孫子の兵法を読む15(最終回)Read Sun Tzu’s Military Law 15 (Final)

孫子が言う。およそ戦争の師が活動させる10万の兵を千里(とても遠い)所に遠征するとすれば、百姓の蓄えや、政府の軍に対する奉仕金は、日に千金ともいう大金が必要になり、その為に国内、国外共に騒動して、道路は、軍に占領され、通常に使え無いので、通常の生活をできない者が、70万家、そうして、人民、軍、互いに守り合うこと数年。

そうやって、ようやく1日の勝ち負けを戦争するのです。だから、膨大なお金を掛けることをためらい、敵の情報を調べ無いのは、「不仁」つまり、勝つ恵が無い。だから、軍の将にはなれない。君主の補佐にもなれない。勝つ主役にもなれない。

だから、明晰な君主、賢い将の動きが、人に勝つのは、民衆よりも、先に情報を得て知っているからです。

先に知るものは、神を頼りにしてはいけない。又、ことの成り行きで、判断し、その度に曖昧な現象に惑わされては、いけない。必ず、人から直接、敵の情報を知ることです。

よって、「間、情報」を用いるのは、5つあります。「郷間」「内間」「反間」「死間」「生間」この5つの類いの情報を得る者が、悟られる事なく、得る者は、神のようです。その者は、宝です。

①「郷間」とは、情報を取る国の住民から得ることです。②「内間」とは、情報を取る国の役人から得ることです。③「反間」とは、その敵の情報を取る者を上手く接して、情報を得ることです。④「死間」とは、死を覚悟して潜入して、情報を得ることです。⑤「生間」とは、敵から返って、情報を報告して、情報を得ることです。

それゆえに、情報を報告する者は、最も信頼できる。情報を報告する者は、報酬が最も多く、その情報は、とても緻密な話です。色んな知恵がなければ、情報を報告する者にはできない。仁義、すなわち、人としての道理がなければ、情報を報告する者にできない。微妙なところで、よくできなければ、情報の成果を得ることはできない。微妙、微妙、だから、情報を集めることは(勝つことには)大事です。

情報を報告する者、情報が先に聞かれる、その情報を聞いたり、した事態になれば、それは、みんな殺してしまうことです。およそ、軍の攻撃したいところ、城を攻撃したいところ、人を殺そうとするならば、必ず、先ず、その守りの将、補佐、取次、門番、家に仕える者の姓名を知り、我が、情報を報告する者が必ず捜索して、その状況を知る。必ず、敵の情報収集者がくれば、これを探し出し、その人物を利用して、敵の中に入る。つまり「反間」として使うべきです。これによって、敵を知る、だから、「郷間」「内間」、住民、役人を情報提供者に仕立て上げ、情報を聞く。これによって、敵を知る、だから「死間」を入れて、敵を惑わす情報を撒く。これによって、敵を知る、よって「生間」つまり、敵から返ってきて情報を得られる。

5つの「情報を得る方法」、「五間」は、情報を知る為に必然で、これは「反間」によるものです。だから、これは、厚く優遇しなければ、ならない。昔、殷という国が、天下を取ったのは、伊摯は、夏に居たことがありました。(内部を知っていた)周が、殷を制覇するのに、呂尚(太公望)は、殷にいました。(良く、敵を知っていた)故に、良い君主、賢い将軍は、上手く知識を持って、情報を得られると、大成功する。これが、戦争の重要なところで、軍全部が情報を元にして動くのです。

Sun Tzu says. If 100,000 soldiers operated by war masters were to be expeditioned to a thousand miles (very far away), the savings of peasants and the service money to the government’s army would require a large amount of money every day. Because of the turmoil both domestically and internationally, the roads are occupied by the military and cannot be used normally, so 700,000 homes, and thus the people, the military, and the people, who cannot live normally, will protect each other for several years. ..

That’s how we finally fight the wins and losses of the day. Therefore, hesitating to spend a huge amount of money and not looking up the enemy’s information is “unfaithful”, that is, there is no grace to win. So he cannot be a military general. He cannot be an assistant to the monarch. You can’t be the protagonist to win.

Therefore, the movement of a clear prince and a wise general beats people because they are informed and know before the people.

Don’t rely on God for what you know first. Also, don’t be fooled by ambiguous phenomena each time you make a judgment based on the circumstances of the matter. Be sure to know the enemy’s information directly from the person.

Therefore, there are five ways to use “pause, information”. “Goma,” “Uchima,” “Anima,” “Death,” and “Ikenma.” Those who obtain these five types of information are like gods without being aware of them. That person is a treasure.

① “Goma” is to obtain information from the residents of the country that collects the information. ② “Uchima” is to obtain information from the officials of the country that collects the information. ③ “Anti-ma” is to get information by making good contact with the person who takes information about the enemy. ④ “Death” is to prepare for death and infiltrate to obtain information. ⑤ “Ikenma” is to return from the enemy, report information, and obtain information.

Therefore, those who report information are the most reliable. Those who report information are the most rewarded, and the information is very detailed. Without a lot of wisdom, no one can report information. Without the righteousness, that is, the reason as a person, the person who reports the information cannot. In a subtle place, if you can’t do it well, you can’t get the results of information. Subtle, subtle, so gathering information is important (to win).

The person who reports the information, the information is asked first, the information is heard, and when it happens, it kills everyone. Approximately, if you want to attack the army, attack the castle, or kill a person, be sure to first know the guardian general, assistant, agent, gatekeeper, and the surname of the person who serves the house. The person who reports the information always searches and knows the situation. If there is an enemy information collector, he will find it and use that person to enter the enemy. In other words, it should be used as an “anti-ma”. By doing this, you will know the enemy, so you will make “Goma”, “Uchima”, residents, and officials into informants and listen to information. By doing this, you know the enemy, so you put in a “death” and sprinkle information that misleads the enemy. This allows you to know the enemy, and thus “life”, that is, to return from the enemy and obtain information.

The five “methods of obtaining information” and “five-ma” are inevitable for knowing information, and this is due to “anti-ma”. So this must be given a great deal of favor. A long time ago, the country of Yin took over the world because Ie was in the summer. Jiang Ziya (Taikobou) was in Yin, while Zhou (who knew the inside) conquered Yin. Therefore, a good monarch, a wise general, will be very successful if he is well informed and informed. This is where the whole army moves informed, at the heart of the war.

作成者: Qoo

NIKKEI SEEKS にて経営コンサルタント、新規事業コンサルティング、を登録しています。 ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。 不動産賃貸会社経営、個人事業主。 父は、大学在学中、アルバイトで新聞社の政治記者をしていました。だから、私も文章を書くのが好きです。 多趣味、好奇心いっぱいの生活しています。 ブログで、色んなことをお伝えしたい、思いから始めました。だから、個性いっぱいのブログです。皆さまにとって、幸せになれるようなこと、お伝えしたいと思います。 住宅ローンは、3年半で、返済。長く、株式投資をしています。

コメントを残す