the blue pond.

A waterfall with a head of 30m.

The water flowing underground in Mt. Tokachi joins the Biei River as a waterfall.

It is a cobalt blue river.

Therefore, Biei River is also called Blue River.

It doesn’t freeze even in winter.

There is also Shirogane Onsen nearby.

A place where you can enjoy the beauty of water in Hokkaido.

Hokkaido is widely dotted with tourist destinations.

Travel time will increase.

We recommend sightseeing by car.

There is also a video of Shirahige Waterfall, so if you are interested, please have a look.

北海道、美瑛、ファーム富田、秋に訪れました。I visited Hokkaido, Biei, Farm Tomita, and autumn.

ここファーム富田は、もともとは、ラベンダーの栽培の農場でした。

ですが、天然の香料は、合成香料に変わりました。

そんな経営が、難しくなった時に、旧国鉄のカレンダーにラベンダー畑が採用されました。

それから、観光農園として経営に力を注いでいます。

その手入れされた景色は、素晴らしいです。

私の訪れた秋は、ラベンダーの季節ではありませんが、ラベンダーの代わりにサルビアが植えられ、とても綺麗でした。

又、十勝岳連峰が、見渡せ、それは、壮大な大地が、堪能できます。

白樺の紅葉も、ロマンチックです。

お食事は、女性向け。

だから、男性が行くとボリュームがないので、ちょっと小腹を満たす程度。

名物のラベンダーのアイスクリームは、皆さま、注文されていました。

私は、ジャガイモのグラタンとポテトコロッケ。

もちろん、ラベンダーのアイスクリームもいただきました。

とても、メルヘンチックな所です。

お写真で、このロマンチックな雰囲気を今回は、お楽しみください。

Farm Tomita was originally a lavender farm.

However, natural fragrances have changed to synthetic fragrances.

When such management became difficult, the lavender field was adopted for the calendar of the former Japanese National Railways.

After that, we are focusing on management as a tourist farm.

The landscape is amazing.

The autumn I visited was not the lavender season, but salvia was planted instead of lavender and it was very beautiful.

In addition, you can overlook the Tokachidake mountain range, and you can enjoy the magnificent land.

The autumn leaves of the birch are also romantic.

Meals are for women.

Therefore, when a man goes, there is no volume, so it is enough to fill a little stomach.

The famous lavender ice cream was ordered by everyone.

I have potato gratin and potato croquette.

Of course, I also had lavender ice cream.

It’s a very fairy tale place.

Please enjoy this romantic atmosphere with photos this time.

北海道札幌市、北海道大学に行く。Go to Sapporo City, Hokkaido, Hokkaido University.

この北海道大学は、ポプラ並木があり、秋は、その見事なまで、綺麗な景色に恵まれます。その中に、クラーク博士の銅像があります。

そこには、有名な言葉が、刻んであります。「Boys, be ambitious.」「少年よ大志を抱け」です。

北海道は、開拓によって開かれた大地です。

その心は、大きな目標を成し遂げて今の北海道があります。

クラーク博士の言葉は、これからの未来のある若者に目標を持って生きることの素晴らしさを教え子との別れの時に、告げた言葉です。

それは、大きな大地の歴史と未来のある若者の人生を重ね、どんなに困難があっても、くじけることなく、目標を忘れずにいることは、大切です。

これは、達成された時は、大きな大地を見れば、素晴らしいことだと、物語っています。

不幸にも、それは、全ての人が、ゴールに行けるとは、約束はありませんが、努力は、必ず、色んな形で、素晴らしいことを多くの大地のめぐみが、教えています。

目標を持つこと、それは、大きな成長になる、原動力です。

成長を忘れることなく、常に身近な目標をひとつひとつ、積み重ねることが、最も、大切な事です。

それは、振り返ってみた時に、それは、目標を持つことの大切さ、がわかるでしょう。

このように日本の北の大地、北海道は、「開拓精神」これを語らずに歴史は、語れません。

クラーク像は、北海道にいくつかあります。

それほど、人々に影響を与えた人物です。

ウィリアム.スミス.クラーク氏は、1876年日本に来ました。

札幌農学校教頭に就任後、キリスト教信仰に基づく教育は、内村鑑三、新渡戸稲造らの学生に深い感化を及ぼしました。

1826〜1886年。

人種、国を超えて、今なお、尊敬されています。

北海道大学の落葉のビデオがありますので、興味ある方は、ご覧ください。

 

 

Among them is the statue of Dr. Clark.

Famous words are engraved there.

“Boys, be ambitious.”

Hokkaido is a land opened by reclamation.

That heart is now Hokkaido, which has achieved a big goal.

Dr. Clark’s words are the words that he told young people in the future about the wonders of living with goals when they parted from their students.

It is important to repeat the history of the great earth and the life of a young man with a future, and to remember the goal without being discouraged, no matter how difficult it may be.

This tells us that when it is achieved, it will be wonderful to see the great earth.

Unfortunately, there is no promise that everyone will be able to reach the goal, but many Megumi (fruit) Earth teaches that efforts are always wonderful in many ways.

Having a goal is the driving force for great growth.

The most important thing is to always accumulate familiar goals one by one without forgetting to grow.

When you look back, you will realize that it is important to have a goal. In this way, Hokkaido, the northern land of Japan, cannot talk about history without talking about the “pioneering spirit.”

There are several Clark statues in Hokkaido.

He is the person who influenced people so much.

William Smith Clark came to Japan in 1876.

After becoming the vice-principal of Sapporo Agricultural College, education based on the Christian faith has deeply influenced students such as Kanzo Uchimura and Inazo Nitobe.

1826-1886.

It is still respected across races and countries.

There is a video of the fallen leaves of Hokkaido University, so if you are interested, please have a look.

北海道、登別温泉に行ってみた。I went to Noboribetsu Onsen in Hokkaido.

日本、北海道に登別温泉があります。

その温泉地に地獄谷といわれているところがあります。

この場所が、今回の表紙です。

そこを下っていくと薬師如来がまつられています。

これは、東方の浄瑠璃世界の教え主とされる。

衆生(みんな)の病気の苦しみを救い、治らない病気を癒すとされる仏がある。

そして、その横には、高音の温泉が、出ています。

湯治(トウジ)と言って、今でも、病気になると、温泉に入って、病気を治療する人々がいます。

その人々の想いが込められています。

裏手には、紅葉が見頃で、橋を渡って行くと、足湯と言って、足だけを温泉に入れて、身体を休ませる所があります。

温泉は、日本の文化です。

温泉のお湯の成分によって、色んな効果があります。

北海道の自然は、雄大です。

今回は、北海道の紅葉の風景を上空から撮影しました。

ご興味がありましたら、ご覧ください。

 

 

There are Noboribetsu hot springs in Japan and Hokkaido.

There is a place called Jigokudani in the hot spring area.

This place is the cover of this time.

If you go down there, Yakushi Nyorai is enshrined.

This is said to be the teacher of the Joruri world in the east.

There is a Buddha that is said to save the suffering of sentient beings (everyone) and heal illnesses that cannot be cured.

And next to that, there is a high-pitched hot spring.

Even now, when you get sick, there are people who go to hot springs to treat the illness.

The feelings of those people are included. Behind the scenes, the autumn leaves are in full bloom, and when you cross the bridge, there is a footbath where you can rest your body by putting only your feet in the hot spring.

Hot springs are a Japanese culture.

There are various effects depending on the ingredients of the hot spring water.

The nature of Hokkaido is magnificent.

This time, I took a picture of the autumn colors of Hokkaido from the sky.

If you are interested, please have a look.

北海道札幌市、北海道庁旧本庁舎です。It is the former main government building of Hokkaido Sapporo City and Hokkaido Government Office.

北海道札幌市のお話です。前回も少し触れましたが、やはり、北海道庁旧本庁舎は、歴史ある建物です。

1888年に開拓使開拓使札幌本本庁を見本に建設されたのが、内部のみ、の火災で、レンガは、その当時のまま。

250万のレンガで出来ています。

内部は、1968年に復元されました。

建築物で、手すりは、その建築の象徴とされます。

とても、丁寧な作りです。とても重厚なドアです。とても丁寧に作られた建物です。

この設計は、平井春二郎を主任とした北海道庁の技師が担当し、レンガ、硬石、木材等多くは、北海道の物が使われました。

間口61m、奥行き36m、塔頂部までの高さは、33mで、現在の10階ビルに相当します。

建築当時は、日本国内有数の大建築物でした。

建物の頂にそびえる八角塔は1873年に米国人開拓顧問ケプロンの計画によって建てられ、その6年後に焼失した開拓使札幌本庁舎の八角塔を模倣したものです。

当時、米国では、独立と自主性のシンボルとして、ドームを乗せる建築様式が、流行していました。

1886年に北海道庁が設置され、初代長官岩村通俊が赤れんが庁舎建設に当たり、この八角塔をしのび、屋上に設けたといわれ、明治政府の北海道開拓にかける意気込みを示しているといえるでしょう。

赤れんが庁舎は、1909年の火災で、内部を消失しましたが、赤れんが壁は、さしたる損傷もなく、翌年には、復旧工事になりました。

1911年に工事が完了しました。

その後、北海道100年を記念して1968年に創建当時に復元し、永久に保存することになりました。

これほど優れた明治時代の洋風建築物は国内でも数が少なく、日本国から重要文化財の指定を受けました。

内部には、日本のサクラをモチーフにされた東京オリンピックのトーチが展示されています。

開催されると良いですね。

お庭も良くお手入れされています。

ふと、下のレンガを見れば、北海道の色んな地域の名前を刻んだレンガが、並んでいます。

道をはさんで、向かいの道路は、黄色い並木道がとても綺麗でした。

今回は、その並木道を表紙にしました。

この記事は、パンフレットを参考に作られました。

This is the story of Sapporo City, Hokkaido.

As I mentioned a little last time, the former Hokkaido Government Office Building is a historic building.

The pioneer messenger was built in 1888 as a sample of the Sapporo main office, but the fire was only inside, and the bricks remained as they were at that time.

It is made of 2.5 million bricks.

The interior was restored in 1968.

In a building, the railing is a symbol of the building.

It is very polite. It’s a very heavy door. It is a very carefully constructed building.

This design was done by an engineer from the Hokkaido Agency, led by Harujiro Hirai, and many bricks, hard stones, wood, etc. were made from Hokkaido.

The frontage is 61m, the depth is 36m, and the height to the top of the tower is 33m, which is equivalent to the current 10-story building.

At the time of construction, it was one of the largest buildings in Japan.

The octagonal tower that rises to the top of the building was built in 1873 by the plan of the American pioneer adviser Horace Capron, and imitates the octagonal tower of the pioneer Sapporo Main Government Building that was burnt down six years later.

At that time, in the United States, a dome-mounted architectural style was popular as a symbol of independence and independence.

The Hokkaido Government Office was established in 1886, and it is said that the first Secretary, Michitoshi Iwamura, built this octagonal tower on the roof of the Red Brick Government Building, showing the Meiji government’s enthusiasm for developing Hokkaido.

The interior of the Red Brick Government Building was destroyed by a fire in 1909, but the red brick wall was not damaged so much, and the following year, restoration work was started. Construction was completed in 1911.

After that, in commemoration of the 100th anniversary of Hokkaido, it was restored at the time of its foundation in 1968 and will be preserved forever.

There are few Western-style buildings of the Meiji era that are so excellent in Japan, and they have been designated as an important cultural property by Japan.

Inside, the torch of the Tokyo Olympics with the motif of Japanese cherry blossoms is displayed.

I hope it will be held.

The garden is also well maintained.

Suddenly, if you look at the bricks below, you will find bricks engraved with the names of various regions in Hokkaido.

The yellow tree-lined road was very beautiful on the opposite road across the road.

This time, the tree-lined road is on the cover.

This article was created with reference to the pamphlet.

北海道で学んだ「努力」の大切さ。The importance of “effort” learned in Hokkaido.

北海道に真狩(まっかり)村という所があります。

そこは、冬は、雪が深く、何もない、痩せた大地が、広がっています。

一面、ジャガイモ畑です。

その収穫期には、その地域でできるジャガイモがあります。

「まっかりジャガイモ」といいます。

茹でても、煮崩れせずに、とても美味しいそうです。

収穫期になると、その地域の方は、その「まっかりジャガイモ」を買い求め、時に、地方に発送します。

そのジャガイモは、普通のジャガイモの2倍のお値段です。

小さくて、丸い少し、黒味ががっています。

その収穫期だけに、限定販売されるポテトチップスがあります。

そのポテトチップスは、少し、硬く、ほっこりとしたお味です。

それを買い求めました。

ジャガイモは、さすがに重いので、買えませんでした。

そのお店の端で、一人の少年が、バイクで、旅をしているようで、片隅で、そのポテトチップスを、ほおばっていました。

そのポテトチップスの袋に書いてある言葉がとても、印象的でした。

「おばあちゃんの一言。スマイルでも一生。オニ顔でも、一生。」

つまり、人生は、笑って過ごしても、不機嫌に過ごしても、同じ時間です。

同じ、人生なら、幸せを周りに与えられる人生にしたい、ですね。

そしてこう続きます。

「おじいちゃんの一言。土作りは、あせらず(1年に海、川を汚す程入れないで)」

北海道の大地は、痩せています。

ですが、土を肥やすのに、一度に、急に作れば、流れてしまいます。

だから、少しずつ、コツコツと努力して、土を作ります。

そして、こう続きます。

「やすまず。(効果が見えるまで、10年)」

この土を作るには、10年もの歳月がかかるのですね。

私は、驚きました。

この雪の深い地域で、土を作る期間は限られています。

その時間は、とても貴重に使うことが必要です。

そして、こう続きます。

「あきらめず。(異常気候年にハッキリ差がつく)」

どんなに、苦難があっても、それをコツコツと努力すれば、異常気象で、不作で、収穫が減る年であっても、それは、努力の分、収穫量は、減らない。

だから、万が一に備えて、努力をおしまず、その時に報われるので、頑張りましょう。と書かれていました。

私は、そのジャガイモを刈り取られた大地の中、車で、通り抜けました。

一年で、一番賑わう、秋です。

そこには、トラクターで、作業する人を探すのが、難しいくらいの広い大地です。

時々、すれ違う人々は、とても良い笑顔でした。

これからも、大地の土を作り、作物を作る。

そこには、努力した分、多くの実りがあります。

いつもありがとう。

だだ、その一言しか、出ませんでした。

後日、空港で、探してみましたが、「まっかりジャガイモ」は、店頭には、ありませんでした。

とても、希少なジャガイモだったようです。

The location of the top photo, Lake Toya in Hokkaido.

There is a place called Makkari Village in Hokkaido.

In winter, there is a lot of thin land with deep snow and nothing.

One side is a potato field. During the harvest season, there are potatoes produced in the area.

It is called “Makkari potato”.

Even if it is boiled, it does not crumble and is very delicious.

During the harvest season, people in the area buy the “Makkari potatoes” and sometimes ship them to rural areas.

The potatoes are twice as expensive as regular potatoes.

It’s small, round and a little blackish.

Only during the harvest season, there are potato chips that are sold exclusively.

The potato chips have a slightly hard, warm taste.

I bought it. I couldn’t buy potatoes because they were so heavy.

At the edge of the shop, a boy seemed to be traveling on a motorcycle, and in one corner he was grabbing the potato chips.

The words on the potato chips bag were very impressive.

“A word from grandma. Smile or life. Oni face, life.”

In other words, life is the same time whether you spend it laughing or moody.

In the same life, I want to make a life that gives happiness to others.

And it continues like this.

“A word from Grandpa. Don’t rush to make soil (don’t put in enough to pollute the sea and rivers in a year)”

The land of Hokkaido is thin.

However, if you make it suddenly at once to fertilize the soil, it will flow.

So, little by little, I will work hard to make the soil.

And it continues like this.

“Yasuma. (10 years until the effect is seen)”

It takes 10 years to make this soil.

I was surprised.

In this deep snowy area, the period of soil preparation is limited.

That time needs to be very valuable.

And it continues like this.

“Don’t give up. (There is a clear difference in abnormal climate years)”

No matter how hard it may be, if you work diligently, it will be an effort, even in extreme weather, poor harvest, and low yields.

The yield does not decrease by that amount.

So, just in case, don’t make an effort and you will be rewarded at that time, so let’s do our best.

Was written.

I drove through the land where the potatoes were cut.

Autumn is the busiest of the year.

There is a large land where it is difficult to find a person to work with a tractor.

Sometimes the people who passed each other had a very nice smile.

We will continue to make the soil of the earth and grow crops.

There is a lot of fruit in the effort.

Thank you as always.

However, only that one word came out.

Later, I searched for it at the airport, but I couldn’t find “Makkari potato” in the store.

It seems that it was a very rare potato.