孫子の兵法を読む14Read Sun Tzu’s Military Art 14

孫子が言う。火で攻めるには、5つの方法がある。

①敵人を焼く。

②敵の積載された荷物を焼く。

③敵の荷物を補給するのを防御する為に焼く。

④敵の倉庫を焼く。

⑤敵軍を焼く。

火を使うには、必ず、敵に原因を抱えていることである。煙や火は、必ず道具を揃えておく。火は、灯す時間。火は、点ける日にち。時とは、乾燥している時。

日にちは、天体が教える。俗名、み星、当方青龍七宿の第7星。俗名、なまめ星、北方玄武七宿の第7星。俗名、たすき星、南方朱雀七宿の第6星。みつかけ星。南方朱雀七宿の第7星。これらの星座が有る時。この星座が有る時は、風が良く吹く。

火で攻めるのは、必ず「五火の変」に従って攻める。火が敵の中で発生すれば、それは、その状況に応じて、外から攻める。火が敵の中で発生して兵が静かなのは、待って、すぐに攻めることをしてはいけない。敵の火の力に極めてあり、勝つことができるようであれば、それに従って攻撃し、勝つ見込みがなければ、それに従ってはいけない。火が外から発生した時は、敵の内から火を出るのを待つことをしないで、その時を利用して敵に火をつける。火の上に風が発生すれば、風下を攻めては、いけない。風は、昼はそのままでも、夜は、無くなってしまう。軍は、必ず「五火の変」があることを知り、その手段の数を多彩に使い、それを守る。だから、火を使って攻撃を補佐することは、理にかなっていて、水を使って攻撃を補佐することは、強い。水は、補給を断つべきに使うもので、それを奪うことはできない。

その戦争の攻撃をして、その功績をあげないのは、凶、これを「費留、費用ばかりがかかり、功績が無い。」よってそれは、明晰な君主は、そのことをよく考えて、良い将は、そのことを理解しておく必要がある。利益にならない時は、動かず、得る物が無ければ、兵を用いず、危険な時は戦わない。君主は、怒りで、戦争の師と共に参謀を興すことはしてはいけない、将は、激しい怒りで、戦いをしてはいけない。利益に合わせて動き、利益が無ければ、動かない。怒りは、喜びに状況により変わり、激しい怒りは、状況によって変わるけれども、亡国(国が無くなってしまうこと)は、状況によっても変わらない。死者が出ても、それは状況によっても変わらない。だから、明晰な君主は、功績の出ない戦いをせずに、良い将は、功績の出ない戦いを警戒する。これは、国を安定して、軍を完全にする道理です。

Sun Tzu says. There are five ways to attack with fire.

① Burn the enemy.

② Burn the loaded luggage of the enemy.

③ Bake to protect the enemy’s luggage from being replenished.

④ Burn the enemy’s warehouse.

⑤ Burn the enemy army.

To use fire, you must have the cause of the enemy. Be sure to have all the tools for smoke and fire. Fire is the time to light. The day when the fire is lit. Time is when it is dry.

The date is taught by the celestial body. Common name, Mihoshi, the 7th star of our Seiryu Nanajuku. Common name, Nameboshi, 7th star of Northern Genbu Shichijuku. Common name, Tasuki star, 6th star of Southern Suzaku Nanajuku. Mitsukake star. The 7th star of the Southern Suzaku Nanajuku. When there are these constellations. When there is this constellation, the wind blows well.

When attacking with fire, be sure to attack according to the “Five Fire Changes”. If a fire breaks out inside an enemy, it attacks from the outside, depending on the situation. Don’t wait and attack immediately when the fire breaks out in the enemy and the soldiers are quiet. If the enemy’s fire power is extremely strong and you can win, attack accordingly, and if you are unlikely to win, do not follow it. When a fire comes out from the outside, do not wait for the fire to come out from inside the enemy, but use that time to ignite the enemy. If the wind is on the fire, don’t attack the leeward. The wind disappears at night, even if it stays the same during the day. The army always knows that there is a “five fire change” and uses a variety of means to protect it. So it makes sense to use fire to assist an attack, and to use water to assist an attack is strong. Water is used to cut off supply and cannot be deprived of it.

It is bad to attack the war and not give it the merit, and it is good that the clear prince thinks about it carefully and says, “It costs only money, it costs money, and there is no merit.” The general needs to understand that. He doesn’t move when it’s not profitable, he doesn’t use soldiers when he has nothing to gain, and he doesn’t fight when it’s dangerous. The prince should not be angry and should not be a staff member with the war teacher, and the general should not be angry and should not fight. It works according to profit, and if there is no profit, it does not work. Anger changes with joy depending on the situation, and intense anger changes with the situation, but exile (the disappearance of a country) does not change with the situation. Even if there is a death, it does not change depending on the situation. So a clear prince does not fight in a non-featured battle, and a good general is wary of a battle in which no credit is paid. This is the reason for stabilizing the country and perfecting the army.

作成者: Qoo

NIKKEI SEEKS にて経営コンサルタント、新規事業コンサルティング、を登録しています。 ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。 不動産賃貸会社経営、個人事業主。 父は、大学在学中、アルバイトで新聞社の政治記者をしていました。だから、私も文章を書くのが好きです。 多趣味、好奇心いっぱいの生活しています。 ブログで、色んなことをお伝えしたい、思いから始めました。だから、個性いっぱいのブログです。皆さまにとって、幸せになれるようなこと、お伝えしたいと思います。 住宅ローンは、3年半で、返済。長く、株式投資をしています。

コメントを残す