日本の美学と現代の服装。Japanese aesthetics and modern clothing.

茶道の世界を確立した千利休がいます。以前にも書いたけれど、陶器というのは、歴史的人物が使ったことで、その価値が確立します。その千利休の使った天目茶碗は、確か14億円は、する。粗末な茶碗です。千利休は、究極の削ぎ落とした美学を貫きました。それは、以前にも書きました。そして、それは、千利休の本家を表屋敷を引き継ぐ「表千家」と本家の裏の隠居屋敷を継承した「裏千家」に分かれました。

茶道は、政治にも、深く関係があり、千利休も、その波に呑み込まれ、豊臣秀吉(1537-1597)の前で、割腹(カップク)、つまり、自害(ジガイ)。自ら、腹を切って死んでいます。

こんな言葉があります。日本語で言う「ハレ」。つまり、広々として、晴れやかなところ。そんな華やかな、世界が広がっています。

日本語で言う「ケ」。これは、おおやけで無いこと。よそ行きでないこと。普段、日常、わたくし。つまり、装い、外観、身なりには、日本的には、ハレの日、ケの日、があるのです。これは、伝統で、文化です。

そんな、日本的文化は、精神性ときらびやかさが、交錯して、現代に引き継がれています。

この新型コロナは、人々に、日常の大切さを教えたようであります。つまり、ケの日を大切にしてこそ、ハレの日がある、ことを導いています。何故なら、ユニクロの業績は、その勢いを増しています。ブランドのレナウンは、破綻しました。現代において、人々の装い、身なりは、日常を大切にしています。そこには、ブランドとか、見かけを気にして、身なりを整えるのでは無く、そこには、自分の一番着心地の良いものが、選ばれる、という消費者の心理があります。これは、日常着が、良いものが多くなり、ハレ、ケの境界線が無くなった、ことを意味します。

これからは、人々は、ブランドで、洋服を選ぶのでは無く、品質、着心地、そして、パーツとして、着こなしのできる、自分らしさを表現する時代になっています。だから、着こなす、これを制した人が、本当のおしゃれになる。時代は、流れていく。中国にこんな言葉がある。「温故知新、オンコチシン」。古いものを研究して、そこから、新しい知識を得る。良い言葉です。時代は、流れていくけれども、そこには、常に新しい発見があります。

禅とワビ茶、懐石料理の美しさ。The beauty of Zen and Wabi-cha and kaiseki ryori.

陶器収集の趣味は、儲かるのか?Is the hobby of collecting pottery profitable?

There is Sen no Rikyu who established the world of tea ceremony. As I wrote before, pottery is used by historical figures to establish its value. The Tenmoku bowl used by Sen no Rikyu certainly costs 1.4 billion yen. It is a poor bowl. Sen no Rikyu has pursued the ultimate scraped aesthetic. I wrote it before. And it was divided into “Omotesenke” which inherited the main house of Sen no Rikyu and “Urasenke” which inherited the retired mansion behind the main house.

The tea ceremony is deeply related to politics, and Sen no Rikyu was swallowed by the wave, and in front of Toyotomi Hideyoshi (1537-1597), he was seppuku, that is, suicide. He is hungry and dead.

There is such a word. “Hare” in Japanese. In other words, a spacious and radiant place. Such a gorgeous world is spreading.

“Ke” in Japanese. This is not a treat. Don’t go away. Usually, everyday, I am. In other words, in terms of clothing, appearance, and appearance, there are days of hare and days of ke in Japan. This is tradition and culture.

Such Japanese culture has been handed down to the present day with a mixture of spirituality and glitter.

The new Corona seems to have taught people the importance of everyday life. In other words, we are leading that there is a day of hare only by valuing the day of ke. Because UNIQLO’s performance is gaining momentum. The brand Renown has gone bankrupt. In modern times, people’s clothing and appearance value their daily lives. There is a consumer sentiment that the one that is most comfortable for you is selected, rather than dressing up by paying attention to the brand or appearance. This means that there are more good everyday clothes, and the boundaries between hare and ke have disappeared.

From now on, people will not choose clothes by brand, but will express their own personality, which can be dressed as quality, comfort, and parts. Therefore, the person who dresses and controls this becomes truly fashionable. The times are flowing. There is such a word in China. “Won’t know new, Onkochishin”. Study the old and gain new knowledge from it. It’s a good word. Times go by, but there are always new discoveries.

作成者: Qoo

住宅は、買い替え派。住宅ローンは、3年半で完済。 株式投資歴は、長い。 Housing is a replacement group. The mortgage is paid off in three and a half years. He has a long history of investing in stocks.

コメントを残す