著作権とゲームと自分らしさ。Copyright, games and personality.

日本の著作権は、世界に比べ格段に厳しい。今回は、その代表である、「楽曲」について書いてみようと思います。日本のピアノ教室で、色んな障害が出ています。著作権の問題で、好きな曲が練習できない、問題です。これは、色んなところで聞きます。多分、これから、流行の曲を学校の文化祭等で、演奏するのは、難しくなる。全くとは、言わないけれども、これは、容易にできない。著作権は、難しい問題です。

日本は、世界でも、著作権が、厳しい。「楽曲」について言えば、YouTubeに自分で演奏しても、それは収益にならない。「楽曲」を作った人に収益が行く。その曲をダンスしてYouTubeにアップしてもそれは、「楽曲」を作った人に収益が行く。そんなルールがある。日本人は、単一民族国家だし、そんなことに反論しない。大手の音楽教室でさえ、訴訟沙汰になる。だから、関わりたく無いのです。

そんな感じだから、それが、普通だと、割り切っている。老人は、著作権なんて切れた古い歌だし、そんな著作権の厳しい時代では無かったので、コーラスとか、まだ老人ホームなどでしています。けれども、今、日本の若者は、確実に歌を歌わない。

一時流行った「カラオケルーム」は、少人数の集会所になり、誰も歌わない。だから、日本は、歌唱力のある歌手は、人気がない。ダンスのできる歌が流行する。ダンスは、スポーツのように受け入れられている。時に、声を加工しても、関係無い。楽しいダンスができれば、それは、スポーツの代わりになるからです。

だから、この頃は、学校のクラブで、合唱なんて無くなった。代わりに、ダンスクラブが良くある。けれども、それは、その「楽曲」を使えば、違反になるから、創作ダンスです。そうやって、「楽曲」は、見て聴くだけになっている。ダンスという、新しい「スポーツ」ができたのです。

時々、それを真似する人がいる。それは、ファッションです。舞台衣装は、きらびやかですし、とても、美しい。けれども、全く同じではないし、それらをアレンジして着こなす。だから、東京に「原宿ファッション」とか、色んなところで、「個性的なファッション」が出現し、それは、世界的に有名になり、色んなファッション関係者が取材にやってくる。舞台衣装は参考にはする。

けれども、人々は、「楽曲」には、著作権というものがあり、それは強大なことを知っているから、同じにはしない。人々は、順応するから、これからも、自分らしさを、出す為に、勉強する。これは、一見不幸に見えるかも、しれない。けれども、それらは、個性を発揮することを覚える。だから、何も無い、一般の人から、個性を発信する機会が増えると思う。裾野が広くなれば、それは、大きなちからになる。

だから、これからも、著作権を主張することは、多分自ら首を絞めている、ことです。でも、それで、生活をしている人々もいるから、強くは言えないけれども、それは、長期的視線で見れば、「楽曲」のように、音楽番組は、衰退している。こんなふうに、色んな規制は、世の中を変えて行く。人々は、それに、順応していくから、これから、色んなもの、ことが、多様化し、テレビが、世の中の流行を作るとか、もうそんな時代ではないようです。

エンターテイメントとして、これからますます発展するのは、私は、ゲームだと思う。何故なら、自分が簡単に主役になれる。そうして、交流もできる。そういう流れを作ったのは、著作権を主張した人々が、その流れを加速しているのです。

Copyright in Japan is much stricter than in the world. This time, I would like to write about the representative “music”. There are various obstacles in the Japanese piano class. I can’t practice my favorite song because of copyright issues. I hear this in many places. Perhaps it will be difficult to play popular songs at school festivals. This is not easy, if not at all. Copyright is a difficult issue.

Copyright is strict in Japan, even in the world. Speaking of “songs,” playing on YouTube yourself doesn’t make money. Revenue goes to the person who made the “music”. Even if you upload the song to YouTube for dance, it will be profitable for the person who made the “song”. There is such a rule. The Japanese are a monoethnic state and do not argue with that. Even the big music classes are in proceedings. That’s why I don’t want to get involved.

That’s why I think it’s normal. The old man is an old song whose copyright has expired, and it wasn’t in an era when copyright was strict, so I still play in choruses and homes for the elderly. But now, young Japanese people certainly don’t sing.

The “Karaoke Room”, which was popular for a while, became a meeting place for a small number of people, and no one sang. Therefore, in Japan, singing singers are not popular. Danceable songs are popular. Dance is accepted like a sport. Sometimes it doesn’t matter if you process your voice. If you can enjoy dancing, it’s a substitute for sports.

So, around this time, there was no chorus in school clubs. Instead, there are often dance clubs. However, it is a creative dance because it is a violation if you use that “music”. In that way, “music” is only seen and listened to. A new “sport” called dance has been created.

Sometimes there are people who imitate it. It’s fashion. The stage costumes are gorgeous and very beautiful. However, they are not exactly the same, and they are arranged and dressed. Therefore, “Harajuku fashion” and “unique fashion” appear in various places in Tokyo, and it becomes world famous, and various fashion people come to interview. I will refer to the stage costumes.

However, people do not make the same because they know that “music” has a copyright, which is powerful. People adapt, so I will continue to study in order to show my own personality. This may seem unfortunate at first glance. However, they remember to show their individuality. Therefore, I think there will be more opportunities to convey individuality from the general public, who have nothing. The wider the base, the bigger the power.

So, from now on, claiming copyright is probably strangling yourself. However, I can’t say strongly because some people are living with it, but from a long-term perspective, music programs are declining, like “music”. In this way, various regulations change the world. People will adapt to it, so it seems that it is no longer the time when various things will diversify and television will make a fashion in the world.

As entertainment, I think games will continue to grow. Because you can easily become the protagonist. Then you can interact. The people who claimed the copyright are accelerating the flow that created such a flow.

作成者: Qoo

NIKKEI SEEKS にて経営コンサルタント、新規事業コンサルティング、を登録しています。 ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。 不動産賃貸会社経営、個人事業主。 父は、大学在学中、アルバイトで新聞社の政治記者をしていました。だから、私も文章を書くのが好きです。 多趣味、好奇心いっぱいの生活しています。 ブログで、色んなことをお伝えしたい、思いから始めました。だから、個性いっぱいのブログです。皆さまにとって、幸せになれるようなこと、お伝えしたいと思います。 住宅ローンは、3年半で、返済。長く、株式投資をしています。

コメントを残す