サムライの精神。Samurai spirit.

広告

日本では、色んな試験や選挙などの結果を合格なら、「桜咲く(サクラサク)」、不合格なら、「桜散る(サクラチル)」と言われます。桜は、日本の文化であり、伝統です。

最も、きれいな時は、「咲き」そして、桜は、咲いている期間の短い花で、そのはかなさから、その悲しみを「散る」と言います。それを乗り越えて、ふたたび合格した時は、日本では、「返り咲き(カエリザキ)」と言います。

つまり、「桜がもう一度咲くこと」を言います。「断腸の思いです。(ダンチョウノオモイデス)」これは、日本人なら、分かるけど、外国人は、分からないと思う。ダンチョウとは、はらわた(ハラワタ)が、ちぎれるほど、たくさんの悲しみや苦しみ、のことです。ハラワタとは、大腸や小腸のことです。これらは、お腹に有ります。

日本の武士(サムライ)は、自分のミスなどあると、割腹(カップク)と言って、日本刀で、腹を切って死んでいました。その姿が、潔く、素晴らしい、とされました。だから、言い訳なんかせずに、自ら、死んでいきます。その姿は、桜の散る、姿に私は、重なります。日本人は、この言葉、「断腸の思いです。」(ダンチョウノオモイデス)で、「ああ、サムライだった。」と思うのです。

In Japan, if you pass the results of various tests and elections, it is said to be “Sakura Saku”, and if you fail, it is said to be “Sakura Chill”. Sakura is a Japanese culture and tradition.

When it is the most beautiful, it “blooms” and the cherry blossoms are short-blooming flowers, and because of their fragility, their sadness is said to “scatter”. When you get over it and pass it again, in Japan, it is called “Kaerizaki”.

In other words, it says “cherry blossoms will bloom again”. “I have a feeling of intestinal failure. (Dancho no Omoides)” This is understandable to Japanese people, but not to foreigners. A dancho is a lot of sadness and suffering that Harawata tears apart. Harawata is the large intestine and small intestine. These are in my stomach.

When a Japanese samurai made a mistake, he said he was hungry and died with a Japanese sword. The appearance was said to be pure and wonderful. So, without excuses, he dies himself. The figure overlaps with the figure where the cherry blossoms are scattered. The Japanese think, “Oh, it was a samurai.” With this word, “I have a feeling of having an intestine.”

作成者: Qoo

某1部上場企業の知的財産部門に在職。出産を機に退社。その後は、株式投資をしています。投資歴、30年以上。その後、不動産賃貸会社経営、個人事業主。NIKKEI SEEKS にて経営コンサルタントを登録しています。 ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。 節約をしながら、教育費は削らないのがモットー。住宅ローンは、3年半で返済。 父は、大学在学中、アルバイトで新聞社の政治記者をしていました。だから、私も文章を書くのが好きです。 多趣味、好奇心いっぱいの生活しています。 ブログで、色んなことをお伝えしたい、思いから始めました。だから、個性いっぱいのブログです。皆さまにとって、幸せになれるようなこと、お伝えしたいと思います。

コメントを残す