孫子の兵法を読む13Read Sun Tzu’s Military Art 13

兵を用いる方法は、9種あります。

①自分の国の指導者が戦争するのを「散地」。

②他人の国に侵入し、これが、軽いことを「軽地」。

③我が、利益が出て、相手も利益が有るのを「争地」。

④我が行き、同じように相手も来ることを「交地」。

⑤自分の国の指導者がの土地が入り組み、そのままにすれば、同時に政治の民衆を得られることを「衢地(クチ)」。

⑥他の国に侵入することが、深く、その土地の重要な部分を侵略し、それが、侵攻の途中のことを「重地」。

⑦山、林、険しい土地、険しい水の土地、とても行くことが難しい道を行くことを「圯地(イチ)」。

⑧よって、入る所も狭く、そうして、帰る時は、迂回して、相手の小さな軍と、そこで、我の民衆が混じり合い、攻撃することを「囲地」。

⑨早く戦争すれば、そこに居ることができ、早く戦争しないでいると、滅亡してしまうことを「死地」。

これの故に、「散地」は、戦争してはいけない。「軽地」は、戦争を止めてはいけない。「争地」は、攻めてはいけない。「交地」は、進軍を断つことは、無い。「衢地」は、交流を相手とする。「重地」は、軽く流す。「圯地(イチ)」は、行く。「囲地」は、謀略を立てる。「死地(シチ)」は、戦争する。

古くから言われで、上手く兵を使う者は、うまく敵の人物を撹乱する。前、後ろを撹乱し、民衆の多さ、少なさを撹乱し、お金の多さ、少なさを撹乱し、地位の上、下を撹乱し、部下から離れて、集合せずに撹乱し、兵を集めても、上手くいかず撹乱する。利益に合わせて、動き、利益に合わないなら、止める。あえて質問する。敵の群生が整って、指導者に向かおうとする。そんなことを待つことは、どう思うか?答えは、先ず、その愛情がある所(大切な所)を奪ってしまえば、こちらの言いなりになる。戦争をする兵の事情は、とにかく、速い、ことです。相手のできないことを言い訳にして、更に上乗せして、相手の考えつかないような計画によって、相手の警戒しないところを攻撃するのである。

大体にして他国に客人として、深く侵入するには、専属にして大切にすれば、その国の人々より能力で勝つ。相手の国の食糧の畑を掠(カス)め取り、心を謹んで、労力を使うこと無く、気力と体力を積み、兵をあちこちに配備して謀略を計画して、計画が、どのようにできるか、測ることのできないことも、それを成し、軍の行く所無き所に軍を投入すれば、死んでも、逃げない。死は、それを追い込む。兵士、人の力をとことん尽きるまで、頑張る。兵士、とことん、窮地に陥(オ)ちれば、それは、死を恐れない。行く所が、無ければ、固く守り、深く入れば、拘束し、それが、得られなければ、戦闘する。

この故に、その兵、勉強せずに改めさせ、求めること無く得る、約束せずに親しくして、命令すること無く信じる。色んなことを禁じると疑問を持つことも無く、人生の死に至るまで、疑念を持たない。

我が兵士は、余った財産を憎むことは無い。余った命が無いこと(短命)は、喜び事を嫌に思ったりしない、ものです。命令の発令する日、兵の部下は、座って涙で、襟を濡らし、床に伏せて、頬に涙が交わる。その逃げ場の無い、兵士として、投入するのは、(魯(ロ)の国)ショケイのように勇者になる。

故に、上手く兵を使う者は、これは、山にいつも居る蛇のようなものです。その首を撃てば、尾まで響き渡り、その尾を撃てば、それは、首まで、響き渡り、その真ん中を撃てば、首、尾、まで、響き渡る。「常山の蛇」あえて質問する。兵は、その蛇のようになれるか?答えは、できる。

それは、仲の悪い、「呉越同舟、ゴエツドウショウ」という「ことわざ」が、示している。呉の国の人、越という国の人、仲が悪いが、その舟を同じくして乗り合わせ、行く舟の揺らす風に遭えば、その相互に救い、左右の手でバランスを取る。このように、馬をあちこちに装備し、輪を埋めても、未だに諦め無いのはそれが、足りないからです。勇気をみんな等しくし、それを1つの事のようにするのは、政治の道理です。故に、上手く兵を使う者は、連携することは、まるで、ひとりを使うように、統率されている。これは、そうしなければ、ならないように、仕向けるのです。

軍の指導者という者は、静を深く幽閉するが如く考え、正を携え、世の中を治め、その能力で、部下、幹部の見聞きしたことをいい加減にして、捉え、そうして、知見を深く持っていて、その事を判断し、その謀略を改革し、人間として知識を深く持って、その地位を判断し、その用途を迂回し、人間を思慮することは、重要です。

教えを広げる「師」のようになれば、高く登って、その梯子を取られて去られても、降りることを諦めずに、「師」と深く数々の自国の指導者の地域に入り、その機会を発すると、舟を燃やし、釜を破り、羊の群れをかき分けて行き、かき分け来るように、制覇するところを知ることは、膨大です。

下々の兵士を集め、それを危険な戦争に投じる。これは、軍の指導者だからできることです。9の地形の危険、屈伸、すなわち、柔軟にする利益、人情の理解、これを観察しなければ、この地位は、得られない。つまり、これらは、大切です。

大体にして、他の国を攻めるのに、その客人のようにする道理が、深く侵攻すれば、専用にして、その侵攻が浅ければ、すなわち、退散する。国を去り、国境を越えて、戦いの師をするのは、「絶地」なり。4方に通じるのは、「衢地(クチ)」なり。侵攻が深いのは、「重地」なり。侵攻が、浅いものは、「軽地」なり。固い山を背にし、前が狭いのを「囲地」なり。行く所が無いのを、「死地(シチ)」なり。

このような故に、「散地」では、我々はその志をひとつにしなければ、ならない。「軽地には、我々は、その志を忘れずに、相手に侵攻されぬようしなければ、ならない。「争地」には、我々が、相手のその後に攻めていく。「交地」には、我々は、相手からの攻撃されないように慎重に守らなければ、ならない。「衢地(クチ)」には、我々は、相手と結合を友好にして、固める。「重地」には、我々の軍の食糧を絶えないようにしなければ、ならない。「圯地(イチ)」には、我々は、相手の守りを砕いて、進まなければ、ならない。「囲地」には、我々は、相手の攻撃の隙間の小さな門を見つけ、そこを進撃して、攻撃しながら、進む。「死地(シチ)」には、我々は、攻撃することによってしか、存在できないことを、心掛けなければ、ならない。

だから、兵の状況判断は、囲まれて居るならば、すなわち、その状態を防ぎ、どうしようも無くなれば、すなわち、戦い、相手が迫ってくれば、すなわち、指導者に従う。

このように、国の指導者達の謀略を知らない者は、交わろうとしても、その能力が無い。山林、険しいところ、湿地で険しいところ、このような形を知らない者は、軍を率いる能力が無い。その地を故郷とし、案内できる者を使うことをしないことは、その地の利益を得る能力が無い。これらの対処(45にも登る。)、のただ1つでも、理解出来ないのも、覇権を握る軍兵とは言えないのです。

その覇権を握る国の軍兵を攻撃しようとしても、すなわち、敵は集まらない。その覇権を握る国が、敵国に、威厳を発揮すれば、敵国々は交じり、団結することは、できない。

このように、政治による、国々の交流は、我々に争うことは無く、政治の権力を敵に奪われずに、国の威厳が、強くなる。故に、敵の国の本拠地を攻めたり、敵の国を堕とすこともできる。

戦闘の法理の賞を与え、政治の政令を掲げ、人々の心を掴めば、それは、小さな軍の集まりではなく、ひとつにまとまる。つまり、機敏、鋭敏な精鋭な軍になる。その運用は、言葉ではなく、侵略することを利益とし、どういう風に侵略するかは、害なので、言葉にしてはいけない。

兵を「亡地(ボウチ)」という、難しいところでも、存在し、それを「死地(シチ)」に投入する。そうやって、その後は、生きる。そうやって、勝つ能力を身につけるのです。

故に、戦争は、敵の意向を順序よく細やかに知ることです。つまり、敵国の意向をよく汲み上げることによって、はるか遠くの国の指導者を殺すこともできる。これを、巧みに、できる能力がある、というのです。

この故に、政治の争いを挙げた日に、「関所」を閉じ、関所通行符を捨て、その派遣使を使わずに、断交し、政治を司る殿舎で、計画を練り、謀略を企て、敵が、国を開ければ、必ず敵に侵略する。その弱点となる、大切なところ、つまり、弱点を先に押さえて、それをきっかけにして、作戦通りに敵に向かって、戦争を起こす。

これ故に、初めは、処女のごとく、敵に扉を開く。後に、脱兎のごとく、敵塞ぐも及ばず。(初めは、何も知らないように振る舞い、敵に無防備を示す。あとは、機敏なうさぎのように、逃げ、それは、敵が慌てても、防ぎようが無い様子。)

There are nine ways to use soldiers.

①It is “scattered” that the leader of his own country fights.

② “Light land” that invades another person’s country and it is light.

③It is a “dispute” that my profit is generated and the other party is also profitable.

④ It is a “crossing place” that we go and the other party comes in the same way.

⑤ “Kuchi” means that if the leader of your own country gets involved in the land and leaves it as it is, you can get the people of politics at the same time.

⑥ Invasion of other countries is deep and invades an important part of the land, which is “heavy land” in the middle of the invasion.

⑦ Mountains, forests, rugged lands, rugged water lands, and roads that are very difficult to reach are called “Ichi”.

⑧ Therefore, the place to enter is narrow, and when returning, it is a “enclosure” that the small army of the other party and my people mix and attack there.

⑨ If you fight early, you can stay there, and if you don’t fight early, you will be destroyed.“Shiti”(dead place)

Because of this, the “scattered land” must not be at war. “Light land” must not stop the war. Don’t attack the “conflict”. The “intersection” does not cut off the advance. “Achi” is for exchanges. “Heavy ground” is lightly washed away. “Ichi” goes. The “enclosure” plots. The “dead place(shichi)” is at war.

It has been said for a long time that those who use soldiers well disturb the enemy person well. Disturb the front and back, disturb the abundance and smallness of the people, disturb the abundance and abundance of money, disturb the top and bottom of the position, separate from the subordinates, disturb without gathering, Even if you gather soldiers, it doesn’t work and disturbs you. Move in line with your profits, and stop if you don’t. I dare to ask a question. A colony of enemies is in place and tries to head for the leader. What do you think of waiting for such a thing? The answer is, first of all, if you take away the place where you have love (important place), it will be your obedience. The situation for war soldiers is that they are fast, anyway. Using the other party’s inability as an excuse, and adding more, he attacks the other party’s unsuspecting place with a plan that the other party cannot think of.

In general, in order to deeply invade another country as a guest, if you dedicate and cherish it, you will win over the people of that country. How the plan is, by grabbing the food fields of the other country, graciously graciously, building up energy and strength without using effort, deploying troops here and there to plan plots. If you can do what you can or cannot measure, and put your army wherever the army goes, you will not run away even if you die. Death drives it. I will do my best until the soldiers and people are exhausted. If a soldier is in a tight spot, he is not afraid of death. If you don’t have a place to go, keep it tight, if you go deeper, you will restrain it, and if you can’t get it, you will fight.

For this reason, the soldier, change without study, get without asking, get close without promise, believe without order. There is no doubt that various things are forbidden, and there is no doubt until the death of life.

My soldiers do not hate surplus property. Having no extra life (short-lived) means that you don’t hate joy. On the day the order was issued, the soldier’s men sat down with tears, wet their collars, lay down on the floor, and tears on their cheeks. As a soldier with no escape, it will be a hero like Shokei (the country of Lu).

Therefore, for those who use soldiers well, this is like a snake that is always in the mountains. If you shoot its neck, it echoes to the tail, if you shoot its tail, it echoes to your neck, and if you shoot in the middle, it echoes to your neck, tail. “Tsuneyama’s snake” I dare to ask a question. Can a soldier be like that snake? The answer is possible.

That is indicated by the “proverb” of “Wuyue Doshu, Goetsudousho”, which is a bad friend. People from the country of Wu and people from the country of Yue are not on good terms, but if they ride on the same boat and encounter the swaying wind of the boat they go to, they will save each other and balance with their left and right hands. In this way, even if you equip horses here and there and fill the circle, you still do not give up because it is not enough. It is political reason to equalize all courage and make it one thing. Therefore, those who use soldiers well are commanded to work together as if they were using one person. This drives you to do so.

The leader of the army thinks as if he is deeply imprisoned, carries the positive, governs the world, and with his ability, he sloppyly grasps what his subordinates and executives have seen and heard, and thus deepens his knowledge. It is important to have, judge that, reform the plot, have deep knowledge as a human being, judge its position, bypass its use, and consider human beings.

If you become like a “master” who spreads your teachings, even if you climb high and take the ladder away, you will not give up on getting off and enter the area of many leaders in your own country deeply with the “master”. When you take that opportunity, it’s enormous to know where to conquer, like burning a boat, breaking a kettle, squeezing a flock of sheep, and squeezing.

In general, if the reason for attacking another country is to invade it deeply, it will be dedicated, and if the invasion is shallow, that is, it will disperse. Leaving the country, crossing the border, and becoming a battle teacher is “absolute.” The one that leads to all four sides is the “Kuchi”. The deep invasion is “heavy land”. If the invasion is shallow, it will be “light land”. With a hard mountain in the back, the narrow front is the “enclosure”. There is no place to go, it is a “dead place”.

For this reason, in “scattered land,” we must unite our aspirations. “In the light land, we must remember that intention and not be invaded by the opponent. In the” conflict area “, we will attack after the opponent. We must carefully protect the “intersection” from being attacked by the other party. In the “Kuchi”, we make the bond with the other party friendly and solidify. We must keep the food of our army on the “heavy land”. In “Ichi”, we must break the defense of the other party and proceed. In the “enclosure”, we find a small gate in the gap between the opponent’s attacks, advance there, and proceed while attacking. We must keep in mind that in the “dead place”, we can only exist by attacking.

Therefore, the judgment of the situation of the soldier follows the leader if he is surrounded, that is, if he prevents the condition and if he cannot help it, that is, fights, and if the opponent approaches, that is, he follows the leader.

Thus, those who do not know the plots of the leaders of the country are incapable of interacting. Forests, rugged areas, rugged areas in swamps, those who do not know this shape are incapable of leading the army. If you make the place your hometown and do not use someone who can guide you, you will not have the ability to benefit from the place. Even one of these measures (climbing to 45), which cannot be understood, cannot be said to be a hegemonic soldier.

Even if you try to attack the soldiers of the country that holds the hegemony, that is, the enemy does not gather. If the nation that holds the hegemony exerts dignity on the enemy nation, the enemy nations cannot mix and unite.

In this way, the exchange of nations by politics does not contend with us, and the dignity of the nation becomes stronger without the enemy taking away the power of politics. Therefore, it is possible to attack the base of the enemy’s country or defeat the enemy’s country.

If you give the award of the principle of law, raise the political decree, and win the hearts of the people, it will be united, not a small army group. In other words, it becomes an agile, keen and elite army. Its operation is not in words, but invading is a benefit, and how it invades is harmful, so it should not be put into words.

Soldiers exist even in difficult places called “dead places”, and they are thrown into “dead places (shichi)”. That way, then live. That’s how you acquire the ability to win.

For this reason, on the day of the political dispute, the “sekisho” was closed, the sekisho pass was abandoned, the messenger was not used, the diplomacy was broken, and the politics was planned and conspired. If the enemy opens the country, he will invade the enemy. The important point that becomes the weak point, that is, the weak point is suppressed first, and with that as a trigger, a war is started toward the enemy according to the strategy.

Therefore, at first, like a virgin, it opens the door to the enemy. Later, like a rabbit, it couldn’t even block the enemy. (At first, it behaves as if it doesn’t know anything, and shows the enemy defenseless. After that, it runs away like an agile rabbit, and it seems that there is no way to prevent it even if the enemy is in a hurry.)

作成者: Qoo

NIKKEI SEEKS にて経営コンサルタント、新規事業コンサルティング、を登録しています。 ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。 不動産賃貸会社経営、個人事業主。 父は、大学在学中、アルバイトで新聞社の政治記者をしていました。だから、私も文章を書くのが好きです。 多趣味、好奇心いっぱいの生活しています。 ブログで、色んなことをお伝えしたい、思いから始めました。だから、個性いっぱいのブログです。皆さまにとって、幸せになれるようなこと、お伝えしたいと思います。 住宅ローンは、3年半で、返済。長く、株式投資をしています。

コメントを残す