日本の古民家とそばのお話。兵庫県とのみね高原。A story about an old Japanese house and soba. Hyogo Prefecture Tohmine Plateau.

広告

日本の兵庫県に「とのみね高原」があります。

村上春樹の「ノルウェーの森」の映画のロケ地に選ばれた、綺麗な高原です。

秋には、ススキが、一面に咲き乱れます。

ふと、下を見れば、表紙のような可憐な花も時々、見られます。

ですが、このような花がこの「とのみね高原」では、咲くことが、許されない。

毎年、山焼きが行われて、ススキのみが群生されるようにしています。

何故なら、ススキは、「葦、アシ」と言って、民家の屋根の材料になるのです。

これは、お写真を見れば、お分かりになると思います。

写真の古民家は、京都府南丹市の「かやぶきの里」です。

このように、屋根の材料になります。

上から6枚目の写真は、お米を取って、そのわらを掛けてあります。

このわらも、昔は、屋根の材料になりました。

わらの屋根は、ススキの葦、アシの屋根より、グレードは、低いです。

このようにして、日本は、昔は暮らしていました。

そして、「かやぶきの里」では、秋、9月になると、一面に白い花で覆われます。

これは、そばの花です。

咲き乱れると、その花を摘み取り、そばの材料になります。

お写真は、そばの写真です。

ですが、ここは、観光地なので、ホンモノのそばの麺は、食べられません。

ホンモノのそばは、とても手に入りにくいものです。

とても歯応えがあり、美味しいですが、なかなか、この私でも、手打ちのホンモノのそばは、食べるのは、難しいです。

お写真は、良くある普通のそばですが、イメージとして載せました。

そばは、そば茶にしたりします。

そば茶は、とても香ばしいお味です。

その横に、松茸ご飯があります。

松茸は、この地方で採れたホンモノの松茸ご飯で、この時期に、この場所で採れたものです。

とても美味しいです。

料亭で食べるとかなりのお値段になります。

だから、この「かやぶきの里」に秋になったら、松茸ご飯をぜひ、食べてください。

とても美味しくいただきました。

あとは、お漬物がありました。

今回は、日本の文化の古民家の屋根のお話とそばのお話でした。

There is “Tomine Kogen” in Hyogo prefecture, Japan.

It is a beautiful plateau that was selected as the location for the movie “Norwegian Wood” by Haruki Murakami.

In autumn, Japanese pampas grass blooms all over.

Suddenly, if you look down, you can sometimes see pretty flowers like the cover.

However, such flowers are not allowed to bloom in this “Tomine Kogen”.

Every year, mountain burning is carried out so that only Japanese pampas grass grows in clusters.

The reason is that Japanese pampas grass is used as a material for the roof of private houses by saying “reeds”.

You can see this by looking at the picture.

The old folk house in the photo is “Kayabuki no Sato” in Nantan City, Kyoto Prefecture.

In this way, it becomes the material for the roof.

The sixth photo from the top is rice taken and hung with straw.

This straw was also used as a roofing material in the olden days.

The straw roof is of lower grade than the pampas grass reed and reed roofs.

In this way, Japan used to live.

And at “Kayabuki no Sato”, in autumn and September, the whole area is covered with white flowers.

This is a buckwheat flower.

When it blooms in full bloom, the flowers are picked and used as buckwheat ingredients.

The photo is of soba.

However, since this is a tourist destination, you cannot eat noodles near the real thing.

Real soba is very hard to get.

It’s very crunchy and delicious, but it’s quite difficult for me to eat handmade real soba noodles.

The photo is a common soba noodle, but I put it as an image.

Soba is made into buckwheat tea.

Buckwheat tea has a very fragrant taste.

Next to that, there is matsutake mushroom rice.

Matsutake mushrooms are genuine matsutake mushroom rice harvested in this region, and were harvested at this location during this period.

It is very tasty.

If you eat it at a restaurant, it will be quite expensive.

Therefore, when autumn comes to this “Kayabuki no Sato”, please try matsutake mushroom rice.

It was very delicious.

After that, there was pickles.

This time, we talked about the roof of an old Japanese culture house and the soba noodles.

作成者: Qoo

某1部上場企業の知的財産部門に在職。出産を機に退社。その後は、株式投資をしています。投資歴、30年以上。その後、不動産賃貸会社経営、個人事業主。NIKKEI SEEKS にて経営コンサルタントを登録しています。 ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。 節約をしながら、教育費は削らないのがモットー。住宅ローンは、3年半で返済。 父は、大学在学中、アルバイトで新聞社の政治記者をしていました。だから、私も文章を書くのが好きです。 多趣味、好奇心いっぱいの生活しています。 ブログで、色んなことをお伝えしたい、思いから始めました。だから、個性いっぱいのブログです。皆さまにとって、幸せになれるようなこと、お伝えしたいと思います。

2件のコメント

    1. Qoo – 某1部上場企業の知的財産部門に在職。出産を機に退社。その後は、株式投資をしています。投資歴、30年以上。その後、不動産賃貸会社経営、個人事業主。NIKKEI SEEKS にて経営コンサルタントを登録しています。 ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。 節約をしながら、教育費は削らないのがモットー。住宅ローンは、3年半で返済。 父は、大学在学中、アルバイトで新聞社の政治記者をしていました。だから、私も文章を書くのが好きです。 多趣味、好奇心いっぱいの生活しています。 ブログで、色んなことをお伝えしたい、思いから始めました。だから、個性いっぱいのブログです。皆さまにとって、幸せになれるようなこと、お伝えしたいと思います。
      Qoo より:

      Thank you very much!

コメントを残す