今だからこそ「学問のすすめ」実学の大切さ。1That’s why “Recommendation of learning” The importance of practical learning 1

福沢諭吉(フクザワユキチ)(1835-1901)は、緒方洪庵(オガタコウアン)(1810-1863)に蘭学(ランガク)(オランダ語によって西洋の学術を研究した学問)を学び、江戸に洋学塾(ヨウガクジュク)を開いた人物です。緒方洪庵は、適塾(テキジュク)を開校している。それは、大阪市中央区北浜にある。そこは、今でも、現存しています。私は、以前、そこに行きました。

食住を共にし、塾生を指導したところです。「解体新書」と呼ばれる、書物が、今も現存し、大切にその当時を語り継ぐべく、手厚くひっそりとある。適塾(テキジュク)は、大阪大学の医学部の前身です。そこには、医学部を目指す人々が、その志を学ぶ為に、先生が生徒を案内して見学する姿は、今も絶えない。

その質素な学び家で、多くの人物を排出した。その家屋は、釜があり、その当時のまま。その中に福沢諭吉がいるのです。政府から、3回使節団によって欧米に行き、明治時代(1868-1912)を生きた人物です。

明治時代といえば、明治維新を発想する人も多いと思う。そう、時代が、急速に西洋化する時代だった。そう、「解体新書」は、外国のものだった。だから、福沢諭吉は、日本の古来の文学を利益の生まない学問だとし、否定はしないが、実学の「西洋文化」を勧めたのです。

その書物は、「学問のすすめ」という本が代表作です。2021年現在、日本の最高紙幣に載っている人物です。日本は、古来、学問にも、男尊女卑があった。これは、男性は、「漢字」を使い、女性は、「ひらがな」であった。

けれども、福沢諭吉は、敢えて、漢字とひらがなで書いた。これは、日本の「西洋化」つまり、学問だけではなく、その性別まで乗り越えて、書籍として、その日本国の進む道を示したものです。それは、今の私には難解だけれども、その当時は、革新的だったと思う。

今さらに読むのは、実学を重視するその姿勢です。古い古典などは、お金を生まない。だから、実学を学べ、と言う福沢諭吉の言葉は、今も新鮮だから。今や、インターネットが不要なんて言う人は、いない。だから、この「学問のすすめ」は、今、この時代に於いても新鮮なのです。

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と始まる一節は、有名である。そう、人は、平等である。しかし、その実学を勉強すれば、それは、身分が高くなり、富を得る。そうして、勉強しない者は、身分が低くなり、貧する。

天は、人々を平等にして生まれてくる。けれども、学問を極めて、物事を知る者は、貴人になり、無学の者は、貧人になり、下人になる。そう、言い切っている。

これが日本国民の大ベストセラーになり、今の時代に於いて、まだ、発刊され、それは、読み続けられている。今の時代に於いても、なお、色あせない良書なのです。

又、自由とは、わがまま放題ではなく、分別があることが大事だと、言う。日本は、島国なので、まだ、未熟だと言う。その姿は、今、インターネットで、産業改革の進む世界に取り残されている姿に重なる。

だから、日本は、これから、「情報」という、産業革命に於いて、この精神を活かして、又、学び直して、日本らしく、産業革命を起こし、その時代の潮流に乗ることが必要だと思う。

日本は、人口減少時代を迎える。これは、一見不幸に見えるかもしれない。けれども、これは、転機であり、この産業革命が、確実に人々の職業を奪う時代、これは、良いことかもしれない。何故なら、少数精鋭になれる。

福沢諭吉は、海外を取り入れて、多いに発展しようと書いている。それが、良い政府になる、とも書いている。今回は、ここまでです。この「学問のすすめ」は、学ぶことが多い。だから、ここに書くスペースは、無い。今回は、ここまでです。

 

Yukichi Fukuzawa (1835-1901) studied Dutch studies (study of Western science in Dutch) from Ogata Koan (1810-1863), and studied Western studies in Edo. An open person. Koan Ogata has opened Ogata Koan. It is located in Kitahama, Chuo-ku, Osaka. It still exists today. I went there before.

I have just shared food and shelter and instructed school students. A book called “Kaitai Shinsho” still exists, and it is thick and quiet so that it can be carefully handed down at that time. Tekijuku is the predecessor of Osaka University School of Medicine. There are still many people who are aiming for medical school, and teachers guide students to observe them in order to learn their ambitions.

He was a simple learner and discharged many people. The house has a kettle and remains as it was at that time. Among them is Yukichi Fukuzawa. He was a person who lived in the Meiji era (1868-1912) after going to Europe and the United States by a delegation three times from the government.

Speaking of the Meiji era, I think many people think of the Meiji Restoration. Yes, it was an era of rapid westernization. Yes, the “Kaitai Shinsho” was from a foreign country. That is why Yukichi Fukuzawa argued that ancient Japanese literature was a non-profitable scholarship, and although he did not deny it, he recommended the “Western culture” of practical science.

The book is a representative work of the book “Recommendations for Learning”. As of 2021, he is one of the best banknotes in Japan. Since ancient times, Japan has had male and female scholarship in academics. This was “Kanji” for men and “Hiragana” for women.

However, Yukichi Fukuzawa dared to write in kanji and hiragana. This is the “Westernization” of Japan, that is, it overcomes not only academics but also its gender, and as a book, it shows the path of Japan. It’s difficult for me now, but I think it was innovative at that time.

What I will read further now is that attitude that emphasizes practical science. Old classics don’t make money. That’s why Yukichi Fukuzawa’s words to learn practical science are still fresh. No one says that the internet is no longer needed. Therefore, this “recommendation of learning” is still fresh in this era.

The passage that begins with “Heaven does not create a person above a person and does not create a person below a person” is famous. Yes, people are equal. However, if you study the practical science, it will become higher and you will gain wealth. Then, those who do not study will be low in status and poor.

Heaven is born with equality of people. However, those who are extremely scholarly and who know things become nobles, and those who are uneducated become poor and servants. Yes, I’m saying it.

This has become a great bestseller for the Japanese people, and in this era, it is still published and it is being read. Even in this era, it is still a good book that does not fade.

He also says that freedom is not all-you-can-eat, but that it is important to be sensible. Since Japan is an island country, he says he is still immature. That figure overlaps with the figure that is now left behind in the world where industrial reform is progressing on the Internet.

Therefore, I think it is necessary for Japan to utilize this spirit in the industrial revolution of “information” and to relearn, to bring about an industrial revolution like Japan, and to ride on the trends of that era. ..

Japan will enter an era of depopulation. This may seem unfortunate at first glance. But this is a turning point, and in an era when this Industrial Revolution will surely rob people of their jobs, this may be a good thing. Because you can be a few elite.

Yukichi Fukuzawa wrote that he would take in foreign countries and develop a lot. He also writes that it will be a good government. This time, that’s all. This “recommendation of learning” is often learned. So there is no space to write here. This time, that’s all.

作成者: Qoo

NIKKEI SEEKS にて経営コンサルタント、新規事業コンサルティング、を登録しています。 ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。 不動産賃貸会社経営、個人事業主。 父は、大学在学中、アルバイトで新聞社の政治記者をしていました。だから、私も文章を書くのが好きです。 多趣味、好奇心いっぱいの生活しています。 ブログで、色んなことをお伝えしたい、思いから始めました。だから、個性いっぱいのブログです。皆さまにとって、幸せになれるようなこと、お伝えしたいと思います。 住宅ローンは、3年半で、返済。長く、株式投資をしています。

コメントを残す