「枕草子」季節の美しさ。”Makuranosoushi” The beauty of the season.

今回は、日本の古典の「枕草子」の第1段です。日本は、南北に長く、そして、春、夏、秋、冬、があり、これを「四季(シキ)」と言い、その季節の美しさを描いています。私は、この第1段が、大好き、です。

日本人は、感動すると言葉に出しません。だから、心から感動すると「心に染みる(ココロニシミル)」という、表現になります。これは、言葉にならず、心に、感動が広がっていくことです。つまり、感動というのは、「共感」する。日本人の感性は、主張することではありません。誰でも、分かってもらえることを前提にしています。だから、あえて言葉にしない、のです。

これは、日本の古典には、よく出てきます。「イフベキニアラズ」という言葉が、その象徴です。つまり、「あえて、言葉にするものではない」と言う意味です。日本は、感動しても、あえて言葉には、しません。その逆の事柄でも、言葉にしません。つまり、怒りや悲しみの感情です。

これは、「共感」。言葉にしなくても、分かってもらえるという、日本の文化です。つまり、「和(ワ)」です。そして、その根底には、「禅(ゼン)」モノノアワレ、です。以前、「平家物語」のワビ、サビに出てきました。

今回の「アワレ」は、カラスが、ほんの少しの数が、飛んでいる様子を、少ないものから、美しさを見つけています。だから、「ワビ、サビ」の美しさなのです。この解釈が、無いと、わかりにくいですね。

これが、日本の古典に良く出てきます。この事を良く理解すれば、日本人の心の動きが分かっていただけると思います。それでは、日本の「四季」の美しさを読んでいきましょう。

春は、あけぼの。やうやう白くなりゆく、山ぎはすこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。

夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍のおほく飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。

秋は、夕暮れ。夕日のさして山の端(ハ)いと近うなりたるに、烏(カラス)のねどころヘ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛びいそぐさへあはれなり。まいて雁(カリ)などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入り果てて、風の音、虫のねなど、はた言うべきにあらず

冬はつとめて。雪の降りたるは言うべきにもあらず、霜(シモ)のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火などいそぎおこして、炭(スミ)持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶(ヒヲケ)の火も、白き灰(ハヒ)がちになりてわろし。

ハルハアケボノ。ヤウヤウシロクナリユク、ヤマギハスコシアカリテ、ムラサキダチタルクモノホソクタナビキタル。

ナツハヨル。ツキノコロハサラナリ、ヤミモナホ、ホタルノオホクトビチガヒタル。マタ、タダヒトツフタツナド、ホノカニウチヒカリテイクモヲカシ。アメナドフルモヲカシ。

アキハユウグレ。ユウヒノサシテヤマノハイトチコウナリタルニ、カラスノネドコロヘイクトテ、ミツヨツ、フタツミツナドトビイソグサヘアハレナリ。マイテカリナドノツラネタルガ、イトチイサクミユルハ、イトヲカシ。ヒイリハテテ、カゼノオト、ムシノネナド、ハタイフベキニアラズ。

フユハツトメテ。ユキノフリタルハイフベキニモアラズ、シモノイトシロキモ、マタサラデモイトサムキニ、ヒナドイソギオコシテ、スミモテワタルモ、イトツキヅギシ。ヒルニナリテ、ヌルクユルビモテイケバ、ヒヲケノヒモ、シロキハヒガチニナリテワロシ。

春は、夜明けの空が、だんだんと明るくていくのが良い。少しずつ太陽によって白くなっていく、山の近い所の空が、少し赤く染まって明るくなって、紫色になったような雲が細く横になっている。

夏は、夜。満月の頃は、特に良い。その反対の新月(あまり光らない月)の頃の闇のような夜でも、蛍(ホタル)が多く飛んでいるところが、嬉しく感じる。しかし、たった1匹、2匹、と少ない蛍(ホタル)が、ほんの少し、光って飛んでいるのも、心が動かされる。雨が、降ることも、心が動かされて、感動する。

秋は、太陽が沈む時。夕陽に照らされた、山際に太陽がすごく近くなると、カラスが、巣に戻ろうとして、3匹、4匹、2匹、3匹と、急いで行こうとする様子にも、深く心に広がって感動する。さらに、雁と言う鳥が、1列に並んで、とても小さく見えるのは、とても心が動かされる程、感動する。太陽が、沈んでしまって、風の音、虫の出す音は、言葉にしなくても、良いほど、感動する。

冬は、早い朝。雪が、降るのも、言葉にしなくても、非常に良くて、そして、霜(シモ)が有って、白くなって、その上にとても寒い時に、火を着けた炭を持って廊下を歩くのも、冬の風景として、よく似合っている。昼になって、少しずつ、寒さが、弱くなってくると、炭を入れていた火鉢の中の炭が、火が弱くなって、白い灰が多くなるのは、良くない。

This time, it is the first stage of the Japanese classic “Makuranosoushi”. Japan is long from north to south, and has spring, summer, autumn, and winter, which are called “four seasons” and describe the beauty of those seasons. I like this first stage.

Japanese people don’t say anything when they are impressed. Therefore, when you are deeply moved, the expression “stains in your heart (Kokoronishimil)” is used. This is not a word, but an emotion that spreads in your heart. In other words, impression is “empathy.” The Japanese sensibility is not something to insist on. It is assumed that anyone can understand it. That’s why I don’t dare to put it into words.

This is often seen in Japanese classics. The word “Ifubekiniarazu ” is the symbol. In other words, it means, “I don’t dare to put it into words.” Even if Japan is impressed, it does not dare to put it into words. Even the opposite is not a word. In other words, feelings of anger and sadness.

This is “empathy.” It is a Japanese culture that people can understand without having to put it into words. In other words, it is “wa”. And at the root of it is “Zen” Monono Aware. Previously, it appeared in the wabi-sabi of “Heike Monogatari”.

In this “Aware“, the beauty of crows is found from the few, as if only a few were flying. That is why it is the beauty of “wabi-sabi”. Without this interpretation, it would be difficult to understand.

This often appears in Japanese classics. If you understand this well, you will understand the movement of the Japanese mind. Let’s read the beauty of Japan’s “four seasons”.

Haru ha akebono. yau yau shiroku nariyuku, yamagi ha sukosi akarite, murasaki dachitaru kuno no hosoku tanagikitaru.

Natsu ha yoru. Tsuki no koro ha sara nari, yami no naho, hotaru no ohoku tobiti ga hitaru. mata, tada hitotsu futatsu nado, honokani uchihikarite iku mo wokashi. Ame nado furu mo wokashi.

Aki ha yugure. Yuhi no sashite yana no hai to tikou naritaru ni,karasu no nedokoro he ikutote, mitu yotu, yutatu mitu nado tobiisogu sahe awarenari. Maite kari nado no tunanetaru ga, ito tiisaku miyuru ha, ito wokashi. Hiiri hatete, kaze no oto, mushi no ne nado, hata ifubekiniarazu.

Fuyu ha tutomete. Yuki no fritaru ha ifubekinimoarazu. Shimo no ito shiroki mo, mata sara demo ito samuki ni, hi nado isogi okoshite, sumi mote wataru mo, ito tsukidukishi. Hiru ni narite, nuruku yurubi moteike ba, hiwoke no hi mo, shiroki haigachi ni narite waroshi.(Underline is a word of emphasis)

In spring, the dawn sky should be getting brighter and brighter. The sky near the mountains, which is gradually whitened by the sun, is dyed a little red and brightened, and clouds that look like purple are lying thin.

Summer is night. Especially good when the moon is full. On the other hand, even in the dark nights of the new moon (the moon that doesn’t shine so much), I’m happy that many fireflies are flying. However, it is also moving to see that only one or two fireflies are shining and flying. Even if it rains, my heart is moved and impressed.

Autumn is when the sun sets. When the sun is very close to the mountainside, illuminated by the setting sun, the crows try to return to their nests, three, four, two, three, and so on. I’m impressed. In addition, the birds called geese line up in a row and look very small, which is very moving and moving. The sun is setting, and the sound of the wind and the sound of insects are so moving that you don’t have to put it into words.

Winter is an early morning. It snows very well, even if it doesn’t say it, and when there is frost, it turns white, and it’s very cold on it, I walk down the hallway with lit charcoal. It looks great as a winter landscape. It is not good that the charcoal in the brazier that contained the charcoal becomes weaker and the amount of white ash increases as the coldness gradually becomes weaker in the daytime.

作成者: Qoo

住宅は、買い替え派。住宅ローンは、3年半で完済。 株式投資歴は、長い。 Housing is a replacement group. The mortgage is paid off in three and a half years. He has a long history of investing in stocks.

コメントを残す